「岡田惠和」とは?

関連ニュース

「ハロー張りネズミ」大根仁が監督賞に輝く「またいつかプライム帯ドラマに挑戦したい」 - 11月19日(日)13:45 

深夜ドラマを経て、ゴールデンタイムのドラマに初挑戦した大根仁氏が、夏クールのドラマを対象にした「第94回ドラマアカデミー賞」監督賞に輝いた。 【写真を見る】瑛太演じるゴローらの活躍が描かれた「ハロー張りネズミ」/(C)TBS ドラマ「ハロー張りネズミ」では、弘兼憲史の同名漫画をドラマ化し、東京・下赤塚にある「あかつか探偵事務所」で働くゴロー(瑛太)が、相棒の木暮(森田剛)、蘭子(深田恭子)、所長のかほる(山口智子)らと共に難事件に挑む姿が描かれた。今作では、全話の脚本と演出を担当し、大きな評価を得た大根氏に受賞の感想を聞いた。 ――最優秀監督賞受賞のお気持ちをお聞かせください。 最初で最後のゴールデン・プライム帯のドラマのつもりで作ったので、このような賞をいただき、光栄です。また全話脚本・演出という、従来のテレビドラマの制作体制にはありえないスタイルを受け入れてくださった、TBSの皆様に感謝します。ただ、視聴率という結果を残せなかった事に関しては、曲がりなりにもプロとして、申し訳なく思っています。 ――投票された方からは、「大根監督らしいスタイルで撮り切ってくれた」と喜び声を多くいただきました。今回の作品でこだわった点や、貫いたことなどを教えてください。 これまでやってきたことの集大成であることと、今までやってこなかったことの両立を目指しました。また、どこかで観たことのあるドラマ感...more
カテゴリー:

竹内涼真が助演男優賞に輝く!「自分で納得がいったところは数少ないんです」 - 11月18日(土)07:00 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」の受賞作が決定。 【写真を見る】日曜劇場「陸王」でも活躍し、今注目の若手俳優の竹内涼真/撮影=岡本英理 最優秀助演男優賞には、「過保護のカホコ」(日本テレビ系)でヒロイン・カホコ(高畑充希)にストレートな愛情を投げかける麦野初を演じた竹内涼真が選ばれた。 画家を目指す大学生の初は、最初は過保護に育てられたカホコに対し冷たい態度を示すが、次第にカホコの愛情深い性格に引かれていく。ついには、カホコの両親の前で堂々と交際宣言するなど、男らしい姿も見せた。 竹内は、現在放送中の秋ドラマ「陸王」(TBS系)では、物語のキーパーソンとなる陸上競技部員・茂木裕人を演じ、今注目度ナンバー1の若手俳優だ。そんな竹内に受賞の感想と喜びのコメントを聞いた。 ――ドラマアカデミー賞で、最優秀助演男優賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください まずとてもうれしいのと同時に、自分の予想を超えた反響に驚いてます。ただ、視聴者のみなさんが支持してくださった麦野初への評価は、このキャラクターを作り上げた脚本の遊川和彦さんのおかげだと思っています。 ――今回演じた麦野初の男らしく、爽やかなキャラクターが多くの視聴者の心をとらえましたが、演じる上で意識していたことはありますか? 遊川さんからは、強さも弱さ...more
カテゴリー:

内野聖陽、7年越しの企画が実現「見応えのあるドラマになった」 - 11月17日(金)05:00 

 俳優の内野聖陽が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『ヘヤチョウ』が12月17日(後9:00)に放送される。『臨場』、『ゴンゾウ』(ともに同局)といった刑事ドラマで個性的な主人公を演じ、高い評価を受けてきた内野が、自らドラマ化を臨んだ企画が7年越しで実現。「一つ一つのシーンをこれでもか、というぐらいこだわって撮影させていただきました」と語る、渾身(こんしん)の一作となっている。 【場面写真】新人刑事役で武田梨奈が出演  原作は、警視庁捜査一課に勤務、退職後は刑事・警察作品の企画協力、原案提供、演技指導などを行う一方、小説などの執筆も手がけた故・飯田裕久さんの小説「地取り」、「検挙票」。この2作を大河ドラマ『八重の桜』、『相棒』などの山本むつみ氏が脚色。内野は、過去に飯田氏が警察監修を担当するドラマに出演し、俳優として飯田氏を信頼、心酔してきた。しかし、2010年に飯田さんが急逝。内野主演で飯田さんの作品をドラマ化する企画が立ち上がったものの、内野が主人公を演じる年齢ではないという意向もあり、見送りになった経緯がある。  内野演じる主人公の釜本宣彦(かまもと・のぶひこ)は、誰もが認めるやり手刑事。その手法は古くさく武骨だが、着実に成果をあげ、上司からも信頼を得ていた。ところが、時間も忘れて捜査に熱中するあまり、親友の同僚刑事の相談に乗ることができず、彼は自殺。さらに家庭をも顧...more
カテゴリー:

「ひよっこ」岡田惠和が続編に意欲「野心もわずかにあります(笑)」【ドラマアカデミー賞受賞者インタビュー】 - 11月16日(木)13:26 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」脚本賞に朝ドラ「ひよっこ」の岡田惠和氏が受賞が決定した。 【写真を見る】受賞の喜びを語った岡田惠和/撮影=下田直樹 「ちゅらさん」('01年)「おひさま」('11年、共にNHK総合)に続く朝ドラ3作目に挑んだ岡田氏。岡田氏による熱烈なオファーにより決定したヒロイン・有村架純も主演女優賞に選ばれ、ドラマソング賞の桑田佳祐、特別賞のタイトルバックと「ひよっこ」は4冠という輝かしい結果となった。投票者からは、「原作のないオリジナルストーリーを紡ぎ、どの登場人物にも愛情を注いがれていた」と絶賛された。そんな作品を描き出した岡田氏に、喜びのコメントと撮影秘話を聞いた。 ――「ひよっこ」で、最優秀脚本賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください ドラマアカデミー賞は「最後から二番目の恋」以来ですかね? 久しぶりにいただけたこともそうですし、自分でもすごく愛している作品を選んでくださって本当にうれしいです。スタッフやキャストの皆さんたちのおかげだと思っています。 ――脚本を書いていく中で、役者さんたちの演技に刺激を受けたことはありますか? 今回はキャスティングに関して、結構意見を言わせていただきました。おかげで、死角がないと言いますか、最強のメンバーがそろったと思っています。オーディ...more
カテゴリー:

漫画家・しりあがり寿氏、『じゅん散歩』出演 高田純次と渋谷を歩く - 11月15日(水)07:00 

 漫画家・しりあがり寿氏が、21日放送のテレビ朝日系『じゅん散歩』(月~金 前9:55※関東ローカル)にゲスト出演。“一歩一会”をテーマに自由気ままに街を歩く散歩人・高田純次と東京・渋谷の街を散歩&しりあがり氏のアトリエにもお邪魔する。 【写真】高田純次とともに渋谷の街を歩く  2015年9月28日のスタートから2年が経過し、今やすっかり“テレビ朝日の午前の顔”として定着した高田。20日から24日までの1週間は、渋谷・原宿エリアを特集。渋谷駅西口周辺を歩く21日は、片隅でヤギを飼っているカフェを見つけて立ち寄ったところ、しりあがり氏と遭遇する。  高田としりあがり氏は、今回が初対面。氏の仕事場が近くにあると聞いた高田は、さっそくアトリエを訪ねることに。そこで現在、「六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー」で開催中の『THEドラえもん展 TOKYO 2017』に出品しているアニメーションを見せてもらう。氏いわく、「ギリギリのところを狙った」という作品に、高田も「アイデアがスゴイ! よくわからないけど、面白いなぁ!!」とうなり、「やっぱり才能がある方は違うな。絵とアイデアが一緒に出てくる人は、僕から見たら“異星人”ですよ!」と大絶賛。  そのほか、朝日新聞に連載中の4コマ漫画の創作秘話などもトーク。実は、お邪魔した当日が原稿の締め切り日だと明かす氏に、芸能界一のテキトー男”と...more
カテゴリー:

「5人にとって、大切な母校のような作品です」新垣結衣が助演女優賞を受賞!! - 11月18日(土)08:00 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」の最優秀助演女優賞には、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」でフライトドクター・白石恵を演じた新垣結衣が選ばれた。 あ 7年ぶりの新作で、新垣演じる白石は、救命のリーダーとして新人のフェローたちに対して立派に指導する姿が描かれた。悩み苦しみながらもフェローを叱りつける姿勢や、戸田恵梨香演じる緋山との友情を感じさせるシーンもあり、視聴者からは「7年前の白石からは考えられない成長ぶりが良かった」と絶賛の声が聞こえた。 放送終了後、'18年公開の映画化が決定し、今後さらなる活躍が期待される。そんな新垣から、受賞の感想のコメントを聞いた。 ――ドラマアカデミー賞、最優秀助演女優賞おめでとうございます。受賞のお気持ちをお聞かせください。 大変驚いています。ありがとうございます!! ――7年ぶりに主要キャストが全員そろっての新シリーズとなりましたが、新シリーズ決定を聞いた当時の率直な感想と、撮影を終えての感想をお聞かせください 何度か集まる度に「もう一度みんなで一緒に仕事がしたいね」と話していましたが、7年たってまさかそれが本当に実現できるとは思っていませんでしたので嬉しい気持ちと、当時を思い出しての緊張と、7年たってどのように描かれるのかと、いろんな...more
カテゴリー:

田中美奈子、旧知の仲・沢村一樹主演ドラマにゲスト出演 - 11月17日(金)05:00 

沢村一樹が主演を務めるドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第5話が、11月17日に放送。田中美奈子がゲスト出演する。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。今回のゲストである田中は、沢村と同い年で1995年に放送されたドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)からの旧知の仲。田中のブログでは、「“今年も一緒に仕事出来るみたいだね〜”と(沢村から)メールが来て、確かに毎年1回⁈ はお仕事一緒になってるかも」と共演を喜んでいる。沢村演じる本作の主人公・杉山利史は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第5話では、杉山は純喫茶「ジュルビアン」の看板娘・さくら...more
カテゴリー:

桑田佳祐の「若い広場」がドラマソング賞に輝く!【ドラマアカデミー賞受賞者インタビュー】 - 11月16日(木)18:00 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」ドラマソング賞に、朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌った桑田佳祐が受賞した。 【画像を見る】2017年夏クールドラマを対象にした「第94回ドラマアカデミー賞」の結果が発表 「ひよっこ」はヒロイン・有村架純も主演女優賞に選ばれ、脚本賞の岡田惠和、特別賞のタイトルバックが受賞し4冠を獲得。視聴者からは、「昭和感が強いのに、どこか新しい歌」「慣れ親しめるリズムと明るさで、思わず口ずさんでしまう」と半年間親しまれた。 今回の受賞を受け、ドラマ「ひよっこ」の制作統括を務める菓子浩氏から、感想と主題歌決定秘話を聞いた。 ――「ひよっこ」の主題歌「若い広場」が、最優秀ドラマソング賞に選出されました。ご自身の手掛けた作品で受賞されたことについて、お気持ちをお聞かせください 主題歌は番組の“顔”です。「若い広場」の歌詞やメロディーに、「ひよっこ」のエッセンスが凝縮されていると思っています。キャストやスタッフも大好きな「若い広場」が、視聴者の皆様からも愛され、このような素晴らしい賞をいただけたことを、大変うれしく思っています。 ――審査員からは「“昭和感”が満載なのに、どこか新しい」などの意見が相次ぎました。桑田佳祐さんへオファーされる際に、伝えられたことはありますか? 長年、第一線を走り続け、幅広い...more
カテゴリー:

女性記者のドラマ座談会「月9低視聴率もったいない」 - 11月15日(水)16:00 

10月に始まった秋ドラマもそろそろ中盤に突入。そこで、本誌女性記者たちが、ドラマファンの目で熱烈に、芸能記者の目で冷静に、今からでも見てほしいドラマ作品を紹介! 題して「ドラマ大好き本誌女性記者による女性のための2017秋ドラマ座談会」。 A「『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系・木曜21時〜)の視聴率が、今シーズンも相変わらずいいです。第5話は20.8%」 B「『相棒 season16』(テレビ朝日系・水曜21時〜)とか、2シーズン目の『コウノドリ』(TBS系・金曜22時〜)もそうだけど、あの辺は揺るぎない面白さがあるね。あと、シリーズじゃないけど『陸王』(TBS系・日曜21時〜)。あの『半沢直樹』枠の池井戸潤さん原作ものは、外れがない!」 C「3話で鳥居みゆきがゲスト出演していて、そういう遊び心も楽しい。ほかのドラマでも、最近、印象的なゲスト出演が多い気が。浅野忠信と神木隆之介が共演の『刑事ゆがみ』(フジテレビ系・木曜22時〜)も毎回ゲストが豪華。1話は杉咲花ちゃんでしたから」 B「あれもキャストがいいよね。やっぱり浅野忠信はこういう役をやらなくちゃっていう感じのぴったりの役」 C「沢村一樹主演『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(テレビ東京系・金曜20時〜)も好きです。構えず気楽に見られて」 B「脚本家がNHK朝ドラの『ひよっこ』の...more
カテゴリー:

田中美奈子、旧知の仲・沢村一樹主演ドラマにゲスト出演 - 11月14日(火)17:00 

沢村一樹が主演を務めるドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第5話が、11月17日に放送。田中美奈子がゲスト出演する。同ドラマは、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く。また、脚本は岡田惠和が担当。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。出演者にも、主演の沢村をはじめ、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうという『ひよっこ』に登場した人気俳優が集結している。今回のゲストである田中は、沢村と同い年で1995年に放送されたドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)からの旧知の仲。田中のブログでは、「“今年も一緒に仕事出来るみたいだね〜”と(沢村から)メールが来て、確かに毎年1回⁈ はお仕事一緒になってるかも」と共演を喜んでいる。沢村演じる本作の主人公・杉山利史は、元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街に拠点を移す。第5話では、杉山は純喫茶「ジュルビアン」の看板娘・さくら...more
カテゴリー:

もっと見る

「岡田惠和」の画像

もっと見る

「岡田惠和」の動画

Wikipedia

岡田 惠和(おかだ よしかず、1959年2月11日 - )は、東京都三鷹市出身の脚本家漫画原作者岡田恵和とも表記される。 代表作にイグアナの娘君の手がささやいているちゅらさんなどがある。

所属事務所はU.F.O.カンパニー(2016年暮れに参加ちゅらさんおひさまそしてひよっこ。3度目の朝ドラでは昭和の光と影を描く 脚本家・岡田惠和 (木俣冬) Yahoo!ニュース 2017年1月28日)。

来歴

和光高等学校卒業両角憲二前校長「校長室から」 和光高等学校。和光大学人文学科中退。企画会社勤務後、フリーライターとなる。音楽評論家・FMのDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。

シナリオ修行は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。同校卒業生としては内館牧子と並ぶ出世頭の1人。

2014年には自身の初戯曲ス...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる