「小笠原諸島」とは?

関連ニュース

伊豆・小笠原の魅力が集まる!有楽町・東京愛らんどフェア - 04月27日(木)11:00 

伊豆諸島・小笠原諸島の豊かな自然や文化など、地域の魅力を広く紹介する「東京愛らんどフェア」が、5月26日(金)から28日(日)まで有楽町駅前広場にて開催される。 【写真を見る】島寿司イメージ 「東京の島には、『愛』がある。」をコンセプトに、伊豆諸島・小笠原諸島各島の特産品の展示や販売、観光紹介を行うほか、島の郷土料理として島寿司とサバサンドが販売される。ステージイベントではアイドルユニット「つりビット」によるトークライブも開催される。 東京の島々の魅力が届けられるイベント。この機会にその文化にふれてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】 【関連記事】 ・ペンギン赤ちゃんをイメージしたパフェが登場! ・”ニモ&フレンズ・シーライダー”オープンに先駆けスペシャルグッズが販売開始! ・プレミアムフライデー割引も!大阪「夏目友人帳 原画展」 ・【大阪観光】ハシゴがおもろいディープな街!安旨でハイレベルな天満の名店8選
in English
カテゴリー:

西之島 噴火で地形変化、再び拡大する可能性も - 04月26日(水)13:26 

 およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島で、新たに流れ出した溶岩などが陸地に積もり、島の地形が変化していることがわかりました。
in English
カテゴリー:

【小笠原諸島】1年半ぶり噴火再開の西之島 マグマ激しく さらに拡大も(動画あり) - 04月25日(火)20:54 

約1年半ぶりに噴火を再開した西之島を、25日午後2時ごろ、日本テレビのカメラがとらえた。火口からはマグマのしぶきが激しく飛んでいる。 20日、約1年半ぶりに噴火が再開した西之島では、新しく出来た火口から、勢いよく噴煙があがり、マグマのしぶきが噴き上がっている。 新たに出来た火口から流れ出した溶岩は海岸まで到達し、水蒸気が上がっているのも確認できた。元々あった島の部分はまだ溶岩に覆われていない状態で、白い鳥のような生物もみることができる。 去年の秋、上陸調査を行い、今回の取材にも同行した東京大...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

小笠原の西之島、再び噴火 - 04月24日(月)19:11 

2013年に小笠原諸島の西之島付近で発生した噴火は一時沈静化し、今年2月には火口周辺警報が解除されていたが、20日に再度の噴火が確認されたという(産経新聞、NHK、朝日新聞)。
in English
カテゴリー:

西之島 複数の場所から溶岩が流出 噴火活動は活発 - 04月22日(土)04:31 

20日、およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島では21日、複数の場所から溶岩が流れ出していることがわかりました。専門家は「噴火活動は活発で、今後の推移を監視する必要がある」と指摘しています。
in English
カテゴリー:

富士山・箱根“危険な予兆” 小笠原・伊豆諸島の噴火・警報に専門家「同じ東日本火山帯の列に」 - 04月26日(水)17:00 

これは何かの前兆なのか。2015年11月を最後に噴火が途絶えていた小笠原諸島の西之島で再び噴煙が立ち上り始めた。先月には、その北方にある伊豆諸島の海底火山でも噴…
in English
カテゴリー:

1年ぶりに噴火確認の西之島 さらに広がる可能性 - 04月26日(水)04:27 

今月、およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島について、気象庁が衛星の観測データを分析したところ、火口や、その付近から流れ出た溶岩が、海岸付近まで到達したと見られることがわかりました。気象庁は今後、島がさらに広がる可能性があるとして、注意深く監視を続けることにしています。
in English
カテゴリー:

東京にかつて存在した「5つの半島」ーー江戸幕府以前に支配した3人の謎とは? - 04月25日(火)11:00 

【東京ミステリーツアー(1)前編】 徳川家康が江戸幕府を開く以前に、東京を支配した者が3人いる―。 歴代の統治者たちに共通するのは、東京にかつて存在した「5つの半島」を掌握していたこと。彼らは皆、東京湾に突き出した台東、文京、千代田、港、品川の5半島を支配し、発展させ、そして去っていった。そこには栄枯盛衰のどんなドラマがあったのか。 ロビンソン・クルーソーのモデルとなった人物の住居跡を発見し、世界を騒然とさせた探検家・高橋大輔氏、歴史の陰に隠された東京5半島の謎に挑む! ■“因縁”の東京都知事 今一番会ってみたい人は? わたしならこの質問に、東京都知事と答える。史上初の女性都知事だからというわけじゃない。実は会いたい人の第1位は2010年からずっと変わらない。その間、都知事はコロコロと変わったが、ブレることはない。 探検家が都知事と面会したいと言えば変な話と思うだろう。人口過密の都会に未探検の秘境などありそうもない。都知事に会ったところで話が噛み合うはずなどない、と。 実は東京には世界中の人々を驚かせる、漂流の島がある。都心部から南へ約580km、八丈島と小笠原諸島の中ほどにある伊豆鳥島(いずとりしま)だ。そこにはジ...more
in English
カテゴリー:

西之島で1000mの噴煙、海保は周辺航行に注意 - 04月22日(土)12:13 

 20日、およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島で21日、高さ1000メートルにまで噴煙が上がっているのが確認されました。
in English
カテゴリー:

西之島、新たな“火口”確認 4/22 2:37更新 - 04月22日(土)02:37 

海上保安庁によると、20日に噴火再開が確認された小笠原諸島の西之島で、新たな火口が確認された。火口からは溶岩が噴き出ていて、調査に同行した専門家は、「溶岩の流出がしばらく継続する可能性が高い」と分析している。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「小笠原諸島」の画像

もっと見る

「小笠原諸島」の動画

Wikipedia

小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京都特別区の南南東約1,000kmの太平洋上にある30余の島々である。日本の国土で、東京都小笠原村の区域と完全に一致する。総面積は104km²。南鳥島沖ノ鳥島を除いて伊豆・小笠原・マリアナ島弧(伊豆・小笠原弧)の一部をなす。

概要

父島母島小笠原村に属しており、一般の住民が居住し、住民登録を受け付けられている。父島には海上自衛隊横須賀地方隊の父島基地分遣隊が常駐している。

硫黄島には、海上自衛隊の硫黄島航空基地隊等と、航空自衛隊の硫黄島基地隊が所在している。 南鳥島には、海上自衛隊硫黄島航空基地隊...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる