「小野武彦」とは?

関連ニュース

生田斗真×菅田将暉が初タッグ!舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』 - 06月16日(金)10:46 

10月30日開幕の舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で生田斗真と菅田将暉が初共演することが発表された。 シェイクスピアの悲劇「ハムレット」の最後の最後で、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ・・・」の一行だけで片付けられてしまった、憐れな2人組「ロズとギル」。本家ハムレットでは、どうあがいても日の目を見ることのない影の薄い2人組を、堂々の主人公に引っ張り出した、いわば『ハムレット』のスピンオフ戯曲であり、初演から50年の時を経ても色あせない、巨匠トム・ストッパードの知的遊び心が盛りだくさんの傑作戯曲が、興奮の顔合わせでこの秋、世田谷パブリックシアターにて上演することが決定した。 卓越した表現力で益々輝きを増す生田斗真と、破竹の勢いで音楽活動にも進出した菅田将暉が初タッグを組み、自由自在&軽やか&スピーディ&笑いに満ちた台詞の渦の中で繰り広げられる「ハムレット」の裏の裏側を描く。 気鋭の演出家・小川絵梨子が紐解く、合わせ鏡のまた向こうに、またまた合わせ鏡があるかのように幾重にも張り巡らされた仕掛けの中で、果たして、『ロズとギル』はどのような運命を迎えるのか。 その他の共演は、林遣都、半海一晃、安西慎太郎、松澤一之、立石涼子、小野武彦らと、若手からベテランまでの充実の...more
カテゴリー:

生田斗真&菅田将暉が初共演 舞台で新進気鋭演出家とタッグ - 06月16日(金)05:00 

 俳優の生田斗真(32)と菅田将暉(24)が、今秋上演の舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で初共演することが15日、わかった。シェイクスピアの悲劇『ハムレット』のスピンオフ戯曲ともいえる作品で、歴代最年少の30代で次期新国立劇場演劇部門の芸術監督に任命された小川絵梨子氏が翻訳・演出を担当。生田は「一緒にやれると決まったときから、『気持ちよくやれそう!』という予感があり、ずっと楽しみにしてきました」と、菅田との共演に歓喜。芝居以外にも楽しみがあるという菅田は「僕、鼻フェチというか…(笑)、生田さんの鼻スジや横顔って本当にキレイですよね。一緒に芝居をして、一番間近でキレイな横顔を見られて、しかも独り占め! それが楽しみです」と意外な理由を明かした。 【写真】劇作:トム・ストッパード氏  『ハムレット』の最後の最後、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ…」の一行だけで片付けられてしまった、憐れな2人組「ロズとギル」。トム・ストッパード氏作の同作では、本家『ハムレット』では、どうあがいても日の目を見ることのない影の薄い2人組が主人公となり、ローゼンクランツを生田、ギルデンスターンを菅田が演じる。  生田は「チェーホフ『かもめ』以来、久々の翻訳劇です。翻訳劇って、最初はどうしても、『難しそう…』というイメージがあるかもしれませんが、そのハードルの高さを少しでも取...more
カテゴリー:

「小野武彦」の画像

もっと見る

「小野武彦」の動画

Wikipedia

小野 武彦(おの たけひこ、1942年8月1日 - )は、日本俳優。旧芸名、黒木 進

東京府狛江市出身。シス・カンパニー所属。玉川大学文学部中退。身長173cm、体重74kg。

来歴・人物

1942年、現在の東京都狛江市に生まれる。

俳優座養成所卒業後、文学座に入る。

1960年代後半から1970年代中盤辺りは脇役での出演が多かった中、1976年、大都会 闘いの日々(大内刑事役)や前略おふくろ様Ⅱ(木下明役)にレギュラー出演して顔が知られる。

1980年代は再び脇役での出演が多くなるが、1990年代以降は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる