「小泉今日子」とは?

関連ニュース

不倫にハマる大人たち、私はこうして分別の一線を越えた(下) - News&Analysis - 02月23日(金)05:00 

昔からある「熟年不倫」。事務所を退社した小泉今日子がきっぱりと不倫宣言をしたことに注目が集まったが、これまでも40~50代の不倫はほうぼうで取り沙汰されている。なぜ人は熟年不倫にハマってしまうのか。
カテゴリー:

筒美京平の初自選集に少年隊、小泉今日子、小沢健二、TOKIOほか収録 - 02月22日(木)22:21 

作曲家の筒美京平による初の自選作品集「筒美京平自選作品集 50th Anniversaryアーカイヴス」が3月7日に日本コロムビア、ビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージックより3作同時リリースされる。
カテゴリー:

専門家太鼓判「乾いた縦しわの唇」に効く「50代向けルージュ」 - 02月21日(水)16:00 

「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。頬が脂肪の重みで落ちてきて、ほうれい線が深くなってしまう。ファンデーションをつけて笑うと、そのままほうれい線の形が残ってしまうという人も。またルージュを塗っても、なかなか唇の縦じわを隠せなくなってしまいます」 そう話すは、50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さん。年を重ねると、若かったときに使っていた化粧品ではいろいろ不都合が出てくるという。 「そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えています。CMには小泉今日子さん(52)、真矢ミキさん(54)、沢口靖子さん(52)をはじめ、若々しく美しい新50代女性が多く起用されています」(鈴木さん) さらに、資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさんは次のように語る。 「『おっくう』というのはこれまでにない悩み。まさに時短時代を反映しています。それを受けて、オールインワンタイプのようなラクできる化粧品が増えました」(小西さん) はたして、どの化粧品を選べばいいのか。そこで、ドラッグストアで買える50代向けのおすすめルージュ商品を、鈴木さんと小西さんに教...more
カテゴリー:

皮脂が5分の1に…「50代の悩み」に応える専用化粧品急増中 - 02月21日(水)11:00 

「50歳をすぎると、化粧の悩みが一気に増えていきます」 そう語るのは、日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさんだ。 「50代になると、皮脂の量が40代に比べて5分の1に減少します。潤いをキープする力が弱まり、肌が乾燥しやすくなってしまう。また、肌の黄ぐすみや、筋力の衰えによる瞼のたるみも出てきます」(小西さん) さらに、50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さんはこう続ける。 「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。頬が脂肪の重みで落ちてきて、ほうれい線が深くなってしまう。ファンデーションをつけて笑うと、そのままほうれい線の形が残ってしまうという人も。またルージュを塗っても、なかなか唇の縦じわを隠せなくなってしまいます」(鈴木さん) 年を重ねると、若かったときに使っていた化粧品ではいろいろ不都合が出てくるのだ。 「そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えています。CMには小泉今日子さん(52)、真矢ミキさん(54)、沢口靖子さん(52)をはじめ、若々しく美しい新50代女性が多く起用されています」(鈴木さん) さらに、資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。 「『お...more
カテゴリー:

『小島慶子 気になるカノジョ』──不倫と整形はどっちに転んでも叩かれる。夫の愛人なら許せないけど… - 02月21日(水)10:00 

“キョンキョン”こと小泉今日子が俳優の豊原功補との不倫関係を公表。「キョンキョンらしい」と好意的にとらえるコメンテーターが多数いるなか、「不倫は不倫」と、そうした見方に疑問を呈する声も散見される。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に思うあんなこと、こんなこと。 * * * 不倫と整形は、どっちに転んでも叩かれるもの。 往年のアイドルが人並みに年を重ねれば「劣化した」とこき下ろされ、リフトアップを公言すれば「痛い!」と叩かれ、実に理不尽です。不倫も暴かれれば人でなしと罵(ののし)られ、自ら明かせば恥知らずと総スカンで、どっちも地獄。 そもそも不倫なんかするな!とお怒りの方々も多いようですが、そういう皆さまは瀬戸内寂聴さんの「恋は雷に打たれるようなもの。避けることはできない宿命です」というお言葉をどう聞くのでしょうか。山尾志桜里さんの一件のときにも寂聴さん、そう仰っていましたね。ちなみに寂聴さんは夫の教え子と恋に落ちて、子供を捨てて家を出ています。 同じやじ馬でも、他人の恋愛模様やもめ事を眺めて人間の割り切れなさを面白がるのならわかります。あー、浅ましいねえ、情けないねえ、ままならないねえとか言いながら。でも、...more
カテゴリー:

不倫にハマる大人たち、私はこうして分別の一線を越えた(上) - News&Analysis - 02月23日(金)05:00 

昔からある「熟年不倫」。事務所を退社した小泉今日子がきっぱりと不倫宣言をしたことに注目が集まったが、これまでも40~50代の不倫はほうぼうで取り沙汰されている。なぜ人は熟年不倫にハマってしまうのか。
カテゴリー:

木村拓哉 山口智子と共演で話題…ロンバケが伝説になった理由 - 02月21日(水)19:00 

山口智子(53)が、木村拓哉(45)主演のドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)に出演する。 木村扮する民間警備会社のボディーガードをつとめる主人公の活躍を描く同ドラマ。山口が演じるのは、主人公と離婚した元妻。 元夫に自身の警護を依頼するという設定で、2月22日放送の第6話と同29日放送の第7話に出演。2人の共演は96年4月期に放送されに大ヒットしたフジテレビ系の月9ドラマ「ロングバケーション(以下ロンバケ)」以来、22年ぶりとなった。 「ロンバケ」で木村は主人公のピアニスト、山口は婚約者だった主人公のルームメイトに逃げられたヒロインを演じたのだが……。 「『ロンバケ』はドラマ界に数々の“伝説”を作った作品です。放送中は『月曜日はOLが街から消える』と言われ、このドラマの影響でピアノを習い始める男性が増えるなど『ロンバケ現象』なる社会現象が巻き起こりました。全話の平均視聴率は29.6%、最高はラストシーンが海外から生中継となった最終回の36.7%。そして久保田利伸 with Naomi Campbellの主題歌『LA・LA・LA LOVE SONG』はミリオンセラーを達成。関連商品も飛ぶように売れました」(芸能記者) そして、何よりもすごいのが脇役の顔触れ。ヒロインの弟役が竹野内豊(47)、ヒロインの後輩モデル役が...more
カテゴリー:

50代の黄ぐすみ肌を救うには「ピンク系ベースメイク」を! - 02月21日(水)16:00 

「50歳をすぎると、化粧の悩みが一気に増えていきます。潤いをキープする力が弱まり、肌が乾燥しやすくなってしまう。また、肌の黄ぐすみも出てきます」 こう語るのは、日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさん。そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えているという。50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さんはこう語る。 「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。頬が脂肪の重みで落ちてきて、ほうれい線が深くなってしまう。ファンデーションをつけて笑うと、そのままほうれい線の形が残ってしまうという人も」(鈴木さん) 年を重ねると、若かったときに使っていた化粧品ではいろいろ不都合が出てくるそう。資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。 はたして、どの化粧品を選べばいいのか。そこで、ドラッグストアで買える50代向けのおすすめベースメイク商品を、小山さんと鈴木さんに教えてもらった。 タンパク質が糖や脂質の分解物と結合することで起こるのが黄ぐすみ。50代以上の女性に悩んでいる人は多い。 「ピンク系お化粧下地を使うと、黄ぐすみはカバーできます。『コフレドールグラン カバーフィットベースUV』(カ...more
カテゴリー:

油分減る50代肌はオイル入りオールインワン美容液でケアしよう - 02月21日(水)11:00 

「50歳をすぎると、化粧の悩みが一気に増えていきます。50代になると、皮脂の量が40代に比べて5分の1に減少します。潤いをキープする力が弱まり、肌が乾燥しやすくなってしまう」 そう話すのは、日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさんだ。年を重ねると、若かったときに使っていたスキンケア化粧品ではいろいろ不都合が出てくるという。50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さんはこう語る。 「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えています。CMには小泉今日子さん(52)、真矢ミキさん(54)、沢口靖子さん(52)をはじめ、若々しく美しい新50代女性が多く起用されています」(鈴木さん) 資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。 「『おっくう』というのはこれまでにない悩み。まさに時短時代を反映しています。それを受けて、オールインワンタイプのようなラクできる化粧品が増えました」(小西さん) はたして、どの化粧品を選べばいいのか。ドラッグストアで買える50代向けのおすすめスキンケア商品を、小山さんと鈴木さんに教えてもらった。 「油分が減り角質が硬くな...more
カテゴリー:

これぞ最高!昭和の女性アイドルソングランキング - 02月21日(水)07:30 

現在は数多くのアイドルグループが乱立するアイドル戦国時代。多くの人から親しまれているヒット曲も多く存在します。しかし、昭和の女性アイドルも負けてはいません。今もなお語り継がれる名曲が多数! そこで今回は、これぞ最高だと思う昭和の女性アイドルソングについて探ってみました。 1位 『なんてったってアイドル』小泉今日子 2位 『赤いスイートピー』松田聖子 3位 『UFO』ピンク・レディー ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は小泉今日子の『なんてったってアイドル』! キョンキョンの愛称で人気を集めた80年代のスーパーアイドル・小泉今日子。小柄でパッチリとした瞳がトレードマークの彼女。現在も実力派女優として活躍を続けています。 デビュー当時ははつらつとした歌とダンスで大ブレイク。彼女の代表曲の中でも、特に印象的なのが1985年にリリースされた『なんてったってアイドル』。アイドルとしての悩み、やりがいを歌ったこの曲は、一度聞いたら忘れられないメロディーとキャッチーな歌詞で大ヒット。「これぞアイドルの歌!」と感じている人が多く、1位となりました。 2位は松田聖子の『赤いスイートピー』! 昭和のアイドルを代表する存在と言っても過言ではない松田聖子。今もなお、若いころと変わらない美貌を保ち続けています。デビュー当時は彼女の髪型が同年代女性の間で流行し、その髪型は“聖子ちゃんカット”...more
カテゴリー:

もっと見る

「小泉今日子」の画像

もっと見る

「小泉今日子」の動画

Wikipedia

。永瀬は同映画で第20回日本映画批評家大賞の主演男優賞に選ばれ、同年5月28日に行われた授賞式で、小泉「主役とは何だということを非常によく分かっている女優さん。現場をすべて背負って走り抜ける覚悟がある大した人だなあと思いました」と絶賛した。

2013年には連続テレビ小説あまちゃんに出演し、劇中歌「潮騒のメモリー」もヒットして話題となった。

2016年、舞台、映像、音楽、出版などを企画製作するプロジェクト「明後日」を立ち上げ、第1弾作品として舞台日の本一の大悪党で初めて演出とプロデュースを手掛ける。また、6月24日には徹子の部屋に初出演を果たした。

2016年10月には株式会社明後日主催でフジテレビオンデマンド初のオリジナル音楽番組「PARK」と連携した音楽イベント「GO→TO」を開催。

人物
  • 子供のころに父親の会社が倒産し、夜逃げ同然の経験をしたことがある。その影響で金銭感覚がシビアになったという。アイドルとして働き出して潤沢な収入を得るようになっても不必要な出費はあまりしなかった。そのため日常生活する分...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる