「展望フロア」とは?

関連ニュース

【新名所】都市を見下ろす150mの巨大な額縁、新名所「ドバイフレーム」完成 - 01月17日(水)00:18  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/travel/35113223.html 2018.01.16 Tue posted at 19:38 JST (CNN) アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに、巨大な額縁のように見える高層ビル「ドバイフレーム」が完成し、今月から営業を開始した。ドバイの新しい観光名所になると期待されている。 ドバイフレームは高さ150メートル、幅93メートル。6800万ドル(約75億円)をかけて市内のザビール公園に建設された。 展望フロアの「スカイデッキ」からは360度の展望が広がり、南側には世界最高層ビルのブルジュ・ハリファがそびえる...
»続きを読む
カテゴリー:

ニッポンの5当地(ごとうち) 5当地「景」- 横浜・中区編 ~横浜の歴史・観光・行政の中枢エリア~ - 01月06日(土)06:00 

ニッポン全国のご当地をまわり、四季折々に応じた心に残る風景を写真に収めてご紹介するニッポンの5当地「景」。今回は「横浜・中区編」をご紹介します。「横浜・中区の風景」のギャラリーを見る 優雅な姿で横浜港の入口を示す横浜ベイブリッジ。横浜港本牧ふ頭と大黒ふ頭を結び、1989年に開通した横浜のシンボル。海面からの高さは約55mあります。 大正から昭和初期に相次いで建てられ、入港する船のランドマークとして親しまれた横浜三塔(キング・クイーン・ジャック)のうちの一つ。 タワー高層階(69階展望フロア)からは、中区の様子を一望することができます。写真中央では、北仲通北地区の再開発工事が進行中。その右手は、新市庁の建設予定地です。 横浜中華街の風景に欠かせない牌楼(ぱいろう)と呼ばれる極彩色の門。10基ある門の中でも、善隣門は特に目立つメインゲート的な存在です。 横浜の象徴・横浜マリンタワーの展望フロアの眼下には、横浜市内有数の観光名所・山下公園が広がります。一角に係留されている氷川丸は博物館として公開中です。(2017年10月撮影) 【関連記事】 ・ニッポンの5当地(ごとうち) 5当地「楽」- 東京・台東区にきたらここに来て! ・ニッポンの5当地(ごとうち) 5当地「色」- 12の知られざる東京・台東区 ・ニッポンの5当地(ごとうち) 5当地「食」- 絶品!東京・台東区のご当地グルメ ・ニッポ...more
カテゴリー:

都市を見下ろす巨大な額縁、新名所「ドバイフレーム」完成 - 01月16日(火)19:38 

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに、巨大な額縁のように見える高層ビル「ドバイフレーム」が完成し、今月から営業を開始した。ドバイの新しい観光名所になると期待されている。 ドバイフレームは高さ150メートル、幅93メートル。6800万ドル(約75億円)をかけて市内のザビール公園に建設された。 展望フロアの「スカイデッキ」からは360度の展望が広がり、南側には世界最高層ビルのブルジュ・ハリファがそ...
カテゴリー:

「展望フロア」の画像

もっと見る

「展望フロア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる