「小麦色」とは?

関連ニュース

肌色でわかる 自分に似合う赤色リップの選び方♡ いい女に変身! - 09月26日(火)19:00 

秋めいてくると何故だか「赤色リップ」に目が奪われるもの♡ もちろん、いつもは使わなくて見慣れないからなんとなく似合わないなんて気がするなんて方も多いかもしれません。でもそれは、もしかしたら自分の肌色に似合わない「赤色リップ」を選んでいるから似合わないのかもしれません。きちんと自分の肌色に似合う「赤色リップ」を選べば、今まで似合わないと思っていた赤リップもしっくりくるかも♡ そこで、今回はパーソナルカラーという色彩理論に合わせた赤色リップの選び方をご紹介いたします。パーソナルカラーの基本。よく耳にする「イエベ」、「ブルべ」って?雑誌やSNSでよく耳にするようになった「パーソナルカラー」。パーソナルカラーとは、とっても簡単にいうと、その人の生まれ持った肌や髪、瞳、全体の雰囲気と調和する色のグループのこと。自分に似合う色のパーソナルカラーを身に着けるだけで、その人の魅力を最大限引き出してくれるパワーがあるのです。パーソナルカラーは、流派によって分類法もさまざまなのですが、一番ベーシックな分類法は、「フォーシーズン」といって、パーソナルカラーを4つの季節に分けて似合う色の系統を導きだす方法。そして、どの流派でもすべてに共通点があり、ベースカラーが「イエローベース・ブルーベース」に分かれているのです。と、ここまで聞くとなんだか難しそうに思えますが、ご安心ください。実は自分のベースカラーを知っ...more
カテゴリー:

愛しい人たちがそこにいる、っていう感じ――フミ斎藤のプロレス読本#088【サブゥー編エピソード8】 - 09月13日(水)08:41 

 199X年  サブゥーはベーコン・チーズバーガーをほおばっていた。大丈夫かな、ひとりで来られるかな、なんて心配しながらフレンチフライをかじっていたら、コンコースのなかをずっと向こうのほうから歩いてくるミブゥーの姿がみえた。  待ち合わせ場所はデトロイト国際空港のJMデイビー・ターミナル内の“バーガーキング”。時間はアラウンド・ヌーン。予定はいつだってちょっとアバウトである。  人ごみのなかでも、おたがいのことはすぐにみつけることができるのだろう。ミブゥーは安心したような顔でにっこり笑い、100メートルも離れたところから手を振った。  きのうの夜、ECWアリーナで試合をしたサブゥーは、朝イチの便でフィラデルフィアからデトロイトまで戻ってきた。ミブゥーは、自宅のあるランシングからちいさなプロペラ機のコミューター便でここまで飛んできた。  トーキョー行きの直行便が出るのは午後2時。ふたりでいれば14時間のフライトはそんなに長くない。  もちろん、ミブゥーはニックネームである。本名は“ヒトミ”で、ヒトミの“ミ”とサブゥーの“ブゥー”をくっつけてミブゥーになった。サブゥーといっしょに暮らすようになって8カ月が経過した。  ミシガンのホワイト・クリスマスを体験して、雪が溶けて町じゅうがぬかるみみたいになるぽかぽかの春の日を目撃して、どしゃ降りの雨を家のなかからながめていたりした...more
カテゴリー:

【芸能】ついに削除命令が発動!菜々緒「日焼け跡つき」生ヒップ画像の「破壊力」 - 08月31日(木)20:07  mnewsplus

 モデルで女優の菜々緒が自身のインスタグラムで衝撃的な写真を公開し、ファンから驚きと絶賛の声が上がっている。  8月30日に公開されたその写真は、何と菜々緒のものと思われる美ヒップをアップで写したもの。何も身につけていないため、肌が露わになっているのだ。 「見た瞬間、我が目を疑ってしまいましたよ。あの菜々緒が自分のヒップを全出し公開しているわけですからね。もう『みごと』というほかに言葉が思いつきません(笑)。腰も少し写っているんですが、そこから続く美しいラインは生つばもの。日焼け跡が残っているの...
»続きを読む
カテゴリー:

レッドブル、音楽の力で東京を1ヵ月間ジャック 14のイベントに約150組のアーティストが登場 - 09月19日(火)21:57 

 “日本の音楽に翼をさずける”をテーマにした、レッドブルによる音楽フェス『レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2017』が、10月22日(日)から11月17日(金)まで開催される。 【写真】渋谷のド真ん中で“盆踊り” 109前で34000人がお祭り騒ぎ  当音楽フェスは、ポップス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニック、ノイズからゲーム音楽まで、日本の音楽にまつわる様々なイベント、ワークショップ、レクチャーを約1ヵ月間にわたって都内各所で実施。都内を1ヵ月に渡って音楽ジャックするという、日本初となる壮大なスケールが特徴だ。  10月22日、まず初日に開催されるのは、ヒップホップの聖地・渋谷の街が音楽で満たされる「渋谷音楽祭」。そのステージの一環として、日本のヒップホップ界を代表するアーティストたちが街に集結し、渋谷でストリートライブを開催する。登場するのはZeebra、SHINGO★西成、Awich、ISH-ONEなど実力派のヒップホップ勢ばかりだ。  また、タワーレコード渋谷が上から下までライブハウスに変貌する「ONGAKU MATENRO」では、様々な国内ミュージシャンを招いてライブイベントを開催。期待のロックバンド・Survive Said The Prophetをはじめ、元FACTのメンバーによる4ピースバンド・Joy Opposites。さらに、原宿系...more
カテゴリー:

このアイテムはオーストラリア人が抱える「ジレンマ」から生まれていた。 - 09月13日(水)06:00 

今年の夏、多くのメディアに取り上げられて注目を集めた顔だけ焼かないビーチアイテム「Shader」。見たことがある人もいると思います。Shaderが生まれたのは、日本とは逆にこれから夏が始まるオーストラリアですが、まずは使い勝手のおさらいを少しだけ。これを見ると「なんで顔だけ?」と、普段から肌を焼きたくないという人は特に疑問に感じるかもしれません。日本人である私達の感覚からすると、不思議に思ってもおかしくはないと思います。ただしそこには、オーストラリアならではの日焼けへの価値観が影響しているのです。「日焼け」は生活の一部誰もが楽しむもの以前、私がゴールドコーストに住んでいた時の話になりますが、週末はもちろんのこと、白い砂浜に寝転がり日焼けを楽しんでいる人を毎日たくさん見かけました。夏になると多くの人が小麦色になり、まったく日焼けをせず白い肌で通りを歩いていると、逆に目立つほどだった記憶があります。が、彼らも日焼け対策は欠かしません。というのも、オーストラリアの皮膚がんの発生率は世界で2番目という調査結果が出ているくらい多いのです。それでも、ビーチでは日本人のようにパラソルを張って完全に日除けしている人は見たことがありませんでした。日焼け止め(なかにはスーパーや薬局で売られているポンプ式のものを使う人も)を塗りながら、子どもから大人まで陽の光を思う存分に浴びて楽しんでいたのです。「美容...more
カテゴリー:

「小麦色」の画像

もっと見る

「小麦色」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる