「小野文惠」とは?

関連ニュース

「わろてんか」63話。台詞が聞き取れません、松坂桃李に続いて北村有起哉までボソボソ - 12月14日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「われても末に」第63回 12月13日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太63話はこんな話てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、崇徳院の和歌のように、一度別れた川がもう一度ひとつになったものの、団真(北村有起哉)とゆう(中村ゆり)は、まだ別れた川のままで・・・。おねしょ事件どうやら藤吉(松坂桃李)は、寄席の事務所で寝泊まりしていたらしい。藤吉とてん(葵わかな)とがうまくいってないことを心配する風太(濱田岳)とトキ(徳永えり)。隼也のおねしょをだしにして、てんと藤吉の仲をとりもつ。隼也が大変!と大騒ぎして、おねしょだった・・・という流れはずいぶんとドタバタだったが、その後の、風太とトキの采配には力がある。トキの気持ち 「やっぱりおトキさん、良い時に、居合わせているんですねえ」と「おはよう日本」(関東版)で高瀬アナウンサーにまたまた言及されたトキ(良い時にってダジャレか)。そんなトキと風太が話しているところは、息が合っていて、お似合いだ。仲直りしたてんと藤吉を見て、家族水入らずでライスカレーが食べたいと、結婚に憧れを抱くトキ。現在発売中のワニブックス「プラスアクト」(2018年1月号)で、徳永えりにインタビューをしたら、ドラマの時代、トキは適齢期を過ぎていて、風太...more
カテゴリー:

「小野文惠」の画像

もっと見る

「小野文惠」の動画

Wikipedia

小野 文惠(おの ふみえ、1968年4月18日 - )は、NHKのチーフアナウンサー。「惠」を使う方が本来の表記とされるが、新字体の「恵」を用いた小野 文恵の表記も多く見られる。

人物

広島大学附属福山高校を経て東京大学文学部を卒業後、1992年入局。

山口局ではニュース番組などを担当したほか、高校野球の地区予選も実況した。初任地での在籍期間は当時としては異例の長期間となる5年間に及んだ。

1997年に東京アナウンス室に異動、山本志保の後任としてためしてガッテンの司会に起用される。その後スタートした鶴瓶の家族に乾杯土曜スタジオパークも担当。2007年夏に日本語センター出向となったが、担当番組にはそのまま引き続き出演しており、2010年末に土曜スタジオパークを降板するまでは担当したレギュラー番組から異動したことが1度もなかった。

2004年には紅組司会、2008年には総合司会として、NHK紅白歌合戦の司会を務めた(2001年 - 2003年はラジオ中継を担当)。紅組司会と総合司会を双方務めた人物...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる