「山中崇」とは?

関連ニュース

親も子も気づかい合えることが幸せ!音楽劇『気づかいルーシー』にノゾエ征爾が込めた思い【インタビュー】 - 07月19日(水)18:00 

子どもと夏休みの思い出を作りたいけど、何がいいかな? そんな楽しい計画の一つにぜひおすすめしたいのが「観劇」です。 「気づかいルーシー」の舞台写真をじっくり見る 「観劇? 大人の私にも難しいのに、子どもが集中していられるかしら…」 「子ども向けの作品は正直、大人には物足りないし…」 そんな声が聞こえてきそうです。 でも、大丈夫! 7月21日に開幕する音楽劇『気づかいルーシー』には、子どもも大人も楽しめるいろんな“気づかい”が詰まっているんです。 2015年に上演され好評だった初演に引き続き、今回も脚本・演出を手掛ける舞台演出家で劇団「はえぎわ」主宰のノゾエ征爾さんにお話を伺ってきました。 子どもたちの反応に僕らの方がびっくりしました 『気づかいルーシー』のテーマはズバリ、“気づかい”。 主人公・ルーシー(岸井ゆきの)は元気いっぱいの女の子。育ての親であるおじいさん(小野寺修二)ともうひとりの家族・馬(山中崇)の思いを無にしたくないと我慢をしたり、気づかないふりをしたり。3人がそれぞれを気づかって、大切な人の思いを受け止めようとする物語です。ラストには、思いもよらない大どんでん返しも。 わかりやすいストーリーと最小限の登場人物、そして、物語のほとんどの時間に流れている歌と音楽に、大人も子どももグイグイ引き込まれます。 ――まずは2015年初演時の企画のきっかけを...more
カテゴリー:

「山中崇」の画像

もっと見る

「山中崇」の動画

Wikipedia

山中 崇(やまなか たかし、1978年3月18日 - )は、日本俳優。血液型O型。東京都出身。

略歴

1978年東京生まれ。学生時代より演劇活動を始め、多くの舞台に出演。以降、映画、TVドラマ、CMなど幅広く活動。 所属事務所はザズウ。 主な出演作は、 映画松ヶ根乱射事件、ぐるりのこと、海炭市叙景、ふがいない僕は空を見た、希望の国、アウトレイジビヨンド、家路、寄生獣、恋人たち、 テレビドラマNHK連続テレビ小説 ごちそうさん、深夜食堂、闇金ウシジマくん、ゴーイングマイホームなど、 舞台では野田秀樹、飴屋法水、松本雄吉ら、気鋭の演出家の作品に出演している。

  • 趣味はチャイを淹れること。
  • 特技は剣道
  • 名前に関しては「崇」を「祟(たたり)」と間違われることを嘆いている。また、姓名の読みの同じ俳優がいるが、無関係である。
出演 映画 2001年
  • 怪談 こっちを見ないで…(清水崇監督) - 忌野秀一
  • きれいにするとこからはじめよう。(山口智監督) - ワタベ
  • あの坂をのぼれば(今西祐子監督) - 津田圭介
2002年
  • 怪猫 轢き出し地獄(清水崇監督) - 忌野秀一
2005年
  • ユニットバスシンドローム(山口智監督) - ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる