「岸博幸」とは?

関連ニュース

岸博幸氏、銀行の仮想通貨参入は「勇気ある行動」 - 01月18日(木)20:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。1月17日(水)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに「銀行に訪れている変革」について伺いました。 銀行業務の収益悪化やリストラへの不安から、銀行員の転職希望者が増加しています。人材サービス大手のリクルートキャリアによると、2017年上半期に転職希望者として転職サービスに新たに登録した銀行員の数は前年比約3割増。ロボットやAIの台頭がもたらした第4次産業革命により、かつて「就職できれば安泰」と言われていた銀行は今、大きな変革を迎えています。 岸さんは、「銀行から別業種へ人材が流れたり、逆に別業種から金融に移動することは金融業界にとって決して悪いことではない」と言い、今後のサービス向上や環境変化による銀行の新たなチャンス到来の可能性を示唆します。 そんななか、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」の発行に向け、新たな取引所を開設する方針を発表しました。日本の銀行による仮想通貨の発行や取引所の開設は国内初の取り組みとなります。 岸さんは、同社の仮想通貨が限られた範囲内での活用であることから「海外への送金の手数料削減が目的では」と話し、「ビットコインのバックボーンであるブロックチェーン技術の普及...more
カテゴリー:

加藤浩次「作品ほとんど見ていますから」大好きなAIKAに絡まれニヤリ - 01月13日(土)12:00 

1月11日に「極楽とんぼKAKERUTV」(AbemaSPECIAL)の3時間特別版が生放送され、極楽とんぼ・加藤浩次があの人気セクシー女優のファンであることが明らかになった。 【写真を見る】加藤浩次が大好きな黒ギャル系美女が、至近距離で加藤を悩殺!?/(C)AbemaTV 新年初回の放送となる11日は、“いかがわしい夜の東京を駆ケル!加藤酔ってます3時間SP”と題し、飲酒をして酔っ払った状態の加藤に、さまざまな若者たちの討論を見てもらい、喋りたいことを思う存分喋ってもらう企画が行われた。 番組開始には、山本圭壱とパンサー・向井慧が登場し、番組開始2時間前から飲み始め、既に12杯ほど飲んでいるという加藤の状況を説明。 「これはね、本当にやばいですよ。生放送ですし…」と話す山本に、向井が「お願いしますね、山本さんが止めなきゃ誰も止められないですから」と答え、最初の訪問先である、都内の高級タワーマンションの41階に住むインフルエンサー女子の自宅へと向った。部屋に入ると夜景がきれいな一室では、約10万人のインスタフォロワーを持つカリスマモデルたちが、女子会をしながら加藤の到着を待っていた。 そこへ、「風に当たってくる」と番組開始前にどこかへ行ってしまっていた加藤が、ジョッキを片手に「あけおめ」と陽気に登場。全員そろったところで、“インフルエンサーのここだけの話”というテーマで、話を聞いて...more
カテゴリー:

加藤浩次、酔っ払い状態での生放送が視聴者から大反響! - 01月13日(土)12:15 

1月11日、AbemaTVのレギュラー番組『極楽とんぼKAKERUTV』#34が3時間の特別版として放送された。 同番組は、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が、11年ぶりのコンビ活動復活後初となるテレビレギュラー番組で、毎週“KAKERU(かける)”をキーワードに、様々な企画を展開し、古き良きバラエティをお届けする1時間番組。 新年初回の放送となったこの日の放送回では、“いかがわしい夜の東京を駆ケル!加藤酔ってます3時間SP”と題し、飲酒をして酔っ払った状態の加藤に、様々な若者たちの討論を見てもらい、喋りたい事を思う存分喋ってもらう企画を行った。 番組開始には、山本とパンサー・向井慧が登場し、番組開始2時間前から飲み始め、既に12杯ほど飲んでいるという加藤の状況を説明。「これはね、本当にやばいですよ。生放送ですし…」と話す山本に、向井が「お願いしますね、山本さんが止めなきゃ誰も止められないですから」と答え、最初の訪問先である、都内の高級タワーマンションの41階に住むインフルエンサー女子の自宅に向かった。部屋に入ると夜景がきれいな一室で、約10万人のインスタフォロワーをもつカリスマモデルたちが女子会をしながら加藤の到着を待っていた。そこへ、「風に当たってくる」と番組開始前にどこかへ行ってしまっていた加藤が、ジョッキを片手に「あけおめ」と陽気に登場。全員揃ったところで、“インフルエン...more
カテゴリー:

あの杉村太蔵が自腹で取り組む「地方活性化」実験とは? - 岸博幸の政策ウォッチ - 01月05日(金)05:04 

この数年間ブームだった地方創生も、今年は真価が問われる年になりそうだ。政府主導で幼児教育の無償化が始まるため、従来の自治体独自の取り組みでは差別化ができなくなるからだ。そんななか、有識者を中心に新たな地方活性化の実験も始まっている。
カテゴリー:

「岸博幸」の画像

もっと見る

「岸博幸」の動画

Wikipedia

岸 博幸(きし ひろゆき、1962年9月1日 - )は、日本の元経産官僚。総務大臣秘書官等を経て、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

来歴・人物

一橋大学経済学部卒業。

大学卒業後の1986年(昭和61年)、通商産業省(当時)に入省。。1992年よりコロンビア大学経営大学院に留学し、MBA取得。

通産省通商政策局総務課、工業技術院総務部産業科学技術開発室を経て、1995年より朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)に出向、1998年、通産省が改称した経済産業省に復職。その後、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる