「小笠原拓郎」とは?

関連ニュース

17~18秋冬パリ・メンズコレⅠ - 01月23日(月)06:00 

 【パリ=小笠原拓郎】17~18年秋冬パリ・メンズコレクションは、不景気を反映してかコラボレーション企画が相次いでいる。ブランド同士がその強みを生かしてダブルネームのコレクションを発表することで違う魅力を発揮することができる。  しかし、それは一方で、コラボレーションではないオリジナルのクリエイションで勝負し切れないという問題もはらんでいる。■ルイ・ヴィトン×シュプリーム ルイ・ヴィトンがコラボレーションしたのはストリートの大人気ブランド「シュプリーム」だ。小さなショルダーバッグやボストンバッグ、コインケースのようなアクセサリーまで、エピの赤に白抜きでシュプリームのロゴが描かれる。  シャツにモノグラム柄とともにシュプリームのロゴがのせられる。コートはサイドにスリットを入れたディテールが特徴で、シャツやスカーフをウエストから垂らしてフルイドシルエットを作る。アリゲーターのブルゾンや刈り込みファーのコートなどのラグジュアリーな素材感を生かしたアイテムもいっぱい。  スカーフ柄のパジャマスーツやランドスケープ柄を描いたシャツも。レコードのターンテーブルを持ち運べるモノグラムのバッグも目立った。ルイ・ヴィトン ルイ・ヴィトン ルイ・ヴィトン■ジュンヤワタナベ・マン×ザ・ノース・フェイス ジュンヤワタナベ・マンは「ザ・ノース・フェイス」とのコラボレーションが充実した。チェックのシャツやダウ...more
in English
カテゴリー:

17~18秋冬ミラノ・メンズコレⅢ - 01月19日(木)06:30 

スポーツミックス定着 【ミラノ=小笠原拓郎】17~18年秋冬ミラノ・メンズコレクションは、ここ数シーズンのトレンドとなったスポーツを背景にしたスタイルが依然として強い。  トラックスーツにテーラードを組み合わせたラインがその代表で、前シーズンの「ゴシャ・ルブチンスキー」のようなストリートスタイルがすっかりメイントレンドとして定着した。■フェンディ フェンディは上質のファーとスポーツの要素を組み合わせて遊んだ。レパードプリントのファーコートやウールコートなど、レパード柄がいっぱい。ミンクのコートはタイポグラフィーで変化を作り、刈り込みでブランドロゴを取り入れる。 ファーのエレガントなアウターと合わせるのはジャージートップやサイドにストライプの入ったトラックパンツなど。ファーサンダルやヘアバンド、ニットキャップといったアクセサリーも充実している。「ファンタスティック」「トライ」などヘアバンドには様々なメッセージがのせられている。フェンディ■ヌメロ・ヴェントゥーノ ヌメロ・ヴェントゥーノは、ミリタリーとアウトドアの要素を取り入れながら、アレッサンドロ・デラックアらしいセンスの光るコレクションを見せた。カムフラージュのブルゾンはキルティング仕立て、チェックのブルゾンもヨークがカムフラージュで切り替えられる。ジャカードの編み地が途中で変化するセーターやスポーティーなフリースブルゾン、ダウンジ...more
in English
カテゴリー:

17~18秋冬ミラノ・メンズコレI - 01月17日(火)06:50 

スポーツエレガンスが主流  【ミラノ=小笠原拓郎】17~18年秋冬ミラノ・メンズコレクションは、依然としてテーラーリングとスポーツのミックスがトレンドの主軸となりそうだ。側章が付いたジャージーパンツやヘムにスリットを入れたパンツなど、機能的で軽やかなパンツと伝統的なテーラードを合わせる。■きれいな色のモダンスタイル…マルニマルニ マルニ フランチェスコ・リッソによる新生マルニは、きれいな色と優しいタッチを組み合わて軽やかなラインを作った。プラダのデザインチームにいた経歴を持つリッソだけに、その作風はモダンで日本的な要素も感じさせる。赤やオレンジ、グリーンやベージュといった色とボリューム感の組み合わせがイタリアっぽくなくて面白い。特徴はパンツで、ワイドシルエットで10㌢くらいの大きな折り返しをしたものがメインとなる。スーツやコートに太いレザーのオーバーベルトを巻き、さまざまな毛足で刈り込んだファーのスクエア柄をジャケットやコートにのせる。太うねコーデュロイやガンクラブチェックなどの伝統的な素材をカジュアルエレガンスの中で表現する。ファーのストライプ柄の帽子やファーのアップリケのシャツアウターなど、ファーの使い方にブランドの伝統が生きている。■ヴェルサーチヴェルサーチ ヴェルサーチがこの間のスポーツの流れをベースにしながら、シックなイメージを加えた。ブランケットのようなタッチのグラフィ...more
in English
カテゴリー:

17-18秋冬ロンドン・メンズコレIII - 01月12日(木)06:30 

 【ロンドン=小笠原拓郎、若月美奈通信員】17~18年秋冬ロンドン・メンズコレクションには、ソフトな素材で作るデコンストラクトなスタイルが広がっている。その流れとして、異素材のはぎ合わせによるリサイクルやアップリケを多用したカスタマイズも多い。チャンキーな編み込みセーターからディテールの変化で見せるローゲージのセーターまで、ニットウェアが充実している。  ■KTZ KTZは黒と白をベースに、たくさんのレースアップのディテールを取り入れた。スウェットパーカのようなストリートアイテムが靴ひものような白いひもで締め上げられ、フェティッシュな空気をはらむ。ウエストに付けられたレースアップパーツは、まるでコルセットのようでもあり、大きなサイズのパーカに変化を作る。後半はキルトスカートを思わせるプリーツスカートやギャザースカートのレイヤード。ストリートのやんちゃな空気をベースにしながらも、新しい服のありようを模索した。KTZ■ヴィヴィアン・ウエストウッド ロンドン・メンズコレクション初参加となったヴィヴィアン・ウエストウッドは、メンズとレディスを一緒に見せた。ずるずるのパッチワークセーターの男性からスタートしたショーは、裾をジオメトリックにカットしたかっちりとしたテーラードスーツの女性、同じジャケットの男性、ヴィヴィアン自身のポートレートやお化けの顔がいっぱいプリントされたエレガントなドレスの...more
in English
カテゴリー:

17~18秋冬ミラノ・メンズコレⅣ - 01月20日(金)06:30 

ワイルドでエレガントな男性像に焦点 【パリ=小笠原拓郎】17~18年秋冬パリ・メンズコレクションに、ちょっとワイルドな雰囲気とエレガンスの両方を持った男性像が広がっている。  ハンドクラフトの技術を生かしながら、どこかスカした雰囲気に仕上げるスタイルが新鮮だ。  ■ヴァレンティノ ヴァレンティノは上質な素材にタイポグラフィーのアップリケをのせて、ストリートのエッジを取り入れた。カシミヤダブルフェイスの上質なコートやケープは、バックにタイポグラフィーのアップリケが描かれる。スーツやジャケットの中に着るニットにも同じタイポグラフィー。上質な素材とクリーンな色と文字の配色が楽しく、若々しい。ブルーチェックのスーツも細いボウを巻いているが、あくまでもキャップとスニーカーでカジュアルに。パンツのシルエットがほとんどテーパーのないストレートで、それにクッションを入れることでフレアのように見える。ジャケットやコートはパテントレザーや大柄のウールチェックで、少しレトロな雰囲気を漂わせる。ヴァレンティノ ヴァレンティノ ヴァレンティノ■ハイダー・アッカーマン ハイダー・アッカーマンが見せたのは、タータンチェックとレザーを組み合わせたワイルドなスタイル。チェックとレザーを切り替えたベスト、ヨークをレザーで切り替えたチェックのシャツジャケットなど、手仕事を生かした繊細な切り替えで見せる。ピンクのウォッシ...more
in English
カテゴリー:

17~18秋冬ミラノ・メンズコレII - 01月18日(水)06:37 

ロープ、ネルシャツなど登山スタイル取り入れて  【ミラノ=小笠原拓郎】17~18年秋冬ミラノ・メンズコレクションに、登山の要素を取り入れたスタイルが広がっている。カラビナにロープ、パーカにネルシャツのレイヤード。ヨークの切り替えやアップリケなどの装飾も増えている。■レトロマジック…プラダ キャメル、ブラウン、グリーン、コーデュロイの懐かしいタッチ。プラダがバナルでレトロな魅力あふれるコレクションを見せた。キャメルベージュのコーデュロイのパンツやブルゾンは、70年代を思わせるレトロなムード。素朴な雰囲気に、太めのファーのベルトがアクセントになる。レザーとファーを切り替えたコートやジャケット、貝殻のネックレスに静物画プリントのセーター。  懐かしいだけでなく、繊細なメンタリティーを抱えたようなスタイルだ。スーツはポケットの切り替えをアクセントに。足元は、ファーのボリュームを生かしたシューズやメタル刺繍のサンダルなど。同じラインで出しているレディスのプレコレクションの方がアイテムのバリエーションがあって、よりバランス良くダサさと可愛さを出せている。とはいえ、スポーツとトラッドに終始するミラノ・コレクションの中で、独自の存在感を示した。■ディースクエアードディースクエアード ディースクエアードは、登山を背景にしたカジュアルスタイルを揃えた。ボリュームたっぷりのセーターにネルシャツを腰に巻い...more
in English
カテゴリー:

「サルバム」が軽やかに布で遊ぶ ピッティ招待デザイナーのショー - 01月16日(月)06:30 

 【フィレンツェ=小笠原拓郎】17~18年秋冬ピッティ・イマジネ・ウォモ展の期間中、招待デザイナーのファッションショーが開催された。■サルバム 靴ひもを結ばずにズルズルと歩くモデルたち。「サルバム」はアブストラクトなヘムのカットから裏地をのぞかせ、ステッチワークやストリングスのディテールで遊んだ。これまでと共通するラインだが、いらだちや焦燥感のようなもの込めた服というよりも、ちょっと肩の力の抜けた雰囲気に変化した。 きっちりとしたテーラーリングがほとんどなかったこともあり、ファーストショーで色濃かった「ヨウジヤマモト」の面影は随分と薄れた印象だ。そこに残ったのは藤田哲平らしい、軽やかな布の遊び。ロングシャツのレイヤードや太めのパンツの量感、ペーパータッチのジャケットのカットオフの荒々しさが彩りとなる。 カムフラージュのアイテムも多いが、その分量ゆえにミリタリー風には見えず、ただの柄のようなイメージ。ボリュームたっぷりのニットを頭からぐるぐる巻いたトップなど、ほんのり毒気も匂わせてヨーロッパのデビューショーを飾った。 惜しむらくは、大きな会場でどういう見せ方がよりベターなのかをもう少し緻密に煮詰められれば良かったか。服の細かな気配がもう少し伝えられれば、より評価は高かったように思う。サルバム(写真=catwalking.com)■ティム・コペンズ 「ティム・コペンズ」はトラディショナ...more
in English
カテゴリー:

17~18awロンドン・メンズコレII - 01月11日(水)06:36 

ラグジュアリーストリートの次の一歩は?  【ロンドン=小笠原拓郎】17~18年秋冬ロンドン・メンズコレクションに、鮮やかなカラーブロックやデコンストラクトのデザインが登場している。ヒップホップカルチャーを背景にしたラグジュアリーストリートの台頭により、注目の的となったロンドンの若手たちだが、次の一歩をどう踏み出せるかが問われている。クロシェの装飾…JWアンダーソンJWアンダーソン JWアンダーソンはクロシェニットやチャンキーニットなどをふんだんに使った。セーターやブルゾンのポケットや身頃にクロシェニットをアップリケしてアクセントに、靴のアッパーにもニットパーツを飾り、歩くたびに足元がひらひらと揺れる。ストライプシャツはランドスケープのようなぼんやりした柄の切り替え。チャンキーニットのセーターはロングスリーブや床を引きずるニットマフラーと合わせて、ボリュームたっぷりで着る。 メルトンコートも袖がチャンキーニットの切り替えだ。パンツはワイドシルエットやサルエル、ハーレムパンツ風などさまざま。そのバランス感は微妙でとらえがたい。かつてミニマリズムとしてと評価されていたジョナサン・アンダーソンのデザインは、どんどん装飾過多になっている。それでも前シーズンまでは、まだひんやりとした空気に包まれていたのだが、秋冬はクロシェや色使いのせいかノスタルジックな温かみのようなものも感じられる。クロシェ...more
in English
カテゴリー:

「小笠原拓郎」の画像

もっと見る

「小笠原拓郎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる