「岩手県」とは?

関連ニュース

【少子化】あなたの母校がなくなる…2050年~小中学校3分の1に大幅減 人口の少ない県では10分の1も - 01月18日(木)22:05  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180118/k10011293581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_022 1月18日 18時56分 「2050年、全国の小中学校は、3分の1しか残らない」ーーーこんな驚きの推計を専門家がまとめました。「学校がなくなる?でも、都会は関係ないんじゃないの?」。そんな声も聞こえてきそうですが果たして。あなたの母校、あなたの子どもや孫が通う学校は将来どうなるのでしょうか?(社会部記者 森野周) 東京でも“閉じる”学校 東京・中野区の「みなみの小学校」。JR新宿駅から3キロほどの中心部に...
»続きを読む
カテゴリー:

アザラシの「ヨネちゃん」、秋田県米代川に出没! でも実は5年前にも... - 01月18日(木)17:00 

秋田県能代市二ツ井町を流れる米代(よねしろ)川で、アザラシ1頭が見つかった。2018年1月17日の17時すぎごろから、地元の秋田魁新報電子版や産経ニュース、読売新聞オンライン版などが報じ、テレビのニュースでも取り上げられた。アザラシが現れた二ツ井町の観光協会が公式ツイッターで「ヨネちゃん」のハッシュダグをつけて投稿するなど、さっそく川の名前にちなんだ愛称で呼ばれて注目を集めている。 あああああがわいいぃぃぃぃぃぃぃぃ(・:゚д゚:・)ハァハァ#futatsui #二ツ井 #米代川 #ヨネちゃん #アザラシ #能代 #noshiro #akitaprefecture #akita pic.twitter.com/bQNOD3ffcN- 二ツ井町観光協会 (@futatsuikankou) 2018年1月17日アザラシ情報を受けて地元では、「前のかな?」「あのヨネちゃんなのですか!?」との反応があった。 前のかな?(´・ω・`)また来たのかな(´Д`)- しゅる (@SyuruSyuruSyuru) 2018年1月17日 あのヨネちゃんなのですか!?5年近く経つのにまだいたのか...。 スイー。(:3 >3 三 pic.twitter.com/UF1E7lxes6- むとちん。 (@mutochin) 2018年1月17日実は2013年に米代川水系の内川でアザラシが目撃されてお...more
カテゴリー:

なんで東北に肥満児は多いの? 専門家に聞いてみた - 01月18日(木)11:00 

寒いと外に出たくなくなる。家の中に籠り、食べ物があれば食べる。食べ過ぎたけど寒いから運動はしたくない――。冬が到来する度、誰もが一度はこんな経験があるのではなかろうか。「寒い地方に住んでいる人は太っている人が多い」と言われることがある。実際、文部科学省が2017年12月22日に発表した「保健統計速報」のなかで、全国の11、14、17歳の男女の肥満傾向児の出現率は、東北地方が他の地方に比べ突出して高い。このデータが気になった、東北出身のJタウンネット記者。自分は周囲から「スラっとしている」と言われることが多いぞ......。そこで、いったいなぜ東北に肥満児が多いのか、専門家に聞いてみた。「昔から高い傾向」今回発表された統計で定義されている肥満児傾向児とは、性別、年齢別、身長別標準体重を求め、肥満度が20%以上の人をいう。肥満度の計算方法は、[実測体重(kg)-身長別標準体重(kg)]/身長別標準体重(kg)×100(%)だ。2016年度の全国の平均値は、11歳男子(小学6年生)なら9.69%。ところが東北6県のうち、岩手、宮城、山形、福島の4県では13%以上。残り2県も10%以上13%未満となっている。東北地方以外の多くが軒並み「7%未満」、「7%以上10%未満」であることから、やはり東北地方は平均よりも高い。統計の中でも、「東北地方においては、従来より肥満傾向児の出現率は相対的に高...more
カテゴリー:

4ヶ月間の移住留学『Change Makers’ College』2期生、絶賛募集中!! - 01月18日(木)10:00 

『Change Makers’ College』とは、4ヶ月間岩手県陸前高田市に移住し、「自分らしい生き方・働き方」を目指していくプロジェクトです。ローカルビジネスの創出や新たな企業への就職など、各々の「創り出したい未来」を目指すことを最も重要視しており、決められたゴールは存在しません。 コミュニケーション・プロジェクトマネジメントに必要なスキルを学びながら、アクション・セッションを繰り返し、「夢を実現する力=どこに住んでも、やりたいことで生きていける力」を身につけていきます。
カテゴリー:

<ラグビーW杯>観客の安全守る 岩手県、釜石市などテロ対応図上訓練 - 01月18日(木)09:31 

岩手県と2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場となる釜石市は17日、国民保護法に基づくテロ対応の図上訓練を実施した。消防庁、陸海空自衛隊、県警など29機関約260人が参加して対処手順を
カテゴリー:

【教育】公立小中学校 激減へ 30年後は10分の1の県も 東京も半減か - 01月18日(木)19:47  newsplus

1月18日 19時44分 人口減少により、2050年ごろまでに公立の小中学校は現在の3分の1ほどのおよそ1万校に減少するという推計が示されました。現在は子どもの数が増えている東京などの大都市でもその数が半減するということで、推計をした専門家は「この問題はすべての国民に関係がある。究極の姿を想定することで一人一人が考えてほしい」と指摘しています。 人口減少が進む中、将来の公共施設をどう維持すべきか研究している東洋大学の根本祐二教授は、国が示す小中学校の適正規模を基準に統廃合が進んだ場合、全国の小中学校が...
»続きを読む
カテゴリー:

被災地の「ご意見番」逝く 再建した自宅に戻って3日後 - 01月18日(木)11:10 

 岩手県釜石市の柏崎龍太郎さんが昨年末、亡くなった。85歳。東日本大震災の津波で長女を亡くし、自宅も流された。悲しみを抱えながら、安全なまちの再建に向けて声を上げ続けた「ご意見番」だった。ようやく再建…
カテゴリー:

小正月に「吉浜のスネカ」=岩手県大船渡市〔地域〕 - 01月18日(木)10:36 

 岩手県大船渡市の吉浜地区に伝わる国の重要無形民俗文化財「吉浜のスネカ」が小正月の1月15日夜に行われた。奇怪な面をかぶり、みのをまとったスネカが家々を回り、怠け者を戒める伝統行事。ある家では、スネカが居間に上がり込み大声ですごむと、子どもが泣きながら良い子になることを約束させられた。 吉浜のスネカは、男鹿のナマハゲ(秋田)などとともに「来訪神 仮面・仮装の神々」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録を目指している。 【時事通信社】
カテゴリー:

<阪神大震災23年>希望照らす神戸の灯 岩手・大槌「被災地の縁大切に」 - 01月18日(木)09:45 

阪神大震災から23年となった17日、岩手県大槌町の城山公園にあるガス灯「3.11希望の灯(あか)り」の周りには東日本大震災の被災者らが集まり、追悼の祈りをささげた。火種は神戸市の「1.17希望の灯り」
カテゴリー:

若竹千佐子63歳・専業主婦がデビュー作で芥川賞受賞!若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』 - 01月18日(木)07:00 

[河出書房新社] [画像1: https://prtimes.jp/i/12754/145/resize/d12754-145-971929-0.jpg ] 若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)が第158回芥川龍之介賞を受賞しました。 若竹さんは岩手県遠野市生まれの63歳...
カテゴリー:

もっと見る

「岩手県」の画像

もっと見る

「岩手県」の動画

Wikipedia

盛岡広域振興局管内 482,482人

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる