「岡田麿里」とは?

関連ニュース

生田斗真に恋した広瀬すず…教師と女子高生の純愛『先生!』が切なすぎる - 10月20日(金)19:00 

生田斗真と広瀬すずの共演で話題を呼んでいる『先生!、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)。集英社の「別冊マーガレット」で7年にわたって長期連載され、コミック累計発行部数は570万部を突破する河原和音の人気少女漫画を、『僕等がいた』『アオハライド』などの青春映画の名手・三木孝浩監督が映画化した純愛ストーリーだ。 【写真を見る】生田斗真を見つめる広瀬すず…その恍惚の表情/[C]2017 映画「先生!」製作委員会 高校2年生の響は、ちょっと内気で不器用な性格。周りの友人たちが教師に恋心を抱いていることに、あまりピンと来ない彼女だったが、ふとしたきっかけで世界史の伊藤先生のことを気になり始める。初めての恋に、どうすればいいのか戸惑いながらも、まっすぐな想いを伝え続ける響。そんな彼女の想いに、ぶっきらぼうで近寄りがたいオーラを放つ伊藤の心が、少しずつ溶かされていくのである。 そんな本作から、広瀬演じる響の、溢れる恋心が伝わる新場面写真が公開された。伊藤に想いを伝えるも、教師と生徒という関係だからと玉砕した響は、ある日階段でぶつかった拍子に伊藤がかけていたメガネを壊してしまう。メガネがないとまっすぐ歩くこともできない伊藤のために、響は優しく手助けをしながら彼が住む職員寮まで送るのである。 大丈夫だと気遣う伊藤に対し「先生は私が守りますから!」と健気にサポートする響。どこまでもま...more
カテゴリー:

「岡田麿里」の画像

もっと見る

「岡田麿里」の動画

Wikipedia

岡田 麿里(おかだ まり、女性、1976年アニメーション神戸-第16回アニメーション神戸賞 - )は、日本脚本家アミューズメントメディア総合学院卒業。日本脚本家連盟会員。 経歴

埼玉県秩父市出身。両親は3歳頃に離婚し岡田、2017年、pp.89 - 91、母と母方の祖父(高校時代に死別)の3人家族で育つ岡田、2017年、p.25。小学校低学年の頃から月に1・2回程度の「ずる休み」をするようになり、五年生の頃から不登校が本格化した岡田、2017年、pp.32 - 33。

中学校進学に際して、誰からも嫌われない親友をモデルに「キャラクターづくり」をしてクラス内で思い描いていたポジションを得たが岡田、2017年、pp.44 - 45、一年生の一学期が終わる頃にはストレスを覚えるようになり、学校を休む岡田、2017年、pp.47 - 51。欠席の間に小学校時代の不登校の話が広まり、クラスの中で「本当は繊細」というキャラクターづけがされたことで、再度不登校を始めた岡田、2017年、pp.52 - 54。ほぼ引きこもりの生活を送り岡田、2017年、p.61、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる