「峯田和伸」とは?

関連ニュース

​有村架純、峯田和伸との笑える2ショット披露「お揃いやないか」 - 04月27日(木)12:10 

 女優の有村架純が、26日に自身のインスタグラムを更新。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で共演しているミュージシャンの峯田和伸との2ショットを公開し、ファンからは「お父さんと娘の朝みたい。笑」などの反響があった。【関連】『ひよっこ』フォトギャラリー 『ひよっこ』は、東京オリンピックが行われた1964年に、集団就職で茨城から上京してきたヒロイン・谷田部みね子(有村)が、個性的な登場人物と関わりながら、様々な困難を乗り越え、成長していく姿を描く。峯田が演じているのは、みね子の叔父の小祝宗男だ。 有村は「宗男さん。隣見たらヘアバンド姿で笑えた。お揃いやないか」と言葉を添えて、自身も峯田も共にヘアバンドをつけ、鏡の前でメイクを落とす姿を収めた写真を投稿。 同写真を見たファンからは、「すっぴんおきれーい」「何だかホッコリする写真ですね」「お父さんと娘の朝みたい。笑」「可愛すぎやないか」「おじちゃん姪っ子の微笑ましい姿ですね~」などのコメントが寄せられている。引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/ ■関連記事「有村架純」フォトギャラリー「峯田和伸」フォトギャラリー松本潤&有村架純、びしょ濡れで激しく抱き合い…『ナラタージュ』特報映像解禁竹内涼真、『ひよっこ』で朝ドラ初出演!「僕の身長に合わない…」衣裳で苦労明かす
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」20話「こんないい人いない!」の連続 - 04月26日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「旅立ちのとき」第20回 4月25日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比20話はこんな話みね子(有村架純)は東京に働きに行く決意をしたものの、肝心の就職先がなかった・・・。つまんねえ人間なんてどこにもいねえよ正月早々、「くまが出てこれはくまった、なんてな」とベタなダジャレを言って、奥さん(しずちゃん)が全然笑ってくれない、とぼやく宗男(峯田和伸)。まあ仕方ない。古いラジオを出してきて、イギリスで大人気のビートルズをみね子にすすめる。若者と語り合いたかったと言うが、じつは、東京に行くと思いつめるみね子を励ましたかったようだ。「せっかく行くんだし、若いんだし、あんまり背負ってばかりじゃなくて、自由に生きろって言うんだ」優しいおじさんにみね子は真面目に返す。「自由ってなに? 私は、やることが目の前にあって、それを一生懸命やるのが好きだよ」と。そんなふうに考えてしまう自分を「つまんない」と謙遜するみね子に「つまんねえ人間なんてどこにもいねえよ」と宗男。いいひとだなあ。でも、「自由」を知らなければ、それはそれで幸せなのかも。「なんでもいいとか言うんでねえ」もうひとり、いいひとがいた。流行りのギャグ担当かと思っていた田神...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」16話。やたら毒舌なアナウンサー - 04月21日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第16回 4月20日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比16話はこんな話聖火リレー大会の様子がテレビで放送され、谷田部家、助川家、角谷家がそろって鑑賞する。 聖火リレーの放送、「ほんの短い時間」とナレーション(増田明美)は言っていたけれど、そこそこみんな映っていて、よかった、よかった。時子(佐久間由衣)がドキドキしながら見ていたら映らなくてがっかり、みたいな流れになるんじゃないかと思ったら、そんなことはなくてホッとした。ただ、アナウンサー(声・茂木淳一)が、「村一番の美人さんであります」と持ち上げた後に「夢の翼が折れないことを祈ろうではありませんか」と落し、「スタイルの向上には目をみはるものがある」と持ち上げた後に「どうか翼が折れないことを祈るばかり」とまた落とすという仕打ちに、時子はいささかむくれてしまう。アナウンサーはこれ以外にも、「人里離れた小さな村」 「便乗する」「あやかろうと」「いかにも農家の三男坊という顔をしています」「孫を応援するおばあちゃん」「これでも昔は」「侮れませんな」などと、なんとなくバカにしたような表現を重ねる。なぜだ。こんなことあっていいのか。それでも奥茨城...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」14話。泣きながら笑った神回 - 04月19日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第14回 4月18日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博14話はこんな話聖火リレー企画を携えて、みね子(有村架純)、三男(泉澤祐希)、時子(佐久間由衣)は、青年団を説得に行く!お父さん、決戦の日です “泣くのはいやだ、笑っちゃおう” ではあるものの、人間は、嬉しいときも泣いちゃうものだと思った14話。前夜は春の嵐が吹き荒れ、関東では今年初の夏日になるかもというくらいの気温が上昇。「ひよっこ」の視聴率も上昇してほしい。「運命の日曜日」(増田明美のナレーションより)、みね子が、めっちゃ緊張して、まるで宝塚音楽学校の生徒さんが校舎の廊下を90度で曲がる規則の様に、道をかちっと直角で曲がるところがかわいかった。三男(泉澤祐希)と時子(佐久間由衣)は親に内緒で青年団に行くが、みね子のとこは家族に応援されて出かけるところも谷田部家の結束を感じる。でも、結局、三男と時子のお母さんたち(柴田理恵、羽田美智子)にバレるところがほのぼの。お父さん、決戦の日です 決死の覚悟で提案した聖火リレーをいともたやすく「くっだらねー」「ばかばかしい」「ムダだムダ」と却下する青年団のひとたち。だが三男は「村出ていくんだから余計なお世話」と言われてカチン。農家の三男坊には居場所...more
in English
カテゴリー:

【朝ドラ】有村架純の『ひよっこ』 視聴率の後伸びが期待できる理由 - 04月15日(土)16:42 

 ドラマの視聴率は様々な要素が複雑に絡み合うだけに、特に放送開始直後はどちらに転ぶか判断が難しいことが多い。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が新しい朝ドラについて分析した。  * * *  4月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。前作『べっぴんさん』の後半が不評だった影響なのか、初回の視聴率は20%台に届かず。その後もなかなか数字が伸びない状況が続いています。  けれど、『ひよっこ』の評判、次第に上がっていくのではないでしょうか。以下3つの点から可能性を感じます。「時代」「家族」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」第21話19・7% 前回から1・0ポイント上昇 - 04月27日(木)10:38 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000094-sph-ent スポーツ報知 4/27(木) 10:33配信  26日に放送された女優・有村架純(24)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)第21話の平均視聴率が19・7%と、前回から1・0ポイント上昇したことが27日分かった。  3日の初回で2013年の「あまちゃん」から前作の「べっぴんさん」まで8作連続で続いていた初回20%超え記録が途絶えた。初回の20%割れは2012年後期の「純と愛」以来だったが、NHKの木田幸紀放送総局...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ひよっこ通信(4)】みね子、いざ東京へ旅立ちのとき - 04月24日(月)07:00 

ゆったりとした空気感でじわじわ話題を集める、有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】有村架純、佐久間由衣、泉澤祐希がひょこんと窓から顔を出し…?/(C)NHK 4月17日からの第3週は、待ちに待った奥茨城村での聖火リレーの模様をメインに放送しつつ、東京で実(沢村一樹)の消息を捜し続ける茨城出身の警察官・綿引(竜星涼)からの手紙による谷田部家の騒動などが描かれた。 そして、みね子(有村)が東京へ出稼ぎに行くことを母・美代子(木村佳乃)と祖父・茂(古谷一行)へ伝えるという、大事な局面で終わっている。 本作のあらすじを全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。第4週『旅立ちのとき』の第19~24回までのあらすじを予習する。 ちなみに、“ひよっこ記者”的に第3週で気になった人物は、循環バスの車掌・益子次郎役の松尾諭。これまでもバスの車掌としてみね子たちの会話に度々加わり、実に「いそうな」地方のおじさんを体現していたのだが、第3週、特に4月22日放送の第18回は文字通りエンジン全開だった。 東京へ行こうとするちよ子(宮原和)をファインプレーで引き止め、バスの車掌の“本当の役割”について茂らに熱く語ったかと思えば、その帰り道では「幸せなら尻(手を)たたこう♪」とノリノリで歌って去っていく。 「なんだみね子? すて...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」15話。ちょうちんブルマで感動の聖火リレー - 04月20日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第15回 4月19日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武15話はこんな話聖火リレー大会が行われ、みね子(有村架純)がアンカーを立派につとめた。大忙しの日々 ↑と、増田明美さんが言っているときに、みね子と時子(佐久間由衣)が楽しげにブランコを漕いでいるという牧歌的ないい画が挿入される。働いてないじゃん! いやきっと、ブランコで足腰のトレーニングをしていたにちがいない。 これが政治ってもんだ走者と順番を決めるとき、寄付をもらっている人や村長も走らせることに。それを、青年団団長(尾上寛之)は「政治」といい、増田明美さんが「わかりたくないですね」と皮肉る。なかなかにやりとさせるシーン。お呼びじゃない化学の先生と体育の木脇(増田)には協力してもらうが、田神先生(津田寛治)は「お呼びじゃない」(BY植木等)。田神先生は、当時のギャグを言う係になっちゃっていますね。と、まあいろいろ楽しそうにバタバタ準備をして・・・1964年10月4日、いよいよ、奥茨城村で聖火リレー大会がはじまった。三男(泉澤祐希)は「おれを忘れねえでけれ」「ありがとう」「ありがとう」と感無量。時子は女優になるために、おしゃれなはちまきをして、カメラに笑顔を振りまく。みね子は、おとうさん...more
in English
カテゴリー:

【ひよっこ通信(3)】奥茨城村が聖火リレーで大盛り上がり! - 04月17日(月)07:00 

有村架純主演で好評放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。4月10日からの第2週は、ナレーションを務めた増田明美のまさかの登場や、木村佳乃演じるみね子(有村)の母・美代子による「『いばらぎ』じゃなくて『いばらき』です!」などがSNSを中心に話題となった。 【写真を見る】有村架純の切ない表情にキュンとする視聴者も続出!?/(C)NHK 回を追うごとに静かにファンが増えていく本作のあらすじを、全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。第3週『明日(あす)に向かって走れ』の第13~18回までのあらすじを予習する。 ちなみに、“ひよっこ記者”的に第2週で気になった人物は、「茨城弁」が意外とハマる警察官・綿引正義役の竜星涼。「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013~14年、テレビ朝日系)では、主人公・桐生ダイゴ/キョウリュウレッドを演じたイケメン俳優のカレ。 もちろんだまっていれば普通に青春ドラマのヒーローそのものの風貌なのだが、“三枚目”役にキャスティングされることもあり、今回も地方っぽい純朴な青年役で登場。まだ出番は一瞬だが、今後もキーパーソンの1人として登場するそうなので、それまでじっくりと待とうじゃーないか。 さ~て、第3週の「ひよっこ」さんは…? ■ 第13回/4月17日(月)放送 東京から戻った美代子は、みね子に実(沢村...more
in English
カテゴリー:

有村架純の『ひよっこ』 視聴率の後伸びが期待できる理由 - 04月15日(土)16:00 

 ドラマの視聴率は様々な要素が複雑に絡み合うだけに、特に放送開始直後はどちらに転ぶか判断が難しいことが多い。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が新しい朝ドラについて分析した。  * * *  4月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。前作『べっぴんさん』の後半が不評だった影響なのか、初回の視聴率は20%台に届かず。その後もなかなか数字が伸びない状況が続いています。  けれど、『ひよっこ』の評判、次第に上がっていくのではないでしょうか。以下3つの点から可能性を感じます。「時代」「家族」「地域」の描き方において、前作との違いがはっきりと際立つからです。 ●その1 「昭和の懐かしさ」徹底して絞りこんだテーマ性  舞台は北関東・奥茨城村。時代は昭和39年、東京オリンピックの年。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純さん。女子高生のみね子は、いわゆる「金の卵」となって東京へ。高度経済成長期まっただ中の日本で、時代と格闘しながら「ひよっこ」の殻を破って生きていく……。  聖火リレーにジェスチャーゲーム。鉄腕アトム、がちょーん、アジャパー。細かい点までいき届いた「昭和」の時代考証。登場人物たちの表情も昭和チックです。喜怒哀楽をまっすぐに出す。子供同士がじゃれあう。先生はゲンコツを落とす。これから大きく成長していく社会。希望が覆っていた昭和の明るさがよく伝わってきます。  冒頭...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「峯田和伸」の画像

もっと見る

「峯田和伸」の動画

Wikipedia

峯田 和伸(みねた かずのぶ、1977年12月10日 - )は、日本シンガーソングライター俳優。1996年に青春パンクバンド、GOING STEADYを結成し音楽活動を開始。現在は銀杏BOYZのメンバーとして活動を継続している。山形県東村山郡山辺町出身。東京情報大学経営情報学部卒業。血液型はA型。

来歴

実家は年商5億の電気販売店「峯田電器」。山辺町立山辺小学校山辺町立山辺中学校、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる