「岸部一徳」とは?

関連ニュース

江波杏子&若尾文子&京マチ子らの主演作が集う「おとなの大映祭」6月24日開幕 - 04月27日(木)10:00 

 大映(現KADOKAWA)の創立75周年を記念した特集上映イベント「おとなの大映祭」が、6月24日から開催されることが決定した。  大映は42年に創立し、71年に倒産するまでの約30年間の間、「羅生門」「雨月物語」「地獄門」「炎上」など、日本映画史に名を刻む傑作を数多く世に送り出してきた映画会社。本イベントでは、映画祭のタイトル通り“おとな”をテーマに、江波杏子、渥美マリ、関根恵子(高橋恵子)、安田道代(大楠道代)、若尾文子、京マチ子、浅丘ルリ子、叶順子が主演を務めた“女性が主人公”の21作品を上映する。  江波のハマリ役“昇り竜のお銀”を生んだ「女賭博師」シリーズの「女の賭場」「女賭博師乗り込む」「女賭博師みだれ壷」「女賭博師さいころ化粧」「新女賭博師壷ぐれ肌」の5作のほか、「いそぎんちゃく」「太陽は見た」「しびれくらげ」「高校生ブルース」「新・高校生ブルース」「高校生心中 純愛」「氷点」「関東おんな悪名」「十代の性典」「卍(まんじ)(1964)」「不倫(1965)」「鍵(1959)」「女体(1969)」をラインナップ。また谷崎潤一郎の小説「痴人の愛」の映画化作品は、京マチ子主演の「痴人の愛(1949)」、叶がヒロイン務めた「痴人の愛(1960)」、安田道代の名前で活動していた大楠と増村保造監督のタッグ作「痴人の愛(1967)」の3バージョンが楽しめる。  「おとなの大映...more
in English
カテゴリー:

『アウトレイジ 最終章』追加キャストに大森南朋、大杉漣、池内博之ら - 04月19日(水)12:32 

北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』の公開日が10月7日(土)に決定。さらに、追加キャストとして大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之が出演することも発表された。『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した。最新作では、関東「山王会」と関西「花菱会」の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳る「フィクサー」の張会長の下にいた。そこに、韓国出張中だった花菱会の花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、フィクサーと花菱会が一触即発の様相を呈する中、花菱会では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる……。その中で大森は、大友を慕う韓国・済州島グループの市川役。ピエールは、花菱会の花田役。岸部は、花菱会の若頭補佐・森島役。大杉は、花菱会の新会長・野村役。原田は、花田の手下・丸山役。池内は、山王会木村組の吉岡役を演じる。さらに今回、特報映像も解禁に。胸に一物ありそうな面構えをしたキャスト陣の暴走ぶりを予感させる一瞬が映し出され、“全員悪人”という壮大な宇宙に放たれた巨大な弾丸に次々と名前がクレ...more
in English
カテゴリー:

ピエール瀧『アウトレイジ 最終章』は顔面世界遺産 - 04月18日(火)09:10 

北野武監督作品『アウトレイジ 最終章』の新キャストとして、大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、原田泰造、池内博之、岸部一徳らの出演が決定した。 『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。 2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズ。そんな『アウトレイジ』が、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎える。 関東【山王会】と関西【花菱会】の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいた。そこに、韓国出張中の【花菱会】花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、韓国【フィクサー】と関西【花菱会】が一触即発の様相を呈する中、【花菱会】では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる。 大友を慕う韓国・済州島グループの市川役に大森南朋、花菱会の花田役にピエール瀧、同・若頭補佐・森島役に岸部一徳、花菱会の新会長・野村役に大杉漣、花田の手下・丸山役に原田泰造、関東の組織「山王会」木村組・吉岡役に池内博之らがシリーズ初参戦。前作に引き続き出演することが発表されているビートたけし(大友役)、西田敏行(花菱会・西野役)、塩見三省(同・中田役)、白竜(張会長の側近・...more
in English
カテゴリー:

【アウトレイジ最終章】北野組にピエール瀧、原田泰造、池内博之が初参戦 - 04月18日(火)07:02 

 北野武監督(70)の最新作「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)の追加キャストが17日、発表された。お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造(47)、 テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧(50)、池内博之(40)が北野作品に初参加した他、岸部一徳(70)、大杉漣(65)、大森南朋(45)といった 北野組おなじみの顔ぶれもそろい、全員が暴力団員役を演じている。  北野監督自身が主演(ビートたけし名義)し、過激なバイオレンスシーンの連続で暴力団組織の仁義なき抗争を描いた「アウトレイジ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

北野武「アウトレイジ 最終章」10月7日公開! 大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳らがシリーズ初参戦 - 04月18日(火)04:00 

 裏社会の男たちの抗争を描いた北野武監督作「アウトレイジ」シリーズの完結編となる「アウトレイジ 最終章」が10月7日に公開されることが決定。あわせて、強烈な悪のオーラが漂うティザービジュアルと特報に加え、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之のシリーズ初参戦が発表された。 ・【動画】「アウトレイジ 最終章」特報  前作「アウトレイジ ビヨンド」(2012)で描かれた関東の山王会と関西の花菱会という2つの暴力団組織の巨大抗争後、韓国に渡り、同地の大物フィクサー・張会長の下に身を寄せていた大友(ビートたけし)。やがて、韓国出張中の花菱会・花田が張会長の手下を殺してしまったことをきっかけに、両陣営の対立が激化。花菱会の内紛も勃発して事態が混迷を深める中、大友が日本へ舞い戻り、さらなる波乱を巻き起こす様を描く。  発表された新キャストの役どころは、大森が大友を慕う韓国・済州島グループの市川役、花菱会の新会長・野村役に大杉、同会の若頭補佐・森島を岸部が演じる。また花田役を瀧、花田の手下・丸山役として原田が登場し、山王会の木村組に所属する吉岡役を池内が扮している。  「Dolls(ドールズ)」(02)、「アキレスと亀」(08)にも出演した大森は「もうこんな幸せな事はありません。北野組の撮影現場、たけしさんの横で『あぁオレ今夢が叶ってるぅぅ』ってスゲェ小さい声で呟いて...more
in English
カテゴリー:

吉永小百合×滝田洋二郎監督「北の桜守」18年3月公開!ポスター&超特報完成 - 04月25日(火)05:00 

 吉永小百合が主演する滝田洋二郎監督作「北の桜守」が、2018年3月に公開されることが決まり、ポスタービジュアルと超特報映像が披露された。極寒の北海道・網走で撮影された、物語の重要シーンをとらえている。 ・【動画】「北の桜守」超特報  吉永の120作目となる映画出演作で、北海道を舞台にした「北の零年」「北のカナリアたち」に続く“北の三部作”の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。「おくりびと」で日本初の米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田監督がメガホンをとり、戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた親子の約30年にわたる軌跡を描く。  1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつ(吉永)は、ソ連軍の侵攻によって土地を追われ、息子2人を連れて北海道の網走にたどり着く。やがて時は経ち71年、行方知れずの夫を1人で待っていたてつは、アメリカで成功をおさめた次男・修二郎(堺雅人)と札幌で同居することになるが、戦禍のPTSDに悩まされていく。  特報映像とポスタービジュアルは、てつが幼い修二郎とともに、海に向かって夫の無事を祈るシーンを切り取っている。吹き荒れる吹雪のなかで、寒さに耐え忍ぶ姿から、苦難に負けず必死で生き抜こうとする強い意志が伝わってくる。  2月16日に網走でクランクインした本作。厳冬のロケ撮影のメインは、流氷が眼前に広がる海岸での撮影であ...more
in English
カテゴリー:

『アウトレイジ 最終章』追加キャストに大森南朋、大杉漣、池内博之ら - 04月19日(水)12:00 

北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』の公開日が10月7日(土)に決定。さらに、追加キャストとして大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之が出演することも発表された。『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した。最新作では、関東「山王会」と関西「花菱会」の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳る「フィクサー」の張会長の下にいた。そこに、韓国出張中だった花菱会の花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、フィクサーと花菱会が一触即発の様相を呈する中、花菱会では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる……。その中で大森は、大友を慕う韓国・済州島グループの市川役。ピエールは、花菱会の花田役。岸部は、花菱会の若頭補佐・森島役。大杉は、花菱会の新会長・野村役。原田は、花田の手下・丸山役。池内は、山王会木村組の吉岡役を演じる。さらに今回、特報映像も解禁に。胸に一物ありそうな面構えをしたキャスト陣の暴走ぶりを予感させる一瞬が映し出され、“全員悪人”という壮大な宇宙に放たれた巨大な弾丸に次々と名前がクレ...more
in English
カテゴリー:

アウトレイジ最終章 初参加ピエール瀧ら豪華出演陣 - 04月18日(火)07:42 

 北野武監督(ビートたけし=70)の新作映画「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)に北野組初参加となるピエール瀧(50)原田泰造(47)池内博之(40)を始め、大森南朋(45)大杉漣(65)岸部一徳(70)ら豪華な経験組も出演する。…
in English
カテゴリー:

『アウトレイジ 最終章』大森南朋、ピエール瀧らが参戦 新キャスト発表 - 04月18日(火)04:00 

 北野武監督が、裏社会の男たちの抗争を描き人気を集めた『アウトレイジ』シリーズ5年ぶりの新作『アウトレイジ 最終章』の公開日が10月7日に決定し、初参戦するキャストが18日、発表された。大友(ビートたけし)を慕う韓国・済州島グループの市川を演じる大森南朋は「念願かなってバイオレンス。念願かなってアウトレイジ。もうこんな幸せなことはありません」と喜びいっぱい。そのほか、花菱会の花田役にピエール瀧、同・若頭補佐の森島役で岸部一徳らが出演し、俳優陣の迫力ある演技にも期待が高まる。 【写真】”顔バトル”にも注目 シリーズに初参戦する大森南朋、ピエール瀧、大杉漣ら  裏社会の男たちの抗争を描いた『アウトレイジ』は、北野監督が初めて手がけたシリーズプロジェクト。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『~ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録。前作に引き続き、西田敏行(花菱会・西野役)、塩見三省(同・中田役)、白竜(張会長の側近・李役)、名高達男(山王会・白山役)、光石研(同・五味役)、松重豊(警視庁・繁田役)らが出演する。  新たに発表されたのは、大森らのほか、花菱会の新会長・野村役に大杉漣、花田の手下・丸山役に原田泰造、関東の組織「山王会」木村組・吉岡役の池内博之。出演決定を聞いた原田は「うれしさのあまり雄叫びを上げていました」と話すなど、それぞれ喜びのコメントを寄...more
in English
カテゴリー:

『アウトレイジ 最終章』特報&ビジュアル解禁! 大森南朋、ピエール瀧ら参戦 - 04月18日(火)04:00 

 大森南朋、ピエール瀧らが、北野武監督最新作『アウトレイジ 最終章』に出演することが決定した。また、公開日が10月7日に決まり、特報映像とビジュアルも公開された。【関連】前作『アウトレイジ ビヨンド』フォトギャラリー 『アウトレイジ』シリーズは、北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズ。 物語は、関東・山王会vs関西・花菱会の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいたところから始まる。そこに韓国出張中の花菱会・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺害。これをきっかけに、韓国・フィクサーvs関西・花菱会の一触即発の様相を呈する中、花菱会では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる…。 今回、大森、ピエール含む新キャストが発表され、大友を慕う韓国・済州島グループの市川役に大森、花菱会の花田役にピエール、同・若頭補佐・森島役に岸部一徳、花菱会の新会長・野村役に大杉漣、花田の手下・丸山役に原田泰造、関東の組織「山王会」木村組・吉岡役に池内博之らがシリーズ初参戦をする。 大森は「念願叶ってバイオレンス。念願叶ってアウトレイジ。もうこんな幸せな事はありません...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「岸部一徳」の画像

もっと見る

「岸部一徳」の動画

Wikipedia

岸部 一徳(きしべ いっとく、本名:岸部 修三(きしべ しゅうぞう)、1947年1月9日 - )は、京都府京都市出身の俳優、ミュージシャン。旧芸名:岸部 修三(きしべ おさみ)、岸部 おさみ。愛称:サリー一徳兄さんザ・タイガースPYG井上堯之バンドベーシスト。身長181cm、。京都市立伏見工業高等学校建築科卒業。

来歴・人物 ザ・ タイガース時代まで

京都市で生まれ育つ。父親は元憲兵であった磯前順一ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた集英社〈集英社新書〉、2013年、pp.14。京都市立北野中学校瞳みのると同級生となり、ともに牛乳配達のアルバイトをするなど親...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる