「小田和正」とは?

関連ニュース

映画監督になるにはどんなルートがある? あの名監督の経歴から知ろう - 06月27日(火)07:00 

映画が好きな人なら、「自分でも映画を監督してみたい」と思うこともあるでしょう。しかし、商業映画の監督になるのは非常に難しいことです。特に多くの劇場で公開される映画の監督になるのは至難の業です。今回は(実写)映画の監督になるにはどうすればいいかについてご紹介します。異業種から映画監督にオファーされる人も増えているなど、映画監督になる方法もいろいろです。どのような人が、どのようなパスを通って監督になったのかを見てみましょう。■昔ながらのパス、助監督から映画監督に!かつては映画はエンターテインメントの最高峰でした。各映画会社が映画製作スタジオを持って大量のスタッフを雇用していた時代があったのです。そのころは、映画監督になるには、まず演出部に入って助監督を務め、映画の製作・演出について修業するのが一般的でした。その後に映画監督として指名されるのを待つのです。助監督といっても、サード⇒セカンド⇒チーフと、経験・力量によってその地位は分かれています(サードの下にフォースがいることもあります)。チーフの助監督になって、やっと次の監督への道が開けるのです。このようなスタジオの育成システムが機能していた時代には、まず助監督になってサードから修業を始めることが監督になる第一歩でした。現在でもその名残がありますが、映画監督になるのにまず助監督、という道はかつてのように唯一のものではなくなっています。異業...more
カテゴリー:

宇多田ヒカル、登山ロケ敢行!大パノラマの絶景に「鳥になったような気持ち」 - 06月16日(金)20:00 

6月16日(金)より全国で放送される「サントリー天然水」の新テレビCM「水の山行ってきた 奥大山(おくだいせん)」篇に宇多田ヒカルが出演。同製品の水源である奥大山を舞台にハードなロケを敢行、大自然を肌で感じる姿をリアルに描いた、臨場感たっぷりの作品が完成した。 【写真を見る】断崖絶壁に座る宇多田ヒカル CMの舞台は、緑鮮やかなブナの森と清らかな渓谷、そして雄大な山々のパノラマを懐に抱く“水の山”。 木漏れ日が差し込むブナの森、雪解けの清らかな水が流れる渓谷を歩く宇多田は、険しい山を登り、名峰・大山を望む絶景スポットを目指した。 渓流の撮影は「サントリー 天然水の森 奥大山」付近に流れる川で行われた。コケに包まれた岩が点在する美しい渓流。5月の中旬の撮影ということで、奥大山の雪解けの清らかな水が流れる季節だが、川面の水を触った宇多田は「冷たい!」の一言。ガイドスタッフの説明によると水温は10℃とのこと。 また、美しい渓流に佇むシーンでは、渓流で表面が濡れる岩場に宇多田が裸足で立っているところを撮影した。時折、雲が出る中、日の光の具合が最良なタイミングを狙い何度も撮影が行われた。 裸足で挑むシーンは10分ほど撮影されたが、そのかいあって美しく印象的なシーンの撮影に成功。宇多田も、このシーンの撮影が印象に残っていたようで、川を後にする際には「さようなら、冷たかったよ、忘れないよ、君の冷た...more
カテゴリー:

「小田和正」の画像

もっと見る

「小田和正」の動画

Wikipedia

小田 和正(おだ かずまさ、1947年9月20日 - )は、日本ニューミュージックシンガー、シンガーソングライター音楽プロデューサー。元オフコースリーダーボーカル。株式会社ファー・イースト・クラブ (FAR EAST CLUB INC.) 代表取締役社長。身長172cm。血液型はA型。

来歴 生い立ち

横浜市金沢区出身。金沢文庫すずらん通り商店街にある小田薬局で次男として育ち、兄が一人居る。兄は家業を継ぎ薬剤師となり小田薬局の店長を務める傍ら、日本チェーンドラッグストア協会、横浜市金沢区薬剤...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる