「山本舞香」とは?

関連ニュース

【実写/漫画】映画「恋は雨上がりのように」完成披露試写会、大泉洋が自称雨男から“ただ撮影を邪魔するやつ”に - 04月26日(木)23:33  mnewsplus

映画「恋雨」完成披露、大泉洋が自称雨男から“ただ撮影を邪魔するやつ”に 2018年4月26日 22:46 コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/279950 映画「恋は雨上がりのように」完成披露試写会の様子。左から松本穂香、磯村勇斗、大泉洋、小松菜奈、清野菜名、葉山奨之、山本舞香。 小松菜奈 眉月じゅんによる描き下ろしイラスト。 大泉洋 左から磯村勇斗、小松菜奈、大泉洋、清野菜名。 「恋は雨上がりのように」特報2 https://youtu.be/jf6d0KHxKB0 眉月じゅん原作による映画「恋は雨上がりのように...
»続きを読む
カテゴリー:

小松菜奈のド直球告白に大泉洋一瞬「ドキッとした」 - 04月26日(木)21:35 

小松菜奈と大泉洋が初共演した「恋は雨上がりのように」の完成披露試写が4月25日、東京・イイノホールで開催され、小松、大泉をはじめ、清野菜名、磯村勇斗、松本穂香、山本舞香、葉山奨之、メガホンをとっ...
カテゴリー:

大泉洋、小松菜奈の「好きです」にドキッ! 足の長さをアピール - 04月26日(木)20:21 

映画『恋は雨上がりのように』(5月25日公開)の完成披露試写会が26日に都内で行われ、小松菜奈、大泉洋、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、永井聡監督が登場した。
カテゴリー:

大泉洋、主演映画の原作再現度に驚嘆 永井監督のこだわりに「誰が気づくんだよ」 - 04月26日(木)20:02 

 俳優の大泉洋(45)、女優の小松菜奈(22)が26日、都内で映画『恋は雨上がりのように』(5月25日公開)の完成披露試写会に参加。高すぎる原作の再現度に驚きの声を上げた。 【写真】完成披露試写会で笑顔を見せる小松菜奈  眉月じゅん氏の人気漫画を実写化。けがで陸上競技の夢を断たれた17歳の女子高生・あきら(小松)が、45歳バツイチの冴えないファミレス店長・近藤(大泉)に片思いしたことから、2人がそれぞれの諦めていた夢と再び向き合い、成長していく物語。  『世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)などの永井聡監督が手がけるが、原作の再現率はとてつもないことになっている。清野菜名(23)は自身の演じる役が陸上部の短距離選手だと勘違いしていると永井監督から「長距離だから。ちゃんと漫画を隅々まで読むように」と言われたという。清野は「帰って読んだら、本当に小さく『長距離走』っていう情報が書いてあった。しかも、ストーリーでなく(コマの外に)書いてあった」と驚きの声を上げた。  大泉も「(撮影中は)原作をずっと持ってる。それで漫画の通りに撮るんです」と明かす。ほおづえをつくシーンも「漫画だと逆だから、逆にしてくれ」と指示されたそう。さらに「語尾まで絶対に間違えるなと。『です』が『だ』『だよ』ってなったらNGにする。原作と違う、と」と振り返りつつ「そこまで、こだわって...more
カテゴリー:

安室・オザケン・ジュディマリ…小室哲哉が最後の映画音楽と語る青春映画『SUNNY』に熱視線! - 04月25日(水)04:00 

『モテキ』(11)や『バクマン。』(15)などのポップな映像表現で知られる鬼才・大根仁監督の最新作『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が8月31日(金)に公開される。原作となったのは、日本でもリピーターが続出し異例のロングランヒットとなった韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』(11)。この感動作をファンのひとりである大根が舞台を日本に移し、企画・プロデュースを務める川村元気とともに90年代のJ-POPや流行のファッションを散りばめて再構築したのが本作だ。 【写真を見る】TRF・安室・オザケン・ジュディマリ…懐かしの8cmシングルジャケットを10連発!/[c]2018「SUNNY」製作委員会 このたび本作の音楽を、90年代を代表するヒットメイカーであり、先日電撃引退を表明した小室哲哉が担当することが発表され、同時に11曲にもおよぶ劇中使用曲が解禁となった。 物語の主役は、90年代に女子高生だった仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーたち。彼女たちは20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた…。ヒット曲のメロディに乗せて、再び絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描いていく。 “サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を「恋しさと せつなさと 心強さと」を大ヒットさせた元・小室ファミリーでもある篠原涼子が、奈美の高校時代を広瀬すずが...more
カテゴリー:

小松菜奈のド直球告白に大泉洋一瞬「ドキッとした」 - 04月26日(木)21:35 

 小松菜奈と大泉洋が初共演した「恋は雨上がりのように」の完成披露試写が4月25日、東京・イイノホールで開催され、小松、大泉をはじめ、清野菜名、磯村勇斗、松本穂香、山本舞香、葉山奨之、メガホンをとった永井聡監督が舞台挨拶に登壇した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  映画は、眉月じゅん氏が「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の同名人気漫画の実写映画化。ケガで陸上の夢を絶たれた女子高生のあきらを小松、あきらが片思いする45歳バツイチ子持ちのファミレス店長・近藤を大泉が演じ、2人がそれぞれの夢と再び向き合うまでの人生の“雨宿り”描く。  小松は初共演の大泉の印象について「テレビで見るまま、陽気で気さくで、足も長くて(笑)」と想像通りだった様子。一方の大泉は「怖いイメージがあって、下手したら踏みつけられて、『このもじゃもじゃ野郎』くらい言われる覚悟」をしていたというが、実際に共演すると「優しいし、自分の汚れが取れるようなヒーリング効果がありました。ヒーラーでした」と絶賛した。  物語は夏の設定だが、撮影は昨年11~12月の冬の時期に行われ、小松は撮影の合間に「上着を着れば?」と言われても半袖の衣装のままで待機していたそう。「大泉さんが異常に寒がりなんです」と反論したが、案の定風邪をひいてしまったことを暴露されると、「撮影の風邪じゃないです。個人的な風邪です」と言い張り...more
カテゴリー:

大泉洋、小松菜奈ら若手俳優から絶賛されるも、ボヤキ節全開! - 04月26日(木)20:55 

 俳優の大泉洋と小松菜奈が26日、都内で行われた映画『恋は雨上がりのように』完成披露試写会に出席。大泉と小松は初共演だったが、小松は「大泉さんはテレビで観たまんま。陽気で気さく、足も長くてイメージどおり」と絶賛すると、大泉も「最初は怖いイメージだったのですが、常に正しく優しい方。隣にいると汚れをとってくれるヒーリング効果がある人」と相思相愛ぶりをみせていた。【写真】映画『恋は雨上がりのように』完成披露試写会フォトギャラリー 本作は、眉月じゅんのベストセラーコミックを『帝一の國』などの永井聡監督が実写映画化。冴えないファミレスの店長に恋をした女子高生の切ない恋愛模様を描く。  この日はほかに、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香も出席したが、若い俳優たちがそれぞれ大泉の現場での立ち振る舞いに言及。 磯村が「大泉さんが雰囲気を温めてくれていました」と年長者として、率先して現場を盛り上げていたことを証言していたが、大泉は「みんなそう言ってくれるけれど、僕は若い子たちが楽しそうにしているときは、遠慮して近づかないようにしていました。僕は仲がいいと思っていませんよ」といつもの大泉節で会場を沸かす。 また大泉は、永井監督の撮影でのこだわりに触れると「原作の通りにしてほしいと言われるんです。例えば頬づえをついても、漫画と逆だとNGになる。セリフも『~です』を『~だ』といい間違えるとN...more
カテゴリー:

大泉洋『恋雨』撮影は晴れ続き!雨男発揮できず、周囲から大クレーム - 04月26日(木)20:16 

累計発行部数200万部が突破している眉月じゅんの同名コミックを映画化した『恋は雨上がりのように』(5月25日公開)の完成披露試写会が4月26日にイイノホールで開催され、小松菜奈、大泉洋、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、永井聡監督が登壇。“雨男”として知られる大泉だが、雨がテーマとなる本作で本領を発揮できなかったことを告白。永井監督から「期待していたのに全然降らなかった。見掛け倒し」とクレームを入れられた。 【写真を見る】小松菜奈&大泉洋“雨色”の衣装で登場!小松菜奈はキュートなプリーツドレス 本作は、17歳の女子高生・あきら(小松)が、45歳のファミレス店長・近藤(大泉)に恋心を抱く姿を描く物語。劇中では雨が美しく映し出されるが、“雨男”の大泉がいるにもかかわらず、今回の現場ではまったく雨が降らなかったため撮影がかなり延びたのだそう。 永井監督は「雨男だと聞いていたので期待していたけれど、全然降らなくて。見掛け倒し」と大泉にクレーム。大泉は「雨男が見掛け倒しってどういうことだ!」と反論しつつ、「雲ひとつなかった。こんなことはない。『恋は雨上がりのように』だから、今回は雨男でも喜ばれると思って勇んで行ったのに、そうしたら全然降らない。晴れ男だった」とぼやきまくり。 結果「私はただただ撮影を邪魔するヤツなんだ」と納得したそうで、「撮影にとってよくない天気にするだけ。そ...more
カテゴリー:

小室哲哉、篠原涼子と約20年ぶりタッグ!「SUNNY」で音楽担当「最後の僕の映画音楽」 - 04月25日(水)05:00 

 ミュージックシーンの先頭を走り続けてきた小室哲哉氏が、篠原涼子主演の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の音楽を手がけていることがわかった。1990年代に流行したJ-POPをちりばめた今作。大ヒットシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」などで知られる小室&篠原が約20年ぶりのタッグを組み、劇伴24曲を完全オリジナル制作している。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  韓国で2011年に観客動員740万人を記録したカン・ヒョンチョル監督作「サニー 永遠の仲間たち」を、大根仁監督が舞台を日本に移して映画化。主人公の奈美(篠原)は、末期がんに侵されたかつての親友・芹香と再会を果たす。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。女子高生時代の仲良しグループ「SUNNY」のメンバーを熱望する旧友の願いを、奈美はかなえられるか。約22年の時を経て、強い気持ちと愛が再び“彼女たち”を輝かせていく。  小室氏は川村元気プロデューサーら製作サイドからの熱烈オファーを快諾し、2017年3月に楽曲制作を開始。同年11月下旬には現場も訪れ、大根監督、篠原、リリー・フランキーらと談笑しながら、約2時間に渡って撮影を見学した。丸1年をかけ24曲を完成させた小室氏は、「最後の僕の映画音楽になります。1本の映画で自分の音をこれほどまで多く耳にする事は中々無いだろうなと思うと同時に、締め切り...more
カテゴリー:

小室哲哉氏最後の映画音楽 篠原涼子主演『SUNNY』に劇伴24曲制作 - 04月25日(水)04:00 

 今年1月に芸能界からの引退を表明した音楽プロデューサー・小室哲哉氏(59)が、映画『SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の音楽を担当していることが24日、わかった。篠原涼子(44)演じる主人公たちが青春時代を過ごした90年代当時、ミュージックシーンの先頭を走り続けていた小室氏が、同作のために劇伴24曲を完全オリジナルで制作。「最後の僕の映画音楽になります」とコメントを寄せた。 【劇中カット】広瀬すず、山本舞香らがコギャルに変身  小室氏と主演を務めた篠原は、1994年に「篠原涼子 with t.komuro」として発売したシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」をヒットさせたコンビ。映画の舞台となる90年代を駆け抜けた2人が、約20年の時を経て、主演女優&音楽担当として再タッグを組んだ。  同作は、日本でもリピーターが続出し異例のロングランヒットとなった韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督がリメイク。舞台を日本に移し、コギャルたちの仲良しグループ“SUNNY(サニー)”の大人になった姿を、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションを交えて描く。企画・プロデュースは、数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気氏。  小室氏は、昨年3月に映画サイドからの熱烈オファーを快諾し、楽曲制作を開始。同年11月下旬には本編撮...more
カテゴリー:

もっと見る

「山本舞香」の画像

もっと見る

「山本舞香」の動画

Wikipedia

山本 舞香(やまもと まいか、1997年10月13日 - )は、日本女性ファッションモデル、女優、タレント

鳥取県米子市出身。インセント所属。

略歴
  • 鳥取美少女図鑑Vol2に登場後、現事務所にスカウトされる。
  • 2011年春、三井のリハウスのオーディションに合格し三井のリハウス第14代目リハウスガールに選ばれた。これが初めて受けたオーディションだという。同年7月号よりローティーン向けファッション雑誌ニコラの専属モデルとして活動する。
  • 2011年7月クールのドラマそれでも、生きてゆくで女優デビューを果たした。
  • 2013年11月号でニコラ初表紙。この号の表紙は、飯豊まりえ小山内花凜、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる