「岸井ゆきの」とは?

関連ニュース

小出恵介「クレーム処理」で成長するサラリーマン役 『神様からひと言』連ドラ化  - 04月25日(火)14:20 

 俳優の小出恵介が、NHKで6月10日スタートの土曜ドラマ『神様からひと言~なにわお客様相談室物語~』(毎週土曜 後8:15~8:43、全6回)に主演することがわかった。 【写真】原作者の荻原浩氏  食品メーカーの「お客様相談室」に望まず配属された会社員が、個性あふれる仲間たちとクレーム処理に奮闘する中で、自分の人生を見直していくストーリー。『海の見える理髪店』で第155回直木賞を受賞した荻原浩氏のサラリーマン小説を、ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜて、連続テレビ小説『マッサン』(2014年)の羽原大介氏が脚本化。  主人公・佐倉凉平(小出)は、曲がったことが嫌いな熱血漢だが、時々正義感があふれすぎて上司と衝突してしまうことも。それが原因で、大手広告会社から「珠山食品」に転職してきたばかりだが、着任早々の大きな会議の席、また上司とケンカをしてしまう。失敗続きの彼が新たに配属されたのは「お客様相談室」。昨今話題のモンスタークレーマーたちに対応する社内では最前線の部署だ。  始めはふてくされていた涼平だったが、「相談室」には、癖はあるけれど面白おかしい面々が。遅刻魔でだらしない先輩が、実はクレーム処理の達人だったり…。「自分は会社組織には合わないのではないか」と感じていた凉平が、「クレーム処理」のスキルや精神を身につけ、人間的にも成長していく姿を痛快に描く。  小出のほ...more
in English
カテゴリー:

映画「光と禿」舞台あいさつ、主演のスギムがいきなり謝罪 - 04月24日(月)11:05 

映画「光と禿」の初日舞台あいさつが22日、東京・新宿のK’s cinemaで行われ、出演したスギム(クリトリック・リス)、岸井ゆきの、樋井明日香と青木克齊監督が登壇した。同作は新進...
in English
カテゴリー:

【ドラマ】西内まりや「明日婚」最終回のラストシーンが「史上最低!」と怒涛の非難 - 03月24日(金)20:20 

“史上最低視聴率の月9”として話題を呼んだ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)が、3月20日に最終回を迎えた。そして、粘り強く最後まで観た視聴者からでさえ「やっぱりスッカスカなドラマだった」と酷評されている。 「最終回も今までの回同様、ツッコミどころが多く、ご都合主義が目に付きました。例えば主人公あすか(西内まりや)に思いを寄せていた神谷(山崎育三郎)が、ライバルであるはずの名波(flumpool山村)の背中を押したり、その神谷の3年後の姿を見ると、あすかの後輩である桃子(岸井ゆきの)と結婚して子...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

小出恵介主演で荻原浩の「神様からひと言」がドラマ化! - 04月25日(火)14:15 

6月10日(土)から小出恵介主演の土曜ドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」が放送されることが決定した。 直木賞作家・荻原浩の原作を元に、食品メーカーでクレーム対応に奮闘するサラリーマン・凉平(小出)の成長を描く。 主人公の凉平は、曲がったことが嫌いな熱血漢。上司との衝突が原因で、大手広告会社から「珠山食品」という食品メーカーに転職するが、着任早々、再び上司とけんかしてしまう。 そんな彼が新たに配属されたのは、モンスタークレーマーたちに対応する「お客様相談室」。始めはふてくされていた凉平だったが、個性豊かな同僚たちに囲まれて、クレーム処理のスキルや精神を身に付け、人間としても成長していく。 脚本は、連続テレビ小説「マッサン」(2014~2015年)を手掛けた羽原大介が担当し、ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜてクレーム処理の最前線に光を当てる。 共演は、岸井ゆきの、三宅弘城、吉沢悠、小泉孝太郎、市毛良枝、草笛光子、段田安則ほか。 【関連記事】 ・“ダメ父ちゃん”沢村一樹「もう一歩頑張ってみよう」 ・小出恵介が日テレ連ドラに出演!「ごくせん」以来11年ぶり ・多部未華子と小出恵介が“ちぐはぐ”な兄妹役で初共演 ・小出恵介、つんくがモデルのアイドルP役に挑戦!
in English
カテゴリー:

【試写室】「ドラマ・ミステリーズ―」俳優たちの狂気にあっぱれ - 04月22日(土)05:00 

最近何かと横文字を使う人がどこの会社でも増えているように思う。アサインとかフィックスとか、ローンチとか、何か格好良くコンパクトに言っているつもりだけど、実際はそれを知らない人に説明する手間、相手が聞けずに調べる手間を考えれば、確実に時間の無駄なのでは?と考えてしまうので、個人的にはこの風潮は嫌いだ。 【写真を見る】大泉洋は妻の友人に心をかき乱されてしまい…? まあ、そんなことを上司に面と向かって言ったら「うん。君はリストラだねえ」とバッサリ切られ、将来の予定をリスケしないといけないので、そんなことは言わないけども。 いきなり何が言いたいのかというと、各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は4月22日(土)に放送の“オムニバス”作品「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~」(フジテレビ系)を取り上げるからだ。まあ、前置きがちょっと強引だが…オムニバスとは、複数の独立したストーリーを並べて、大枠で一つの作品にしたもののこと。 そんな本作は、短編作品であるが故に映像化が成し得なかった傑作ミステリーを、実力派俳優×映画監督という組み合わせでドラマ化した新たな切り口の企画。 短編ミステリーと言っても、作品の質は玉石混交であり、当...more
in English
カテゴリー:

【芸能】岸井ゆきの、“地味カワ”武器にブレイク期待「『恐縮です』精神は忘れたくない」 - 03月24日(金)06:59 

 女優の岸井ゆきの(25)がドラマ初主演を務めるドラマ『十九歳』(深1:25※地上波ロングバージョン)がフジテレビ系で4月5日に放送される。この冬、『レンタルの恋』(TBS)、『突然ですが、明日結婚します』(フジ)と1クール2作品にレギュラー出演した岸井は、蒼井優や多部未華子、吉岡里帆のような“地味カワ”な雰囲気が魅力。順調に女優としてのキャリアを積んでいるが、当の本人は「つねに『恐縮です』精神は忘れたくない」と控えめな笑顔を浮かべる。  オーデションを繰り返し受けチャンスを掴んできた岸井は、今回、満を持し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「岸井ゆきの」の画像

もっと見る

「岸井ゆきの」の動画

Wikipedia

岸井 ゆきの(きしい ゆきの、1992年2月11日 - )は、日本の女優。神奈川県出身。血液型はAB型。身長148.5cm。ユマニテ所属。

来歴・人物

ドラマ小公女セイラ(TBS)でデビュー後、ドラマQ10(日本テレビ)、映画ランウェイ☆ビートなどに出演。2011年、モナカ興業1043(下北沢小劇場楽園)で初舞台「ベッド&メイキングス」オフィシャルサイトより。。五反田団のワークショップにて声をかけられ、三鷹市芸術文化センターで上演された舞台宮本武蔵に出演した。

趣味は音楽鑑賞、観劇、お菓子作り。特技は泡立てること、開脚岸井ゆきの、ユマニテ公式ホームページ、2014年7月4日閲覧。。

出演 テレビドラマ
  • 小公女セイラ(2009年10月17日 - 12月19日、TBS) - 桜井ナナ 役 
  • 駈込み訴え(2010年9月27日、NHK BS2)  
  • Q10(2010年10月16日 - 12月11日、日本テレビ) - 岡崎明日香 役
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる