「山内町」とは?

関連ニュース

男性作業員が風であおられ、左足骨折 横浜のふ頭 - 10月23日(月)10:46 

 23日午前4時20分ごろ、横浜市神奈川区山内町の山内ふ頭で、70代の男性作業員が風であおられ、左足を骨折した。台風21号の影響で当時は強い風が吹いていた。横浜市危機管理室によると、男性は荷物を運んで…
カテゴリー:

「山内町」の画像

もっと見る

「山内町」の動画

Wikipedia

山内町(やまうちちょう)は、佐賀県の西部にあったで、現在は武雄市西部の町である。2006年(平成18年)3月1日、周辺の武雄市・北方町と対等合併し、新市制による武雄市が成立した。山内町は武雄市の9つの町の1つとなり武雄市:武雄観どころ散歩(武雄市の各町を動画で紹介)、また、大字の冠称となった(杵島郡山内町○○→武雄市山内町○○)。

地理

佐賀県の西部、四方を小高い山に囲まれた盆地に位置する。東西距離7.5km、南北距離7.5km、境界線周囲の距離32.8km。

標高が高めで、気候は1年を通して周辺地域よりやや冷涼である。

地形 隣接していた自治体

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる