「小野文惠」とは?

関連ニュース

「わろてんか」10話。通俗ドラマの王道だが、ツッコミが止まらない - 10月13日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第10回 10月12日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博10話はこんな話倉庫が全焼したことで経営難に陥る藤岡家。弱り目にたたり目。病弱な長男・新一(千葉雄大)まで倒れてしまう。おはよう日本 「あさイチ」が朝ドラ受けなら、「おはよう日本」は朝ドラ押し。この日は、高瀬耕造アナが「おはようおかえりやす」(いってらっしゃい)と関西弁で、「わろてんか」に繋いだ。興味深い 伊能様てんと伊能との出会いの現場に、ちょっと遅れて駆けつけた風太(濱田岳)。伊能に対して、むむむ、という表情。伊能の家だか事務所だかに連れていかれて話をするが、伊能はてんを知らなかった。ピンチを救ったのは、ほんとにたまたまかい! そのうえ「正直言うと、あまり興味が沸かなかったんだ」とは・・・てんの立場なし。ぎゃふん。薬品事業をする傍ら、文化芸能全般に興味があっていつか仕事にしたいと思い、寄席を観ていたのは「日本の大衆演芸から学ぶことが肝心だと思わないか」と言う伊能様。すばらしいお考えです。そして、てんの、8年前に、笑わせてもらった人のことをずっと思っている気持ちを「興味深い」と言う。「興味深い」で、「ガリレオ」の湯川の口癖「じつにおもしろい」をなんとなく思い出した(福山雅治は昼ドラ「トット...more
カテゴリー:

【視聴率】NHK連続テレビ小説「わろてんか」、第1週平均視聴率は20.8% 2作ぶり大台超えスタート - 10月10日(火)10:19  mnewsplus

「わろてんか」第1週平均視聴率は20・8% 2作ぶり大台超えスタート 女優の葵わかな(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜前8・00の 第1週の平均視聴率は20・8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが10日、分かった。 1週目の平均としては「べっぴんさん」以来、2作ぶりの大台突破。 各日の番組平均は3日=20・8%、4日=21・3%、5日=22・3%、6日=20・9%、 7日=20・3%、8日=19・3%。 最近の朝ドラの第1週平均視...
»続きを読む
カテゴリー:

「わろてんか」9話「よ、待ってました!」声を掛けたかった高橋一生登場シーン - 10月12日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第9回 10月11日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博9話はこんな話お家の事情で結納が早まった藤岡てん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)に会いに大阪へ向かう。あわや、かどわかしに合いそうになったとき、伊能栞(高橋一生)が現れた。高橋一生、登場。伊能栞の登場場面は、待ってました! と拍手喝采しそうな、芝居小屋でやってる商業演劇の一場面のようだった。朝ドラは、朝の支度のついでに時計代わりに観るものというのが定説だが、「わろてんか」は、お弁当食べながら、完全、リラックスして観たいお約束エンタメだ。少なくとも、9話は、完全にお約束の連続で楽しませてもらった。藤岡家の倉庫が全焼して、商売の巻き返しを賭けて仕入れた洋ぐすりも燃えてしまった。資金繰りのために伊能家とてんの縁談を急きはじめる、お父はん(遠藤憲一)。突然のことに戸惑うてんだったが、縁談反対派だった祖母ハツ(竹下景子)まで縁談派に寝返る(←お約束その1)。「よっしゃ。この結納、わてが整えまひょ。」(ハツ)そこで、風太(濱田岳)らが、ズッコケ。(←お約束その2)「ようみたら、この蝶々結びもよろしいやんか」と嫌っていた服装を褒め始める。さすが、商家の人間。損得で動く。子どもたちに家の懐事情をけどられないよ...more
カテゴリー:

「小野文惠」の画像

もっと見る

「小野文惠」の動画

Wikipedia

小野 文惠(おの ふみえ、1968年4月18日 - )は、NHKのチーフアナウンサー。「惠」を使う方が本来の表記とされるが、新字体の「恵」を用いた小野 文恵の表記も多く見られる。

人物

広島大学附属福山高校を経て東京大学文学部を卒業後、1992年入局。

山口局ではニュース番組などを担当したほか、高校野球の地区予選も実況した。初任地での在籍期間は当時としては異例の長期間となる5年間に及んだ。

1997年に東京アナウンス室に異動、山本志保の後任としてためしてガッテンの司会に起用される。その後スタートした鶴瓶の家族に乾杯土曜スタジオパークも担当。2007年夏に日本語センター出向となったが、担当番組にはそのまま引き続き出演しており、2010年末に土曜スタジオパークを降板するまでは担当したレギュラー番組から異動したことが1度もなかった。

2004年には紅組司会、2008年には総合司会として、NHK紅白歌合戦の司会を務めた(2001年 - 2003年はラジオ中継を担当)。紅組司会と総合司会を双方務めた人物...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる