「岡三証券」とは?

関連ニュース

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

「岡三証券」の画像

もっと見る

「岡三証券」の動画

Wikipedia

岡三証券株式会社(おかさんしょうけん、''Okasan Securities Co., Ltd.'')は、日本証券会社岡三証券グループの中核会社である。SMBCフレンド証券東海東京証券で形成される準大手証券の一つである。対面営業を主要業務とし、「スーパー・リージョナル証券」を標榜している。岡三オンライン証券は同一グループの別企業である。

概説

旧岡三證券が創業80周年の2003年10月、証券持株会社に移行したことに伴い、業務を継承し発足した。

対面での証券営業を主力業務とし、全国各地に支店・営業所を構える。特に旧岡三證券が三重県津市で創業し、その後大阪市東京都と本店を移転させたため、三重県、大阪府、東京都に支店・営業所が多い。

「情報の岡三」を標榜しており、特に近年はアジアを中心とした新興国投資が活発となっているため、東京都港...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる