「岸本斉史」とは?

関連ニュース

『オー・マイ・ジャンプ!』第2話、「NARUTO」コスプレの生駒里奈にファン悶絶 - 01月20日(土)12:41 

 伊藤淳史が主演を務めるドラマ『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』(テレビ東京/毎週金曜24時12分)の第2話が19日深夜放送された。SNS上では、人気漫画『NARUTO ‐ナルト‐』の主人公・うずまきナルトのコスプレで熱演する乃木坂46・生駒里奈に対し大きな反響が寄せられている。【写真】「生駒里奈」フォトギャラリー 本作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)の創刊50周年を記念して「ジャンプ」編集部の完全協力のもと作られているドラマ。ことなかれ主義の営業マン・月山浩史(伊藤)が、「ジャンプ」を愛する者だけが集まる会員制クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」での出会いをきっかけに成長する姿を描く。  第2話は『NARUTO』好きの女子大生・火村智子(生駒)のメイン回。「ジャンプに恋愛ものは不要」と主張する彼女はプライベートでも恋愛未経験。好意を寄せる男性・佐々木(小関裕太)を呼び寄せるも結局告白できず、忍法「霧隠れの術」のポーズをしながら走り去ってしまう。だが原作者・岸本斉史先生が実際に連載中に抱いたある思いを知り、もう一度告白する勇気をもらう。 放送終了後、ナルトの代名詞でもある「~だってばよ」にかけて「好きなんだってばよ」と、意中の男性にようやく告白した智子役の生駒に「可愛すぎだってばよ」「可愛いの塊」といった意見が殺到。さらには「握手会で『言ってください』って人増える...more
カテゴリー:

【漫画/乃木坂46】生駒里奈、わたしの「マンガベスト3」発表 ナンバーワンはやっぱり“あの作品”! - 01月10日(水)17:52  mnewsplus

ーーそもそも生駒さんがマンガを好きになるきっかけって何だったんですか? 生駒:両親もマンガが好きなので、物心つくころにはマンガを読んでいました。中学1年生の時に、その後に親友になるオタクの友達から『銀魂』(空知英秋)を勧められて読んだんですけど、世の中にこんなに面白いものがあったのかってくらい感動して、それが少年マンガにハマるきっかけでした。『銀魂』の主人公は騒がしくて、あまりヒーローらしくないのに、とても魅力的なんですよ。その時に感じた“少年マンガってこんなに面白いんだ!”っていう衝撃は、今で...
»続きを読む
カテゴリー:

『週刊少年ジャンプ展VOL.2』DB、スラダン、幽白…展示内容やグッズ情報の一部公開 - 01月15日(月)05:00 

 1968年に創刊された「週刊少年ジャンプ」(集英社)の50周年を記念したイベント「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」の展示内容やグッズ情報が、一部解禁された。往年の名作として知られる『DRAGON BALL』や『SLAM DUNK』、『幽☆遊☆白書』など、さまざまな作品の魅力にふれられる。【写真】「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 ‐1990年代、発行部数653万部の衝撃‐」フォトギャラリー 全3期にわたり開催中の「週刊少年ジャンプ展」では、昨夏開催の第1弾では「創刊から80年代」の作品を振り返る内容となったが、今回の第2弾では「90年代」をテーマにさまざまな作品の企画展示などが行われる。 解禁された情報では、スーパーサイヤ人として覚醒した悟空やフリーザなど悪役が集う『DRAGON BALL』や、井上雄彦原作で一大ブームを巻き起こしたバスケットボール漫画『SLAM DUNK』など、各作品の原画や名場面、名言などを振り返ることができる展示空間が設営されることが明らかになっている。 また、1995年に最大発行部数653万部を数えた同誌の軌跡を振り返る企画展示コーナー「Jump Tornado」や、90年代にデビューし、同誌の2000年代を支えた『ONE PIECE』の尾田栄一郎や『NARUTOーナルトー』の岸本斉...more
カテゴリー:

「岸本斉史」の画像

もっと見る

「岸本斉史」の動画

Wikipedia

岸本 斉史(きしもと まさし、1974年11月8日まんがseek・日外アソシエーツ共著漫画家人名事典日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、121頁 - )は、日本漫画家岡山県勝田郡奈義町出身。既婚者NARUTO -ナルト-53巻の作者コメントより。同じく漫画家の岸本聖史は双子の弟岸本聖史 著666〜サタン〜1巻おまけページより。血液型はO型。九州産業大学芸術学部卒。愛称はキシモッさんキッシーなど。

概要

1996年、カラクリが第132回2月期ホップ☆ステップ賞にて佳作を受賞し、デビュー。翌年1997年に赤マルジャンプに読み切りが掲載され、1999年から2014年11月までNARUTO -ナルト-週刊少年ジャンプで連載、テレビアニメ化もされた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる