「岩合光昭」とは?

関連ニュース

ニャンともワンダフル!!2018年戌年にむけて 岩合光昭新作写真展「ねこといぬ」が西武池袋本店で開催! - 12月13日(水)11:00 

[株式会社クレヴィス] 昔からヒトに一番身近な存在であるネコとイヌ。「自由きままなネコ」に対して「従順な イヌ」と評されるほどその性質は正反対ですが、、本展では仲良しの作品を集めました。 母を亡くした子ネコに乳を与え育てる...
カテゴリー:

「わろてんか」52話。松坂桃李が体現する「ぬるい地獄」のおそろしさ - 12月01日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第9週「女のかんにん袋」第52回 11月30日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭52話はこんな話家庭を顧みない藤吉(松坂桃李)に、ついにてん(葵わかな)も堪忍袋の尾が切れた! 次第に膨れていく堪忍袋寄席の仕事でてんが手一杯のなか、隼也はすっかりリリコになついてしまった。藤吉は、相変わらず兜を買ってこず、寄席買収に夢中。52話は、歌子(枝元萌)とトキ(徳永えり)とてんの3人が、洗濯場でわちゃわちゃ。男はなんで鈍いのか、と愚痴を言い合う。堪忍袋のなかに文句を言って、キュッと絞ったときの紐の音が痛快だ。堪忍袋をよく見ると、小鳥柄だった。「わろてんか」には小鳥がいっぱい。 「忙しいからではなく寂しいからだと聞こえた」夕方、てんは、また袋に向かって「藤吉のどアホー」と怒鳴ると、それを伊能栞(高橋一生)に見られていた。さすが、栞。よくわかってらっしゃる「忙しいからではなく寂しいからだと聞こえた」と優しい。見られて困るてんから目をそらしてあげるのも紳士的。「男は鈍い」ので、「寂しい」と言葉にしてもいいとてんの背中を押す栞。「寂しい」と言ってしまうと歯止めが利かなくなる気がしていたとためらうてんは、まったく、我慢強い。それをいいことに、藤吉は、芸人の給料にまで手を出してしまい、てん...more
カテゴリー:

「岩合光昭」の画像

もっと見る

「岩合光昭」の動画

Wikipedia

岩合 光昭(いわごう みつあき、1950年11月27日 - )は、日本動物写真家東京都出身。法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。既婚(一女あり)。

人物

同じく動物写真家であった父・岩合徳光の助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に動物写真家を志し、猫などの身近な動物から世界各地の野生動物まで様々な題材を取り上げる。。

1979年、アサヒグラフに連載された海からの手紙で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。

1982年から1984年まで、アフリカ・タンザニアセレンゲティ国立公園に滞在して撮影した写真集おきてが、英語版が15万部を超えるなど世界中でベストセラーとなった。

日本人の作品としては初めてナショナルジオグ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる