「岡村隆史」とは?

関連ニュース

尾上松也、松本潤&中村七之助に「ジェラシー感じてた」 - 12月16日(土)09:02 

歌舞伎俳優の尾上松也が、12月16日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27~)にゲスト出演。歌舞伎への熱い思いや、友人である松本潤、中村七之助、生田斗真との“意外な会計方法”を明かす。同番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。端正な顔立ちで、幼い頃から子役として注目を集め、現在は歌舞伎以外にもミュージカルやテレビドラマなど多方面で活躍する松也。「歌舞伎とは違う現場に行くのは、刺激になる」と、自らの意思で歌舞伎以外の分野にも飛び込んできた。一方で「オーディションに受かったことがない」と、意外な過去も明らかにする。そんな松也に、亮が歌舞伎以外の分野に興味を持ったきっかけについて質問。すると松也は、代々続く歌舞伎一家の一員ではない自らの生い立ちを考えたと話し、「歌舞伎の世界で主役を張るためには、歌舞伎以外の分野でも認めてもらい、歌舞伎の中で地位を確立したかった」と、その思いを語る。歌舞伎にとどまらず、さまざまなことに挑戦してきた松也だが、高校時代は「自分のやっていることが報われるのかどうか」と、自らの将来を案じていた時期もあったと告白。同じ高校で仲の良かった1つ年上の七之助や嵐の松本らが華々しく活躍する姿を見て、「仲が...more
カテゴリー:

尾上松也、歌舞伎以外の分野で頑張る理由 ナイナイ岡村の番組で語る - 12月16日(土)09:00 

 5歳で歌舞伎の初舞台を踏んで以降、子役として注目を集め、現在は歌舞伎以外にもミュージカルやテレビドラマなど多方面で活躍する尾上松也。今年は、大河ドラマ『おんな城主 直虎』に今川氏真役で1年を通して出演、『さぼリーマン甘太朗』ではテレビドラマ初主演、ディズニーアニメーション映画『モアナと伝説の海』や、『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』で声優を務めるなど、めざましい活躍をみせた。そんな松也が歌舞伎以外の分野に興味を持ったきっかけについて、16日放送のカンテレ『おかべろ』(後2:27~2:57※関西ローカル)で告白する。 【場面写真】尾上徳松もかなり強烈なキャラクター  『おかべろ』は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客のナインティナイン・岡村隆史と店主のロンドンブーツ1号2号・田村亮が、有名人から“ここだけ”の話を引き出すシチュエーショントークバラエティー。今回、松也は一番弟子で“ママ”と呼ばれている尾上徳松とともに出演する。  「歌舞伎とは違う現場に行くのは、刺激になる」と、自らの意思で歌舞伎以外の分野にも飛び込んできた松也。一方で「オーディションに受かったことがない」と、意外な過去も明らかにする。歌舞伎以外の分野に興味を持ったきっかけについては、代々続く歌舞伎一家の一員ではない自らの生い立ちを考えたと話し、「歌舞伎の世界で主役...more
カテゴリー:

藤原紀香、更年期障害に悩む45歳役!年下彼とのベッドシーンも公開 - 12月16日(土)05:05 

読売テレビ・日本テレビ系にて12月21日(木)と28日(木)の2週にわたって放送されるドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(23:59~24:54)で主演を務める藤原紀香と、相手役・鈴木伸之(劇団EXILE)からコメントが到着。さらに、ベッドシーン写真も公開された。同ドラマは石田衣良による大人の恋愛小説『眠れぬ真珠』(新潮文庫刊)が原作。更年期障害に悩む45歳の独身女性と17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーになっている。藤原が演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家の内田咲世子役。光を外側に放つダイヤモンドの女とは対照的な、光を内側に引き込むタイプの真珠の女。咲世子は、芯が強く芸術に対して真っ直ぐ。年上の画商・三宅(升毅)と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。素樹は、海辺の町のカフェに務めるウェイター。ドキュメンタリーの映像作家だった素樹は商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたのだ。素樹はカフェの常連の咲世子に興味を持ち、咲世子を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で、咲世子に強く惹かれていく……。<藤原紀香>――撮影を振り返ってタイトなスケジュールだったので、その分、グッと集中し密度の濃い雰囲気の中でお芝...more
カテゴリー:

藤原紀香、更年期障害に悩む45歳役!年下彼との“ベッドシーン”も公開 - 12月15日(金)22:46 

読売テレビ・日本テレビ系にて12月21日(木)と28日(木)の2週にわたって放送されるドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(23:59~24:54)で主演を務める藤原紀香と、相手役・鈴木伸之(劇団EXILE)からコメントが到着。さらに、ベッドシーン写真も公開された。同ドラマは石田衣良による大人の恋愛小説『眠れぬ真珠』(新潮文庫刊)が原作。更年期障害に悩む45歳の独身女性と17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーになっている。藤原が演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家の内田咲世子役。光を外側に放つダイヤモンドの女とは対照的な、光を内側に引き込むタイプの真珠の女。咲世子は、芯が強く芸術に対して真っ直ぐ。年上の画商・三宅(升毅)と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。素樹は、海辺の町のカフェに務めるウェイター。ドキュメンタリーの映像作家だった素樹は商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたのだ。素樹はカフェの常連の咲世子に興味を持ち、咲世子を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で、咲世子に強く惹かれていく……。<藤原紀香>――撮影を振り返ってタイトなスケジュールだったので、その分、グッと集中し密度の濃い雰囲気の中でお芝...more
カテゴリー:

岡村隆史『ぐるナイ』クビで「大阪に帰る」宣言 - 12月15日(金)19:11 

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の長寿企画「グルメチキンレース ゴチになります!」が、今年もいよいよクライマックス。12月21日(木)に『ぐるナイ ゴチ最終戦~史上初!生放送でクビ大発表!今年は2人クビ・大精算SP~』(19:54~22:54)が放送される。「ゴチになります!」は、高級レストランを舞台に、値段を見ずに注文した料理の合計金額を“番組が設定した金額”にどれだけ近付けることができるかを競う人気コーナー。18回目を迎える今年は、新メンバーの大杉漣が2戦連続ピタリ賞を獲得、二階堂ふみが突然の卒業発表と、波乱が続いた。その締めくくりとなる最終戦では、なんとクビとなる人物を番組史上初の生放送で発表するという。クビが2名出るということで、冠番組にもかかわらずナイナイ不在となる場合もある今回。岡村は「大阪に帰るしかない! へびいちごの高橋と遊ぶ! 同期の人たちと遊ぶしかない! コンビのバイトしかない! 棚卸もできます! 昔は発注もしてました! 数を間違えてプリン50個届いた時はビックリしましたが……」と言い、現在最下位の矢部は「時間ができるから、筋力も落ちてるし、運動不足やし、ムキムキになってやろうかなと。矢部いい体になったな、そんな次元じゃなしに、ムキムキのマッチョになる。ゴチも何年も続いててちょっと甘えがあるのかなと……久々に追い込んでみようかなと」と語り、それぞれク...more
カテゴリー:

尾上松也、松本潤&中村七之助へのジェラシーを告白 - 12月16日(土)09:00 

12月16日(土)昼2時27分からカンテレで放送されるトークバラエティー「おかべろ」に、歌舞伎俳優の尾上松也が、一番弟子で“ママ”と呼ばれている尾上徳松と共に登場する。 【写真を見る】端正な顔立ちで子役の頃から注目を集めたが、不遇の時代も/(C)カンテレ 端正な顔立ちで、幼い頃から子役として注目を集め、現在は歌舞伎以外にもミュージカルやテレビドラマなど多方面で活躍する松也。 「違う現場に行くのは、刺激になる」と、自らの意思で他分野に飛び込んできた。そのきっかけは、代々続く歌舞伎一家の一員ではない自らの生い立ちを考え、「歌舞伎の世界で主役をはるためには、別の分野でも認めてもらい、歌舞伎の中で地位を確立したかった」と語る。 そんな松也だが、高校時代は「自分のやっていることが報われるのかどうか」と、将来を案じていた時期もあったと告白。同じ高校で1つ年上の中村七之助や嵐・松本潤らが華々しく活躍する姿を見て、「仲が良くて同世代だからこそ、ジェラシーを感じていた」という。同級生で当時同じ境遇にあった俳優・生田斗真とともに「モヤモヤしたものを抱えていた」と明かす。 そんな不遇の時代を乗り越えた今も、七之助、松本、生田らとは仲が良く、よく食事に行くとのこと。岡村隆史は「そういう時は、誰がお金払うの?」と、人気俳優たちのお財布事情に興味津々。 また、歌舞伎にドラマにと多忙を極める松也に岡村は「忙しく...more
カテゴリー:

普通のものとは違う「丸しいたけ」って何? 千鳥と宮川大輔が兵庫県へ - 12月16日(土)06:00 

宮川大輔が日本全国を巡り、各地の特産品を紹介する人気番組『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系、毎週土曜18:30~)。お笑いコンビの千鳥をゲストに迎える12月16日の放送回では、兵庫県神埼郡神河町の「丸しいたけ」を取り上げる。普通のしいたけとは異なり、丸しいたけは軸がなく、丸い形をしている。その正体は、傘の部分が軸をすっぽり包み込んで一体化しているきのこだ。そもそも丸しいたけはどうやって生まれたのか……。実は元々は普通のしいたけの不良品だったそう。ある日、規格外だからと捨てられてしまう丸いしいたけを目にした時に考えられたという。名人が、10年の歳月をかけて試行錯誤を繰り返し、丸しいたけを生み出すことに成功。食物繊維やビタミンB1が通常のしいたけより多く、栄養価が高いそうだ。また、「味」「使い勝手の良さ」「栄養」と、三拍子揃った丸しいたけは、2016年の販売以来、生産すれば即完売の大人気の品種となった。そして、宮川と千鳥の大悟とノブは「丸しいたけのフルコース」を堪能。「天ぷら」や「しいたけつくね」「筑前煮」などに舌鼓を打ち、「丸しいたけのすき焼き」で乾杯する。 関連リンク 【写真】普通のものとは違う「丸しいたけ」を堪能する宮川大輔&千鳥 岡村隆史『ぐるナイ』クビで「大阪...more
カテゴリー:

普通のものとは違う「丸しいたけ」って何? 千鳥と宮川大輔が兵庫県へ - 12月15日(金)23:10 

宮川大輔が日本全国を巡り、各地の特産品を紹介する人気番組『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系、毎週土曜18:30~)。お笑いコンビの千鳥をゲストに迎える12月16日の放送回では、兵庫県神埼郡神河町の「丸しいたけ」を取り上げる。普通のしいたけとは異なり、丸しいたけは軸がなく、丸い形をしている。その正体は、傘の部分が軸をすっぽり包み込んで一体化しているきのこだ。そもそも丸しいたけはどうやって生まれたのか……。実は元々は普通のしいたけの不良品だったそう。ある日、規格外だからと捨てられてしまう丸いしいたけを目にした時に考えられたという。名人が、10年の歳月をかけて試行錯誤を繰り返し、丸しいたけを生み出すことに成功。食物繊維やビタミンB1が通常のしいたけより多く、栄養価が高いそうだ。また、「味」「使い勝手の良さ」「栄養」と、三拍子揃った丸しいたけは、2016年の販売以来、生産すれば即完売の大人気の品種となった。そして、宮川と千鳥の大悟とノブは「丸しいたけのフルコース」を堪能。「天ぷら」や「しいたけつくね」「筑前煮」などに舌鼓を打ち、「丸しいたけのすき焼き」で乾杯する。 関連リンク 【写真】普通のものとは違う「丸しいたけ」を堪能する宮川大輔&千鳥 岡村隆史『ぐるナイ』クビで「大阪...more
カテゴリー:

尾上松也、松本潤&中村七之助に「ジェラシー感じてた」 - 12月15日(金)19:12 

歌舞伎俳優の尾上松也が、12月16日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27~)にゲスト出演。歌舞伎への熱い思いや、友人である松本潤、中村七之助、生田斗真との“意外な会計方法”を明かす。同番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。端正な顔立ちで、幼い頃から子役として注目を集め、現在は歌舞伎以外にもミュージカルやテレビドラマなど多方面で活躍する松也。「歌舞伎とは違う現場に行くのは、刺激になる」と、自らの意思で歌舞伎以外の分野にも飛び込んできた。一方で「オーディションに受かったことがない」と、意外な過去も明らかにする。そんな松也に、亮が歌舞伎以外の分野に興味を持ったきっかけについて質問。すると松也は、代々続く歌舞伎一家の一員ではない自らの生い立ちを考えたと話し、「歌舞伎の世界で主役を張るためには、歌舞伎以外の分野でも認めてもらい、歌舞伎の中で地位を確立したかった」と、その思いを語る。歌舞伎にとどまらず、さまざまなことに挑戦してきた松也だが、高校時代は「自分のやっていることが報われるのかどうか」と、自らの将来を案じていた時期もあったと告白。同じ高校で仲の良かった1つ年上の七之助や嵐の松本らが華々しく活躍する姿を見て、「仲が...more
カテゴリー:

岡村隆史『ぐるナイ』クビで「大阪に帰る」宣言 - 12月15日(金)19:00 

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の長寿企画「グルメチキンレース ゴチになります!」が、今年もいよいよクライマックス。12月21日(木)に『ぐるナイ ゴチ最終戦~史上初!生放送でクビ大発表…
カテゴリー:

もっと見る

「岡村隆史」の画像

もっと見る

「岡村隆史」の動画

Wikipedia

岡村 隆史(おかむら たかし、1970年7月3日 - )は、日本お笑いタレント俳優であり、お笑いコンビナインティナインのボケ担当。相方は矢部浩之

大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。独身。吉本総合芸能学院 (NSC) の第9期生(ただし、授業料未納により退所)。身体能力の高さを生かしたコミカルな動きや顔芸などビジュアル的な笑いを得意とする。

来歴

大阪府立茨木西高等学校に進学し、ディエゴ・マラドーナに憧れ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる