「少年誌」とは?

関連ニュース

『テラハ』ナンバーワン美女・Niki 『ヤンジャン』でセクシー水着&下着を披露 - 09月21日(木)05:00 

(©集英社)「テラスハウスNo.1美女」として脚光を浴びたモデルのNiki(20)が、21日発売の『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に初登場。表紙と巻頭のグラビアを飾った。■『テラスハウス』から世界でも注目(©集英社)Nikiは、フジテレビ系リアリティショー『テラスハウス ALOHA STATE』に出演。番組No.1美女として話題となり、テラハ卒業後には、米映画情報サイト『TC Candler』が発表する「世界で最も美しい顔100人(2017年)」ランキングにノミネートされると大きな話題に。専属モデルをつとめるファッション誌『JELLY』では表紙を飾り、TV番組や数々の旬なCMに出演。まさに、今注目の「モグラ女子」と言える。■水着だけでなく下着も披露(©集英社)ヤンジャンでは、「世界が認めた最高の美女」として堂々の登場。本格的なグラビアは初ながら、初登場にして表紙に起用され、ワールドクラスの美貌と抜群のスタイルで、水着だけでなく下着姿までも惜し気もなく披露した。■10月には写真集も発売今回の登場は表紙と巻頭で10P、さらにはすべて未公開カットが合計25PのWEBグラビアも用意されており、これはヤンジャン史上でも超異例の豪華ボリュームだという。Nikiはファースト写真集となる『NIKI』(宝島社)の発売が10月13日に決定しており、これからの活躍も大注目だ。・あわせて読みたい→現役音大...more
カテゴリー:

本田翼、本郷奏多のコメント力を尊敬 土田晃之も感心「うまい」 - 09月14日(木)17:00 

 女優の本田翼、俳優の本郷奏多が14日、東京ドームシティで行われた映画公開記念『鋼の錬金術師展』オープニングセレモニーに出席。人気漫画を実写化した映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)に出演する2人が、作品や同展についてトークを行った。 【全身ショット】コート風ワンピで登壇した本田翼  原作の魅力について聞かれた本郷は「少年誌で連載していた作品ではありますが、テーマが深い。錬金術で人を作ってはいけない理由とか、倫理観に訴えかけてくる、大人も楽しめる作品です」とコメント。映画についても自信をにじませ、原作ファンへ向けて「異国(を舞台にした)作品で日本人が演じるのはどうなのって思うかもしれないけれど、不安はしっかり払拭できる作品になっている」とアピールした。  頼もしい本郷のコメントを聞いた本田は、隣にいた同展のスペシャルサポーターを務める土田晃之に小声で話しかけて焦り顔。土田から「本田さんが『本郷さんて本当にコメント上手なんですよね』って言ってきました」と暴露され、照れ笑いを浮かべた。  土田も「本当にうまいよね」と感心していた本郷のコメント力に、「尊敬します」と打ち明けた本田は、映画の見どころについて「一番の魅力はアクションシーンです。錬成されたものを見て、本当に感動したんです。エドがパンてやったものがバーンって出てくるところとか…」と擬音で説明して笑わせた。  荒川弘氏...more
カテゴリー:

本田翼&本郷奏多、ハガレン展をPR 「あ~っ!の連続。興奮しっぱなしでした」 - 09月14日(木)17:43 

 映画公開記念「鋼の錬金術師展」のオープニングセレモニーが14日、東京都内で行われ、ゲストとして実写版に出演する本田翼、本郷奏多、本展のスペシャルサポーターを務める土田晃之が登壇した。   本原画展は、荒川弘氏によるカラーイラストや漫画原画あわせて総点数200点以上の“生原稿”とアニメシリーズの制作資料を展示。原作の世界に引き込む映像演出や、インタラクティブな仕掛けもあり、“ハガレン”の魅力が体感できる展示会となっている。  一足先に会場を見学した本田は「まず入って、チケットを交換するところからワクワク。ちょっとしたうれしいサービスが待っていました」と報告。「中に入ってからは、あ~っ!の連続。興奮しっぱなしでした」とほほ笑んだ。  本郷も「先生の筆使いやタッチを至近距離で見られてすごく楽しかった」と満足げ。「映画では原作の名シーンをふんだんに再現しているので“しばらくハガレンから離れてたよ”という人も、ここに来て各シーンを思い出して(映画への)モチベーションを高めてほしい」とアピールした。  ハガレンの特に好きなポイントを尋ねられた本田は「出て来るキャラクターみんなの個性がそれぞれ引き立っていて、ストーリーの中でいい味を出している。人間的な成長を描いているところも好きですね」と回答。  本郷も「少年誌で連載していた作品ですが、すごくテーマが深い。『錬金術で人を造ってはいけない』とか...more
カテゴリー:

【漫画】少年マガジンの『風夏』袋とじ番外編が「普通にエロ本だった」「もう少年誌じゃない」と話題に - 09月13日(水)22:25  mnewsplus

9月13日発売の週刊少年マガジン41号に掲載された『風夏』の袋とじ漫画が、ネット上で「普通にエロ本だった」「もう少年誌じゃない」と話題になっています。 漫画『君のいる町』に続く瀬尾公治さんの同作品は、音楽から始まる青春ラブストーリー作品。 今回は通常本編1話に加えて、例の袋とじが1話収録される大ボリュームで、さらに目印となる表紙でも美少女キャラ3人の水着姿と、サービス満点となっています。 もちろん一番のサービスは主人公・優とヒロインが“なにか”をする袋とじ。 本当にありがとうございます。 袋とじの内容...
»続きを読む
カテゴリー:

「少年誌」の画像

もっと見る

「少年誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 少年雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる