「岡野真也」とは?

関連ニュース

「ブラックリベンジ」木村多江の激情に震え、佐藤二朗に飄々とおちょくられ、自分勝手な妹にムカつく6話 - 11月16日(木)09:45 

私は今、「渡る世間は鬼ばかり」と口にしたい心境だ。『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)を観ていると、そういう心境になってしまう。疑心暗鬼になってくる。信用していた知人が、陰で自分を裏切るような行いをしていたら……。通常ならば、それらの行動はよほどのことがない限り明るみには出ない。しかし、週刊誌が暴きにかかった場合はどうしようもない。紙面を通じて真相を知り、泣くのか、怒るのか、狂うのか……。佐藤二朗、木村多江をおちょくる主人公・今宮沙織(木村多江)と「週刊星流」デスク・天満龍二(平山浩行)は、編集長・福島勲(佐藤二朗)の捏造を糾弾する記事の掲載を画策。しかし、福島は寸でのところで記事の差し替えに成功する。新たな記事の内容は「寺田圭吾にもう一人の愛人 相手はなんと妻の妹」というものであった。沙織にとっては衝撃的過ぎるスクープだが、世間的にそれほどの激震でないことは周囲のリアクションを見れば明らかだ。何しろ、星流の編集部員が「なんでこのネタ載っけたんですかね?」「こんな古いネタに差し替えるくらいだったら……」とボヤくくらいなのだから。要するに、福島は沙織とその周辺を攻撃する目的でこの記事を引っ張り出してきた。それにしても、佐藤二朗の芝居が凄い。自分の寝首をかこうと企む沙織と天満を前にした時の態度が、憎らし過ぎるのだ。天満に対し、お茶目なノリで「俺さぁ~、お前の考えてること、手に取るように...more
カテゴリー:

「ブラックリベンジ」佐藤二朗までもが躊躇する黒幕編集長のゲスさ。だが現実離れはしてないらしい怖い - 11月09日(木)09:45 

『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)は、11月2日放送分で第5話を迎えている。このタイミングで、同作が何話で終了するのかを調べてみた。どうやら、全10話に設定されているらしい。なぜこんなことをしたかと言うと、“ラスボス”と呼びたい存在が早くも主人公・今宮沙織(木村多江)と相対したからだ。それは、「週刊星流」編集長の福島勲(佐藤二朗)。ORICON NEWSは、『ブラックリベンジ』福田浩之プロデューサーのインタビュー(提供元:コンフィデンス)を掲載。その中で、福田プロデューサーは以下のように語っている。「脚本でこだわったのが、逆算で構成しないということです。(中略)いま8話の撮影をしているところですが、まだ最終回がどうなるのか決まっていません」沙織の進む“復讐”の道は、これからも流転していく模様。福島以外にも、秘密を抱えていそうな人物はあまりに数多いのだ。いや。だとしても、福島の存在は際立つ。普段の軽薄なノリは「振り子の理論」として、彼の恐ろしさに拍車をかけている。捏造をあっさり認める“黒幕”のタヌキっぷり福島がどれだけタヌキだったか、第5話における彼の言動を振り返りたい。5年前、政治家・寺田圭吾(高橋光臣)を福島と共に捏造スキャンダルで自殺に追い込んだ南條夕子(横山めぐみ)。彼女とは今でも親交がある福島だが、それでいて「週刊星流」の記事で南條を“社会的な死”に追いやっている。「ウチ...more
カテゴリー:

「岡野真也」の画像

もっと見る

「岡野真也」の動画

Wikipedia

岡野 真也(おかの まや、1993年2月22日 - )は、日本タレント、女優、モデル。

栃木県宇都宮市出身秋の交通安全運動、株式会社ビッグワン。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

略歴

2005年、中学1年生のときに父親の薦めで、スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスを受ける。結果、ファイナリストに選ばれ、ニューカム(現ソニー・ミュージックアーティスツ)に所属が決まり現在に至る。

人物
  • 身長155cm、体重42kg。B77cm、W61cm、H82cm。靴のサイズは23cm。
  • 長年、血液型が不明であったが、18歳の時にA型と判明する。それ以前は、献血...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる