「山内圭哉」とは?

関連ニュース

波瑠主演ドラマ『未解決の女』初回14.7% 『捜査一課長』とのコラボが功奏 - 04月20日(金)11:24 

 女優の波瑠が主演するテレビ朝日系新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)の初回(15分拡大)が19日に放送され、番組平均視聴率が14.7%だったことが20日、わかった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。直前まで放送された『警視庁・捜査一課長season3』(毎週木曜 後8:00)第2話に波瑠が出演し、『警視庁・捜査一課長』の内藤剛志が“一課長”として『未解決の女』にも登場するクロスオーバーも功を奏した。『捜査一課長』第2話も12.8%を獲得し、午後8時50分には14.1%(最高値)に上昇していた。 【写真】熱血刑事を演じる波瑠  『未解決の女』は、燃える正義感と情熱、直感を武器に事件捜査に奔走する熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠と、わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てるという稀有な能力を持つ“文書解読のエキスパート”頭脳派刑事・鳴海理沙を演じる鈴木京香が、バディを組み、未解決事件に挑んでいくミステリー。  麻見和史氏の『警視庁文書捜査官』(角川文庫/KADOKAWA)を原作に、連続テレビ小説『あさが来た』などを手掛けた大森美香氏が脚本を担当している。未解決事件を継続捜査する「特命捜査対策室」第6係の女性刑事が、個性豊かなおじさま捜査官たちや、イヤ~な上司にもまれながら“文字”で未解決の謎を暴いていく。ほかに、沢村一樹、工藤阿須加、遠藤憲一、...more
カテゴリー:

工藤阿須加、光石研、山内圭哉らドラマ『未解決の女』撮影オフショットを公開 - 04月17日(火)11:27 

19日(木)スタートの波瑠主演ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系よる10時~)の公式ブログが14日に更新され、工藤阿須加、光石研、山内圭哉ら“強行犯捜査トリオ”の撮影オフショットを公開した。 (左から)光石研、工藤阿須加、山内圭哉(『未解決の女 警視庁文書捜査官』公式ブログより引用)...
カテゴリー:

工藤阿須加・光石研・山内圭哉が3ショット「風が味方してくれた」 - 04月17日(火)05:00 

テレビ朝日系新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(19日スタート 毎週木曜21:00~)の公式ブログで14日、俳優の工藤阿須加、光石研、山内圭哉の撮影オフショットが公開された。
カテゴリー:

波留、遠藤憲一のスイーツ報告が日課「安定した答えが返ってくる」 - 04月16日(月)13:42 

 女優の波瑠と鈴木京香が16日、都内にて開催された新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/4月19日より毎週木曜21時)の制作発表記者会見に共演の沢村一樹、遠藤憲一らと出席した。波留は現場での日課などに触れ、沢村は中学生時代に経験した未解決事件を紹介した。【写真】『未解決の女 警視庁文書捜査官』制作発表記者会見フォトギャラリー 本作は、警視庁捜査一課「特命対策室」第6係、通称「文書解読係」に配属された肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、「倉庫番の魔女」と呼ばれる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)が 、文字を糸口に未解決事件を解決する姿を描く。波留は鈴木との初共演について「私が手を引っ張って先輩を歩かせているというか(笑)。『早く歩いて!あっちです!』というような感じで、ちょっとずつバディにはなってきているなって感じです」とニッコリ。 撮影現場での印象的なエピソードに話が及ぶと、「現場に来た時の日課に、遠藤さんが昨日召し上がられたスイーツを聞くというものがありまして。『昨日は何を食べられたんですか?』と聞くと、だいたい安定した答えが返ってくる」とコメント。その場で昨日は何を食べたか聞かれた遠藤は「昨日はプリンです! 最近甘いものハマっちゃってて」と白い歯を見せた。 一方、特命対策室の室長・古賀清成に扮する沢村は、役柄に関して「そうそうたる先輩たちを現場で怒鳴り散ら...more
カテゴリー:

波瑠、鈴木京香とバディ役!「手を引っ張って先輩を歩かせている感じ」 - 04月16日(月)13:40 

女優の波瑠と鈴木京香が初共演で“最強の凹凸女刑事バディ”を演じる木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系、4月19日スタート 毎週木曜21:00~)の制作発表記者会見が16日、都内で行われ、波瑠と鈴木が意気込みを語った。同ドラマは、警視庁捜査一課「特命対策室」第6係、通称「文書解読係」に配属された、2人の女刑事が“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく新感覚の爽快ミステリー。会見には共演者の沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、光石研、遠藤憲一、脚本の大森美香も登壇。会見中盤には双子のお笑い芸人のザ・たっちが乱入し、「アジの開き」など得意ネタを次々に披露して和ませた。初共演でバディ役を演じる波瑠と鈴木だが、波留は「まだ撮影も序盤。バディというより手を引っ張って先輩を歩かせている感じです。でも、ちょっとずつバディになってきている感じがします」と現場の様子を紹介。鈴木も「一日もはやく波留ちゃんといいバディになれるように頑張ります」と意気込みを語った。また、波留は豪華キャストとの共演で「素晴らしいキャストの皆さんに囲まれて、わたしのほうがみなさんに引っ張って行ってもらっております」と謙遜のコメントも。そんな中、遠藤は癒しの存在となっているようで、「遠藤さんに毎回、昨日食べたスイーツを聞くのが日課になっています。期待を裏切らないんです。この間は、おはぎを食べてい...more
カテゴリー:

波瑠、遠藤憲一が食べたスイーツに興味津々⁉ 撮影現場での日課明かす - 04月17日(火)14:28 

4月19日(木)より初回15分拡大でスタートするドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)の記者会見が東京・六本木のテレビ朝日で行われ、波瑠、鈴木京香、沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、光石研、遠藤憲一、脚本家の大森美香が登壇した。 【写真を見る】草加慎司役・遠藤憲一が波瑠にスイーツ報告! 「昨日はプリンです」 本作は、麻見和史の警察小説を原作に、肉体派熱血刑事の朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・理沙(鈴木)がバディを組み、文字を糸口に未解決事件の真相を追うミステリー。 波瑠は、鈴木とのバディについて「まだ撮影も序盤なので、私が先輩刑事である鈴木さんの手を引っ張って歩かせている状態ですが、少しずつバディになってきているかなと思います」と分析。 撮影現場の雰囲気について、鈴木は「皆さん楽しい方ばかりで、笑いの絶えない現場です。ですが、私はせりふがすごく多くいので…、笑い過ぎないよう注意して演じさせていただいています」と明かした。 本作の脚本を務める大森は、「昔から、いつか刑事ドラマの脚本を書きたいと夢見ていました。『女性のバディがすてきな男性たちに囲まれて活躍する』というドラマがすごく見たかったんです。ただ、トリックを考えるのが本当に難しくて…(苦笑)」と告白し、執筆時の苦労を明かした。 撮影現場での印象的なエピソードを聞かれた波瑠が、「最近は、遠藤さんが前日...more
カテゴリー:

【ドラマ】波瑠、本格アクション初挑戦も運動経験不足を後悔 - 04月17日(火)07:43  mnewsplus

2018.4.17 05:01 波瑠、本格アクション初挑戦も運動経験不足を後悔  女優、波瑠(26)が16日、東京都内で行われたテレビ朝日系主演ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(19日スタート、木曜後9・0)の制作発表に初共演の女優、鈴木京香(49)らと出席した。  肉体派(波瑠)と頭脳派(鈴木)の凸凹な女性刑事コンビが未解決事件を解決する物語。  波瑠は劇中で本格アクションに初挑戦し、「これまで部活動を頑張ったことがなくて、まともに運動してこなかったことが悔やまれます」と苦戦している様子。鈴木は自...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】沢村一樹 中学時代の未解決事件明かす ベッド下の“私設図書館”が突然閉鎖 - 04月16日(月)19:44  mnewsplus

4/16(月) 14:09配信  俳優の沢村一樹(50)が16日、東京・六本木のテレビ朝日本社で行われたドラマ「未解決の女警視庁文書捜査官」(19日スタート、木曜後9・00)の制作発表記者会見に、主演の波瑠(26)、共演の鈴木京香(49)らとともに出席した。  同作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室第6係」(通称・文章解読係)に配属された肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく爽快なミステリードラマ。  特命...
»続きを読む
カテゴリー:

波瑠、鈴木京香とバディ役!「手を引っ張って先輩を歩かせている感じ」 - 04月16日(月)13:40 

女優の波瑠と鈴木京香が初共演で“最強の凹凸女刑事バディ”を演じる木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系、4月19日スタート 毎週木曜21:00~)の制作発表記者会見が16日、都内で行われ、波瑠と鈴木が意気込みを語った。同ドラマは、警視庁捜査一課「特命対策室」第6係、通称「文書解読係」に配属された、2人の女刑事が“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく新感覚の爽快ミステリー。会見には共演者の沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、光石研、遠藤憲一、脚本の大森美香も登壇。会見中盤には双子のお笑い芸人のザ・たっちが乱入し、「アジの開き」など得意ネタを次々に披露して和ませた。初共演でバディ役を演じる波瑠と鈴木だが、波留は「まだ撮影も序盤。バディというより手を引っ張って先輩を歩かせている感じです。でも、ちょっとずつバディになってきている感じがします」と現場の様子を紹介。鈴木も「一日もはやく波留ちゃんといいバディになれるように頑張ります」と意気込みを語った。また、波留は豪華キャストとの共演で「素晴らしいキャストの皆さんに囲まれて、わたしのほうがみなさんに引っ張って行ってもらっております」と謙遜のコメントも。そんな中、遠藤は癒しの存在となっているようで、「遠藤さんに毎回、昨日食べたスイーツを聞くのが日課になっています。期待を裏切らないんです。この間は、おはぎを食べてい...more
カテゴリー:

波瑠「良く食べて良く寝て」 熱血刑事役を熱演中 - 04月16日(月)13:16 

 テレビ朝日系新ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官』(19日スタート、毎週木曜 後9:00)の制作発表会見が16日、東京・六本木の同局で行われ、主演の波瑠や鈴木京香ら主要キャストが出席した。本作で燃える正義感と情熱、直感を武器に事件捜査に奔走する熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠は「アクションシーン以外でも矢代はバタバタしていて、すごく体力を奪われるので、良く食べて良く寝るようにしています」と近況を話した。  ドラマは、波瑠と鈴木の初共演による“凹凸女刑事バディ”が主役のミステリー。時効廃止後、警視庁は未解決事件を継続捜査する「特命捜査対策室」を開設。その第6係、文書解読係に配属された2人の女性刑事が、個性豊かなおじさま捜査官たちや、イヤ~な上司にもまれながら“文字”で未解決の謎を暴いていく。  波瑠は「過去に起きたことは、いいことも悪いことも色あせていくこともあるけど、憎しみや悲しみといった感情は逆に濃くなっていくこともある。それに寄り添おうとする気持ちは偉大。この作品をとおして、皆さんに勇気を与えられたらいいなと持って、作っています」と意気込みを語った。  わずかな文章から聞き手の性格や思考を言い当てるという稀有な能力を持つ“文書解読のエキスパート”鳴海理沙を演じる鈴木は「一日も早く波瑠ちゃんといいバディになれるように、ダンディな出演者の皆様と毎日撮影しています。すごくせりふが...more
カテゴリー:

もっと見る

「山内圭哉」の画像

もっと見る

「山内圭哉」の動画

Wikipedia

山内 圭哉(やまうち たかや、1971年10月31日 - )は、日本俳優歌手大阪府大阪市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。身長176cm、血液型はAB型。

略歴

幼少期からアカデミー児童劇団で役者としてのキャリアをスタートさせ、特に、両親を亡くした級長・足柄竜太を演じた映画瀬戸内少年野球団(1984年)は子役時代の代表作(2016年のテレビドラマ版にも出演している)。

1992年、中島らも主宰の笑殺軍団リリパットアーミーに入団し、中心メンバーの1人として活躍(1999年に退団)。

2001年、Piperに加入(当時のメンバーは川下大洋後藤...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる