「小泉孝太郎」とは?

関連ニュース

木村拓哉 「ひとりじゃないことだけは忘れないでほしい」 - 04月27日(木)07:00 

 4月29日公開の映画『無限の住人』(三池崇史監督)で、不死身の侍・万次を演じる木村拓哉(44才)。これまでの人生で挑戦してきたこと、そして今作の撮影裏話を聞いた。  * * *  自分の人生でいちばん挑戦したこと? 毎回、違う作品で演じることだと思います。台本を初めて手にして演技したのは蜷川幸雄さんの作品だったので、その時のことは鮮烈に覚えていますね。何も知らなかったので、“伝えなければ何もない”ということを蜷川さんにまず教えていただいた気がします。  今回の映画『無限の住人』でのいちばんの挑戦は、“自分がいかに原作に描かれた世界の万次としていられるか”。原作があるというプレッシャーの“圧”を感じなかったかというと、「まったくそんなの関係ないよ」というのは嘘になる。万次として日々、現場に立ち続けることは、挑戦しがいがありました。自分が主役であるということを意識するよりも、万次を演じきることが優先順位としては上でしたね。三池組で演じる喜びがあったし、クランクアップした瞬間に、あぁ、終わっちゃった…という気持ちがすごくありました。  万次のように、もし困難な状況にある人にアドバイスをするなら? 無理はしなくてもいいけど、踏ん張れるだけ踏ん張ったほうがいいと思う。必ずひとりじゃないと思うので、それだけは忘れないでほしいです。凜(杉咲花)は100%弱いし(笑い)、万次だって不死身の体をし...more
in English
カテゴリー:

小出恵介主演で荻原浩の「神様からひと言」がドラマ化! - 04月25日(火)14:15 

6月10日(土)から小出恵介主演の土曜ドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」が放送されることが決定した。 直木賞作家・荻原浩の原作を元に、食品メーカーでクレーム対応に奮闘するサラリーマン・凉平(小出)の成長を描く。 主人公の凉平は、曲がったことが嫌いな熱血漢。上司との衝突が原因で、大手広告会社から「珠山食品」という食品メーカーに転職するが、着任早々、再び上司とけんかしてしまう。 そんな彼が新たに配属されたのは、モンスタークレーマーたちに対応する「お客様相談室」。始めはふてくされていた凉平だったが、個性豊かな同僚たちに囲まれて、クレーム処理のスキルや精神を身に付け、人間としても成長していく。 脚本は、連続テレビ小説「マッサン」(2014~2015年)を手掛けた羽原大介が担当し、ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜてクレーム処理の最前線に光を当てる。 共演は、岸井ゆきの、三宅弘城、吉沢悠、小泉孝太郎、市毛良枝、草笛光子、段田安則ほか。 【関連記事】 ・“ダメ父ちゃん”沢村一樹「もう一歩頑張ってみよう」 ・小出恵介が日テレ連ドラに出演!「ごくせん」以来11年ぶり ・多部未華子と小出恵介が“ちぐはぐ”な兄妹役で初共演 ・小出恵介、つんくがモデルのアイドルP役に挑戦!
in English
カテゴリー:

デーブ・スペクター 30年活躍できる背景に日本愛と日々の研究 - 04月22日(土)07:00 

 かつては珍しがられた「外国人タレント」も今や当たり前になっている。入れ替わりの激しい中、30年の長きにわたって活躍し続けているのがデーブ・スペクターだ。『サンデー・ジャポン』(TBS)や『とくダネ!』(フジテレビ)といったワイドショーのコメンテーターとしてもおなじみだ。そんなデーブの「オンリーワン」な魅力とは?  フォロワー数110万人を誇る彼のTwitterには、ユーモアあふれるダジャレが毎日投稿されている。 「フランス製のポテトチップスはパリパリ」 「頼れる観光地→すがる海峡」 「じゃんけんが得意な歌手→aikoでしょう」  注目すべきはその「語彙力」だ。森友学園による国有地買収問題に端を発する話題に触れたときには、 「昭恵夫人の行き付けの喫茶店→公人コーナー」 「官僚用の風邪薬→ソンタック咳止め」 「籠池ファミリーが呼ぶタクシー→抵当無線」といったように、言葉の知識が多少なりとも求められるダジャレをつぶやいている。   ◆外国人タレントとしての役割を自己プロデュース  その日本語能力は、彼がまだアメリカ・シカゴに住んでいたころに育まれた。  小学校時代、日本からワタル君という転校生がやって来て、『おそ松くん』や『巨人の星』といった漫画を見せてくれたことがきっかけで日本に興味を持つようになった。そして小学校とは別に、日本人学校にも通っていたという。    そんな中で深めていっ...more
in English
カテゴリー:

小泉孝太郎、父・純一郎氏の恋人の隣の部屋に住む - 04月21日(金)16:00 

 60代ぐらいの女性とふたりで、X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』を鑑賞していたところを本誌・女性セブンにキャッチされた小泉純一郎・元首相(75才)。お相手の女性は、赤坂の芸者だった浦沢敬子さん(仮名)。純一郎氏が30代半ばだったころに出会い、離婚後3、4年経ってから恋人関係になった。その後、純一郎氏が首相に就任するにあたり、関係を断ったが、ここ4~5年で月に何度かデートする仲になったという。  浦沢さんを知る赤坂の料亭関係者は、かつてのふたりの交際についてこう話す。 「彼女はとても慎ましくて、常に言葉少なめで一歩引いて横に控えるタイプです。政治家の妻になるには自分の出身が邪魔をしてしまうのはもちろん、彼女としても好ましくないと考え、自分の記事が表に出ないよう細心の注意を払っていたのだと思いますよ。生き馬の目を抜くような政治の世界で闘う純一郎さんにとって、心が癒される存在だったはずです」  そんな浦沢さんを、「小泉家」も認めるようになっていった。小泉家の知人が当時を振り返る。 「とりわけ驚いたのは、小泉家のゴッドマザーといわれた純一郎さんの姉の信子さんが、浦沢さんを認めていたことでした。控えめで性格が穏やかで、それでいて口が堅い浦沢さんを気に入った信子さんは、彼女のことをとてもかわいがり、2人きりで食事に出かけることもしばしばでした」  そんな純一郎氏と浦沢...more
in English
カテゴリー:

池井戸潤原作ドラマ『アキラとあきら』小泉孝太郎、石丸幹二ら出演決定 - 04月20日(木)07:00 

 「半沢直樹」シリーズや『下町ロケット』、『民王』などの池井戸潤氏の“幻”の長編と呼ばれていた作品が徳間書店よりオリジナル文庫刊行されるのに合わせ、WOWOWで映像化する『連続ドラマW アキラとあきら』(7月9日スタート、毎週日曜 後10:00、全9話※第1話無料)。自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才2人の“宿命”を、俳優の向井理と斎藤工のダブル主演で描くヒューマンドラマの脇を固めるキャストが一斉に発表された。 【写真】ダブル主演の向井理と斎藤工  同ドラマは、大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどう・あきら/向井)。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざき・あきら/斎藤)。バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、2 人の人生は何かに導かれるように交差する。  産業中央銀行の人事部・安堂章二役に小泉孝太郎、彬の父であり、東海郵船・社長の階堂一磨役に石丸幹二、瑛の父・山崎孝造役に松重豊、瑛の同級生、北村亜衣役に田中麗奈が決定。  彬の弟・階 堂龍馬役には連続ドラマW初登場の賀来賢人、一磨の弟であり、東海旭商会・社長の階堂晋役に木下ほうか、東海旭観光・社長で晋の弟、階堂崇役に堀部圭亮、産業中央銀行の彬の同僚・水島カンナ役に連続ドラマW初登場の瀧本美...more
in English
カテゴリー:

小出恵介「クレーム処理」で成長するサラリーマン役 『神様からひと言』連ドラ化  - 04月25日(火)14:20 

 俳優の小出恵介が、NHKで6月10日スタートの土曜ドラマ『神様からひと言~なにわお客様相談室物語~』(毎週土曜 後8:15~8:43、全6回)に主演することがわかった。 【写真】原作者の荻原浩氏  食品メーカーの「お客様相談室」に望まず配属された会社員が、個性あふれる仲間たちとクレーム処理に奮闘する中で、自分の人生を見直していくストーリー。『海の見える理髪店』で第155回直木賞を受賞した荻原浩氏のサラリーマン小説を、ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜて、連続テレビ小説『マッサン』(2014年)の羽原大介氏が脚本化。  主人公・佐倉凉平(小出)は、曲がったことが嫌いな熱血漢だが、時々正義感があふれすぎて上司と衝突してしまうことも。それが原因で、大手広告会社から「珠山食品」に転職してきたばかりだが、着任早々の大きな会議の席、また上司とケンカをしてしまう。失敗続きの彼が新たに配属されたのは「お客様相談室」。昨今話題のモンスタークレーマーたちに対応する社内では最前線の部署だ。  始めはふてくされていた涼平だったが、「相談室」には、癖はあるけれど面白おかしい面々が。遅刻魔でだらしない先輩が、実はクレーム処理の達人だったり…。「自分は会社組織には合わないのではないか」と感じていた凉平が、「クレーム処理」のスキルや精神を身につけ、人間的にも成長していく姿を痛快に描く。  小出のほ...more
in English
カテゴリー:

超絶美脚松井愛莉&佐藤晴美コンビで初表紙 気になる結婚観も - 04月22日(土)18:23 

 モデルで女優の松井愛莉(20)とE-girls/Flowerの佐藤晴美(21)が、きょう22日発売のファッション誌『Ray』6月号(主婦の友社)の表紙を飾った。ともに同誌で専属モデルを務めるAI&HARU(アイハル)コンビでの表紙は初となった。 【写真】“ニコイチ”コーデや女子トークも掲載  松井は170センチ、佐藤は173センチと長身コンビの“超絶美脚”が映えるフォトセッションが展開されているほか、二人への「一問二答」、双子のような「ニコイチコーデ」、プリントシール撮影や卓球対決、もんじゃ焼き屋での二人ごはんの実況中継も掲載される。  佐藤は誌面で「モデルはチアシードばかり食べていると思っていたら、Rayモデルはがっつり焼肉が好きだということに驚いた」と告白。松井は「私は福島出身だから、晴美ちゃんが山形の人で、東北だってわかった瞬間にめっちゃ心を許してたんだよ(笑)。人見知りなのに」と振り返る。ほかにも「結婚するなら何歳まで? どんな人?」といった気になる結婚観まで、女子トークを繰り広げている。  ほかに、今春高校を卒業したばかりでRay読者と同世代の女優・福原遥(18)がゲストモデルとして登場し、「オトナ可愛くなれる」コーディネートを披露。トレンディエンジェル・斎藤司(38)の「オフィスラブ企画」では、朝比奈彩(23)、松元絵里花(21)とともにドキドキの社内恋愛の雰...more
in English
カテゴリー:

小泉孝太郎、父・純一郎氏の恋人の隣の部屋に住む - 04月21日(金)17:00 

60代ぐらいの女性とふたりで、X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』を鑑賞していたところを本誌・女性セブンにキャッチされた小泉純一郎・元首相(…
in English
カテゴリー:

池井戸潤原作ドラマに石丸幹二が抱いた期待と不安 - 04月20日(木)12:00 

池井戸潤の“幻”の長編”と呼ばれていた「アキラとあきら」を原作に、7月9日(日)にスタートするWOWOWドラマ「連続ドラマW アキラとあきら」の豪華キャスト陣が解禁となった。 本作は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ。 WOWOWが池井戸作品を手掛けるのは「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」、「連続ドラマW 下町ロケット」「連続ドラマW 株価暴落」に次いで4作目だが、今回はその中でも最長の全9話で制作。スリリングな展開と重厚な人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと堪能できる。 大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛。2人の人生は、何かに導かれるように交差する。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折...。人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描く。 彬役には6月に自らが企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開を控える向井理、瑛役には...more
in English
カテゴリー:

向井理×斎藤工の主演ドラマ「アキラとあきら」に小泉孝太郎、田中麗奈ら出演 - 04月20日(木)07:00 

 池井戸潤氏の長編小説「アキラとあきら」を向井理と斎藤工の主演で実写化する「連続ドラマW アキラとあきら」に、小泉孝太郎、松重豊、田中麗奈、賀来賢人、木下ほうか、瀧本美織、石丸幹二らが出演していることが明らかになった。  原作小説「アキラとあきら」は、「下町ロケット」「半沢直樹」「花咲舞が黙ってない」「民王」などで知られる直木賞作家・池井戸氏の最新作で、徳間文庫から5月17日に刊行される。主人公は、大企業「東海郵船」の御曹司・階堂彬(向井)と、父の会社の倒産や夜逃げなど苦難の道を歩んできた男・山崎瑛(斎藤)。バブル経済の崩壊に見舞われた激動の時代を背景に、メガバンク・産業中央銀行に入行した“アキラとあきら”の宿命のドラマを、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折といった人生のキーワードを盛り込みながら映し出す。  産業中央銀行の人事部・安堂章二を演じる小泉は、「向井君、斎藤君が演じる2人のアキラの理解ある上司役として、安堂という役を頂いたことに大きなやりがいを感じています。大きな組織の中で悩み、葛藤しながら生きていく前向きな2人のアキラを支えたい! という一心で撮影に臨んでいます」と意欲をみなぎらせてる。  一方、瑛の同級生・北村亜衣役の田中は「いつでも媚びない独特の世界観を発信しながらも視聴者を魅了していく作品作りは、演者側からとしてもとても魅力的です。そんな...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「小泉孝太郎」の画像

もっと見る

「小泉孝太郎」の動画

Wikipedia

小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう、1978年7月10日 - )は、日本俳優タレント神奈川県横須賀市出身。愛称は孝太郎こうちゃんこいちゃんこたろうなど。イザワオフィス所属バーニング系列のプロダクションオーロラが一部介入。。

実父は第87・88・89代内閣総理大臣小泉純一郎、実弟は政治家小泉進次郎

人物・来歴等

神奈川県横須賀市生まれ。1982年、4歳のときに両親が離婚。関東学院六浦小学校、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる