「展覧会」とは?

関連ニュース

ピーターラビットとのコラボも実現! 「うさぎしんぼる展」にうさぎ写真&グッズ大集合 - 04月20日(金)10:00 

ピーターラビットとのコラボも! かわいいウサギの展覧会 うさぎしんぼる展 in 静岡パルコ 4月20日(金)~5月13日(日) / 静岡県 / 静岡パルコ かわいいモフうさぎがいっぱい♪ 画像ギャラリーはこちら 4月20日(金)から5月13日(日)まで、うさぎの合同写真&物販展「うさぎしんぼる展 in 静岡パルコ」が行われる。 「うさぎしんぼる展」はこれまでに1万人以上を動員したうさぎの合同写真&物販展。 うさぎはただかわいいだけでなく、古来より様々な物事の『しんぼる(象徴)』とされてきた。例えば、月のシンボルであったり、速さのシンボル、さらにはセクシーさのシンボルとしてPLAYBOYのロゴになっていることでも有名。 同展は、プロ・アマ関係なく、見ているだけで癒されるうさぎの作品をベースに、出展作家のしんぼる的なうさぎ作品を展示。新たに見えてくる、あなただけのしんぼる像を発見できる。 春の巡回展は、初上陸となる静岡パルコでの開催となる。トータルSNSフォロワー数は100万人以上、人気うさぎたちの作品が展示される。 会場入口には架空のうさぎ雑誌を創刊したフォトスポットを併設。人気のうさぎパネルたちと撮影ができる。 さらに静岡パルコでの限定企画として、5月18日(金)に公開される映画『ピーターラビット』のコラボブースが併設される。映画のワンシーンを切り取った写真展示の...more
カテゴリー:

SNSでも人気のウサギたちの写真や物販を楽しめる「うさぎしんぼる展」の春の巡回展がスタート - 04月20日(金)09:45 

「うさぎしんぼる展 in 静岡パルコ」 2018年4月20日(金)から5月13日(日)まで、静岡パルコ 2Fの特設会場にて「うさぎしんぼる展 in 静岡パルコ」が開催される。数多くのユニークな企画展を手掛けてきた株式会社BACON(TODAYS GALLERY STUDIO)による合同写真&物販展で、ウサギをテーマとした企画。見ているだけで癒されるようなウサギの作品をベースに、出展作家のシンボル的なウサギ作品も展示される。時間は10:00〜20:00で、入場料は500円(3歳以下は無料)。 本展は1万人以上を動員した人気企画の巡回展で、静岡パルコでは初開催だ。SNSのトータルでのフォロワー数が100万人を超えているモキュ様(Tomoko Imai)や、米国の「Shorty Awards 2017」Animal部門へもノミネートされたmumitan、「ねこ休み展」でも馴染み深いskog marknadなど、全21組の参加が予定されている。 また、今回は静岡パルコでの限定企画として、5月18日(金)に公開される映画「ピーターラビット」のコラボレーションブースも併設されることとなった。映画のワンシーンを切り取った写真の展示のほか、“宣伝隊長”を務めるモキュ様やぷいぷいを会場内で探すミニゲームの実施も予定されている。 展示作品 展示作品 展示作品 ■期間:2018年4月20日(金)~5月1...more
カテゴリー:

制作過程や学生時代の作品も!池袋パルコ「中村佑介展」内覧会レポ - 04月19日(木)21:40 

東京の池袋パルコでは、4月20日(金)から5月21日(月)の期間、イラストレーター・中村佑介の展覧会「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」を開催!内覧会に足を運んだ編集部がその見所を一挙紹介! 【写真を見る】「荒野を歩け」ジャケットの制作過程が公開 ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、森見登美彦の小説「四畳半神話大系」や「夜は短し歩けよ乙女」、東川篤哉の「謎解きはディナーのあとで」シリーズなどの書籍カバーを手がける中村佑介。同展は、2017年7月に大阪で開催された「中村佑介展」に新たな作品を加えた大型展だ。 展示内容は手がけた作品やテーマごとに分かれている。展示は大型パネルに描かれたイラストのほか、着色前の線画が並べられているものも多い。また同展では各エリアにCDや書籍などイラストが使われた商品の現物も展示されているので、イラストと原画、商品とを見比べながら楽しめるのも大きな特徴だ。 目を惹く美麗なイラストの数々のほか、見逃せないのが作品の制作過程の展示。ASIAN KUNG-FU GENERATION「荒野を歩け」ジャケット制作過程では、アイデア、下書き、ペン入れ、着色の4つの工程をパネルにまとめ、作品イメージや画材、制作時間などを解説している。 森見登美彦エリアでは、「夜は短し歩けよ乙女」ポスターの制作...more
カテゴリー:

村上隆による初公開作品も、フォンダシオン ルイ・ヴィトンで現代アートの展覧会が開催 - 04月19日(木)16:20 

 村上隆を含む約30人のアーティストの作品を集めた展覧会「IN TUNE WITH THE WORLD」が、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトン(Fondation Louis Vuitton)でスタートした。会期は8月27日まで。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

写真家のヨシダナギ氏とネイキッドがコラボした体感型イベント「Sing-Sing!」 - 04月19日(木)09:45 

「ヨシダナギ×NAKED “Sing-Sing!”」 2018年4月19日(木)から5月13日(日)まで、西武渋谷店 A館 7Fの特設会場にて、西武渋谷店50周年特別企画として「ヨシダナギ×NAKED “Sing-Sing!”」が開催される。写真家のヨシダナギ氏とクリエイティブカンパニーのネイキッドとのコラボレーションによる体感型イベント。B館 8Fの美術画廊では、限定オリジナルグッズやヨシダナギ氏の最新作を展示販売する「ヨシダナギ-HEROES-写真展」も同時開催される。 「Sing-Sing!」は、パプアニューギニアの伝統舞踏の総称で、英語のsing(歌う)からきたピジン語だ。冠婚葬祭をはじめ、さまざまな伝統儀式や宗教儀式で、各民族がそれぞれの「Sing-Sing」を披露している。本展は、パプアニューギニアに限らず、ヨシダナギ氏が出会ったさまざまな民族を音と映像で表現し、ここだけの「Sing-Sing!」を作り出す企画。ヨシダナギ氏のこれまでの作品にカラーチャートを付けることで、民族を色で表現する試みも行われている。 「Sing-Sing!」の入場料は500円で、高校生以下は無料。時間は平日と土曜が10:00〜21:00 / 日・祝休日が10:00〜20:00で、最終日は17:00閉場となる(いずれも入場は閉場30分前まで)。なお、B館の「ヨシダナギ-HEROES-写真展」に連...more
カテゴリー:

アジカンのCDジャケットなどの仕事で知られるイラストレーター中村佑介氏の大規模な展覧会が開催 - 04月20日(金)09:45 

「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」 2018年4月20日(金)から5月21日(月)まで、池袋パルコ 本館M2Fの特設会場にて「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」が開催される。中村佑介氏がこれまで携わってきた仕事のほぼ全てが一堂に会する大規模な展覧会。昨年7月に大阪で実施された「中村佑介展」の内容をブラッシュアップしている巡回展で、一部最新の作品も追加された最新版として開催される。時間は10:00〜21:00(最終日は18:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)で、入場料は一般800円 / 学生500円 / 小学生以下無料。 1978年生まれで兵庫県出身の中村佑介氏は、ロックバンドのASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットをはじめ、小説「謎解きはディナーのあとで」や「夜は短し歩けよ乙女」の書籍カバーなどを手掛け、画集の「Blue」と「NOW」も大ヒットしている人気イラストレーターだ。初の教則本「みんなのイラスト教室」や塗り絵ブック「COLOR ME」を話題となっている。本展では、完成イラストはもちろん、着色前の線画やアイデアスケッチなど約150点も公開。会期中にはサイン会やトークショーも実施され、会場でしか入手できないオリジナルグッズの販売も行われる。 ASIAN KUNG-FU GENERAT...more
カテゴリー:

浅葉克己氏や佐藤可士和氏などのアートこいのぼりを楽しめる「MIDTOWN OPEN THE PARK 2018」 - 04月20日(金)09:45 

「こいのぼりくぐり」昨年の様子 東京ミッドタウンは、2018年4月20日(金)から5月27日(日)まで「MIDTOWN OPEN THE PARK 2018」を開催する。新緑の中を泳ぐ約80体のアートこいのぼりを楽しめる企画を中心に、都会の中で豊かな新緑の季節とアートを堪能できるイベント。「アートこいのぼり」は4月20日(金)から5月6日(日)までの11:00〜21:00に開催され、浅葉克己氏、勝井三雄氏、菊地敦己氏、佐藤可士和氏、澁谷克彦氏、新村則人氏、永井一史氏、永井一正氏、松永真氏、ワビサビをはじめ、国内外のさまざまなアーティストやデザイナーが手掛けたオリジナルこいのぼりを鑑賞できる(入場無料 / 天候により中心となる場合あり)。 本イベントは、GW期間を中心に多彩な企画が展開される青空のもとでの“アートピクニック”だ。5月4日(金・祝)と5月5日(土・祝)の各日11:00〜17:00には、ミッドタウン・ガーデンで、グラフィックデザイナーの藤代範雄氏が監修するワークショップ「アートこいのぼりをつくろう」を開催(雨天時はガレリア3Fで開催)。当日は10:00から整理券が配布され、大サイズ1000円 / 小サイズ700円の料金で参加できる。 さらに、5月3日(木・祝)から5月6日(日)までの11:00〜17:00には、全長が約25mで直径が約2.5mの巨大こいのぼりもミッドタウン...more
カテゴリー:

【週末おでかけ情報】「ワイズ」10年越しの旗艦店、のん初の展覧会、リアム・ギャラガーのライブ写真展...<2018年4月第3週> - 04月19日(木)20:35 

 週に1回、FASHIONSNAPがセレクトする週末おでかけ情報。4月第3週は女優のん初の展覧会や昨年大阪で開催し2万7千人を動員した「中村佑介展」の巡回展、リアム・ギャラガーのライブ写真展、俳優の染谷将太らをモデルにした鈴⽊親の個展など注目のアート・写真展が盛りだくさんです。そのほか好調「ワイズ」が10年越しにオープンした旗艦店や中田英寿がプロデュースする「CRAFT SAKE WEEK」などファッションやグルメの情報を幅広く紹介します。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

宙に浮かぶカップのオブジェからコーヒーの香りのシャボン玉が出る期間限定カフェをネスレが展開 - 04月19日(木)09:45 

「ネスカフェ アイスクレマ(泡)カフェ」の店内イメージ ネスレ日本株式会社は、2018年4月19日(木)から5月6日(日)までの期間限定で、ネスカフェ 原宿にて「ネスカフェ アイスクレマ(泡)カフェ」をオープンする。「ネスカフェ アイスクレマ プロジェクト」の第1弾となる企画。営業時間は11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)で、初日の4月19日(木)のみ14:00からのオープンとなる。 「ネスカフェ アイスクレマ プロジェクト」は、アイスコーヒーの上にきめ細かいクレマ(泡)を乗せた「アイスクレマコーヒー」を通じて、新しいアイスコーヒーの楽しみ方を提案するもの。「アイスクレマコーヒー」を作れるネスレ日本株式会社の製品には、簡単なボタン操作で本格カフェメニューを楽しめる「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」や、4月に登場したばかりのハンディタイプのコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」がある。 プロジェクトの一環としてオープンする今回の期間限定カフェでは、“フレンチの鉄人”である坂井宏行シェフとパリのフレンチレストラン「Sola」の吉武広樹シェフが考案した料理を、シャンパングラスで提供する「アイスクレマコーヒー」とともに楽しむことが可能。料理は“泡”がテーマで、特別メニューの「ネスカフェ アイスクレマコーヒー スペシャルセット」は...more
カテゴリー:

GWの予定はコレで決まり!佐賀の注目イベント5選[2018年4月27日(金)~5月6日(日)] - 04月19日(木)09:00 

■ 肥前さが幕末維新博覧会 / 開催中~2019年1月14日(祝) 【写真を見る】毎年ゴールデンウィークに催される人気のそうめん流し 第37回神埼そうめんまつり / 5月3日(木)~5日(土) 「薩長土肥」の“肥前”として明治維新で大きな役割を果たした佐賀。明治維新から150年となる節目に、幕末維新期の佐賀を体感できる「肥前さが幕末維新博覧会」が開催される。幕末維新記念館(市村記念体育館)をメインパビリオンとし、幕末維新期の佐賀の偉業や偉人を「“幕末維新”体感シアター」「“技”からくり劇場」といった迫力ある映像や演出で紹介する。また、大隈重信や江藤新平を輩出した藩校をテーマにした「リアル弘道館」では、グラフィックパネルや音声ガイドでその学びを体感できる。 [肥前さが幕末維新博覧会]佐賀県佐賀市城内2-1-35 幕末維新記念館(市村記念体育館)ほか / 開催中~2019年1月14日(祝) / 開催時間は場所により異なる / 0952-25-7504(肥前さが幕末維新博推進協議会) ■ 第115回有田陶器市 / 4月29日(祝)~5月5日(祝) 町内約4kmに渡り約500の店が立ち並び、 毎年100万人以上の来場者で賑わう「有田陶器市」。陶磁器をお値打ち価格で購入できるのはもちろん、 佐賀県内を中心に各地のおいしいグルメが集結する「ご当地グルメフェア」や 各店を彩る「テーブルコーディネ...more
カテゴリー:

もっと見る

「展覧会」の画像

もっと見る

「展覧会」の動画

Wikipedia

展覧会(てんらんかい)とは、一般に、博物館なお、美術館は博物館の一種である。において行われる歴史的資料、人物的資料、工芸美術作品等を公開するための展示企画のことを称する。

似たようなものに、展示会博覧会があるが、前者は美術工芸品ではなく、ビジネスに関係した工業製品を展示し、商売に結び付けようとする企画で、新しいビジネスを求めている企業向けであり、通常は博物館や美術館では開催されない。また、後者は対象物としては、展示会的なものを中心として展覧会的なものを加え、ビジネスマン向けとともに、むしろ一般人向けにも企画され、博物館や美術館よりも大規模な会場(ほとんどの場合、専用として新たに設けられた会場)で行われる。

美術展

展覧会のうち、美術工芸作品を展示するものを、美術展または工芸展、作品展という。

美術展の分類法としては様々な分け方があり、例えば、テーマで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる