「山内町」とは?

関連ニュース

出川兄がナビゲート!横浜市中央卸売市場を徹底解剖!!ハマの台所は奥が深すぎる - 04月18日(水)18:05 

横浜市六角橋商店街の「ドッキリヤミ市場 夜のフリーマーケット」やラーメン激戦区など、何かとトピックが多い神奈川区。なかでもハズせないのが“ハマの台所”こと「横浜市中央卸売市場」だ。今回は、神奈川区出身のタレント出川哲朗のお兄さん、出川雄一郎さんにナビゲートしてもらい、市場をご案内! 【写真を見る】芸人・出川哲朗の実家、海苔などを販売する「蔦金商店」/(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久 市場開放日の「ハマの市場を楽しもう」を取材中、我が家・坪倉由幸のお父さん、坪倉良和さんに遭遇。「普段、仲卸売場は入場禁止だけど、関連棟は営業中だから、市場ならではのグルメが味わえるよ」と、楽しみ方を伝授してくれた。 ■ 神奈川の「横浜市中央卸売市場本場 仲卸売場」 毎月第1・第3土曜に市場開放イベントを開催!普段見られないことや、知らないことなどが学べ、水産棟の仲卸売場も一般開放。お得に買物ができる。 特に人気なのは、刀のような包丁を使ってさばく「まぐろの解体ショー」。目の前で豪快に解体されるさまを目撃できる。 「お魚さばき方実習教室」(当日8:50~受付、9:10抽選)ではプロがさばき方をおしえてくれるほか、普段見ることができない市場内を見学できる「市場探検隊」では、マグロの超低温冷蔵庫で-40℃の世界を体験できる。 また、水産仲卸棟の「魚河岸処」にて、魚河岸汁を無料配布(先着約350人)する大...more
カテゴリー:

「山内町」の画像

もっと見る

「山内町」の動画

Wikipedia

山内町(やまうちちょう)は、佐賀県の西部にあったで、現在は武雄市西部の町である。2006年(平成18年)3月1日、周辺の武雄市・北方町と対等合併し、新市制による武雄市が成立した。山内町は武雄市の9つの町の1つとなり武雄市:武雄観どころ散歩(武雄市の各町を動画で紹介)、また、大字の冠称となった(杵島郡山内町○○→武雄市山内町○○)。

地理

佐賀県の西部、四方を小高い山に囲まれた盆地に位置する。東西距離7.5km、南北距離7.5km、境界線周囲の距離32.8km。

標高が高めで、気候は1年を通して周辺地域よりやや冷涼である。

地形 隣接していた自治体

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる