「小選挙区制」とは?

関連ニュース

「合憲」判断、11件に=「1票の格差」訴訟-高裁岡山支部 - 02月15日(木)17:40 

 「1票の格差」が最大1.98倍だった昨年10月の衆院選は投票価値が不平等で違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決で、広島高裁岡山支部(松本清隆裁判長)は15日、選挙を「合憲」と判断し、請求を棄却した。合憲判断は11件目。 昨年衆院選をめぐり、全国の高裁・支部に起こされた16件の訴訟で12件目の判決。「違憲状態」とした名古屋高裁以外は、いずれも合憲と判断している。 松本裁判長は、小選挙区制導入後初めて格差が2倍を下回った点を評価し、「格差の是正が図られつつある」と述べた。 残る4件の判決は3月中に出そろい、年内に最高裁が統一判断を示す見通し。 【時事通信社】
カテゴリー:

【1票の格差】東京高裁も合憲  最大1.98倍 17年衆院選で3件目 - 01月30日(火)16:34  newsplus

「1票の格差」が最大1.98倍になった2017年10月の衆院選は投票価値の平等を求める憲法に反するとして、弁護士グループが関東など1都10県の選挙の無効を求めた訴訟の判決で、東京高裁(阿部潤裁判長)は30日、小選挙区の区割りを合憲と判断した。この選挙を巡って全国14の高裁・高裁支部に起こされた訴訟の判決は、福岡高裁那覇支部(今月19日)、仙台高裁秋田支部(30日)に次ぐ3件目で、いずれも合憲となった。 提訴していたのは升永英俊弁護士のグループ。17年の衆院選では、格差是正を目的として小選挙区の...
»続きを読む
カテゴリー:

「小選挙区制」の画像

もっと見る

「小選挙区制」の動画

Wikipedia

小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区に付き1名を選出する選挙制度である。

概要

議会などの2人以上の人員を要する機関を構成するとき、定員と同数の選挙区を区分けし、1選挙区毎に1人の当選者を選ぶ選挙制度の総称である。現代の日本では、選挙方法に単記非移譲式投票を用いた単純小選挙区制を指すことが多い。この他にも、Approval voting, Range voting, Borda count, Minimax, Schulze, Ranked Pairs など、定数一人の制度ならば何でも小選挙区制を利用出来る。

採用している国・地域

; 単純小選挙区制

; ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる