「峯田和伸」とは?

関連ニュース

小沢健二ツアーに満島ひかり参加 ボーカル・演劇・ギター演奏も - 04月24日(火)03:50 

 シンガー・ソングライターの小沢健二のライブツアー『春の空気に虹をかけ』が23日、東京国際フォーラム ホールAで初日を迎えた。 【写真】2月には盟友・三浦大知とライブ共演した満島ひかり  本ツアーを前に「36人編成ファンク交響楽」と予告していたとおり、ステージには服部隆之氏ら一流音楽家・ミュージシャン36人がズラリ。薄暗い照明の中でオープニングナンバーを演奏中には「ボーカル、満島ひかり」と紹介され、会場はどよめきと歓声に包まれた。満島は全ての楽曲に参加し、ボーカルのみならずドラムパッドやエレキギターも演奏。曲によっては演劇的な要素を加え、バンドの要を担う。  昨年12月、小沢がホストを務めるアップル・ミュージック制作の配信番組『Tokyo, Music&Us』で満島をゲストに迎えて共演したことがきっかけ。番組でデュエットした「ラブリー(東京湾上屋形船ライブは雨)」は、小沢の最新シングル「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」(2月発売)のカップリング曲として収録されている。  小沢は「アップル・ミュージックの収録では、リハーサルなしのぶっつけ本番にもかかわらず、声が気持ちよく合った。対談の内容からも、『ラブリー』1曲をギターで歌うのではなくて、大編成のライブ全体を一緒にやるイメージが浮かんだので、参加を打診してみた」と説明。「満島さんには歌だけでなく、演奏にも演出にも美術...more
カテゴリー:

平成という時代を生きた30歳に独占直撃!【第1回】川谷絵音「人生のピークは…8歳かなぁ」 - 04月14日(土)15:00 

昭和から平成に年号が変わった1988年に誕生した子どもたちは今年、2018年に30歳を迎える。その顔ぶれを見渡すとスポーツ、エンタメなど各界の第一線で活躍する“黄金世代”だった!  社会は阪神淡路大震災やオウム真理教事件など世間が震撼した災害や事件が続き、ゆとり世代として教育改革の狭間に置かれ、ある意味で暗い時代を生き抜いたーーそんな彼らの人生を紐解くインタビューシリーズの第1回は、バンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音(かわたに・えのん)だ。 取材中、渡した赤ペンをずっと手に持ち、時に回しながら質問に答える。そのクルクル回るペンのように、彼の20代は目まぐるしい変化の日々だったはずだ。大学卒業、メジャーデビュー、そしてバンドの活動休止からの再開。 しかし、その人生を描いてもらったライフグラフは、乱高下することだろうという予想を覆し、「文字にするとエグいっすね」と言いながら引いた赤線の平坦さにあっさりと裏切られた。 *** 今年12月に30歳を迎える川谷絵音の転機になったのは26歳、ゲスの極み乙女。(以下、ゲス)の2ndシングル『私以外私じゃないの』のリリースだった。 「ここで、自分たちの色をつかんだというか。これだったら、自分もや...more
カテゴリー:

柿澤勇人が沢尻エリカを翻弄!? 映画『猫は抱くもの』で一人二役挑戦 - 04月12日(木)15:00 

 女優の沢尻エリカが6年ぶりに主演する映画『猫は抱くもの』(犬童一心監督 6月23日公開)より、柿澤勇人を写した場面写真が12日、ORICON NEWSに到着した。主人公・沙織(沢尻)を過去と現在で振る2人の“サイテー男”を好演し、存在感を発揮している。 【場面写真】沢尻エリカ&柿澤勇人の共演シーン  同作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢亮)が、自分らしい生き方を見つけていく物語。「水曜日のカンパネラ」のコムアイ、銀杏BOYZの峯田和伸らが出演。こじらせた一人と一匹の、妄想とリアルが入り混じる演出も見どころとなり、実写の猫に加えて演劇風、アニメーションなど数々の演出が織り込まれている。  柿澤は劇団四季出身で、近年では『デスノート The Musical』で浦井健治と共にダブルキャストで主役を務めるなど、実力派若手俳優として舞台を中心に活躍。今年9月には福田雄一氏が演出・上演台本、山田孝之と共にダブル主演を務めるミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』が控えている。舞台以外にも、連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)、『デザイナーベイビー』(NHK)、大河ドラマ『軍師官兵衛』(同)など、活躍の場を広げている。  同作で演じたのは、過去では沙織の所属するアイ...more
カテゴリー:

主要キャラ勢ぞろい! 沢尻エリカ×吉沢亮「猫は抱くもの」ビジュアル2種披露 - 04月19日(木)17:08 

 女優の沢尻エリカが約6年ぶりの映画主演を果たし、吉沢亮と共演する「猫は抱くもの」の主要キャラクターが勢ぞろいした本ポスターと、チラシビジュアル(裏面)が、このほどお披露目された。  大山淳子氏の同名小説(キノブックス刊)を、「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」を手がけた犬童一心監督のメガホン、「オーバー・フェンス」の高田亮による脚本で映画化。アラサーの沙織(沢尻)は、アイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、全てに嫌気が差して都会から逃げてきた。彼女にとって、唯一心を許せる存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫・良男(吉沢)だけ。沙織から正直な気持ちを語りかけられていた良男は、いつしか自分を人間だと信じ込み、恋人しての役目を果たそうとするが、次第に“2人だけ”の日常に変化が訪れる。  本ポスターは、2月20日に解禁されたティザー版よりも華やかな仕上がりに。ティザー版では、沙織が下を向いて愛情を注ぐように猫の良男を抱きしめていたが、今回のバージョンでは、真っ直ぐ前を見つめて、観客を“猫だらけ”の世界に誘い込むようにほほ笑んでいる。また、沙織と良男に加えて、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が演じた画家のゴッホこと後藤保、銀幕デビューを果たした「水曜日のカンパネラ」ボーカル・コムアイ扮する迷い猫のキイロの姿もとらえている...more
カテゴリー:

橋下徹の政界復帰は?松本人志が直撃! - 04月12日(木)15:00 

4月13日(金)放送の「ダウンタウンなうスペシャル」(夜9:55-11:32、フジテレビ系)は、ダウンタウンと坂上忍の3人が、4人のゲストと酒を飲みながら語り合う「本音でハシゴ酒」を、“春の大宴会スペシャル”と題して放送する。 【写真を見る】松本人志が橋下徹に「政治にはもう戻らないのか!?」と鋭く質問する/(C)フジテレビ 1軒目のゲストは橋下徹。7人の子供がいる大家族の橋下は、妻と子供たちから橋下の意外な素顔が次々と暴露される。 また、「就寝時は戦争!」「リビングの真ん中に○○○」「○○ネタが多い」など、橋下家の実態が明らかになる他、橋下夫妻の“ラブラブメール”も公開され、政治家時代のイメージが崩壊する。 さらに、松本人志が「政治にはもう戻らないのか?」と直撃。橋下の今後の活動に鋭く切り込んでいく。 2軒目には荻野目洋子が登場。「ダンシング・ヒーロー」がリバイバルヒットを飛ばすなど、長年芸能界で活躍する荻野だが、スクリーンデビューや声優デビュー、結婚までが偶然だったと告白。自身の“棚ぼた人生”を話す。 ほか、ゲストに藤田ニコルや松下由樹が登場。“飲み仲間”として青山テルマも出演する。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・松本人志のことを「私のタイプかも」と言ったタレントとは? ・松本人志がバッサリ!夏菜に「そういう人を好きにならないじゃない」 ・夏菜、付き合った男性の8割が浮気!...more
カテゴリー:

千葉雄大、麻生久美子らが『音量を上げろタコ!』に出演!三木聡ワールドの常連俳優も勢ぞろい - 04月12日(木)12:00 

「時効警察」シリーズなどで知られる脱力系コメディの鬼才・三木聡監督と阿部サダヲ、吉岡里帆がタッグを組む『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)から公開することが決定。あわせて追加キャストが発表された。 【写真を見る】阿部サダヲと吉岡里帆が引き起こす化学反応に注目!/[c]2018「音量を上げろタコ!」製作委員会 本作は驚異的な歌声を持ちカリスマ的人気を誇りながら、実は「声帯ドーピング」と呼ばれるオキテ破りの方法で歌声を作り出しているという秘密を抱えたロックスターのシンが、ある日異様に声の小さいストリートミュージシャンのふうかと出会うことから始まるハイテンション・ロック・コメディ。 今回発表された追加キャストは11名。まずはシンのマネージャー・坂口を演じる千葉雄大。阿部が主演を務めた『殿、利息でござる!』(16)日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した千葉は「尊敬する阿部サダヲ先輩とまたご一緒できて嬉しかったです」とコメントし、撮影現場がユニークだったことを明かした。 また「時効警察」シリーズや『インスタント沼』(09)で三木とタッグを組んでいる麻生久美子をはじめ『イン・ザ・プール』(05)で主演を務めた松尾スズキや「熱海の捜査官」の田中哲司、そして岩松了、ふせえり、森下能幸といった三木作品には欠かすことのできない個性派俳優陣も集結。 さらにテレ...more
カテゴリー:

「峯田和伸」の画像

もっと見る

「峯田和伸」の動画

Wikipedia

峯田 和伸(みねた かずのぶ、1977年12月10日 - )は、日本シンガーソングライター俳優。1996年に青春パンクバンド、GOING STEADYを結成し音楽活動を開始。現在は銀杏BOYZのメンバーとして活動を継続している。山形県東村山郡山辺町出身。東京情報大学経営情報学部卒業。血液型はA型。

来歴

実家は年商5億の電気販売店「峯田電器」。山辺町立山辺小学校山辺町立山辺中学校、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる