「岡田惠和」とは?

関連ニュース

『ひよっこ』人気脚本家・岡田惠和、初の企業ドラマ書き下ろしで女性の苦悩と成長描く - 01月17日(水)16:00 

 有村架純主演で高い評価を得た朝ドラ『ひよっこ』や、現在公開中の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』などを手掛ける人気脚本家・岡田惠和が、初となる企業ドラマを書き下ろした。18分弱という短編ドラマながら、等身大の20代女性の苦悩と成長を描いている。【写真】人気脚本家・岡田惠和が書き下ろしたオリジナル短編ドラマ 今回、岡田とタッグを組んだ企業はECC外語学院。同社が、英会話カリキュラム「ENVISION」を新たに開発したことを記念して、岡田とのタッグが実現。過去にトラウマを持ち英語を話すことに抵抗を抱く女性が、とある出来事をきっかけに初めて英語と向き合い、自分を変えていこうと決心するまでの物語を描く。 物語の主人公は、シェアハウスで暮らす25歳の社会人・いずみ。何事にも果敢に取り組む姿勢と持ち前の明るさで、職場では若手社員きっての活躍を見せているいずみ。だが、ある日、シェアハウスにアメリカ出身のレオナが入居したことで生活が急変。過去のトラウマがよみがえり、苦悩の日々を送るように。いずみは、自分を守るため、レオナから逃げ、本当の自分からも逃げるような毎日を繰り返すが、レオナのある行動で感情が爆発する…。 「ENVISION」とは、ECCが2018年4月から開講する新・英会話カリキュラム。バイリンガル講師と外国人講師によるペアティーチングのもと、レッスンは接触量を最大化する学習サイクルによ...more
カテゴリー:

脚本家 岡田惠和氏×ECC外語学院 オリジナル短編ドラマ「ENVISION」 2018年1月から特設サイト上で公開中 - 01月12日(金)09:00 

[株式会社ECC] 総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山口勝美)が運営するECC外語学院は、新たに開発した英会話カリキュラム「ENVISION」 (2018年4月~)の登場を記念して、岡田惠和氏を脚...
カテゴリー:

三宅裕司、放送100回に感慨「絶対に忘れられない顔や人がある」 - 01月09日(火)12:00 

三宅裕司が、視聴者から届いた日本全国の街の“自慢”を確かめに向かう旅番組「三宅裕司のふるさと探訪~こだわり田舎自慢~」(BS日テレ)が、1月16日(火)で放送100回を迎える。 【写真を見る】100回目の放送は長野・大町へ。聞き込みを開始する三宅裕司/(C)BS日テレ 2015年4月から放送がスタートし、日本各地のグルメや絶景を足を運んで自分の目で確かめてきた三宅。約3年を振り返り、三宅がコメントを寄せた。 ■ 三宅裕司コメント 「ふるさと探訪」が100回を迎える。ということは、日本の地方都市100カ所ほどを訪れたことになる。 若い頃はエンターテインメントの勉強のためにニューヨークやロンドン、パリなどに目が向いていたが、60歳を過ぎて「もっと日本を知らなければ」と思っていたところでこの番組に出合った。 味噌カレー牛乳ラーメン(第11回、青森・青森の旅)、天然かき氷(第43回、栃木・日光の旅)、鳥のむしり(第46回、長野・佐久の旅)、がっこそば(第25回、山形・金山の旅)、わらじカツ丼(第50回、埼玉・小鹿野の旅)など、あげればきりがない味。 北アルプスを映す水鏡(第44回、長野・安曇野の旅)、ハスの花と朝日の風景(第12回、宮城・大崎の旅)、東洋のナイアガラ(第20回、鹿児島・伊佐の旅)、SLを真上から見られる吊り橋(第24回、静岡・川根本町の旅)、木曽川に沈む夕日(第39回、愛知...more
カテゴリー:

「ひよっこ」「最後から二番目の恋」...人気脚本家が企業ドラマを初描き下ろし - 01月16日(火)16:41 

「ひよっこ」「最後から二番目の恋」「ビーチボーイズ」――。世代を超えた話題作を手がける脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル短編ドラマ「ENVISION」が2018年1月からECC外語学院の特設サイト上で公開されています。 岡田氏が企業ドラマを書き下ろすのは今回が初めて。約15分のドラマで描かれているのは、ある女性の苦悩と成長です。シェアハウスの新メンバーに戸惑い... 主人公は、とあるシェアハウスで暮らす25歳の社会人女性「いずみ」。持ち前の明るさと何事にも果敢に取り組む姿勢で、職場では若手きっての活躍ぶりをみせています。ところがある日、アメリカ出身の「レオナ」がシェアハウスに入居したことで生活は一変。実はいずみには英語で話すことに対するトラウマがあり、レオナから逃げ、本当の自分からも逃げる毎日を送ることに...。 英語に対しての苦手意識を持ち、いつの間にか自分らしさを失っていく20代女性の苦悩を繊細に描いた同作は、思わず感情移入してしまうこと間違いなし。人気脚本家のスペシャルドラマは、ファンなら是非チェックしたいところです。 なお、タイトルにある「ENVISION」はECC外語学院が新たに開発した英会話カリキュラムの名称。「バイリンガル講師+外国人講師のペアティーチング」「アウトプット中心のレッスン」といった特長を持ち、最短でのスムーズな英会話スキル習得を目指すコ...more
カテゴリー:

「わろてんか」81話「パレードはまわり続ける」ドラマはご都合主義のオンパレードに - 01月10日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第81回 1月9日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 81話はこんな話関東大震災が起こった東京へ、風太(濱田岳)が救援物資をもって向かう。 男気を見せる風太関東が大変なことになった。救援物資を携えて助けに行こうと考える藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)。藤吉を制して、俺が行くと言う風太(濱田岳)。「俺やったら家族もいてへんし」「(社長をいかすわけにも)芸人をつれていくわけにはいかん」ひとりハードボイルドの気炎を吐く濱田岳。家族もいないしって言葉が切ない。だが、そんな風太にはおトキ(徳永エリ)がいる。お守りを渡し「無事に帰ってきやへんと一生許さへん!」と送り出す女心。風太はトントン拍子に、東京でキース(大野拓朗)と会えてしまう。「このへんでえらそうな大阪弁しゃべるやつ知りまへんか」と聞いたら、そこにキース。こうしてキースは大阪に戻ることになる。なんたる、コンビニ展開。記憶喪失のお母ちゃん そして、話の中心は濱田岳から銀粉蝶へと移る。キースが東京で世話になっていた“東京のお母ちゃん”こと志乃(銀粉蝶)は、震災で記憶を失っていた。キースと一緒にお母ちゃんも大阪に避難して、北村笑店にやって来ると、たまたま居合わせた栞(高橋一生)が志乃を見て表情を変...more
カテゴリー:

【テレビ】「ひよっこ」幻ストーリー「特別編」が紅白で放送 - 12月22日(金)21:51  mnewsplus

 有村架純(24)主演のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の特別編が制作され、有村が司会を務め、大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦(総合とラジオ第1で午後7時15分)で放送されることが22日、「ひよっこ」の公式ツイッターで発表された。  「皆さん、お久しぶりです。『ひよっこ 紅白特別編』の制作が決定しました!『ひよっこ』の幻のストーリーが、紅白歌合戦の中で明らかになります。」  脚本は、本編を担当した岡田惠和氏が担当する。  紅白歌合戦には、「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を歌った桑田佳祐(...
»続きを読む
カテゴリー:

「岡田惠和」の画像

もっと見る

「岡田惠和」の動画

Wikipedia

岡田 惠和(おかだ よしかず、1959年2月11日 - )は、東京都三鷹市出身の脚本家漫画原作者岡田恵和とも表記される。 代表作にイグアナの娘君の手がささやいているちゅらさんなどがある。

所属事務所はU.F.O.カンパニー(2016年暮れに参加ちゅらさんおひさまそしてひよっこ。3度目の朝ドラでは昭和の光と影を描く 脚本家・岡田惠和 (木俣冬) Yahoo!ニュース 2017年1月28日)。

来歴

和光高等学校卒業両角憲二前校長「校長室から」 和光高等学校。和光大学人文学科中退。企画会社勤務後、フリーライターとなる。音楽評論家・FMのDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。

シナリオ修行は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。同校卒業生としては内館牧子と並ぶ出世頭の1人。

2014年には自身の初戯曲ス...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる