「屋外型キッズテーマパーク」とは?

関連ニュース

LEGOLAND(R) Japanを一足早く体験、あれもこれもブロック! 歩き回って“発見”が楽しい 名古屋に4月1日開業の新テーマパーク - 03月21日(火)12:46 

 4月1日、名古屋に新たな屋外型キッズテーマパークが誕生する。その名も「LEGOLAND(R) Japan」。そう、あの組み立てブロックでおなじみのレゴ(R)をモチーフにした大型テーマパークで、日本ではもちろん初めて、世界でも7カ国8カ所目の開業となる。メインターゲットは2~12歳の子供とその家族だが、レゴ(R)で遊んだことのある広い世代が楽しめることは間違いない。
in English
カテゴリー:

「レゴランド・ジャパン」親子でハマったアトラクションを厳選!実体験レポート - 03月18日(土)16:43 

2017年4月1日、名古屋にレゴランド・ジャパンがオープンします。 【写真64枚】レゴランドの魅力をじっくりと見る 開園に先駆けて、その内部が公開されました。 レゴランドは、レゴの世界に浸れる屋外型キッズテーマパークとして世界7カ所に展開され、今回は日本初上陸となります。 どんな乗り物があるの? 親子で楽しめるポイントは? ライター(母)とその息子(9歳)の体験によるリポートを交えながら、気になるパーク内のアトラクションを中心に、ひと足早くお見せしちゃいます! パーク内には7つのエリアが広がり、40以上のアトラクションやショーが用意されています。 なかでも、息子と私が大興奮したアトラクションがこちら! サブマリン・アドベンチャー (エリア:アドベンチャー) 黄色いサブマリン型ライドに乗って出発! ライドは水中を進みます。 四方には大きな窓。どの席からも海中の景色が楽しめるなと見渡していると……! 窓の向こうには本物の熱帯魚の群れ。サメやエイも泳ぎまわり、まるで水族館のようです。 さらには、レゴブロックでできた魚や、古代遺跡まで。「見て!」の連発で、親子の会話も弾みます。座る席によって異なる景色が楽しめるので、リトライしたいアトラクションベスト1。 ちなみに、レゴランド・ジャパン代表取締役のトーベン・イェンセン氏が個人的にも好きなアトラクションだとか。 ス...more
in English
カテゴリー:

「屋外型キッズテーマパーク」の画像

もっと見る

「屋外型キッズテーマパーク」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる