「山崎樹範」とは?

関連ニュース

菅田将暉、関空からヘリで移動!「火花」プレミアのため釜山から駆けつける - 10月15日(日)12:30 

 第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の小説を板尾創路監督のメガホンで映画化した「火花」(11月23日公開)が10月15日、京都国際映画祭2017で特別招待作品としてワールドプレミア上映された。主演のひとりである菅田将暉と劇中でコンビを組む川谷修士(2丁拳銃)、板尾監督は、TOHOシネマズ二条での舞台挨拶に臨んだ。 ・【フォトギャラリー】菅田将暉、その他の写真はこちら  同映画祭のオープニングセレモニー(同12日)には、もうひとりの主演・桐谷健太が相方役の三浦誠己、板尾監督とともに出席。菅田はこの日まで釜山国際映画祭に参加していたが、午前中の便で帰国。関西国際航空から京都・祇園まではヘリコプターで移動してきたという。会場がどよめくなか、板尾監督は「横山やすしか、トム・クルーズか!」とツッコミを入れ、優しい眼差しを注いだ。  映画は、漫才の世界で結果を出せず底辺でくすぶる徳永(菅田)と強い信念を持つ神谷(桐谷)が出会い、その才能に葛藤しながらも歩み続けた、10年間の軌跡を描く青春物語。ヒロイン役の木村文乃のほか、加藤諒、高橋努、日野陽仁、山崎樹範らが共演している。板尾監督は、豊田利晃と共同で脚本も執筆した。  芸人役に挑んだ菅田は「役作りというか、どう作っていいのかが分からなかった」と述懐。さらに、「漫才の稽古というかネタ見せをやったときも、板尾さんは何...more
カテゴリー:

「山崎樹範」の画像

もっと見る

「山崎樹範」の動画

Wikipedia

山崎 樹範(やまざき しげのり、1974年2月26日 - )は、日本の俳優声優タレント。愛称はやましげ校長ほのぼのザキヤマアンタッチャブル・山崎弘也と同じニックネーム。。 東京都足立区梅島出身。東京都立青井高等学校獨協大学法学部卒業。劇団カムカムミニキーナ所属、マネジメントについてはキューブ、藤賀事務所を経て2012年4月にトルチュに移籍した。A型。165cm。左利き。

略歴・人物

獨協大学演劇研究会を経て1995年から劇団カムカムミニキーナに参加カムカムミニキーナ 山崎樹範プロフィールより。劇団の先輩でもある八嶋智人とは、20歳の頃からの付き合いで、彼がいなかったら現在の自分は無いと思うと発言している。その八嶋の山崎評は「入団当初からなんでも上手くこなすが小器用なところがあった」というものであり「本人のためを思い必要以上に厳しく指導していた」と語っている。山崎本人も、よく怒られていた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる