「山崎賢人主演」とは?

関連ニュース

シュールすぎる!山崎賢人×福田雄一監督「斉木楠雄のΨ難」幕間映像3種披露 - 08月15日(火)17:00 

山崎賢人主演、福田雄一の監督・脚本で麻生周一氏による人気ギャグ漫画を実写映画化した「斉木楠雄のΨ難」の劇場幕間映像が、このほどお披露目された。山崎扮する主人公・斉木楠雄が、シュールすぎるシチュエ...
カテゴリー:

山崎賢人、TBS日曜劇場に初出演!『陸王』役所広司の息子役に - 08月09日(水)04:00 

 俳優の山崎賢人が、10月スタートのTBS日曜劇場『陸王』に出演することが分かった。TBS日曜劇場作品には初出演となる山崎は、劇中で自身と同じ年齢の役を演じることから「23歳になる年に、この役に巡り会えてともうれしいです」と喜びを語っている。【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー 池井戸潤原作の『陸王』は、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一が、会社の存続を賭けてランニングシューズの開発に挑む姿を描く。主演の役所広司は宮沢紘一役を、山崎は紘一の長男・大地役を務める。 山崎演じる大地は、大学卒業後就職活動をするものの失敗し、就職活動の傍ら「こはぜ屋」の手伝いをするようになる。経営を立て直す打開策として、マラソン足袋「陸王」の開発をスタートさせた父や、プライドを持って仕事をする従業員の姿を目の当たりにして成長していくものの、無事に生産するまでにはいくつもの困難が立ちはだかる。 「宮沢大地と同じ23歳になるこの年に、この役に巡り会えてとてもうれしいです」と喜びを口にする山崎は、「熱意もなく、自分が本当にやりたいことも分からず悶々としている中で、“こはぜ屋”の人たちが持つ情熱や義理人情に触れて、大地がどう変わっていくのか。その様がこれから社会に出ていく皆様の力になることを願っています」と語る。 また、物語の舞台である「こはぜ屋」が創業以来営業を続ける埼玉県行田...more
カテゴリー:

2本の主演ドラマが続編制作、ノッてる本郷奏多が映画「氷菓」で山崎賢人と再共演! - 08月08日(火)08:00 

俳優・本郷奏多の快進撃が止まらない。累計220万部突破の人気ミステリーを山崎賢人主演で映像化する映画「氷菓」(11月3日公開)への出演も決定。山崎演じる折木奉太郎らが追う33年前の謎めいた高校生・関谷純を演じる。 【写真を見る】「氷菓」で見せる憂いの表情が切ない…/(c)2017「氷菓」製作委員会 「氷菓」は米澤穂信原作の学園ミステリー小説。高校の“古典部”に入部した奉太郎(山崎)らの活躍を描く「古典部シリーズ」は、累計220万部突破の人気シリーズ。ひょんなことから廃部寸前の「古典部」に入部した奉太郎(山崎)と好奇心のかたまりのような少女・千反田える(広瀬アリス)、同級生の伊原摩耶花(小島藤子)、福部里志(岡山天音)の4人が、10年前に出国したまま行方不明になっている、えるの伯父・関谷純にまつわる謎に迫る。 そして今回、本郷奏多が作品のキーパーソンとなる関谷純の高校時代を演じる。本郷は‘90年11月15日生まれ、宮城県出身の26歳。映画「GANTZ」(’11年)や「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(’15年)、「闇金ウシジマくん Part3」(’16年)など話題作に次々と出演し、研鑽を積んできた。今年はドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春期~」(TBSほか)で主演したほか、’15年の「アカギ」(BSスカパー!BS241/Ch.585)と今年放送の「ラブホの上野さん」(フジテ...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「怪盗グルーのミニオン大脱走」興収31億突破でV3!2位は「仮面ライダーエグゼイド」 - 08月07日(月)19:30 

 8月5日~6日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。8月最初の週末は新作が3本ランクインしたが、「怪盗グルーのミニオン大脱走」が3週連続で首位を獲得。週末2日間で動員30万3825人、興収3億7573万9700円を稼ぎ、累計動員は263万2636人、興収は31億0289万9500円を記録した。最終興収52.1億円をあげた「ミニオンズ」(15年)超えが確実視されている。 ・【国内映画ランキング】1~10位まではこちら  2位には、平成ライダーシリーズ18作目の「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」と「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」の2本立てが初登場。全国318スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員20万人、興収2億5000万円を記録した。これは昨年同時期に公開され4位スタートだった「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間(とき)」「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!」の興収比90.7%の成績。最終興収10億円以上が見込める出足となっている。  大ヒットSFアクション大作シリーズの5作目「トランスフォーマー 最後の騎士王」は、8月4日より全国682スクリーンで公開され、土日2日間で動員19万7604人、興収3億2...more
カテゴリー:

小松菜奈が山崎賢人の奇妙な行動を暴露 「寒い中、ハトを追い掛けていたんです…」 - 08月05日(土)14:32 

 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開記念舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、三池崇史監督が登場した。  本作は、生誕から30年を迎える人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画。  “スタンド”と呼ばれる特殊能力を持つ高校生・仗助を演じた山崎は「自分にとってすごく大きな作品ですし、初日、2日目を迎えられてうれしく思います。今年は30周年なので、この映画とともにジョジョ自体が盛り上がっていったらうれしいです」と話した。  「今だから話せる撮影時の裏話は?」と聞かれると、小松は「山崎さんと初めて共演させていただいたんですけど、(山崎が)現場でハトを追い掛けていました。不思議な方なんだなって思って。私と神木さんは寒い中、お湯に手を突っ込んで手を温めていたんですけど、山崎さんはハトを追い掛けていたんですよ、外の海岸の所で…」と暴露すると、山崎は「ちょっと覚えていないです」と答えて、会場の笑いを誘った。  また、作品にちなみ「どんなスタンド能力があったらうれしい?」と振られると、伊勢谷は新田に「俺はずっと君の後ろにスタンドが見えるよ。お父さん(千葉真一)が後ろに見えるのよ、『ハーッ』てやっている」と話して、笑わせた。  さらに「ずっと聞きたかったんだけど、君、急に苗字付い...more
カテゴリー:

シュールすぎる!山崎賢人×福田雄一監督「斉木楠雄のΨ難」幕間映像3種披露 - 08月15日(火)17:00 

 山崎賢人主演、福田雄一の監督・脚本で麻生周一氏による人気ギャグ漫画を実写映画化した「斉木楠雄のΨ難」の劇場幕間映像が、このほどお披露目された。山崎扮する主人公・斉木楠雄が、シュールすぎるシチュエーションで映画を告知する、3つの映像を見ることができる。 ・【動画】「斉木楠雄のΨ難」幕間映像3種  「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の同名漫画を、「銀魂」を手がけた福田監督が実写化。とてつもない超能力を持つ高校生・楠雄(山崎)が毎年恒例の文化祭を穏便にやり過ごそうとするが、なぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美(橋本環奈)や、超能力でも気配が読めない燃堂力(新井浩文)らクラスメイトに絡まれ続け、次から次へと厄介事に巻き込まれるさまを描いた。  幕間映像はすべて福田監督が制作し、1つ目は廊下に立つ楠雄を定点カメラでとらえている。もはや誰なのかわからないほど遠く離れているが、ゆったりとした間合いで淡々と映画をアピールし続け、「だいぶ遠いですが、本物の山崎賢人です」と語る様子がじわじわと笑いを誘う。  さらに2つ目では、体育館でバスケットボールを弾ませる楠雄の姿が。30秒間に8本ものシュートをゴールに向けて放つものの、無残にも1本も入らず、「ボールは入らなかったけど、お客さんは入ってほしいな。山崎賢人です」と吐露する。最後は、大量のクラスメイトが行き交う向こう側に、ポツンと...more
カテゴリー:

【映画】『銀魂』が圧勝だった人気コミック実写化バトル 「ジョジョの奇妙な冒険」は“大コケ”レベルのスタート - 08月09日(水)00:42  mnewsplus

シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦氏原作の大ヒットコミックを実写映画化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が 4日公開されたが、7日に発表された5日と6日の全国週末興行ランキング(興業通信社提供)は初登場5位という結果となった。  同作は三池崇史監督がメガホンをとり、山崎賢人主演で初めて実写映画化。全国325スクリーンで公開され、土日2日間で動員11万7000人、興収1億6600万円の成績だった。  「スペインでのロケを敢行するなど、それなりに製作費がかかっているにも関わらず“大コ...
»続きを読む
カテゴリー:

2本の主演ドラマが続編制作、ノッてる本郷奏多が映画「氷菓」で山崎賢人と再共演! - 08月08日(火)08:00 

俳優・本郷奏多の快進撃が止まらない。累計220万部突破の人気ミステリーを山崎賢人主演で映像化する映画「氷菓」(11月3日公開)への出演も決定。山崎演じる折木奉太...
カテゴリー:

アニメ「斉木楠雄のΨ難」第2期放送決定!18年初頭スタート - 08月07日(月)14:00 

 テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」第2期の制作が決まり、2018年初頭から放送開始となることがわかった。7月23日に千葉・舞浜アンフィシアターで行われた、スペシャルイベント内で発表された。神谷浩史、小野大輔ら主要キャストは続投し、新キャラクターも登場する。  「斉木楠雄のΨ難」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の人気ギャグ漫画のテレビアニメ化。「目立たず人と関わらず」がモットーの超能力者の高校生・斉木楠雄が、変人ぞろいのクラスメイトに絡まれ、さまざまな厄介事に巻き込まれる姿をつづった。山崎賢人主演、福田雄一の監督・脚本による実写版も、10月21日から公開される。  さらに、第2期のティザービジュアルも完成。主人公の斉木、何も考えず行動する通称ミステリアスバカ・燃堂力、誰もが認める中二病・海藤瞬の3人がピースサインを決めて“2”を表現しており、その横には、「1度ならず2度もアニメ化とは…製作委員会はどうかしているな」という斉木のぼやきが添えられている。 【作品情報】 ・斉木楠雄のΨ難 【関連記事】 ・山崎賢人「斉木楠雄のΨ難」主題歌はゆず新曲!予告編は壁ドンで校舎崩壊 ・「斉木楠雄のΨ難」でまさかの地球滅亡!?山崎賢人、橋本環奈ら勢ぞろいのポスター完成 ・山寺宏一&田中理恵「斉木楠雄のΨ難」主人公・楠雄の祖父母役で夫婦出演 (C)麻生周一/集英社・PK学園
カテゴリー:

【ジョジョ連載】三池崇史監督「スタンドは視覚化しなくてもいい荒木先生の言葉がスタンドの実写化を大きく動かした」 - 08月04日(金)22:10 

山崎賢人主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」がいよいよ8月4日(金)に公開される。シリーズ累計1億部を突破し、世界的な人気を誇る荒木飛呂彦の人気コミックの実写化だけに注目度も高い本作。公開までWEBザテレビジョンで集中連載してきたキャスト、監督によるリレー・インタビュー。最終回となる第4回に登場するのは、この映画の現場を先頭に立って引っ張っていった三池崇史監督である。 【写真を見る】三池監督の心に響いた、荒木飛呂彦先生のコトバとは!? ■ 荒木先生の言葉が、ジョジョだからこその縛りから解放してくれた ――まず、『ジョジョの奇妙な冒険』にスタンドは欠かせない存在ですが、どうやって実写化しようと考えたのかが気になりました。 「ただね、荒木(飛呂彦)先生の発想は、“ジョジョにはスタンドが出ると誰もが思っているかもしれないけど、出さなくていいんんじゃない”だったんですよ」 ――スタンドを出さなくても、成立すると? 「そうはいかないんですけど(笑)、荒木先生のベースにあったのは、『なぜ、スタンドを出してジョジョの物語を進めないといけないのか』。多分、“ジョジョと言ったら、スタンドですよね”といろんなスタンドを出したほうが原作ファンも喜ぶだろうという方向に行くのを警戒したんだと思います」 ――スタンドという存在だけが際立つ作品ということですか。 「スタンド合戦という...more
カテゴリー:

もっと見る

「山崎賢人主演」の画像

もっと見る

「山崎賢人主演」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる