「山口厚」とは?

関連ニュース

【国歌斉唱】東京都の敗訴見直しか…“不起立、不斉唱”の再雇用拒否で最高裁6月弁論 - 04月19日(木)19:46  newsplus

 卒業式などで国旗に向かっての起立や国歌斉唱をしなかったことを理由に定年後の再雇用を拒んだのは違法として、東京都立高校の元教職員22人が都に計約2億7440万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は、上告審弁論を6月25日に開くと決めた。最高裁は慣例として、2審の結論を変更する際に弁論を開く。都に計約5370万円の支払いを命じた1、2審判決を見直す可能性がある。  再雇用拒否をめぐっては最高裁が平成23年5月、起立・斉唱を指示した校長の職務命令を「合憲」と判断している。...
»続きを読む
カテゴリー:

元教職員側勝訴、見直しか=君が代不起立訴訟-最高裁 - 04月19日(木)19:34 

 卒業式などの君が代斉唱で起立しなかったことを理由に退職後の再雇用を拒否されたのは不当として、東京都立高校の元教職員らが都に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は19日、弁論期日を6月25日に指定した。二審の結論変更に必要な手続きで、再雇用拒否を違法と判断し、一審に続き教職員側勝訴とした二審判決が見直される可能性がある。 【時事通信社】
カテゴリー:

「山口厚」の画像

もっと見る

「山口厚」の動画

Wikipedia

山口 厚(やまぐち あつし、1953年11月6日 - )は日本の法学者。2017年2月より最高裁判所判事。専門は刑法東京大学名誉教授、元早稲田大学教授司法試験委員会委員長、日本刑法学会理事長も務めた。

人物

結果無価値論者。助教授時代の論文「原因において自由な行為」についてで、当時通説的見解であった間接正犯類似説が原因行為を実行行為としていたことに対し、その必然性はないと批判した平野龍一の問題意識を発展させて精密化し、結果無価値論の立場から未遂犯の処罰根拠を結果の危険と解した上で、その処罰範囲を法益侵害の危険性の相当な原因となった行為に限定するとの理論を展開した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる