「岩手県」とは?

関連ニュース

ニートの割合は10.1%、30歳未満の32万人が引きこもり - 05月30日(火)12:31 

 就業、就学、職業訓練のいずれも行っていない「ニート」の割合は、2015年に10.1%と170万人にのぼることが、OECDが5月29日に発表した報告書より明らかになった。30歳未満の推計32万人が、いわゆる引きこもり状態にあるという。 OECD(経済協力開発機構)の報告書「Investing in Youth:Japan - OECD REVIEW ON NEETS(若者への投資:日本 - OECDニートレビュー)」によると、2007年以降、若年人口の減少により働く若者の数が約150万人減少している。就業している若者の半数は非正規契約の仕事についており、その数は1990年代初頭の2倍以上に増えている。 就業、就学、職業訓練のいずれも行っていない「ニート」の割合は、OECD諸国の平均が14.7%、日本が10.1%と170万人にのぼる。日本のニートの割合は過去10年で減少しているものの、生産年齢人口が急速に減少しており移民も少ないことを考慮すると、すべての若者が労働市場に積極的に参加できるよう支援することが不可欠だと報告書では指摘している。 日本では、30歳未満の推計32万人(この年齢層の約1.8%)が、社会的に離脱した状態で暮らしている、いわゆる引きこもり状態にあることが深刻な問題となっている。2014年の15歳~29歳のニートの割合を都道府県別にみると、「奈良県」が14.5%ともっ...more
カテゴリー:

岩手の教員、東成瀬中で授業 学力テストトップ県の教育体験 - 05月30日(火)12:25 

 全国学力テストでトップ級の秋田県に学ぼうと、岩手県大槌町の義務教育学校・大槌学園の教員が29日、東成瀬村の東成瀬中学校で研究授業を行った。教育レベルの高さが注目されるようになってから、村の教員が他県…
カテゴリー:

【岩手】岩手大学 理工学部で実験中に爆発 1人ケガ - 05月30日(火)07:42 

29日夕方、岩手県盛岡市の岩手大学で、実験中に薬品が爆発し、男性1人がケガをした。 爆発事故があったのは、盛岡市上田の岩手大学理工学部の地域連携推進センター。岩手大学などによると、29日午後6時頃、2階の実験スペースで薬品が突然爆発した。 この爆発による建物への延焼はなかったが、30代前半の男性1人が顔や手にケガをした。重傷とみられるが、命に別条はないという。 男性は硫黄化合物などの製造販売や技術開発を手掛ける学内のベンチャー企業の社員で、当時は1人で実験を行っていたという。 警察や消防で当...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪会場で使って 木材用防炎塗料を開発 - 05月30日(火)04:40 

塗料メーカーのシオン(岩手県矢巾町)が防炎効果のある木材用塗料を開発した。塗装するだけで、火災発生時に発煙と燃焼を約10分間抑えられる。2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場など
カテゴリー:

50年先夢見て…松林再生へ植樹 「奇跡の一本松」の地 - 05月29日(月)15:10 

 東日本大震災で「奇跡の一本松」を残して約7万本のマツが流失した岩手県陸前高田市の高田松原再生に向けて、岩手県と同市は27日、マツの苗木の植樹を始めた。年間100万人が訪れた国の名勝を約50年かけて復…
カテゴリー:

イブリー・ギトリスさん 平泉中生と交流 - 05月30日(火)12:30 

今年95歳になる現役世界最高齢のイスラエル人バイオリニスト、イブリー・ギトリスさんが29日、岩手県平泉町の平泉中(生徒183人)を訪れ、生徒たちと交流した。県による東日本大震災からの復興発信事業の一環
カテゴリー:

<ふるさと納税>返礼品額見直し 国の関与に疑問 - 05月30日(火)08:20 

達増拓也岩手県知事は29日の定例記者会見で、ふるさと納税の返礼品競争が過熱しているとして自治体に見直しを求めた総務省通知について「基本的に自治体が主体的に行うことだ」と述べ、国の関与に疑問を示した。 
カテゴリー:

震災被害の海岸 砂浜再生へ知恵絞る - 05月30日(火)04:40 

東日本大震災で消失した浪板海岸(岩手県大槌町)と根浜海岸(釜石市)の砂浜の再生可能性を探る検討委員会の初会合が29日、盛岡市であった。検討委は海岸ごとに設置され、県と研究者にそれぞれの地元市町が加わる
カテゴリー:

岩手大・理工学部で実験中に爆発 1人ケガ 5/29 22:13更新 - 05月29日(月)20:40 

29日夕方、岩手県盛岡市の岩手大学理工学部で、実験中に薬品が爆発し、男性1人がケガをした。重傷とみられるが、命に別条はない。男性は硫黄化合物などの製造販売や技術開発を手掛ける学内のベンチャー企業の社員で、当時は1人で実験を行っていたという。
カテゴリー:

−1227本の桜がひと目で見られる3D風マップ−“桜ライン311プロジェクト応援マップ”が最新版になりました。 - 05月29日(月)12:00 

東日本大震災の津波到達地点にサクラの木を植える活動を展開する、認定特定非営利活動法人桜ライン311(所在地:岩手県陸前高田市高田町字大隅93-1高田大隅つどいの丘商店街9号、代表理事:岡本翔馬)ですが、この度、株式会社マピオン様よりご提供いただいている3D風webマップ「桜ライン311プロジェクト応援マップ」の最新版がリリースとなりました。このマップは桜ライン311がこれまでに植樹を行った場所を、陸前高田市の3D風マップ上に桜の絵として表示したものです。植えた桜の品種や樹齢を含め、1/8000~1/15000の縮尺でマップ上に表示されており、当会の活動の軌跡を追うことが出来ます。活動初期からご支援くださっている株式会社マピオン様よりご協力のもと、2012年4月より提供を開始しました。現在、2017年春に行った植樹のデータを反映し、累計1227本分のデータが公開されています。
カテゴリー:

もっと見る

「岩手県」の画像

もっと見る

「岩手県」の動画

Wikipedia

盛岡広域振興局管内 482,482人

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる