「尾上寛之」とは?

関連ニュース

ジミー大西演じた中尾明慶「どう見ても苦労しますよね!」 - 04月23日(日)21:47 

 明石家さんまの連続ドラマ初プロデュース作品「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)が4月23日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で上映された。ジミー大西を演じた中尾明慶とさんまに扮した小出恵介は、共演の尾上寛之、六角慎司、ジミー本人、光野道夫監督とともに、満席になった那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  さんまにとって、芸歴42年目で初めて手がけた連ドラは、幼い頃から何をやってもダメだった男が天才お笑い芸人に出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらもやがて“本当の自分の道”を見つけ出すまでを描く。ジミーは、「さんまさんはいつも簡単に言われる。毎日放送の楽屋で『ジミー、今度ドラマにしようと思うんや』とおっしゃられたので、『はい、わかりました』。『今度打ち合わせがあるから、おまえも来いよ』とおっしゃられたので『はい、わかりました』。打ち合わせへ行ったら、スタッフ500人くらいおった。どえらい事に『はい』って言うてもうたと思った」と明かし、場内の笑いを独占した。  ジミー役の中尾は、自らの役どころに対して「どう見ても苦労しますよね」と苦笑い。そして、「もしも自分が演じなくちゃならないと決まった時の心境を思い浮かべてみてください」と客席に語りかけていた。一方の小出は、「今までで...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」16話。やたら毒舌なアナウンサー - 04月21日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第16回 4月20日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比16話はこんな話聖火リレー大会の様子がテレビで放送され、谷田部家、助川家、角谷家がそろって鑑賞する。 聖火リレーの放送、「ほんの短い時間」とナレーション(増田明美)は言っていたけれど、そこそこみんな映っていて、よかった、よかった。時子(佐久間由衣)がドキドキしながら見ていたら映らなくてがっかり、みたいな流れになるんじゃないかと思ったら、そんなことはなくてホッとした。ただ、アナウンサー(声・茂木淳一)が、「村一番の美人さんであります」と持ち上げた後に「夢の翼が折れないことを祈ろうではありませんか」と落し、「スタイルの向上には目をみはるものがある」と持ち上げた後に「どうか翼が折れないことを祈るばかり」とまた落とすという仕打ちに、時子はいささかむくれてしまう。アナウンサーはこれ以外にも、「人里離れた小さな村」 「便乗する」「あやかろうと」「いかにも農家の三男坊という顔をしています」「孫を応援するおばあちゃん」「これでも昔は」「侮れませんな」などと、なんとなくバカにしたような表現を重ねる。なぜだ。こんなことあっていいのか。それでも奥茨城...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」15話。ちょうちんブルマで感動の聖火リレー - 04月20日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第15回 4月19日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武15話はこんな話聖火リレー大会が行われ、みね子(有村架純)がアンカーを立派につとめた。大忙しの日々 ↑と、増田明美さんが言っているときに、みね子と時子(佐久間由衣)が楽しげにブランコを漕いでいるという牧歌的ないい画が挿入される。働いてないじゃん! いやきっと、ブランコで足腰のトレーニングをしていたにちがいない。 これが政治ってもんだ走者と順番を決めるとき、寄付をもらっている人や村長も走らせることに。それを、青年団団長(尾上寛之)は「政治」といい、増田明美さんが「わかりたくないですね」と皮肉る。なかなかにやりとさせるシーン。お呼びじゃない化学の先生と体育の木脇(増田)には協力してもらうが、田神先生(津田寛治)は「お呼びじゃない」(BY植木等)。田神先生は、当時のギャグを言う係になっちゃっていますね。と、まあいろいろ楽しそうにバタバタ準備をして・・・1964年10月4日、いよいよ、奥茨城村で聖火リレー大会がはじまった。三男(泉澤祐希)は「おれを忘れねえでけれ」「ありがとう」「ありがとう」と感無量。時子は女優になるために、おしゃれなはちまきをして、カメラに笑顔を振りまく。みね子は、おとうさん...more
in English
カテゴリー:

MISIA、甲斐バンド「最後の夜汽車」カバー 明石家さんまプロデュースのドラマ主題歌 - 04月19日(水)08:52 

 歌手のMISIAが、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 (7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌として、甲斐バンドの「最後の夜汽車」をカバーすることが明らかになった。 【動画】『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』本編映像(予告)  同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない曲。MISIAは「この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、『さんまさんから見る東京』、または『ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車』のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」と話している。  今回のアレンジは米ニューヨーク在住のジャズトランペット奏者・黒田卓也が手掛け、「ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がった」(MISIA)というボーカル以外の音はニューヨークでレコーディングされた。  同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱...more
in English
カテゴリー:

【ひよっこ通信(3)】奥茨城村が聖火リレーで大盛り上がり! - 04月17日(月)07:00 

有村架純主演で好評放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。4月10日からの第2週は、ナレーションを務めた増田明美のまさかの登場や、木村佳乃演じるみね子(有村)の母・美代子による「『いばらぎ』じゃなくて『いばらき』です!」などがSNSを中心に話題となった。 【写真を見る】有村架純の切ない表情にキュンとする視聴者も続出!?/(C)NHK 回を追うごとに静かにファンが増えていく本作のあらすじを、全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。第3週『明日(あす)に向かって走れ』の第13~18回までのあらすじを予習する。 ちなみに、“ひよっこ記者”的に第2週で気になった人物は、「茨城弁」が意外とハマる警察官・綿引正義役の竜星涼。「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013~14年、テレビ朝日系)では、主人公・桐生ダイゴ/キョウリュウレッドを演じたイケメン俳優のカレ。 もちろんだまっていれば普通に青春ドラマのヒーローそのものの風貌なのだが、“三枚目”役にキャスティングされることもあり、今回も地方っぽい純朴な青年役で登場。まだ出番は一瞬だが、今後もキーパーソンの1人として登場するそうなので、それまでじっくりと待とうじゃーないか。 さ~て、第3週の「ひよっこ」さんは…? ■ 第13回/4月17日(月)放送 東京から戻った美代子は、みね子に実(沢村...more
in English
カテゴリー:

ジミー大西、自身の半生ドラマ化「どえらいこと」 さんまが映像化を熱望 - 04月23日(日)18:51 

 お笑い芸人で画家のジミー大西が23日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』で行われたNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(7月7日より全9話世界同時配信)の舞台あいさつに出席。ジミーの半生を描く同作は、明石家さんまが初めて企画・プロデュースを手がけた意欲作。ジミーは深く考えずドラマ化の話に返事をした後、大勢のスタッフたちが関わっていることを知ったといい、「ドラマってすごい」と目を丸くさせた。 【写真】ジミー大西を演じる中尾明慶  同作では、さんまとジミーが濃密に関わった80年代を舞台に、師弟の絆を描きつつ、実話とは信じ難いジミーの仰天エピソードをドラマとして昇華。ジミーを中尾明慶、さんまを小出恵介が演じ、尾上寛之、六角慎司らも出演、監督はドラマ『101回目のプロポーズ』などの光野道夫氏が務める。  ドラマ化の経緯を聞かれたジミーは「さんまさんから、『今度な、ドラマしようと思っている』と言われて、『よろしくお願いします』って。簡単に言うたものの、次の日スタッフの集まりに来いって言われて、50人くらいかと思ったら500人くらいおるんです。どえらいことを言うてもうたな」と、規模の大きさに驚き。光野監督によると、実際は「さんまさんが、どうしてもジミーさんの歴史を残しておきたいと言っていた」と、念願の企画だっ...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画のドラマ主題歌を担当 - 04月20日(木)11:00 

7月7日より世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌をMISIAが担当することが決定した。 楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。 MISIAは「今回、Netflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」とコメント。 「アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8~9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画ドラマの主題歌で甲斐バンド「最後の夜汽車」をカバー - 04月19日(水)14:44 

MISIAが、世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナル・ドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」(7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌を担当することが決定した。楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム「この夜にさよなら」に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント作品となっている。本日公開された予告編では、ジミーの、“ありえへん”本当のエピソードの一部を公開。同じ体に入れるなら「こっちが早い」と思い、点滴を飲む。交通渋滞だと思ってずっと車を留めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だった。ことわざを聞けば「人のふり見て」「どないする」、「馬の耳に」「イヤリング」と答え、警察犬と匂いで犯人を当てる対決をするなど…。本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が描かれている。ジミー役は中尾明...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」14話。泣きながら笑った神回 - 04月19日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第14回 4月18日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博14話はこんな話聖火リレー企画を携えて、みね子(有村架純)、三男(泉澤祐希)、時子(佐久間由衣)は、青年団を説得に行く!お父さん、決戦の日です “泣くのはいやだ、笑っちゃおう” ではあるものの、人間は、嬉しいときも泣いちゃうものだと思った14話。前夜は春の嵐が吹き荒れ、関東では今年初の夏日になるかもというくらいの気温が上昇。「ひよっこ」の視聴率も上昇してほしい。「運命の日曜日」(増田明美のナレーションより)、みね子が、めっちゃ緊張して、まるで宝塚音楽学校の生徒さんが校舎の廊下を90度で曲がる規則の様に、道をかちっと直角で曲がるところがかわいかった。三男(泉澤祐希)と時子(佐久間由衣)は親に内緒で青年団に行くが、みね子のとこは家族に応援されて出かけるところも谷田部家の結束を感じる。でも、結局、三男と時子のお母さんたち(柴田理恵、羽田美智子)にバレるところがほのぼの。お父さん、決戦の日です 決死の覚悟で提案した聖火リレーをいともたやすく「くっだらねー」「ばかばかしい」「ムダだムダ」と却下する青年団のひとたち。だが三男は「村出ていくんだから余計なお世話」と言われてカチン。農家の三男坊には居場所...more
in English
カテゴリー:

『ひよっこ』、行方不明の父・実を心配するみね子 聖火リレーに影響は… - 04月16日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。先週放送では、年に一度の稲刈りを終え、父・実(沢村一樹)は東京へ戻った。三男(泉澤祐希)は、時子(佐久間由衣)に東京五輪の聖火リレーを奥茨城村でも独自に行いたいと告げる。「東京に行く自分が奥茨城で生きていた証しを残したい」という思いに、みね子(有村架純)と時子は協力することに。一方、母・美代子(木村佳乃)の元に実宛の手紙が宛先不明で戻ってくる。宿舎へ電話をかけると実は荷物もそのままで突然いなくなったと聞かされ、心配した美代子は上京する…。【関連】『ひよっこ』第3週フォトギャラリー 東京から帰ってきた美代子は、実が行方不明であることをみね子に打ち明ける。大きなショックを受けるみね子。自分がもっと大人だったら美代子の力になれたのにと、たまらない気持ちになる。心配で落ち着かない二人だが、正月には帰ると言っていた実の言葉を信じて待とうと約束する。 事情を知った時子と三男は聖火リレーをやめようかと気遣うが、みね子はこんな時だからこそ家族が明るくなることをしたいと伝える。3人は絶対成功させようと結束をより強める。 青年団会合で、団長の太郎(尾上寛之)や副団長の豊作(渋谷謙人)たちに、自分たちの計画を提案する三男。しかし、ばかばかしいと一蹴されてしまう。三男は「村にいる人間にも、村を出ていった人間にも、奥茨城村の存在が心に残ることをしたい」とめげずに熱意を伝え...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「尾上寛之」の画像

もっと見る

「尾上寛之」の動画

Wikipedia

尾上 寛之(おのうえ ひろゆき、1985年7月16日 - )は、日本俳優大阪府茨木市出身。鈍牛倶楽部所属。

来歴・人物
  • 金光大阪高等学校出身。
  • 小学生の頃より「日本芸能センター」にてレッスンを受け、レギュラーデビュー前からCMや映画などに多数出演
  • 1994年(平成6年)、NHK朝の連続テレビ小説ぴあの子役として俳優レギュラーデビュー。
  • 特技はエレキギターバスケットボール所属事務所によるプロフィールより。
  • 八重歯が特徴。
出演 テレビドラマ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる