「山内惠介」とは?

「山内惠介」の画像

もっと見る

「山内惠介」の動画

Wikipedia

山内 惠介(やまうち けいすけ、1983年5月31日 - )は、福岡県糸島郡前原町(現在の糸島市)出身の演歌歌手山内恵介とも表記される。血液型O型。星座は双子座。身長178cm。

デビュー当時のキャッチフレーズは「ぼくはエンカな高校生」。氷川きよしと同じ水森英夫門下生であり、氷川と同じ福岡出身である。

略歴

母親が美空ひばりの大ファンで、生まれる前からひばりの歌を聴いていたという。生まれた後も毎年福岡市民会館で行われたコンサートを母の膝の上で観た。小学校、中学校と演歌一筋。

1999年10月13日、福岡県立筑前高等学校1年に在学中の16歳当時、初めて出場した福岡県下のカラオケ大会で、作曲家・水森英夫の目に留まりスカウトされる。これを期に約1年間、月に一回程度上京してレッスンを重ねた。
2000年7月、ビクターのプロデューサー(朝倉隆)に呼ばれテスト。「越後獅子」「悲しい酒」「柔」など憧れのひばりの曲を歌いデビューが決定。
2001年4月、「霧情」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる