「岡田惠和」とは?

関連ニュース

【ドラマ】竹内涼真を待っていた!朝ドラ「ひよっこ」が「特撮パラダイス」と話題に“ヒーロー集結”で有村架純が選ぶのは? - 04月26日(水)19:30 

https://mdpr.jp/news/detail/1682026 2017.04.26 18:00 女優の有村架純がヒロインをつとめる平成29年度前期連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜/朝8:00~)の新キャストが26日、東京・渋谷の同局で行われた会見で発表された。 俳優の竹内涼真が加わることも明かされ、ネット上で話題となった。 脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品「ひよっこ」は東京オリンピックが開催された1964年から始まる波乱万丈青春記。 竹内は有村演じるヒロイン・みね子の隣に住む大企業の御曹司で大学生の島谷純一郎役で、みね子は、島谷の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」20話「こんないい人いない!」の連続 - 04月26日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「旅立ちのとき」第20回 4月25日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比20話はこんな話みね子(有村架純)は東京に働きに行く決意をしたものの、肝心の就職先がなかった・・・。つまんねえ人間なんてどこにもいねえよ正月早々、「くまが出てこれはくまった、なんてな」とベタなダジャレを言って、奥さん(しずちゃん)が全然笑ってくれない、とぼやく宗男(峯田和伸)。まあ仕方ない。古いラジオを出してきて、イギリスで大人気のビートルズをみね子にすすめる。若者と語り合いたかったと言うが、じつは、東京に行くと思いつめるみね子を励ましたかったようだ。「せっかく行くんだし、若いんだし、あんまり背負ってばかりじゃなくて、自由に生きろって言うんだ」優しいおじさんにみね子は真面目に返す。「自由ってなに? 私は、やることが目の前にあって、それを一生懸命やるのが好きだよ」と。そんなふうに考えてしまう自分を「つまんない」と謙遜するみね子に「つまんねえ人間なんてどこにもいねえよ」と宗男。いいひとだなあ。でも、「自由」を知らなければ、それはそれで幸せなのかも。「なんでもいいとか言うんでねえ」もうひとり、いいひとがいた。流行りのギャグ担当かと思っていた田神...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】<有村架純主演の朝ドラ『ひよっこ』>低視聴率の原因「イケメン不在説」にファン物言い - 04月25日(火)08:15 

有村架純主演で放送中の朝ドラ『ひよっこ』。高度経済成長期を舞台に、「金の卵」たちの集団就職&東京での奮闘を描く本作は、地元「奥茨城県編」が佳境を迎えつつある。 朝ドラ3作目の大御所脚本家・岡田惠和が描く世界は、丁寧な人間描写と温かさあふれるストーリーが魅力で、しらべぇでも定期的に記事を配信している。 しかし、その視聴率はあまり芳しくないようだ。 ■イケメン不在が低視聴率の原因は本当? 先週22日の放送で平均視聴率20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した本作。これは11日の20.4%を上...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」18話「まずは君が落ち着け」の松尾諭の新名フレーズ「幸せならケツたたこう」 - 04月24日(月)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第18回 4月22日(土)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武18話はこんな話実お父さん(沢村一樹)が東京で行方不明であることを知ってショックを受けた、ちよ子(宮原和)が、バスの車掌・益子次郎(松尾諭)に連れられて家に戻ってきた。「昔でいう関所みたいなもんだ」 益子車掌と大人の話をするため、子供ふたりは押入れに入れられる。気を使って、押し入れから離れた場所で話するわりに、車掌の声がいやにでかい。このひと、あけすけな性分のようだ。美代子(木村佳乃)が福島に行くと偽って東京に行ったときも、みね子(有村架純)に躊躇なくほんとうのことを話してしまっていたのも、致し方なし。「車掌なんて」と謙遜すると、「んだな」と茂(古谷一行)にすんなり肯定されてしまい、慌てて「そんなことない、大事な仕事だよ」と言い直す益子。“村と外の世界をつなぐ役割” 「昔でいう関所みたいなもんだ」であるという自覚を語る。「おれはずっとバスの中だけどな。どこにもいかねえでずっと村の人の出会いを見てきたんだ」「シン・ゴジラ」の名セリフ「まずは君が落ち着け」もまだまだ記憶に鮮やかな松尾諭さんですが、「ひよっこ」でもいいセリフ出ました。車掌さんが外に出たいのか出たくないかはわからないが、たとえ...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」17話。日本中がオリンピックに踊るわけじゃない - 04月22日(土)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第17回 4月21日(金)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武  17話はこんな話東京オリンピックも終わり、現実に戻ったみね子(有村架純)たちはすっかり気が抜けていた。そんなおり、ちよ子(宮原和)が東京でお父さんの居所を探してくれている警官・正義(竜星涼)からの手紙を読んでしまった。 「祭りは終わる。そして振り出しに戻る」これは↑ 時子(佐久間由衣)の母・君子(羽田美智子)の乾いたセリフだ。「祭りの夜とかにはひとは妙な熱に浮かされてあとさき考えずに選択を失敗するのよ」という実体験に基づいた言葉らしい。祭り中は、時子の女優目指して東京行きを応援しているようだった君子が一転、また反対をはじめる。三男(泉澤祐希)の家も、お父さんもお母さんもお兄ちゃんも、日々の労働に立ち返っている。祭りの熱が引かないのは、みね子と時子と三男だけ。すごいぞ「ひよっこ」。従来、麗しい感動の名場面にしてしまいそうな聖火リレーを週半ばでさくっと終わらせ、東京オリンピックのこともほとんど触れずにさっさと終わらせてしまった。岡田惠和に取材したとき「オリンピック出てきません、舞台は茨城なので」と言っていたのは大げさでもなんでもなかった。自主聖火リレーの経験者さんのお話も、東京は遠く、...more
in English
カテゴリー:

【女優】ぱるる、「ひよっこ」で朝ドラ初出演! - 04月26日(水)12:39 

女優の有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)の“東京編”新キャストが26日、東京・渋谷の同局で発表され、“ぱるる”こと元AKB48の島崎遥香(23)が朝ドラに初出演することになった。 島崎は、ヒロイン・谷田部みね子(有村)が働く「すずふり亭」の料理長・牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘・牧野由香を演じる。 AKB48卒業後、女優として活躍してきたが、朝ドラデビューを果たす。 みね子は集団就職で上京。 みね子が暮らすアパート「あかね荘」の人々に白石加代子...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」19話。みね子みたいな親思いの子供はいつ絶滅したのか - 04月25日(火)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「旅立ちのとき」第19回 4月24日(月)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博19話はこんな話大晦日、実お父さん(沢村一樹)は帰ってこなかった。 いまは楽しいのしか見たくないの。桑田さんがムーディーに歌う「愛のことばをリル」の「リル」ってなんだろうと毎朝気になっています。おそらく戦前戦後の歌「上海帰りのリル」とか「上海リル」という歌と関連があるのではないかと想像するのですが・・・。さて、1964年の暮れ。オリンピックのあった年だというのに、奥茨城村は淡々と冬支度。とりわけ、谷田部家は、いつもの冬よりも寒く感じられるという。それはお父さんが帰ってくるかわからないから。国立競技場ほか、東京開発のために尽力したお父さん、いったい、どこ行っちゃったのか・・・。みね子(有村架純)は、評判の吉永小百合主演映画「愛と死をみつめて」を観に行く予定だったが、行かないで家の仕事をする。「楽しい映画は好きだけど、悲しい映画は苦手なの」「愛と死をみつめて」はいわゆる難病悲恋もの。公開された9月からお父さんが消息不明だから、よけいに観たくないかもしれない。これは我が家からのお歳暮ですお父さんがいないので、送金が停まってしまっていることを心配した時子(羽田美智子)がお金を渡そうとすると、美代子(木村...more
in English
カテゴリー:

【芸能】「有村架純」寿司屋と蕎麦屋で週6バイトの高校時代  真面目でお客さんからの評判はよかった - 04月24日(月)11:53 

 有村のふるさとは兵庫県伊丹市。空港から近いこの地で育った。共働きの両親と、2つ年上の姉でグラビアアイドルの有村藍里(26)の4人家族だった。  有村が小学2年生のとき、新築の一戸建てで暮らし始めた。 「引っ越して来たときから、美人姉妹として評判でした。お父さんもカッコいいし、お母さんも美人。架純さんは活発な子で、よく家の前の道路で学校の友達と遊んでいました。 たまにうちに遊びに来て、子供のオムツをかえてくれたことも。週末は家族でよく出かけていたようです」(近所の住民)  人生の転機は小学4年生の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

東京オリンピックは朝ドラでどう描かれてきたのか「オリンピックのどこがすばらしいと思うんや?」 - 04月23日(日)10:00 

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(岡田惠和脚本)は、1964年の東京オリンピック開催直前の茨城の片田舎を舞台に始まった。先週放送分では、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が高校の同級生たちと、オリンピックの聖火が茨城県内を通るのとあわせて、自分たちの村でも独自に聖火リレーを実現させた。木俣冬さんの記事にあったように、これは実話をもとにしたエピソードだとか。それにしても、「ひよっこ」の劇中、肝心のオリンピックはテレビのモノクロの画面の向こう側で、あっけなく終わってしまった。それがかえって「田舎」と「東京」の遠さを表していたようにも思う。これまでの朝ドラでも、東京オリンピックはたびたびとりあげられてきた。戦後日本におけるビッグイベントだけに、女の一代記の多い朝ドラに登場するのは当然といえる。ただ、それは50年以上にわたる朝ドラの歴史のなかでも、じつはごく最近の傾向かもしれない。朝ドラで東京オリンピックが重要な題材に扱われ、その前後の時代が舞台となったのはおそらく、早くとも1989~90年放送の「和っこの金メダル」(重森孝子脚本)がその先駆けではないだろうか(ただし、細かく調べたわけではないので、もしそれ以前に東京オリンピックをとりあげた作品があるなら、ご存知の方にぜひご指摘いただきたい)。この記事では、「和っこの金メダル」以降、歴代の朝ドラにおいて東京オリンピックがどんなふうにとりあげ...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」16話。やたら毒舌なアナウンサー - 04月21日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第16回 4月20日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比16話はこんな話聖火リレー大会の様子がテレビで放送され、谷田部家、助川家、角谷家がそろって鑑賞する。 聖火リレーの放送、「ほんの短い時間」とナレーション(増田明美)は言っていたけれど、そこそこみんな映っていて、よかった、よかった。時子(佐久間由衣)がドキドキしながら見ていたら映らなくてがっかり、みたいな流れになるんじゃないかと思ったら、そんなことはなくてホッとした。ただ、アナウンサー(声・茂木淳一)が、「村一番の美人さんであります」と持ち上げた後に「夢の翼が折れないことを祈ろうではありませんか」と落し、「スタイルの向上には目をみはるものがある」と持ち上げた後に「どうか翼が折れないことを祈るばかり」とまた落とすという仕打ちに、時子はいささかむくれてしまう。アナウンサーはこれ以外にも、「人里離れた小さな村」 「便乗する」「あやかろうと」「いかにも農家の三男坊という顔をしています」「孫を応援するおばあちゃん」「これでも昔は」「侮れませんな」などと、なんとなくバカにしたような表現を重ねる。なぜだ。こんなことあっていいのか。それでも奥茨城...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「岡田惠和」の画像

もっと見る

「岡田惠和」の動画

Wikipedia

岡田 惠和(おかだ よしかず、1959年2月11日 - )は、東京都三鷹市出身の脚本家。「岡田恵和」とも表記される。所属事務所はマツ・カンパニー

来歴

和光高等学校卒業。和光大学人文学科中退。企画会社勤務後、フリーライターとなる。音楽評論家FMDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。シナリオ修行は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。同校卒業生としては内館牧子と並ぶ出世頭の1人。イグアナの娘君の手がささやいているちゅらさんなどが代表作。

2014年には自身の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる