「岡田将生」とは?

関連ニュース

里見浩太朗とユースケ・サンタマリア、本人役(?)で『バイプレイヤーズ』出演 - 02月17日(土)10:02 

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研ら、ドラマ界に欠かせない“バイプレイヤー”たちが主演を務める新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系、毎週水曜21:54~)の第4話に、里見浩太朗とユースケ・サンタマリアが出演することがわかった。本作は、2017年1月クールに放送され、共同生活を送る「おじさんのテラスハウス」として話題を集めた“ゆるシブ”コメディドラマの第2弾。1作目は「東京ドラマアウォード2017」作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞、「第33回ATPテレビグランプリ」優秀賞を受賞し、さらには業界内視聴率30%とも言われたという。豪華さと“ゆるシブ”感がパワーアップした今作では、「テレビ東京が始めた朝ドラ」と「無人島」という新たなステージでバイプレイヤーズが活躍する。第4話で里見が演じるのは、光石が島で偶然見かけた里見そっくりな男性。「内緒の話ですが、私の演じる○○○は面白いですよ???」とアピールした里見は、本作へ出演してみて「テレビでは拝見していても、初めて(会う)の方々がほとんど。遠藤さんとは一度共演がありますが、今まで私の俳優人生で味わった事がない撮影の3日間でした。面白かったです」と感想を語った。一方のユースケが演じるのは、劇中で撮影しているテレ東の朝ドラ『しまっこさん』に登場する、○○○○・サンタマリア役。「皆さ...more
カテゴリー:

池田エライザ 童貞の凄さは「見えないものを信じる力」 - 02月16日(金)12:10 

とある地方都市に住む童貞3人組、東京での音楽活動がうまくいかない見栄っ張りな国森進一(林遣都)、乳首にコンプレックスを持つイケメン吉村達也(柳俊太郎)、典型的なオタク気質の高杉誠(前野智哉)が織りなす、青(性)春映画「チェリーボーイズ」(2月17日公開)。そんな童貞3人組のマドンナ的存在にして、脱童貞大作戦のターゲットにされるヒロイン・釈笛子を演じる、池田エライザさんに作品…そして童貞の魅力を直撃! 池田エライザ 赤いドレスで魅了…グラビア特集40枚 ――「チェリーボーイズ」は童貞漫画の金字塔として多くのファンから支持されている古泉智浩氏の漫画が原作ですが、作品はご存知でしたか? いえ、お話をいただいてから台本を読ませていただきました。いつも、だいたい事務所の方から「こういう話が来ているんだけど、台本読んでみて」って言われるんですけど、今回は「一回読んで感想を聞かせて」って付け加えられて。これは何かあるぞって思いました。 ――過激なシーン、かなりありましたよね? はい。でも私自身、青年誌が好きなので、個人としては純粋に楽しんで読めたんです。母性みたいなものも、この3人組に対して感じましたし。ちょっと遅めの青春というか。バカだな~、でもいいな~って。疾走感のあるバカ騒ぎが、いとおしく感じました。 そして私が笛子をやるなら、男性が描いた笛子よりも、女の目から見た素敵な笛子にできたらいい...more
カテゴリー:

正統派「美人」だと思う男性芸能人ランキング - 02月15日(木)07:30 

芸能界にはイケメンと呼ばれる俳優が多数存在します。そんな中でも、男性でありながら見とれるほど美しく整った“美人顔”の持ち主は一体誰なのでしょうか。 そこで今回は、正統派美人だと思う男性芸能人について探ってみました。 1位 滝沢秀明(タッキー&翼) 2位 岡田将生 3位 生田斗真 4位 福士蒼汰 4位 山下智久 ⇒6位以降のランキング結果はこちら! 1位はタッキー&翼の「滝沢秀明」! 俳優、歌手、タレントとしてマルチに活動するタッキーこと滝沢秀明。デビュー当時から色白美肌の美少年として一気に大ブレイクし、テレビドラマに多数出演。1999年に放送された『魔女の条件』(TBS系)では女性教師と禁断の恋に落ちる生徒役を演じ、「こんな生徒に告白されたい」と世の女性をキュンキュンさせました。 最近は『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の大人気企画“ヒロミ、家をイジる。”にて、ヒロミの弟子としてDIYやリフォームに奮闘する姿が話題に。「顔が美しいからノコギリを持っても様になる」という意見も多数。パッチリとした目元に高い鼻、上品な口…どこをとっても美しいと称される滝沢秀明が1位となりました。 2位は「岡田将生」! どこか中世的で柔らかい雰囲気を持つ岡田将生。爽やかな笑顔と親しみやすい性格でお茶の間から人気上昇中です。最近は『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)、『小さな巨人』(TBS系)などの人...more
カテゴリー:

松重豊、共同生活に不満爆発 朝ドラでもエキストラ扱いに - 02月14日(水)05:00 

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研ら、ドラマ界に欠かせない“バイプレイヤー”たちが主演を務める新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系、毎週水曜21:54~)の第2話が、2月16日に放送される。本作は、2017年1月クールに放送され、共同生活を送る「おじさんのテラスハウス」として話題を集めた“ゆるシブ”コメディドラマの第2弾。1作目は「東京ドラマアウォード2017」作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞、「第33回ATPテレビグランプリ」優秀賞を受賞し、さらには業界内視聴率30%とも言われたという。豪華さと“ゆるシブ”感がパワーアップした今作では、「テレビ東京が始めた朝ドラ」と「無人島」という新たなステージでバイプレイヤーズが活躍する。第1話で、なんと海で遭難してしまったバイプレイヤーズたちだが、ようやく朝ドラ『しまっこさん』の撮影に合流。撮影も快調に進み始めた。しかし第2話では、遭難の末5人はエキストラ扱いの役になったため、出番がほとんどない。しかも出演者が増えたことでホテルの空きがないことを理由に、プロデューサーが廃屋“島ハウス”での寝泊りの継続を要求してくる。必死に抗議する遠藤、松重、光石に対し、大杉と田口は島ハウスで生活を続けようとなぜか前向き。発電機を用意すると聞くと、遠藤、光石までなびき始め、結局松重も観念する。とは...more
カテゴリー:

松重豊、共同生活に不満爆発 朝ドラでもエキストラ扱いに - 02月13日(火)16:23 

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研ら、ドラマ界に欠かせない“バイプレイヤー”たちが主演を務める新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系、毎週水曜21:54~)の第2話が、2月16日に放送される。本作は、2017年1月クールに放送され、共同生活を送る「おじさんのテラスハウス」として話題を集めた“ゆるシブ”コメディドラマの第2弾。1作目は「東京ドラマアウォード2017」作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞、「第33回ATPテレビグランプリ」優秀賞を受賞し、さらには業界内視聴率30%とも言われたという。豪華さと“ゆるシブ”感がパワーアップした今作では、「テレビ東京が始めた朝ドラ」と「無人島」という新たなステージでバイプレイヤーズが活躍する。第1話で、なんと海で遭難してしまったバイプレイヤーズたちだが、ようやく朝ドラ『しまっこさん』の撮影に合流。撮影も快調に進み始めた。しかし第2話では、遭難の末5人はエキストラ扱いの役になったため、出番がほとんどない。しかも出演者が増えたことでホテルの空きがないことを理由に、プロデューサーが廃屋“島ハウス”での寝泊りの継続を要求してくる。必死に抗議する遠藤、松重、光石に対し、大杉と田口は島ハウスで生活を続けようとなぜか前向き。発電機を用意すると聞くと、遠藤、光石までなびき始め、結局松重も観念する。とは...more
カテゴリー:

里見浩太朗とユースケ・サンタマリア、本人役(?)で『バイプレイヤーズ』出演 - 02月16日(金)19:06 

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研ら、ドラマ界に欠かせない“バイプレイヤー”たちが主演を務める新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系、毎週水曜21:54~)の第4話に、里見浩太朗とユースケ・サンタマリアが出演することがわかった。本作は、2017年1月クールに放送され、共同生活を送る「おじさんのテラスハウス」として話題を集めた“ゆるシブ”コメディドラマの第2弾。1作目は「東京ドラマアウォード2017」作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞、「第33回ATPテレビグランプリ」優秀賞を受賞し、さらには業界内視聴率30%とも言われたという。豪華さと“ゆるシブ”感がパワーアップした今作では、「テレビ東京が始めた朝ドラ」と「無人島」という新たなステージでバイプレイヤーズが活躍する。第4話で里見が演じるのは、光石が島で偶然見かけた里見そっくりな男性。「内緒の話ですが、私の演じる○○○は面白いですよ???」とアピールした里見は、本作へ出演してみて「テレビでは拝見していても、初めて(会う)の方々がほとんど。遠藤さんとは一度共演がありますが、今まで私の俳優人生で味わった事がない撮影の3日間でした。面白かったです」と感想を語った。一方のユースケが演じるのは、劇中で撮影しているテレ東の朝ドラ『しまっこさん』に登場する、○○○○・サンタマリア役。「皆さ...more
カテゴリー:

その知的さは罪。古川雄輝のスマートな視線 #罪な男 - 02月15日(木)19:10 

ここまで突き放された感情を味わったのは、はじめてだ。 それは、古川雄輝の冷淡にさえ感じるスマートな視線ゆえなのか。彼は、私たちを寄せつけない空気感を纏う。でも、それがいい。慶應大学理工学部出身、その素顔はネイティブな英語を操る帰国子女。180cmの背丈に映える細身のスラッとしたスタイルも、射抜かれたらドキリとする切れ長な瞳も、白くて長い指先も。すべてが完璧で、それは近づくのを躊躇してしまうほど。 罪な男#01 古川雄輝「その知的さは罪」 「知的なんてイメージを持たれるのは正直困りますね。実際の僕は、頭がいいわけじゃないから(笑)」 「英語は、子どものころ住んでいたカナダのテレビ番組を見て覚えました。学校から帰ってくると、ちょうど『スパイダーマン』と『ザ・シンプソンズ』のアニメが流れていて。『スパイダーマン』は日本に先駆けて知っていたけど、『ドラゴンボール』は逆。僕が当時見ていたアニメでは、まだ悟空にしっぽが生えてた(笑)」 「学生時代に得意だったのは数学。海外で生活してたときは、数学の授業を飛び級していたくらい。向こうでは、英語の授業って日本でいう国語みたいなものだったから。僕、国語の成績はよくないほうなんです。大学で理工学部を選んだのも、そんな理由が関係してる」 「もし俳優じゃなかったら? 就職活動ではメディア関係の企業を受けていたから、この現場にいるみなさんと同じよ...more
カテゴリー:

「バイプレイヤーズ」テレビ東京がボクたちの需要を分かりすぎてて不安だ。おじさんたちイチャイチャで1話 - 02月14日(水)09:45 

昨年1〜3月に放送され、特に老け専でもない視聴者のハートをもときめかせてしまったおじさんドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』の続編『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(テレビ東京・水曜21:54〜)がスタートした。確かに前作(全話レビュー)が終わった時には「もっとおじさんたちの生活を見続けていたかった! お願いだから続編やって!」とは思っていたけど、まさか1年も経たずに実現するとは……。しかも水曜22時台の1時間ドラマとして!ドラマなのか、ドキュメンタリーなのか、はたまたバラエティなのか、ハッキリとカテゴリー分けできない、とにかくバイプレイヤーのおじさんたちがキャッキャウフフとイチャついている姿を見ているだけで幸せな気分になってしまう不思議な番組。ある意味、深夜番組ならではの悪ノリ感も込みで成立していたと思うのだが、それをプライムタイムに昇格させたらどうなってしまうのか?バラエティ番組の場合、出演者は豪華になってるけど、企画がいちいち無難にアレンジされちゃってダメになってしまいがちなパターンだけど、『バイプレイヤーズ』は……今のところ、輪をかけて悪のりしていてサイコー!ドラマの主役となるバイプレイヤーの面々は前作から引き続き、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の5人。前作に出演していた寺島進は...more
カテゴリー:

佐々木希、4月期NHKドラマ『デイジー・ラック』出演 『逃げ恥』海野つなみ原作 - 02月13日(火)17:00 

 女優の佐々木希が、4月20日から放送開始となるNHKドラマ10『デイジー・ラック』に、夏菜、中川翔子、徳永えりらと出演することが発表された。佐々木は「皆様に共感していただけるように一生懸命演じたいと思っています」とコメントを寄せている。【写真】「佐々木希」フォトギャラリー 『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の原作者として知られる海野つなみによる同名コミックを実写化する本作は、30歳目前で仕事も恋も失った楓(佐々木)が、子供のころからの夢だったパン職人になり、奮闘する姿を描く。子供のころに「ひなぎく会」として集まっていた幼馴染みで、高級エステサロンの仕事にまい進する薫(夏菜)、極貧のカバン職人のミチル(中川)、そして新婚のえみ(徳永)も物語を彩る。 佐々木は、「『私には何もない!』という、楓のどん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、そして泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と心の中で思いながら台本を読みました」と回想。「幼馴染み4人のアラサー女性が、恋や仕事、生きる事にもがきながら、どう成長していくのか…、私自身も楽しみです。皆様に共感していただけるように一生懸命演じたいと思っています」と意気込みを明かしている。 一方、原作者の海野は「自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されて嬉しいです。結婚や出産で人...more
カテゴリー:

錦戸亮、サプライズの贈り物にドキドキ 米80キロに「爆発とかせえへん?」 - 02月13日(火)15:55 

 映画『羊の木』の大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の錦戸亮、木村文乃と吉田大八監督が登壇した。  本作は、原作・山上たつひこ氏、作画・いがらしみきお氏の同名コミックを実写映画化。さびれた港町・魚深にやってきた元殺人犯の6人の男女と、彼らの受け入れを命じられた市役所職員(錦戸)の姿を描くヒューマンサスペンス。  この日は、錦戸も客席で映画を鑑賞した。上映後、錦戸が客席から立ち上がると、ファンからは黄色い悲鳴が巻き起こった。錦戸は「多分、誰も気付いていなかったです。皆さん映画に集中されていたので…」とサプライズの成功を喜んだ。  改めて鑑賞したことで「新たに気付いたことがいっぱいあった」という錦戸は、吉田監督に「とりあえず近々、飲みに行きましょう!」と笑顔で呼び掛けた。  また、観客のみならず、錦戸と木村に対するサプライズもあった。ロケ地の富山県から届いた2キロの米40袋、計80キロの米がお披露されると、錦戸は「え~!! サプライズやろ。爆発とかせえへんかな…」と半信半疑の様子。  それでも、正真正銘の“贈り物”と知ると「明太子とかと一緒に食べたいと思います」と顔をほころばせた。木村も「つい数日前に母がすごくおいしいスジコを送ってくれたので、一緒に食べたいと思います」と声を弾ませた。  最後に錦戸は、ファンに向けて「私事ですが、前回に映画に出たのが4年前。今、...more
カテゴリー:

もっと見る

「岡田将生」の画像

もっと見る

「岡田将生」の動画

Wikipedia

岡田 将生(おかだ まさき、1989年8月15日 - )は、日本俳優東京都出身。スターダストプロモーション所属。

略歴

中学2年生の時に原宿でスカウトされ、当時はバスケットボール部の活動に夢中だったためいったん断るも高校進学後に事務所と連絡を取りデビューに至る。

2006年、日本工学院専門学校のCMでデビュー。同年、テレビドラマ東京少女(BS-i)でドラマデビューを果たす。

2007年、映画天然コケッコー、テレビドラマ生徒諸君!(テレビ朝日)、花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(フジテレビ)でメインキャストを務める。

2008年、テレビドラマフキデモノと妹(テレビ朝日)で初主演。

2008年冬から2009年にかけて、主役級で出演する映画5本(魔法遣いに大切なこと、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる