「山下達郎」とは?

関連ニュース

リズムネタの手拍子「絶対やめるべき」松本人志苦言 - 09月24日(日)11:42 

 松本人志(54)が、お笑いの“リズムネタ”のときに手拍子をする観客に「あれは絶対やめるべき」と苦言を呈した。  24日のフジテレビ系「ワイドナショー」で、歌手の山下達郎が自身のラジオ番組で、ライブ会場で曲に合わせて大声で歌う観客に対し…
カテゴリー:

山田涼介、西田敏行からの手紙に涙 「何でこんなに分かるんだろう…」 - 09月23日(土)15:08 

 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の山田涼介、西田敏行、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦、廣木隆一監督が登壇した。  本作は、東野圭吾氏の同名小説を映画化した感動作。劇中で描かれる手紙の交流にちなみ、手紙にまつわる思い出を尋ねられた山田は、ジャニーズ事務所に入った10歳当時に埋めた「タイムカプセル」の話を披露した。  山田自身は、タイムカプセルの存在をすっかり忘れていたようだが「この前、母親が地元に行って掘り起こした」そうで、そこには「二十歳を過ぎた自分宛ての手紙があった」という。  手紙には「東京ドームでライブをしている」「家族に白い家を建てている」などの夢が書かれていたといい、山田は「とりあえずドームはかなった。後は白い家だなと」と笑わせつつ「当時、思っていた夢が一つかなっているのはうれしい」としみじみ語った。  この日は、西田から山田にサプライズの手紙が贈られた。西田は「私はこれまで、山田くんはアイドルである自分と俳優である自分のバランスに悩んだことがあるのではないと思いました。周りから色眼鏡で見られることもあっただろうし、決して、弱味を他人に見せない人柄の山田くんは、それを自分の中だけで消化することもあったと想像します」と読み上げた。  続けて「でも現場でのたたずまい、完成作を見て、それは杞憂に終わりました。ちゃんと役に入り込...more
カテゴリー:

【氣志團】【レポート】<氣志團万博>最終日、岡崎体育 / 山下達郎「雨風、上等です」 - 09月22日(金)18:10 

<氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~>が9月16日(土)および17日(日)、千葉県・袖ケ浦海浜公園にて開催された。YASSAI...
カテゴリー:

林遣都、出演作を「人生におけるテーマが散りばめられている」 - 09月22日(金)07:00 

東野圭吾の同名小説を、映画「余命1ヶ月の花嫁」(2009年)「PとJK」(2017年)の廣木隆一監督が映画化し、9月23日(土)に全国で公開される「ナミヤ雑貨店の奇蹟」。心優しい店主が営む個人商店「ナミヤ雑貨店」を舞台に、時を超えた手紙がつなぐ5つの感動物語が展開される。山田涼介がつらい生い立ちを抱え心に傷を負った主人公の青年を好演。ベテラン俳優の西田敏行が「ナミヤ雑貨店」の店主役で共演している。 【写真を見る】今作が映画初出演の寛一郎、「ナミヤ雑貨店の」に逃げ込んだ幸平を演じる/(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会 林遣都は、さまざまなエピソードを結びつける重要なキャラクター“魚屋ミュージシャン”こと松岡克郎役で出演。芝居だけではなく、ハーモニカ、ギター、歌と、音楽面でもハードルの高い技術を求められた役作りにまつわるエピソードを語ってくれた。 ――今回の作品で演じた松岡克郎は、どんな青年ですか? 若くしてミュージシャンになるという大きな夢があって、でもなかなか上手くいかないことばかりで、もがき苦しんでいる。家族の間で確執があり、夢を選ぶのか家業の鮮魚店を継ぐのか。その選択に悩んでいる青年です。 ――廣木監督とは、ドラマ「火花」でタッグを組んでいましたね。 廣木監督は、俳優が気持ちを込めて強い思いを持ちながら役に取り組めば取り組むほど、それ以上のもので返ってくるような監督...more
カテゴリー:

山下達郎の「ライブ中に歌う客は迷惑」発言はおかしい?同感? - 09月21日(木)15:45 

 17日に放送されたラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』での山下達郎(64)の発言が話題を呼んでいます。  ライブに行くと抑えきれずどうしても大声で歌ってしまうリスナーからの「これってダメですか?」との質問に、 [...]
カテゴリー:

安室引退の泣き動画でユッキーナ炎上/真矢ミキ53歳で高卒に【今週の見逃しニュース】 - 09月23日(土)15:46 

 週の半ばに飛び込んできた安室奈美恵(40)の突然の引退発表に日本中が驚きました。それにしても安室が最初にいた「SUPER MONKEY’S」というユニット名のえげつないこと。これ今だったらいろんな意味でギリギリですよね。  では、今週も振り返ります。どうでもいい芸能ニュース。 ◆①「安室ちゃんを利用するな」ユッキーナの「泣き動画」が大炎上 J-CASTニュース 9/21(木)配信  というわけで、“安室引退”バブルに乗っかろうと、多くの芸能人が反応したのですが、泣いている動画をインスタグラムに投稿した木下優樹菜(29)はあえなく大炎上してしまいました。  見ると、「絶望」とか「奈美恵様引退」とテロップ加工がしてあったり、娘から慰められる写真までアップしていたようで、さすがに演出過剰かな…。  結局悲しんでいる自分をアピールしたいだけなんじゃないかと、コメント欄には「こんな時でも自分が1番なんですね…」と厳しい声も。  もしかしたら本当にリスペクトしていたのかもしれませんが、それを正確に伝えるボキャブラリーがなかったってとこですかね。 ◆②53歳・真矢ミキ 高卒認定試験5科目に合格「人生の穴を埋めたい」 東スポWeb 9/18(月) 配信  女優の真矢ミキ(53)が「高等学校卒業認定試験」を受験し、見事5科目に合格したのだそう。中学卒業と同時に宝塚音楽学校へ入学...more
カテゴリー:

Dr.kyOn&佐橋佳幸、新レーベル設立記念ライブ 東西の音の違いを熱弁 - 09月23日(土)09:00 

 キーボーディスト・Dr.kyOn(元BO GUMBOS)とギタリスト・佐橋佳幸の2人組ユニット「Darjeeling(ダージリン)」が、日本クラウン内に新レーベル『GEAEG RECORDS(ソミラミソ レコーズ)』を設立し、21日、都内でコンベンションライブを開いた。レーベル第1弾作品として、Darjeelingのアルバム『8芯二葉~WinterBlend~』および、「夜空ノムコウ」の作曲で知られるシンガー・ソングライター、川村結花のアルバム『ハレルヤ』を11月8日に2作同時リリースすることを発表した。 【写真】川村結花、高野寛、直枝政広が駆けつけた  佐野元春&THE HOBO KING BANDをはじめ、数多くのライブやレコーディングで20年以上にわたって活動を共にしてきたDr.kyOnと佐橋は、読売テレビの音楽番組『共鳴野郎』(2005年10月~08年3月放送)のホストを務めることになったことを機に、ユニット「Darjeeling」を結成。名コンビの2人は、日本のポップスシーンをけん引した名門レーベル「PANAM」を有する日本クラウンとタッグを組み、音の愉しみを知る大人の音楽ファンに良質で豊かな新しい音楽を発信する新レーベル「GEAEG RECORDS(ソミラミソ レコーズ)」を設立した。  レーベル名の「GEAEG」は日本の商用電源周波数に由来。日本の標準周波数は...more
カテゴリー:

90年代Jポップがリバイバル?市井由理がCD参加、ホフディランがメジャー復帰… - 09月22日(金)15:45 

 ここのところ音楽ニュースを見ていると、やたら懐かしい名前に出くわします。  95年の大ヒット曲「DA.YO.NE」で一躍時の人となった、EAST END×YURIの市井由理(44)が久々にラップを披露したそうです(MAGiC BOYZの1stアルバム『第一次成長期~Baby to Boy~』の収録曲「パーリーしようよ」に参加)。  また、エレファントカシマシがNHKドラマの主題歌を歌うので紅白に出るんじゃないかと言われていますし、ホフディランは古巣レコード会社ポニーキャニオンからメジャー復帰。  あと、スピッツも女性バンド「ねごと」をはじめ、色々な若手ミュージシャンにカバーされていますね。  他にも、昨年前フリなしで新曲をリリースした、メロコアブームの火付け役のバンド、Hi-STANDARDも18年ぶりにニューアルバムをリリースするそうですし、日本語ラップの雄、KICK THE CAN CREWも復活しました。  ここに宇多田ヒカルや小沢健二などのビッグネームも加えれば、完全に90年代リバイバルと言っても差し支えない状況です。  その要因は色々だと思いますが、音楽不況に突入する前にうまいこと売れた人たちにもう一回頑張っていただこうってところなんでしょうかね。 ◆覚えてる?リバイバルしてほしい90年代の曲たち  というわけで、上記のようなビッグネーム以外にも、この懐...more
カテゴリー:

山下達郎の「ライブ中に歌う客は迷惑」発言はおかしい?同感? - 09月21日(木)15:45 

 17日に放送されたラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』での山下達郎(64)の発言が話題を呼んでいます。  ライブに行くと抑えきれずどうしても大声で歌ってしまうリスナーからの「これってダメですか?」との質問に、達郎氏は「ダメです。一番迷惑。あなたの歌を聞きに来ているわけではないので」と返答したのです。  これに対してネット上ではおおむね達郎氏の意見に賛同しているようでした。 ◆お行儀のいいファンばかりじゃないライブのよさ  もちろん、“ライブでは絶対に歌ってはいけない”という意味ではなく、山下達郎の音楽は「Hey Jude」(ビートルズ)や「Don’t Look Back In Anger」(オアシス)などの大合唱をうながす曲とはタイプが違うのだから、そこら辺は周りのお客さんの振る舞いなどとも合わせて考えましょうね、ぐらいの話なのでしょう。  その点では「迷惑」と断じた気持ちは理解できます。しかし、同時に考えてしまうのは、作り手や演者が、客の楽しみ方にある程度制限をかける姿勢を良しとしてもよいのだろうか、ということです。  これは筆者が中学生のときの話。サンタナというラテンロックバンドのコンサートを観に行ったところ、最前列にのっけから踊りまくる数人の集団がいたのです。  それでも“あなたの踊りを見に来ているわけではないので”「一番迷惑」だとまでは感じませんで...more
カテゴリー:

ライブ中に熱唱する客 山下達郎が厳しい持論 - 09月20日(水)15:30 

コンサート中についつい盛り上がって、ステージ上のアーティストと一緒に歌ってしまうという人も多いのではないでしょうか。 「アーティストと一緒に歌う」という行為について、人気シンガー・ソングライターの山下達郎さんが持論を展開 […]
カテゴリー:

もっと見る

「山下達郎」の画像

もっと見る

「山下達郎」の動画

Wikipedia

  • 12月25日、全曲アメリカ・レコーディングによるアルバムCIRCUS TOWNでRCA ⁄ RVCよりソロ・デビュー。

;1977年

  • 3月25日、吉田美奈子のアルバムTWILIGHT ZONEを、吉田との共同プロデュースでリリース。同日、アルバムからのリカット・シングル「恋は流星Part I・II」をリリース。
  • 5月25日、アルバムSPACYリリース。前作CIRCUS TOWNでの海外レコーディング経験に大きな音楽的刺激を受け、以後、自分が書いたスコアでスタジオ・ミュージシャンとともにレコードを制作する数年間が始まる。その結果、SPACYは実験的かつ内省的なアルバムとなり、売り上げは芳しくなかったが、後のセールス・ポイントとなる一人多重録音によるコーラスが登場。古くからのファンには本作がベストと評する人も少なくない。
  • 11月20日、山下編曲・プロデュースによるマザー・グースのシングル「貿易風にさらされて ⁄ マリン・ブルー」リリース。他のシンガーを手掛けた初プロデュース作品。

;1978年

  • 5月25日、六本木PIT INNでのライヴを収録したライヴ・アルバムIT'S A POPPIN' TIMEリリース。
  • 12月、コンサート・イベンター、ソーゴー東京の資金援助を受け、自身の所属事務所「ワイルド・ハニー」を渋谷区神宮前の和合ハイツ2階302号室に設立。社名はビーチ・ボーイズの同名アルバム(1967年)から...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる