「少年誌」とは?

関連ニュース

窪之内英策が人気の小宮有紗をモチーフに描き下ろした線画を初公開、週刊プレイボーイ「熱狂50+1」展にて原画を展示! - 01月18日(木)18:00 

声優に女優、そしてグラビアと大人気で、待望の写真集『Majestic』のリリースを2月1日(木)に控える小宮有紗に嬉しすぎるニュースが! なんと窪之内英策先生による彼女をモチーフにした線画の描き下ろしが実現。開催中の週刊プレイボーイ「熱狂50+1」展(新宿BEAMS JAPAN5階/B GALLERY)にて公開されることになったのだ。 担当編集がコラボ企画の狙いをこう明かす。 「小宮さんは戦隊ヒロイン出身で女優として活動すると同時に、現在は『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優としても活躍されています。二次元と三次元、両方を同時に行き来できる稀有なタレントさんです。 また、窪之内先生が描かれる作品からはリアルな息遣いというか、温かな体温が伝わってきます。そのイラストながら生の魅力にあふれる作風が、小宮さんの現在の幅のある活動とリンクしていると感じ、描き下ろしを依頼しました」 窪之内先生は代表作『ツルモク独身寮』『ショコラ』などで人気作家の仲間入り、現在はイラスト制作を中心に活動中。最新作である日清食品カップヌードルのTV CM“HANGRY DAYSシリーズ”「魔女の宅急便篇」「サザエさん篇」なども大きな話題になっている。 その...more
カテゴリー:

『電影少女』『Is』が実写ドラマ化! 原作者・桂正和が語る少年誌でベッドインを描いた真意 - 01月17日(水)11:00 

桂正和先生が『週刊少年ジャンプ』誌上で連載していた伝説の恋愛マンガ『電影少女』(1989年~92年連載)と『I”s』(アイズ)(97年~2000年連載)が、なんと今年立て続けに実写化される。 そこで、1月4日発売の『週刊ヤングジャンプ』で『電影少女』の読み切り作品を執筆したばかりの桂先生にインタビュー。桂先生の本音120%トークに刮目(かつもく)せよ! * * * ―実写版『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)の「ビデオガール」天野アイ役は乃木坂46の西野七瀬さんですが、先生の中のイメージと合致していましたか? 桂 最初に西野さんだと聞いて写真を見たときは、きれいな人という印象だったから、どちらかというと、もえみ(主人公・洋太が片思いする美少女)に近いかなと思ったんですよ。けど、実際に動いてしゃべっている西野さんを見たら、案外いい線いってるんじゃないかって感じましたね。 ―あいや、もえみといえば、彼女たちの裸体のなまめかしさに、当時、少年だった週プレ読者はいろいろと“お世話”になったはず(笑)。 桂 とにかくリアリティのある絵にしたかったんだよね。グラビア雑誌とか写真集とか毎週いっぱい買って、写真を...more
カテゴリー:

どんな話?!タイトルが謎すぎる漫画ランキング 3位ノノノノ - 01月10日(水)11:30 

「名は体を表す」という言葉通り、ほとんどの創作物にはその内容を示すタイトルが設けられていますね。 しかし全ての作品がその通りというわけでもなく、確かに内容に関係するタイトルではあるものの、さっぱり意味のわからないタイトルの作品も多いようです。 そこで今回は「タイトルが謎すぎる漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。 タイトルからは何も想像できないような漫画とは、一体どの作品だったのでしょうか? 1位 ボボボーボ・ボーボボ 2位 デュラララ!! 3位 ノノノノ ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『ボボボーボ・ボーボボ』! 一応主人公の名前、『ボボボーボ・ボーボボ』が堂々の1位に輝きました。 主人公であるボーボボのフルネームがタイトルになっているのですが、お世辞にも人名に見える名前ではなく全く知らない人にとっては完全に意味不明なタイトルと化していますね。 とは言っても、中身も意味不明だったり不条理な内容のギャグがギッシリ詰め込まれていたりとなかなかパンチの効いた作品となっております。 2位は『デュラララ!!』! おそらく登場人物の特性から考えられた、『デュラララ!!』が2位を獲得しました。 主人公のセルティは、いわゆる「デュラハン」と呼ばれるアイルランドの伝承に登場する妖精で、この「デュラハン」をもじったものがタイトルになったのだと考えられます。 3位は『ノ...more
カテゴリー:

【連載中限定】4大週刊少年誌でアニメ化して欲しい漫画は? - 01月07日(日)17:00 

漫画作品のメディアミックスで読者が楽しみにする要素の1つ「アニメ化」、静止画の世界が動画と音声によって表現されるため原作よりもアニメが好き、なんて方もいるそうですね。 そこで今回は「4大週刊少年誌に連載中でTVアニメ化して欲しい漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。 アニメ化を切望されている漫画とは、一体どの作品だったのでしょうか? 1位 約束のネバーランド 2位 鬼滅の刃 3位 古見さんは、コミュ症です。 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『約束のネバーランド』! 孤児院の真実と孤児らの奮闘を描く、『約束のネバーランド』が堂々の1位に輝きました。 週刊少年ジャンプで連載中の本作、本誌では久々のシリアスなダークファンタジー作品という事もあって注目を集めており、多くのファンがアニメ化を望んでいるようですね。 ランキングからも分かるように、その人気はかなりのもので、ストーリーが進んで進行に余裕が出ればアニメ化も十分考えられそうです。 2位は『鬼滅の刃』! 大正時代の人と鬼の戦いを描いた、『鬼滅の刃』が2位を獲得しました。 主人公である炭治郎の一家惨殺、唯一生き残る事ができた妹が鬼と化してしまうショッキングな事件から物語は始まり、彼は文字通り鬼と化した妹を背負いつつ鬼を退治する道に進みます。 3位は『古見さんは、コミュ症です。』! 人付き合いが苦手な美女...more
カテゴリー:

話題のドラマ『オー・マイ・ジャンプ!』には出てこない? 主演・伊藤淳史がゆでたまごに聞く「少年ジャンプと創作の裏話」 - 01月18日(木)17:00 

『週刊少年ジャンプ』50周年、そして『ドラマ24』の第50弾特別企画としてスタートし、早くも反響を呼んでいるドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』(毎週金曜、深夜0時12分~)。 前回の対談前編に引き続き、主演を務める俳優の伊藤淳史さんと『キン肉マン』の原作者であるゆでたまご・嶋田隆司先生との対談は、意外な秘話が明かされる!? *** 伊藤 ドラマでは触れてませんが、僕が気になったのが嶋田先生と中井先生の出会いです。おふたりは小学生からの友人なのですよね? 嶋田 はい。小学校4年の時に相棒がうちの学校に転校してきて、住んでいるのも同じ団地だったんです。そこから50年近く一緒にいます(笑)。 伊藤 そんなことあるんですね。 嶋田 あるんですよ(笑)。 伊藤 おふたりはビジネスパートナーのような関係なのですか? 嶋田 ほとんど親友関係ですね(笑)。ビジネスパートナーだったら、ここまで続いてないですよ。 伊藤 『キン肉マン』を描くきっかけは? 嶋田 元々、僕が描いて学校でみんなに見せ...more
カテゴリー:

男性?女性?性別が気になる少年漫画家ランキング - 01月15日(月)07:30 

最近はWebコミックの流行りも見せる漫画業界、非常に多くの作家さんが様々な媒体で思い思いの作品をリリースしていますね。 作家さんは基本的に匿名性の高いペンネームを利用して執筆しているのですが、中には性別の判断が全くつかない作家さんも多いかと思います。 そこで今回は「性別が気になる少年漫画家」をアンケート、ランキングにしてみました。 男性なのか女性なのか分からない、謎多き少年漫画家とは一体どの作品の作者だったのでしょうか? 1位 石田スイ 2位 古舘春一 3位 天野明 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「石田スイ」! 独特な雰囲気のダークファンタジー作家、『東京喰種トーキョーグール』を手がける「石田スイ」先生が堂々の1位に輝きました。 独特な画風と作り込まれた世界観が人気の『東京喰種トーキョーグール』ですが、作者である「石田スイ」先生の情報は非常に少なく、現時点で男性なのか女性なのかはっきり確認できる資料は見つかっていません。 ちなみに「石田スイ」先生の公式ツイッターアカウント名が「@sotonami」と、なんだか女性のあだ名を連想させる響き、かつ過去のツイートで「映画館で姉妹いっしょに『秒速5センチメートル』観た」といった発言があり、女性の可能性が濃厚かと思われます。 2位は「古舘春一」! バレー青春漫画で一躍人気となった、『ハイキュー!!』の「古舘春一」先生が...more
カテゴリー:

「シャーマンキング」の新章が「マガジン」で連載決定!人気の秘密は? - 01月08日(月)22:53 

一時期は少年誌において一強とまで言わしめた「週刊少年ジャンプ」。
カテゴリー:

「少年誌」の画像

もっと見る

「少年誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 少年雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる