「岸部一徳」とは?

関連ニュース

吉永小百合120本目の出演作に篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛ら - 03月22日(水)05:05 

名匠・滝田洋二郎監督がメガホンを取り、吉永小百合120本目の出演作となる来年春公開の映画「北の桜守」に、日本の映画界、演劇界、音楽界が誇る豪華キャスト、スタッフが続々参戦することが分かった。 【写真を見る】吉永小百合&堺雅人を取り巻く豪華キャストたちの役どころは? 本作は、2月16日に北海道・網走市でクランクイン。厳しい冬ロケを無事終え、いよいよ4月末より、都内近郊のロケ、セットでの撮影が行われ、その後、稚内市を中心とした北海道縦断でのロケーションを桜の咲く美しい春、そして夏に敢行する予定だ。 そんな中発表されたキャストは、まず堺雅人演じる江蓮修二郎の妻・江蓮真理を演じる篠原涼子。数々のドラマ、映画などでさまざまな表情を見せる篠原だが、今回が吉永とは初共演となり、義理の母と娘という間柄の役に挑む。 また、闇米屋として、貧困にあえぐ江蓮親子に仕事を与え、生活を手助けする菅原信治を演じるのは佐藤浩市だ。佐藤も本作が吉永と初共演。第40回日本アカデミー賞で2度目の最優秀主演男優賞を獲得し、近年、さらに円熟味を増した演技を本作でも見せる。 加えて、吉永演じる江蓮てつの夫・江蓮徳次郎を演じるのは阿部寛。2014年公開で吉永と共演した「ふしぎな岬の物語」では、おいっ子役を好演したが、今回は吉永演じるてつの夫を演じる。 さらに、かつて網走で江蓮家の隣人であった女性・島田光江を高島礼子、江蓮真理の...more
in English
カテゴリー:

篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛らが吉永小百合のもとに結集!「北の桜守」に豪華キャスト - 03月22日(水)05:00 

 吉永小百合が主演する滝田洋二郎監督作「北の桜守」のキャスト・スタッフ陣が、このほど明らかになった。篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛、高島礼子、中村雅俊、笑福亭鶴瓶、岸部一徳という豪華な面々が結集し、吉永の120本目の出演映画に華を添える。 ・【フォトギャラリー】「北の桜守」人物相関図はこちら  「おくりびと」で日本初の米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田監督がメガホンをとり、堺雅人が共演する今作。北海道を舞台にした「北の零年」(04)、「北のカナリアたち」(12)に続く“北の三部作”の最終章であり、戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた親子の約30年にわたる軌跡を描く。  1945年、ソビエトの侵攻によって樺太を追われた江蓮てつ(吉永)は網走にたどり着き、意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓に苦しみながらも、息子2人を守り抜く。時を経て71年、行方知れずの夫を1人で待っていたてつは、アメリカで成功をおさめた次男・修二郎(堺)と再会。修二郎とともに札幌で暮らすことになるが、年老いたてつは戦禍のPTSDに悩まされていく。  修二郎の妻・真理に扮する篠原は吉永とは初共演で、義理の母娘という関係性を体現する。また、第40回日本アカデミー賞で2度目の最優秀主演男優賞に輝いた佐藤が今作で演じるのは、貧困にあえぐ江蓮親子に仕事を与え、生活を手助けする闇米屋・菅原信治役。佐藤にとって...more
in English
カテゴリー:

篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛らが吉永小百合のもとに結集!「北の桜守」に豪華キャスト - 03月22日(水)05:00 

吉永小百合が主演する滝田洋二郎監督作「北の桜守」のキャスト・スタッフ陣が、このほど明らかになった。篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛、高島礼子、中村雅俊、笑福亭鶴瓶、岸部一徳という豪華な面々が結集し、吉...
in English
カテゴリー:

【話題】もはや制御不能となった井上真央の芸能界引退説 - 02月16日(木)17:42 

現在、まさかの引退説が飛び交っているのが、女優の井上真央(30)だ。  「昨年9月末に松嶋菜々子などが所属する大手芸能プロS社を辞めてしまったんです。それから、わずか3カ月もしないうちに俳優の岸部一徳が代表を務める個人事所“A”に移籍したんですが、最近は仕事をやりたがらないんですよ」(芸能プロ関係者)  心機一転、新事務所でバリバリ活動を再開するのかと思いきや、今年になってから突然、自ら仕事をセーブし始めたというのだ。  「NHK大河ドラマやフジの月9、あるいはTBSの日9など、主役ではないもののインパクトのある...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【映画】吉永小百合 篠原涼子と嫁姑バトル!息子役は堺雅人 来年公開映画『北の桜守』 - 03月22日(水)05:03 

スポニチアネックス 3/22(水) 5:00  吉永小百合(72)と堺雅人(43)が母子役で実写初共演する話題の映画「北の桜守」(監督滝田洋二郎)の共演陣が21日、東映から発表された。  注目は堺の妻を演じる篠原涼子(43)で、吉永とは初顔合わせ。嫁姑(しゅうとめ)で火花を散らす。  吉永の120本目の出演作。1945年に樺太(現サハリン)から北海道に引き揚げ、戦中・戦後を生き抜いた「江蓮(えづれ)てつ」の波乱の半生を描く。  「大変光栄に思っております」と背筋を伸ばす篠原は劇中では戦禍による後遺症に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

篠原涼子&佐藤浩市、吉永小百合と初共演 映画『北の桜守』キャスト発表 - 03月22日(水)05:00 

 女優・吉永小百合が主演し、堺雅人と親子を演じる映画『北の桜守』(2018年春公開)のキャストが発表され、篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛らが出演していることが21日、わかった。  吉永の120本目の出演作となる同作は、『おくりびと』(08年)で米国アカデミー賞で日本初の外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督がメガホンをとる。2月16日に北海道・網走市にてクランクインし、厳しい冬ロケを無事終え、4月末より都内近郊のロケ、セットでの撮影を行った。その後、稚内市を中心とした北海道縦断でのロケーションを春、夏に敢行予定。  吉永が演じるのは、樺太で家族4人平穏に暮らしていたが、ソ連軍の侵攻により、息子ふたりと樺太を追われる江蓮てつ。たどり着いた網走で、厳しい環境の中、夫の帰りを待ちながら息子・修二郎(堺)と必死に生き抜いていく。  修二郎の妻・真理役で篠原、闇米屋として貧困に喘ぐ江蓮親子に仕事を与え、生活を手助けする菅原信治役で佐藤が出演し、2人とも吉永とは同作が初共演。てつの夫・徳次郎を阿部、かつて網走で江蓮家の隣人であった女性、島田光江を高島礼子、真理の父親で修二郎の義父となる岡部大吉を中村雅俊が演じる。  そのほか、てつと修二郎が思い出の地を2人で巡る道中、立ち寄る居酒屋たぬきの主人役で笑福亭鶴瓶、樺太で生活していた頃からの友人で、長年てつたちを手助けしてくれる山岡和夫役で岸部一徳...more
in English
カテゴリー:

【芸能】休業状態・井上真央の結婚への計算 嵐・松潤とのゴールへ仕事断ち - 03月20日(月)13:34 

 ジャニーズの人気グループ・嵐の松本潤(33)との交際の行方が注目される井上真央(30)に電撃引退説が飛び交っているという。現在受けている仕事を最後に、女優として第一線から引くのでは?というのだ。一時は結婚も取り沙汰された2人も、松本にセクシー女優との交際が発覚するなど不安材料が持ち上がった。それでも強い“松潤愛”は変わらないというから、井上の胸中にはやはり「結婚」の2文字があるようだが…。  井上は一昨年に主演したNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が終了後、昨夏に当時所属していた事務所を辞め、昨年末ご...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「岸部一徳」の画像

もっと見る

「岸部一徳」の動画

Wikipedia

岸部 一徳(きしべ いっとく、本名:岸部 修三(きしべ しゅうぞう)、1947年1月9日 - )は、京都府京都市出身の俳優、ミュージシャン。旧芸名:岸部 修三(きしべ おさみ)、岸部 おさみ。愛称:サリー一徳兄さんザ・タイガースPYG井上堯之バンドベーシスト。身長181cm、。京都市立伏見工業高等学校建築科卒業。

来歴・人物 ザ・ タイガース時代まで

京都市で生まれ育つ。父親は元憲兵であった磯前順一ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた集英社〈集英社新書〉、2013年、pp.14。京都市立北野中学校瞳みのると同級生となり、ともに牛乳配達のアルバイトをするなど親...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる