「尾木直樹」とは?

関連ニュース

尾木直樹氏「叱られるかしら?」独自の不倫論を展開 - 08月16日(水)15:11 

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(70)が16日、不倫論をブログにつづった。  著名人の不倫疑惑が世間を騒がせている中、尾木氏は「この頃ガールズトーク盛り上がるもの『不倫論』!」と、周囲でも不倫の話に花が咲いているとした。  尾木氏…
カテゴリー:

退屈、不安、恐怖心…。子どもたちが語った留守番に対する本音 - 08月10日(木)20:00 

「ルールを破っていないか」「勝手に友だちを呼んでないか」など、親の心配が絶えない「子どものお留守番」。一方で子どもの方は“留守番”に関してどう思っているのか、聞いてみたことはありますか? 今回は知っておきたい“こどもの本音”を紹介します。 【写真を見る】最近は小学生による動画投稿も増加 ■留守番中のルールを子どもはどう思ってる? 今年7月に公開された防犯カメラの通販会社のアンケートでは、「夏休み、お子様のみで留守番してもらう機会はありますか?」という質問に約4割の主婦が「留守番の機会はある」と回答。夏休みに入り学校に行かなくなると、子どもだけで“留守番”をする機会も増えてくるようです。 7月29日に放送された「ウワサの保護者会」(NHK系)では“留守番する子の本音”が取り上げられました。日頃から留守番している子どもたちが登場し、普段は言えない“本音”を告白しています。 まず親として気になるのは、子どもが留守番中にしっかりルールを守っているかということ。番組ではとある家庭の留守番中の子どもを、カメラで観察しました。この家庭は最近子どもが太ってきてしまったため「おやつを食べすぎないこと」というルールを設けたのですが、実際にはインスタントラーメン、プリン、林檎といった大量のおやつ食べていたことが発覚してしまいます。 親からすると困ってしまう行動ですが、スタジオの子どもたちはこのVTRに...more
カテゴリー:

【社会】いじめによる自殺 初動の調査で「いじめなし」3分の1 アンケートで把握しながら認めないケースも - 07月19日(水)08:07  newsplus

学校などの初動の調査で「いじめなし」が3分の1に | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170719/k10011064511000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 7月19日 5時13分 いじめが原因と見られる子どもの自殺は、平成25年にいじめを防ぐための法律が施行されたあとも全国で33件起きています。このうち、法律に基づいて第三者委員会が原因の調査を終えたおよそ3分の1のケースが、学校や教育委員会による初動の調査で「いじめの事実はなかった」とされていたことがNHKの取材でわかりました。 6年前、滋賀...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもを育ててほしいタレント、10位に池上彰…2位は「熱血」に期待のあの人 - 08月15日(火)14:15 

 保育、人材、介護サービスを展開しているライクは8月15日、20代から30代の働く女性500名を対象に行った「出産と仕事に関する実態調査」の結果を発表した。自分の子どもを育ててほしいと思うタレント2位は松岡修造、3位はマツコ・デラックスだった。1位はつるの剛士。 調査対象は、将来出産意向のある20歳から39歳の働く女性500名。7月18日から20日にかけて、インターネット調査を行った。調査項目は、出産の意向や待機児童、産後の職場復帰にあたっての不安など。 自分の子どもを育ててほしいタレントを聞いたところ、17.0%が「つるの剛士」と答え最多。2位は「きちんと怒ってくれる」「熱血指導してくれそう」「明るい子に育ちそう」などの意見から14.6%が「松岡修造」と回答している。3位は9.8%が回答した「マツコ・デラックス」。上位は既婚タレントが多い中、常識や善悪の判断基準を持ち合わせた子どもを育ててくれそう、とする意見からトップ3に入った。トップ10にはこのほか、尾木ママ(尾木直樹)や池上彰がランクインしている。◆自分の子どもを育ててほしいと思うタレントランキング1位 つるの剛士2位 松岡修造3位 マツコ・デラックス4位 所ジョージ5位 関根勤6位 木村佳乃7位 尾木ママ8位 北斗晶9位 イチロー10位 池上彰【関連写真】子どもを育ててほしいタレント、10位に池上彰…2位は「熱血」に期待の...more
カテゴリー:

旅の目的にしたい イベント・祭り・フェス アウトドア好き必見の「TANZAWA 山モリ!フェス 2017」へ - 08月06日(日)00:00 

365日の中で、この日だけしか見られない景色、会えない人、体験できないことが日本中にはたくさん。旅の目的にする価値のある、イベントやお祭り、フェスをご紹介。◆アクティビティ体験や燻製講座も。丹沢でアウトドアに親しむ2日間関東で人気の登山エリアである神奈川県の“丹沢”は、一年を通してさまざまな景観や自然を楽しめ、幅広い年代の登山者が集うエリア。そんな山と自然を体感できるロケーションで、昨年約3万人の来場があった人気イベント「山モリ!フェス」が、2017年8月11日(金)・8月12日(土)の2日間に渡って開催される。“山と森”をテーマに、登山・アウトドア好きはもちろん、初心者でも楽しめるコンテンツが盛りだくさん。手軽に燻製を楽しめると話題の新感覚スモーカー「SOTOスモークポッド」を使用した燻製作り体験(500円)や、「山は自然教育の王様」と語る“尾木ママ”こと尾木直樹氏によるトークイベントなど、当日受付で参加できるイベントも多数あるのでぜひ体験してみて。また、会場に出現する数々のアクティビティも楽しみ。高さ7mのクライミングウォールを楽しめるクライミング体験(500円)や、ボルダリングを体験できるロックステーションが常設されるので、ぜひ挑戦してみて。また、べルト状のラインの上を歩いたり飛んだりする話題の綱渡りスポーツ・スラックラインの体験も。これはバランス感覚と集中力を駆使して、綱の...more
カテゴリー:

「尾木直樹」の画像

もっと見る

「尾木直樹」の動画

Wikipedia

尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 - )は、日本の教育評論家法政大学特任教授。臨床教育研究所「虹」主宰。血液型はA型。愛称は、「尾木ママ」。

来歴

滋賀県坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれ。高松第一高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、高校・中学校教諭、東京大学教育学部講師などを歴任。教員生活22年間を経て1994年に教員を退職。同年、臨床教育研究所「虹」を設立。東日本大震災後の被災地に何度か足を運び、教育や子育て支援活動にも取り組んだ。2011年7月2日、故郷の滋賀県米原市の「まいばらふるさと大使」に任命され、講演先の大津市で委嘱式が行われた。

早稲田大学大学院客員教授、法政大学キャリアデザイン学部教授、法政大学教職課程セ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる