「小規模」とは?

関連ニュース

相続税逃れ:対策強化 社団法人「隠れみの」悪用を判断 - 12月11日(月)20:49 

 政府・与党は、相続税の課税逃れ対策を強化する。一般社団法人や小規模宅地をめぐる相続について、課税逃れと判断される場合は非課税対象から外す。2018年度の税制改正大綱に盛り込む方針だ。
カテゴリー:

瀧本美織、大地真央と初対面「お綺麗過ぎて吸い込まれる」 - 12月11日(月)16:17 

大地真央と瀧本美織が11日、来年1月8日(月)からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月~金、12:30~※BS朝日<再放送>毎週月~金、7:40~)を記念し、元麻布・善福寺の“越路吹雪の記念碑”を参拝した。この作品で大地は、越路吹雪の絶頂期、瀧本は、青年期を演じる。第1弾『やすらぎの郷』に続き、現在は、『トットちゃん!』が好評を博している“帯ドラマ劇場”。続く第3弾では、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記が放送される。越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだが、とても純粋な女の子だった。そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。そんな越路を今回演じることになった大地と瀧本。特に宝塚出身で、月組男役トップスターとして一時代を築いた大地にと...more
カテゴリー:

ロザン宇治原「疲労感はんぱないな!」天才キッズに大人げない攻めで対抗 - 12月11日(月)12:30 

今夜12月11日放送の『天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~』(テレビ朝日系、19:00~)では、人気クイズバラエティー『Qさま!!』とのコラボが初実現。ロザンの宇治原史規が天才キッズ相手に大人げない攻めで挑む。インテリ芸人が集まる『Qさま!』でも、数々の難問をクリアしてきた芸能界屈指の頭脳を持つ最強の刺客、ロザン・宇治原が登場するが、そんな宇治原の大ファンであり、わずか10歳で超難関の漢検一級に合格した天才キッズ・佐古奏くんが、宇治原の前に立ちはだかる。初対面で、緊張しながらも、大好きな宇治原を前に、サインをお願いするなど、子どもらしい表情をのぞかせるが……。第1ラウンドは「漢字1文字しりとり対決」。相手が書いた漢字の読みの、最後の文字から始まる漢字を書き、しりとり勝負を行う。宇治原は執拗に濁音だけを出し続けるなど、小学生相手に、真剣な面持ちで陰湿な攻めに。第2ラウンドは「難読出し合い対決」。2人が「くだもの」「楽器」「野菜」「体」「国名・地名」の5ジャンルから1つずつ、難読漢字の読み仮名問題を出題し、その正解数を競う。第3ラウンドは「多答対決」。「ごんべんの付く漢字」や「“けん”と読む漢字」「同じ文字を重ねた品字様の漢字」など、各条件に当てはまる漢字を、どれだけ多く書けるかを競う。「こんなにわかりやすく、攻守が入れ替わることってある!?」「疲労感はんぱないな!」など、百戦錬磨...more
カテゴリー:

野人岡野雅行が語るリアル『ROOKIES』に感動!若林正恭ら「泣いちゃう…」 - 12月11日(月)11:30 

サッカー元日本代表のストライカー、“野人”こと岡野雅行が、12月11日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)に出演し、テレビでほとんど語ってこなかった高校時代の激レア体験を語る。この番組は、人は、あまりにもレアすぎる状況に遭遇したとき、まさかのピンチに直面したとき、いったいどのような行動をし、どんな対処法をとるのか。実際に“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”として採集してスタジオに集め、その体験談を紐解いていく新感覚バラエティー。これまでの放送に登場した激レアさんは主に一般人ばかりだったが、今回、番組史上初めて登場する有名人が野人・岡野だ。岡野はいったいどのような激レアさんなのか? なんと彼は「サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにする、という『ROOKIES(ルーキーズ)』ばりの体験をしたのにその話をあまりしていない」という激レアさん。1997年、日本を史上初のワールドカップ出場に導いた岡野。延長戦で劇的なゴールを決めたその試合は“ジョホールバルの歓喜”と呼ばれ、日本サッカー界に大きな歴史を刻んだ。そんな岡野だが、決して順風満帆なサッカー人生を歩んでいたわけではなく、入学した高校は、全国のヤンキーを集めて更生させるような学校だった。完備されている寮も年間100人が脱走をするという上下関係がとにかく厳しい...more
カテゴリー:

首都圏新築小規模戸建て価格、連続上昇 - 12月11日(月)09:00 

 (株)東京カンテイは7日、2017年11月の主要都市圏別・新築小規模一戸建て住宅平均価格動向を発表した。
カテゴリー:

瀧本美織、大地真央と初対面「お綺麗過ぎて吸い込まれる」 - 12月11日(月)17:00 

大地真央と瀧本美織が11日、来年1月8日(月)からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月~金、12:30~※BS朝日<再放送>毎週月~金、7:40~)を記念し、元麻布・善福寺の“越路吹雪の記念碑”を参拝した。この作品で大地は、越路吹雪の絶頂期、瀧本は、青年期を演じる。第1弾『やすらぎの郷』に続き、現在は、『トットちゃん!』が好評を博している“帯ドラマ劇場”。続く第3弾では、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記が放送される。越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだが、とても純粋な女の子だった。そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。そんな越路を今回演じることになった大地と瀧本。特に宝塚出身で、月組男役トップスターとして一時代を築いた大地にと...more
カテゴリー:

フッ化水素を安全かつ約100%の高効率で生成する手法を開発 - 芝浦工大 - 12月11日(月)15:07 

芝浦工業大学(芝工大)は、安全ながら有機溶媒に難溶なフッ化カリウムに対して、安価な固体酸を有機溶媒中に添加することで、フッ化水素にほぼ100%の効率で定量的に変換する手法を開発したと発表した。今回の生成手法は、特別な設備を必要とせず小規模なフローリアクター(流通式反応器)で連続的に生産ができるため、安全かつ低コスト化が見込めるものだという。
カテゴリー:

ロザン宇治原「疲労感はんぱないな!」天才キッズに大人げない攻めで対抗 - 12月11日(月)12:22 

今夜12月11日放送の『天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~』(テレビ朝日系、19:00~)では、人気クイズバラエティー『Qさま!!』とのコラボが初実現。ロザンの宇治原史規が天才キッズ相手に大人げない攻めで挑む。インテリ芸人が集まる『Qさま!』でも、数々の難問をクリアしてきた芸能界屈指の頭脳を持つ最強の刺客、ロザン・宇治原が登場するが、そんな宇治原の大ファンであり、わずか10歳で超難関の漢検一級に合格した天才キッズ・佐古奏くんが、宇治原の前に立ちはだかる。初対面で、緊張しながらも、大好きな宇治原を前に、サインをお願いするなど、子どもらしい表情をのぞかせるが……。第1ラウンドは「漢字1文字しりとり対決」。相手が書いた漢字の読みの、最後の文字から始まる漢字を書き、しりとり勝負を行う。宇治原は執拗に濁音だけを出し続けるなど、小学生相手に、真剣な面持ちで陰湿な攻めに。第2ラウンドは「難読出し合い対決」。2人が「くだもの」「楽器」「野菜」「体」「国名・地名」の5ジャンルから1つずつ、難読漢字の読み仮名問題を出題し、その正解数を競う。第3ラウンドは「多答対決」。「ごんべんの付く漢字」や「“けん”と読む漢字」「同じ文字を重ねた品字様の漢字」など、各条件に当てはまる漢字を、どれだけ多く書けるかを競う。「こんなにわかりやすく、攻守が入れ替わることってある!?」「疲労感はんぱないな!」など、百戦錬磨...more
カテゴリー:

“野人”岡野雅行が語るリアル『ROOKIES』に感動!若林正恭ら「泣いちゃう…」 - 12月11日(月)11:13 

サッカー元日本代表のストライカー、“野人”こと岡野雅行が、12月11日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)に出演し、テレビでほとんど語ってこなかった高校時代の激レア体験を語る。この番組は、人は、あまりにもレアすぎる状況に遭遇したとき、まさかのピンチに直面したとき、いったいどのような行動をし、どんな対処法をとるのか。実際に“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”として採集してスタジオに集め、その体験談を紐解いていく新感覚バラエティー。これまでの放送に登場した激レアさんは主に一般人ばかりだったが、今回、番組史上初めて登場する有名人が野人・岡野だ。岡野はいったいどのような激レアさんなのか? なんと彼は「サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにする、という『ROOKIES(ルーキーズ)』ばりの体験をしたのにその話をあまりしていない」という激レアさん。1997年、日本を史上初のワールドカップ出場に導いた岡野。延長戦で劇的なゴールを決めたその試合は“ジョホールバルの歓喜”と呼ばれ、日本サッカー界に大きな歴史を刻んだ。そんな岡野だが、決して順風満帆なサッカー人生を歩んでいたわけではなく、入学した高校は、全国のヤンキーを集めて更生させるような学校だった。完備されている寮も年間100人が脱走をするという上下関係がとにかく厳しい...more
カテゴリー:

中国人「静岡空港行ったら車は貧乏くさい軽ばっかりだわ、メシ食うとこないわでショボかった」 - 12月10日(日)11:53  news

「富士山」空港にガッカリ・・・レストラン見つからず、 旅行最後の食事がカップ麺に=中国人利用客 https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20171208_00031/ 中国メディア・今日頭条は6日、「富士山静岡空港の印象」とする文章を掲載した。 文章の作者はこのほど東京周辺を訪れる家族旅行を行い、最後に御殿場の アウトレットモールで買い物をしてから富士山静岡空港を出発する飛行機で 中国に帰国したとのこと。文章では実際にこの空港を利用した際の感想を、率直に紹介している。 まず印象に残ったのは、空港...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小規模」の画像

もっと見る

「小規模」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる