「小笠原諸島」とは?

関連ニュース

【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致★7 - 05月14日(日)01:38 

なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。 戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。 その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。 13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。 ■“大地震のクセ”が九州北部で……! 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致★5 - 05月13日(土)13:43 

なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。 戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。 その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。 13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。 ■“大地震のクセ”が九州北部で……! 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

西之島、火山活動続き東京ドームの59倍に - 05月12日(金)17:00 

海上保安庁は10日、東京・小笠原諸島の西之島で、火山活動により流れ出た溶岩が南西と西の方向に広がった結果、昨年9月と比較して島の陸地が約7ヘクタール拡大したと発…
カテゴリー:

【気象庁】全国の12の火山に「噴火警報」や「火口周辺警報」 - 05月12日(金)08:55 

気象庁は11日、全国の活火山の4月以降の活動状況や警戒すべき点について発表しました。噴火が発生したり火山活動が高まったりして、全国の12の火山に「噴火警報」や「火口周辺警報」が発表されています。 火口周辺警報は10火山 今後の噴火によって火口周辺や居住地域の近くに影響がおよぶおそれがある「火口周辺警報」が発表されているのは、群馬県の草津白根山、群馬と長野の県境にある浅間山、長野と岐阜の県境にある御嶽山、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の「新燃岳」と「えびの高原の硫黄山周辺」、鹿児島県の桜島...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致★2 - 05月11日(木)03:47 

なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。 戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。 その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。 13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。 ■“大地震のクセ”が九州北部で……! 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致★6 - 05月13日(土)22:46 

なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。 戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。 その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。 13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。 ■“大地震のクセ”が九州北部で……! 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致★4 - 05月13日(土)06:31 

なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。 戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。 その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。 13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。 ■“大地震のクセ”が九州北部で……! 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明!「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致★3 - 05月12日(金)11:57 

なんと、5月13日に九州北部でM7前後の大地震が起こるかもしれないというのだ。 戦慄の警告を発している科学者とは、以前の記事でも何度か紹介した、立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授。 その予測は、過去に国内で起きた地震をデータベース化して導き出した“大地震のクセ”に基づくものだという。 13日までは、すでに1週間を切っている。至急、詳細について紹介することにしたい。 ■“大地震のクセ”が九州北部で……! 2014年6月の記事で紹介したように、高橋氏は1930年代以降に国内で起きた有感地震すべてをデータ...
»続きを読む
カテゴリー:

【すくすく】 気象庁「西之島のマグマが衰える気配がない」 東京ドームの約59倍に拡大 - 05月11日(木)13:55 

火山活動を再開した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は10日、「溶岩流が海上に張り出し、面積は東京ドームの約59倍に拡大した」と上空からの観測結果を明らかにした。  今月2日に航空機で西之島上空を観測した海保によると、火口内にできた新しい火砕丘の中央で、ストロンボリ式噴火が40?60秒間隔で発生し、灰色の噴煙が高さ約500メートル上空に立ち上るようすを確認。  火口北側の2カ所にできた溶岩の流出口からは、島の南西岸に向かって流れる溶岩が見られた。 海上に張り出した溶岩流によって、海岸線は以昨年9月時点...
»続きを読む
カテゴリー:

西之島、東京ドーム1.5個分拡大wwwwww - 05月11日(木)02:34 

西之島 東京ドーム1.5個分拡大 日本テレビ系(NNN) 5/10(水) 19:47配信  先月、噴火の再開が確認された小笠原諸島の西之島が、東京ドーム約1.5個分、拡大したことがわかった。  今月2日に海上保安庁が撮影した西之島の映像には、新しくできた火口から白い噴煙が勢いよく上がる様子がとらえられた。  海上保安庁によると、島の西側と南西側の岸2か所で、溶岩流が海上に到達したことが確認されていて、 去年9月に測定した時に比べて島の面積が東京ドーム約1.5個分にあたる、7万平方メートル拡大したことがわか...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小笠原諸島」の画像

もっと見る

「小笠原諸島」の動画

Wikipedia

小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京都特別区の南南東約1,000kmの太平洋上にある30余の島々である。日本の国土で、東京都小笠原村の区域と完全に一致する。総面積は104km²。南鳥島沖ノ鳥島を除いて伊豆・小笠原・マリアナ島弧(伊豆・小笠原弧)の一部をなす。

概要

父島母島小笠原村に属しており、一般の住民が居住し、住民登録を受け付けられている。父島には海上自衛隊横須賀地方隊の父島基地分遣隊が常駐している。

硫黄島には、海上自衛隊の硫黄島航空基地隊等と、航空自衛隊の硫黄島基地隊が所在している。 南鳥島には、海上自衛隊硫黄島航空基地隊...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる