「岡田麿里」とは?

関連ニュース

清純な乙女の秘密をのぞき見!?『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が大注目 - 少年コミック配信ランキング - 08月12日(土)21:48 

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間1,100万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。今週は、岡田麿里氏が原作を務めた注目作『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が首位に立ちました。
カテゴリー:

本当の気持ちになかなか気づけない 甘酸っぱい「幼なじみ」マンガ CREA 2017年8月号 - 08月06日(日)18:00 

三角関係が愉快な濱田浩輔の『パジャマな彼女。』。奥手で地味な女子が、幼なじみの男子をきっかけに性を意識する、絵本奈央/岡田麿里の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』。「幼なじみ」がテーマのマンガ2作をご紹介。
カテゴリー:

「岡田麿里」の画像

もっと見る

「岡田麿里」の動画

Wikipedia

岡田 麿里(おかだ まり、女性、1976年アニメーション神戸-第16回アニメーション神戸賞 - )は、日本脚本家アミューズメントメディア総合学院卒業。日本脚本家連盟会員。 経歴

埼玉県秩父市出身。両親は3歳頃に離婚し岡田、2017年、pp.89 - 91、母と母方の祖父(高校時代に死別)の3人家族で育つ岡田、2017年、p.25。小学校低学年の頃から月に1・2回程度の「ずる休み」をするようになり、五年生の頃から不登校が本格化した岡田、2017年、pp.32 - 33。

中学校進学に際して、誰からも嫌われない親友をモデルに「キャラクターづくり」をしてクラス内で思い描いていたポジションを得たが岡田、2017年、pp.44 - 45、一年生の一学期が終わる頃にはストレスを覚えるようになり、学校を休む岡田、2017年、pp.47 - 51。欠席の間に小学校時代の不登校の話が広まり、クラスの中で「本当は繊細」というキャラクターづけがされたことで、再度不登校を始めた岡田、2017年、pp.52 - 54。ほぼ引きこもりの生活を送り岡田、2017年、p.61、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる