「山路徹」とは?

関連ニュース

「保守派」とオカルトや偽史との奇妙な親和的関係 - 04月24日(月)16:00 

 近頃、保守派の論客と紹介されることがある評論家の呉智英氏だが、実は保守派と呼ばれるのを好まない。それというのも、オカルトや偽史に対して、保守派の人たちが親和的でありすぎるからだという。江戸時代からみられる具体的な実例をあげながら、保守とオカルトとの奇妙な親しさについて、呉氏が解説する。  * * *  最近「保守」がトレンディらしい。私も筆者紹介などで保守派の論客と書かれることがある。どうもお世辞のつもりらしい。他人が何と評そうと勝手ではあるが、私自身で保守派と称したことはない。私は自分の思想を「極左封建主義」と言っている。極左と封建主義がつながらないと思うのは思想史を知らない人の話で、王龍渓や李卓吾などは陽明学左派と呼ばれるし、禅学左派という名称もある(荒木見悟『仏教と儒教』など)。まあ私の場合は、極左冒険主義をもじった言葉であるのだけれど。  私が保守派と呼ばれるのを好まないのは、この人たちがオカルトや偽史に親和的だからだ。江戸期には平田篤胤が神代文字を称えている。日本固有の古代文字だと言うが、どう見ても朝鮮のハングルだ。韓国で盗作問題となりはしないかと、私はひやひやしている。  竹内文書という偽史文書もその一種だ。トンデモ本の古典として有名である。そんな竹内文書の本を書評欄で大きく紹介している保守系の全国紙がある。産経新聞だ。一月七日付書評欄に「『竹内文書』で読み解く史実」...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】山路徹氏、山本耕史の「嫁のいいなり」夫婦論にかみつく「最初だけ」 - 03月16日(木)14:18 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000067-dal-ent デイリースポーツ 3/16(木) 14:08配信  ジャーナリストの山路徹氏が16日、フジテレビ系「バイキング」で、俳優・山本耕史がテレビ番組で語った「嫁のいいなり」という夫婦論に「どんどん(夫婦間の)ギャップが出てくる」と異議を唱えた。  番組では、山本耕史がテレビ番組で語った「夫婦論」について議論。山本は2015年8月に元女優の堀北真希さんと結婚したが、「嫁のいいなり」になることが円満の秘訣と語ったと報じ、「自分のことを全部曲げてでも一緒に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「山路徹」の画像

もっと見る

「山路徹」の動画

Wikipedia

山路 徹(やまじ とおる、1961年9月23日 - )は、日本のジャーナリスト。株式会社APF通信社代表取締役。 元妻はタレントの大桃美代子asahi.com(朝日新聞社):戦場ジャーナリスト大桃前夫「悪いのは私」 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能大桃美代子:関係知って「感情を抑えることができなかった」 会見詳細 - 毎日jp(毎日新聞)。前妻はタレントの麻木久仁子asahi.com(朝日新聞社):戦場ジャーナリスト大桃前夫「悪いのは私」 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 映画・音楽・芸能大桃美代子:関係知って「感情を抑えることができなかった」 会見詳細 - 毎日jp(毎日新聞)麻木もしぶしぶ認めた…婚姻関係/主要ニュース速報/デイリースポーツonline。この他、大桃との結婚前にも一般女性との結婚歴がある2012年5月11日放送のガチガセより。。 業務提携先はTCP-ARTIST。 経歴

東京都出身憲法メディアフォーラム - インタビュー「直言49」AFP通信社社長、山路徹さん。TBS系列の番組制作会社に勤務後、1980年代末頃、テレビ朝日系の番組制作会社である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる