「岡田惠和」とは?

関連ニュース

有村架純、役作りで体重増減も…朝ドラ『ひよっこ』 - 03月18日(土)09:30 

女優の有村架純を主演に迎え、2017年4月3日(月)からスタートするNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、毎週月~土8:00~)。15日、渋谷の同局にて第1週完成試写会が行われ、有村と脚本家の岡田惠和が出席した。同作品の脚本をする岡田は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けたヒットメーカー。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のヒロイン・谷田部みね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。この日の有村は、“東京時代”の役衣装で登場。1話の映像で流れた“茨城時代”のみね子について、「ちょっとびっくりしたかもしれませんが、外見も今とは少し変えて、監督とも話しながらみね子を作っています」と紹介。共演の宮本信子からも、“茨城のみね子、すごくいいわね”と言われたそうで、安心したと明かす。大家族の農家で大自然で育った、みね子というヒロインをのびのび演じるにあたり、「ちょっと日に焼けたメークで、体重も今より5キロくらいは増やし、(その後、みね子は)東京に出てくるということで、身も心もどんどん引き締まっていくという。そういう表現にしたくてちょっと減量して……。それがすごくよかったと、宮本さんが言ってくださったので、挑戦してみてよかったです」と、振り...more
in English
カテゴリー:

【芸能】有村架純:朝ドラ「ひよっこ」ヒロイン役で5キロ増量 「3食お米で自然と…」 - 03月15日(水)18:33 

 女優の有村架純さんが15日、東京・渋谷のNHKで行われた4月スタートのNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の第1週試写会に登場。1960年代が舞台で、有村さんは、ヒロインの谷田部みね子が畑仕事を手伝いながら暮らす様子を撮影するのに体重を「5キロ増やした」と告白。「3食キチンとお米を食べれば自然と……」と増量方法を明かすと、「(体重は)減らす方が大変なんで」と笑顔で振り返った。  また、みね子について「いつも顔が黒いし、衣装もラフなもんぺとか、はんてんとかで、実際に映像を見ていなかもんだなって思いました」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

有村架純、朝ドラ「ひよっこ」茨城編に体重5キロ増で挑む - 03月15日(水)18:18 

有村架純が主演するNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の試写会が東京・渋谷のNHKで行われ、有村は、脚本家の岡田惠和氏、演出を担当する黒崎博氏と共に会見に臨んだ。撮影の合間をぬって登壇した有村は、現...
in English
カテゴリー:

有村架純、朝ドラ『ひよっこ』役作りで体重5キロ増 増量手段は3食お米 - 03月15日(水)16:55 

 4月スタートのNHK連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインを務める有村架純が15日、同局にて行われた第1週完成試写会後の記者会見に、脚本家の岡田惠和らとともに登場。撮影でのエピソードなどを披露した。【関連】NHK連続テレビ小説『ひよっこ』第1週完成試写会&記者会見<フォトギャラリー> 『ひよっこ』は、東京オリンピックが開催された1964年から物語が始まる。高度成長期の真っただ中、日本の発展を支えたのは、地方から上京し懸命に働いた名もなき人々。本作のヒロイン・谷田部みね子(有村)もそんなひとり。茨城県北西部の村に生まれ、集団就職で上京した“金の卵”のヒロインが、自らの殻を破って成長していく波乱万丈の青春記を描く。 第1週は茨城編ということで、高校卒業間近のみね子が、仲間とともに進路について悩んだり、家業の農作業を手伝う姿などが描かれているが、有村は役柄に合わせて「日に焼けたメイクをして、体重も今より5キロくらいあって…」と明かす。 そのみね子の姿を自分で見て、「色も黒いし、農作業のためにはんてんとか着たりしていることもあって、『ああ、田舎もんだな』って思いました」と笑う。ちなみに体重増の手段について問われると、「3食お米を食べると自然とそうなります」と微笑んだ。 メイクや体重、そして茨城弁のセリフのしゃべり方など、役柄のみね子に違和感なく溶け込んでいるが、「友人の時子(佐久間由衣)と...more
in English
カテゴリー:

有村架純、役作りで体重増減も…朝ドラ『ひよっこ』 - 03月17日(金)17:36 

女優の有村架純を主演に迎え、2017年4月3日(月)からスタートするNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、毎週月~土8:00~)。15日、渋谷の同局にて第1週完成試写会が行われ、有村と脚本家の岡田惠和が出席した。同作品の脚本をする岡田は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けたヒットメーカー。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のヒロイン・谷田部みね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。この日の有村は、“東京時代”の役衣装で登場。1話の映像で流れた“茨城時代”のみね子について、「ちょっとびっくりしたかもしれませんが、外見も今とは少し変えて、監督とも話しながらみね子を作っています」と紹介。共演の宮本信子からも、“茨城のみね子、すごくいいわね”と言われたそうで、安心したと明かす。大家族の農家で大自然で育った、みね子というヒロインをのびのび演じるにあたり、「ちょっと日に焼けたメークで、体重も今より5キロくらいは増やし、(その後、みね子は)東京に出てくるということで、身も心もどんどん引き締まっていくという。そういう表現にしたくてちょっと減量して……。それがすごくよかったと、宮本さんが言ってくださったので、挑戦してみてよかったです」と、振り...more
in English
カテゴリー:

有村架純、朝ドラ「ひよっこ」茨城編に体重5キロ増で挑む - 03月15日(水)18:18 

 有村架純が主演するNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の試写会が東京・渋谷のNHKで行われ、有村は、脚本家の岡田惠和氏、演出を担当する黒崎博氏と共に会見に臨んだ。撮影の合間をぬって登壇した有村は、現在撮影しているシーンの衣装で登場。「キャスト全員の気持ちを大切にしてくれる脚本と演出。現場はとても温かい雰囲気です」と充実した日々を送っているようだ。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  本作は、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。高度成長期の真っ只中、集団就職で上京した農家育ちのヒロイン・谷田部みね子(有村)が、自らの殻を破って成長していく姿を描く。1年半前から企画に参加した岡田氏は「古くからの朝ドラファン、そして若い世代も楽しめる作品を届けたい」という思いのもと物語を紡ぎ、映像化したものを見て「想像していた以上に豊かなドラマになっています。みね子と一緒に泣いたり、笑ったりしていただきたい」と自信をのぞかせていた。  本作は、みね子が家族と共に茨城・奥茨城村で素朴な生活を送っているという場面から物語が始まる。有村は田舎の純朴な少女を体現するため「体重を5キロ増やしたんです。共演の宮本信子さんから茨城編でのみね子がとても良いと褒められました」と話し、東京編では「身も心も締まっていくので、逆に体重を落としていきました」と告白。すると、黒崎氏が「有村さんはあ...more
in English
カテゴリー:

有村架純田舎っぺの役づくりで5キロ増量 「3食お米を食べるとああいった体形に…」 - 03月15日(水)17:27 

 平成29年度前期のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の第1週完成試写会が15日、東京都内で行われ、ヒロイン谷田部みね子を演じる有村架純が登壇した。 ドラマは、1960年代の奥茨城と東京を舞台に、集団就職で地方から上京したみね子が、自らの殻を破って成長していく様子を描く、岡田惠和氏のオリジナル脚本作。序盤の【故郷編】では、奥茨城の農村に暮らすみね子と周囲の人々との交流が描かれる。 現在、集団就職以降を描いた【東京編】の撮影中だという有村。この日も、撮影の合間の会見参加とあり、青いシャツに黄色いスカート姿で登場すると「衣装も髪形も(故郷編とは)少し変えて、前髪もおろしています」とファションの変化を紹介した。 また、撮影では監督と話し合いながら“みね子像”を作っているといい「(故郷編では)ちょっと日に焼けた日焼けメークをして、実は体重も5キロぐらい増やしています」と明かした。 有村は、【東京編】で共演している宮本信子から「故郷編のみね子、すごくいいわね」と褒められたことを明かし「すごく安心しました。自分の中でちょっとした挑戦をして良かったなと思います」と語った。 一方「今は、東京編ということで身も心もどんどん締まっていくという表現にしたくてちょっと減量しています」と見た目からのアプローチを語った。 みね子の実家は米農家。演出の黒崎博氏も「有村さんは、田舎っぺのみね子になり切って演じてくれ...more
in English
カテゴリー:

有村架純、朝ドラいなかっぺヒロイン 役作りで5キロ増量「挑戦してよかった」 - 03月15日(水)15:07 

 女優の有村架純が15日、東京・渋谷のNHKで4月3日から始まる連続テレビ小説『ひよっこ』(月~土 前8:00 総合ほか)の第1週(6話)分の試写会に出席。物語はヒロイン・谷田部みね子が高校3年生の時からスタート。有村は、みね子の “いなかっぺ感”を出すため「いまより5キロ増やした」と役作りの秘話を明かした。 【全身ショット】春らしいイエローのスカートで登場した有村架純  1964(昭和39)年、東京オリンピックが目前に迫る中、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で育ったヒロインが、東京で出稼ぎしていた父の失踪をきっかけに、集団就職で上京。さまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていくストーリー。  全156話のうち3分の1以上の撮影が進んでおり、有村は「きょうは(集団就職で上京して以降の)シーンを撮っているので、衣装も髪型も前髪を下ろしていますが、茨城にいた頃は日焼けメイクをして、いまより5キロ増やしてふっくらしています。東京に来てから身も心もしまっていく感じを表現したかった」と増量の意図を説明していた。  東京編で共演する宮本信子から「茨城編のみね子すごくいいね、と言ってもらえてすごく安心しました。(増量は)ちょっとした挑戦でしたが、やってよかった」と笑顔を見せた有村。また、茨城編の撮影中は「みね子はお米を作ってい...more
in English
カテゴリー:

「岡田惠和」の画像

もっと見る

「岡田惠和」の動画

Wikipedia

岡田 惠和(おかだ よしかず、1959年2月11日 - )は、東京都三鷹市出身の脚本家。「岡田恵和」とも表記される。所属事務所はマツ・カンパニー

来歴

和光高等学校卒業。和光大学人文学科中退。企画会社勤務後、フリーライターとなる。音楽評論家FMDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。シナリオ修行は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。同校卒業生としては内館牧子と並ぶ出世頭の1人。イグアナの娘君の手がささやいているちゅらさんなどが代表作。

2014年には自身の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる