「少女時代」とは?

関連ニュース

いまどきママが意外と知らない「台所仕事の常識」6つ - 04月23日(月)06:30 

台所仕事の基本は、母親から娘に受け継がれていくもの。…というのは、一昔前の話。 混ぜるだけで“オリジナルアイス”ができちゃう! 子どもと楽しむ「まぜまぜアイスショップ」 いまどきのママなら、「少女時代は部活や受験勉強で忙しくて、親からちゃんと料理を習った記憶がない!」という人は珍しくないでしょう。 毎日何とか主婦業をこなしてはいるものの、「こういうとき、どうすればいいんだろう?」「いろいろな説を聞くけど何が正解?」と迷う場面も多々あるのではないでしょうか。 今回は、いまどきママが意外と知らないキッチンや料理にまつわる基本知識と、悩みがちなポイントについてお伝えします。 1.サツマイモは冷蔵庫に入れちゃダメ!? スーパーから買ってきた野菜や果物、どこに保管していますか? おそらく買ってすぐに冷蔵庫の野菜室に入れる人が多いはず。しかし、ものによっては、冷蔵庫の中より外で常温保存した方がいい場合もあるのです。 たとえばサツマイモは、日の当たらない風通しのいい場所に常温で保管するのが基本。冷蔵庫に入れると、デンプンが劣化して、かえって味が悪くなってしまうそう。 ジャガイモやタマネギも、基本的にはカゴやネットなどに入れて風通しのいい場所に置けばOK。 ただ、室温が高温になるとやはり傷みやすくなったり芽が出やすくなったりするので、真夏には新聞紙に包むなどの湿気対策をして、野...more
カテゴリー:

芥川賞作家・若竹千佐子 最愛の夫の死の裏に見出した自由の喜び - 04月21日(土)11:00 

人なつこく、素直で、偉ぶらず、素朴。デビュー作で芥川賞を取った若竹千佐子さん(64)は、およそ作家らしからぬ人だ。そんな“平凡な専業主婦”が作家になれたのは、最愛の夫の死の裏に“自由の喜び”を見つけたから。そして、主婦のタブーを小説にした。「人のために生ぎるのはやっぱり苦しいのす」と――。 「不思議、不思議、本当に不思議……いまでも『これは夢だべか?』と思います」(若竹さん・以下同) 昨年、デビューした64歳の新人作家・若竹千佐子さんは昨秋、新人作家の登竜門・文藝賞を史上最年長で受賞。それを機に出版されたデビュー作『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)は、年が明けると今度は、第158回芥川賞を受賞した。 小説の主人公は、子どもが独立し、夫に先立たれた74歳の“桃子さん”。「どうすっぺぇ、この先ひとりで何如にすべかぁ」と、自らの内側に響いてくる生まれ故郷の言葉たちと向き合いながら、孤独をかみしめる日々を描く。特筆するような事件は、何も起きない。若竹さんいわく「出来事としては、なんもないの、なんにも起こらないんです。ぜーんぶ頭の中だけのこと」。 主な登場人物は桃子さんひとり。頭の中から彼女の本音とも思える東北弁が次々にあふれ出し、本体の桃子さんと、脳内の声たちが、ああでもない...more
カテゴリー:

清原果耶『透明なゆりかご』ドラマ初主演インタビュー - 04月15日(日)10:00 

 漫画家・沖田×華(おきた・ばっか)氏が、看護師見習い時代の実体験に基づいて描いた産婦人科医院の物語、『透明なゆりかご』(講談社『ハツキス』連載中)のドラマ化が発表された。NHK総合で7月20日から放送予定(毎週金曜 後10:00~10:44、全10回)。ドラマの主人公・アオイ役で主演するのは、女優の清原果耶(15)。原作の主人公が産婦人科医院で働き始めるのは、高校3年生の夏休み。実年齢では少し若い清原だが、感性豊かで純粋な主人公のイメージに合っている気がした。 【写真】漫画原作『宇宙を駆けるよだか』にも出演する清原果耶  清原は「アミューズオーディションフェス2014」で3万人を超える応募の中から頂点に輝き芸能界入り。連続テレビ小説『あさが来た』ふゆ役、大河ファンタジー『精霊の守り人』では綾瀬はるか演じるバルサの少女時代を熱演した。ドラマの主演は本作が初めてとなる。  「主演は、私の中では大きすぎる目標でもあったので、すてきな作品にめぐり合えて光栄ですし、まだ少しドキドキしています。私ができることは、いただいたお仕事を一つひとつ丁寧にやっていくことだけ。軽いテーマではないので、ちゃんと伝わるお芝居ができるように、掘り下げて行きたいです」。  町の小さな産婦人科医院を舞台に、幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、“命とは何か”を...more
カテゴリー:

のんじゃない!連ドラ『この世界の片隅に』主演の意外な名前 - 04月13日(金)16:00 

「『この世界の片隅に』の連続ドラマ化が発表されましたが、主演女優が誰になるのかが注目されています」と語るのは、テレビ誌関係者だ。 『この世界の片隅に』は太平洋戦争中の広島県呉市を舞台にした作品で、主人公・すずが懸命に生きぬこうとする姿を描いている。 かつて同作が連載されていた『漫画アクション』で今夏にドラマ版が放映されることは発表されたたものの、出演者も放送局も伏せられており話題を呼んでいるのだ。前出のテレビ誌関係者が続ける。 「作中のすずは、20歳前後のおっとりした性格の女性です。有村架純や黒木華が起用されるのではといった予想もありますが、インターネットで圧倒的に支持されているのはのん(24)ですね。'16年11月に封切りされた長編アニメ版は異例のロングランを記録し、海外でも高い評価を得ています。アニメ版ですずの声を担当して絶賛されたのが、のんだったからです」 だが本誌が取材を進めていくと、ヒロイン役は意外な名前であることが判明した。広告代理店関係者は言う。 「『半沢直樹』や『陸王』『99.9‐刑事専門弁護士‐』といった数々の名作ドラマを世に送り出したTBSの『日曜劇場』の枠で、7月から放送されることが検討されています。主人公のすずは、松本穂香さんに決定しました」 松本は大阪府出身の21歳、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』ではヒロインの同僚・青天目澄子役で好評を博して...more
カテゴリー:

[韓流]少女時代のヒョヨンがDJに デビューシングル18日発売 - 04月12日(木)12:05 

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、少女時代のヒョヨンがDJとしての一歩を踏み出す。所属事務所のSMエンタテインメントは12日、ヒョヨンが「DJ HYO」の名前で18日午後6時にデジタルシングル「SOBER」をリリースすると伝えた。中毒性のあるエレキギターのリフとノリのいいサビが際立つEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)ジャンルの曲だという。
カテゴリー:

芥川賞作家・若竹千佐子「家族に尽くす人生で幸せにはなれねぇの」 - 04月21日(土)11:00 

「不思議、不思議、本当に不思議……いまでも『これは夢だべか?』と思います」 昨年、デビューした64歳の新人作家・若竹千佐子さんは、そう照れたように笑った。若竹さんは昨秋、新人作家の登竜門・文藝賞を史上最年長で受賞。それを機に出版されたデビュー作『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)は、年が明けると今度は、第158回芥川賞を受賞した。 小説の主人公は、子どもが独立し、夫に先立たれた74歳の“桃子さん”。「どうすっぺぇ、この先ひとりで何如にすべかぁ」と、自らの内側に響いてくる生まれ故郷の言葉たちと向き合いながら、孤独をかみしめる日々を描く。特筆するような事件は、何も起きない。若竹さんいわく「出来事としては、なんもないの、なんにも起こらないんです。ぜーんぶ頭の中だけのこと」。 主な登場人物は桃子さんひとり。それなのに、小説の中ではセリフの応酬が続く。 「何如にもかじょにもしかたながっぺぇ」 「だいじょうぶだ、おめには、おらがついでっから。おめとおらは最後まで一緒だがら」 「あいやぁ、そういうおめは誰なのよ」 「決まってっぺだら。おらだば、おめだ。おめだば、おらだ」 頭の中から彼女の本音とも思える東北弁が次々にあふれ出し、本体の桃子さんと、脳内の声たちが、ああでもない、こうでもないと、かしましい議論を交わすのだ。たくさ...more
カテゴリー:

キャンディ・キャンディ作者が4年ぶり連載「最後の作品に」 - 04月19日(木)11:00 

「私は今年で漫画家としてデビュー50周年。女性自身さんも今年創刊60周年を迎えるとあって、記念に何かできたらうれしいなと思っていました。そこに届いた原作が本当に面白くって。芸能界や梨園の表と裏、政治、財界、夜の銀座からハリウッドまで登場するスケールの大きさと華やかさ。私が少女時代に夢中になって読んだ漫画そのものでした」 そう語るのは、漫画界の巨匠・いがらしゆみこ氏。名作『キャンディ・キャンディ』から39年。4月24日より女性自身で、4年ぶりとなる週刊連載『エレクトラ!〜罪深き聖女たち』を始めるのだ。 物語は、学生時代の同級生だった女優2人と社長令嬢が織り成す“華やかな復讐劇”。主人公は行方不明になっていた天才子役・遠山エレナ(30)で、親友の松ヶ枝薫子(30)が主演女優賞を受賞した映画賞の授賞式から始まる。 「初めて原作を一読した際、勝手に右手が主人公のエレナを描き始めていたんです」 そう目をキラキラ輝かせるいがらし氏の姿は、デビューした17歳当時の少女そのもの。だがなぜ50周年記念作品の連載を漫画誌ではなく、週刊誌で発表することになったのか。 「展開も早くて、ドロドロありサスペンスあり。現在と過去の事件もからんでいるので、その社会性は週刊誌ネタそのもの。漫画誌よりも週刊誌、特に芸能記事が多い女性週刊誌にはピッタリな連載だと思ったんです」 現在9...more
カテゴリー:

【芸能コラム】再放送で見直したい!親子げんかに込められた作品の魅力 「カーネーション」 - 04月13日(金)16:58 

 NHKが4月から、地上波の総合テレビで平日月~金の午後4時20分から朝ドラの再放送(2話連続)を始めた。その第1弾として、4月10日から「カーネーション」が放送中だ。  世界的ファッションデザイナーとして活躍するコシノ三姉妹の母・小篠綾子氏をモデルに、大阪・岸和田で呉服商の家に生まれ、大正、昭和、平成を生き抜いたヒロイン、小原糸子の波乱の生涯を描いた物語。糸子を演じたのは尾野真千子(少女時代は二宮星、晩年は夏木マリ)。  本放送は2011年10月から2012年3月で、視聴率は最高25パーセント、全話平均19.1パーセントと好評を得た。今回の再放送が決まった理由についても、「視聴者からのリクエストが多かったため」と報じられており、本放送から6年半を経て、いまだに高い人気を誇っている様子がうかがえる。  この作品の何が視聴者を引きつけたのか。それを知るヒントになるのが、番組の名物にもなった糸子と父・善作(小林薫)の親子げんかだ。洋裁師を目指す糸子と呉服屋を営む善作は事あるごとに衝突し、けんかを繰り返す。その様子は、出演者が当時の思い出を語る番組「“朝ドラ”同窓会 カーネーション」(4月14日(土)午後4時から再放送あり)で尾野が、「(小林から)本気で殴られた。芝居じゃない」と語った通りのド迫力。  父親が娘に手を上げるという、見方によってはすさまじい場面だが、嫌な感じはしない。...more
カテゴリー:

清原果耶、ドラマ初主演「真っ直ぐに演じたい」 『透明なゆりかご』連ドラ化 - 04月12日(木)14:51 

 漫画家・沖田×華氏が看護師見習い時代の実体験に基づいて描いた『透明なゆりかご』(講談社『ハツキス』連載中)がNHKのドラマ10枠(毎週金曜 後10:00)で連続ドラマ化される。町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、“命とは何か”を問い、見つめてゆく物語。主演は、女優の清原果耶。連続テレビ小説『あさが来た』のふゆ役や大河ファンタジー『精霊の守り人』で綾瀬はるか演じる主人公バルサの少女時代を演じた清原が、ドラマ初主演を務める。 【写真】瀬戸康史、酒井若菜ら共演者  ドラマでは、産婦人科医院でアルバイトの看護師見習いとして働くことになった17歳のアオイ(清原)を主人公に、幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への“祈り”にも似た想いをつむいでゆく。「命って、何だろう…」産まれて来る赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、アオイは自問自答し、少しずつ成長してゆく姿も描く。脚本は、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(3rdシーズン)の安達奈緒子氏がNHK総合で初執筆する。  清原は「今まで深く考える機会が無かった産婦人科で起こっている日常の中で、新たな命が生まれるという幸せなイメージだけではなく、一瞬で消えてしまう命の尊さに衝撃を受けるなど、さまざまな感情に触れて生...more
カテゴリー:

【女優】佐藤夕美子「半分、青い。」で20年ぶり朝ドラ復帰!初の教師役「甘辛しゃん」の緊張感思い出す - 04月05日(木)03:10  mnewsplus

4/4(水) 8:15配信 yahoo!ニュース スポニチ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000069-spnannex-ent  1997年後期のNHK連続テレビ小説「甘辛しゃん」のヒロインを務めた女優の佐藤夕美子(39)が4日放送の同「半分、青い。」(月~土曜前8・00)第3話の最後に登場。 20年ぶりに朝ドラ復帰を果たした。子役の矢崎由紗(8)が少女時代を演じるヒロイン・鈴愛の小学校の担任・豊島先生に扮する。  朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やT...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「少女時代」の画像

もっと見る

「少女時代」の動画

Wikipedia

少女時代(しょうじょじだい)

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる