「小沢健二」とは?

関連ニュース

『犬ヶ島』が銀熊賞を受賞!女性監督の活躍も目立った第68回ベルリン映画祭受賞結果まとめ - 02月25日(日)13:07 

現地時間24日、第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門の受賞結果が発表された。監督賞に輝いたのはウェス・アンダーソンの『犬ヶ島』(日本5月公開)。日本を舞台にしたストップモーション・アニメーションで、ボイスキャストとして参加したRADWIMPS・野田洋次郎や夏木マリがレッドカーペットを歩いたことも話題に。この日は監督の代理としてビル・マーレイがトロフィーを受け取り、「この映画はウェスの日本映画に対する敬意を表した映画であるという点が重要なんだ」とスピーチ。「まさか俳優としてイヌを演じ、クマ(のトロフィー)を連れて帰ることになるとは思わなかったよ」と笑いを誘った。 野田洋次郎らも参加!ウェス・アンダーソン監督の『犬ヶ島』は5月公開/[c]2018 Twentieth Century Fox ウェス・アンダーソンにとっては、本作と同様にFOXサーチライト・ピクチャーズが手掛けた前作『グランド・ブダペスト・ホテル』でも銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞。2作連続の快挙となった。 ■ 女性監督たちの挑戦作が金熊賞&銀熊賞に! 『ミー・トゥー』ムーブメントの嵐と共に幕開けした2018年の映画界。常に女性の存在を重視してきたベルリン国際映画祭は、語ることよりも実践することの大切さを無言で証明する年となった。毎年、様々な国の女性監督が話題となり、多くの賞を受賞する映画祭だが、今年は一段と女...more
カテゴリー:

筒美京平の初自選集に少年隊、小泉今日子、小沢健二、TOKIOほか収録 - 02月22日(木)22:21 

作曲家の筒美京平による初の自選作品集「筒美京平自選作品集 50th Anniversaryアーカイヴス」が3月7日に日本コロムビア、ビクターエンタテインメント、ユニバーサルミュージックより3作同時リリースされる。
カテゴリー:

家のカレーと食パンにアレを足して「絶品カレーパン」を作る裏技 - 02月20日(火)05:00 

2月20日放送の教養番組『すイエんサー』(NHK Eテレ、毎週火曜19:25~)では、ゲストに咲坂実杏を迎え、「香りはスパイシー!でもたった10分!絶品カレーパン」をおくる。ユージ、春香クリスティーン、白本彩奈がMCを務める同番組は、日常生活の中でなんだか抱くちょっとした“素朴なギモン”や“気になる思い”に、ティーンズ雑誌のカリスマモデル・すイエんサーガールズが体当たりで挑み、自分たちの力だけで紐解いていく。カレーパンをパン生地やカレーから作ると30時間以上かかるという。そこで食パンと残り物のカレーで簡単に作る方法を探る。普通に作ったカレーパンは、カレーの味が薄くおいしくない。実は家庭で作るカレーの濃さでは、パンの甘みに負けてしまうのだ。そこで調べてみると「ある香辛料」を加えて香りを強めると、カレーの味が濃く感じるようになることがわかる。簡単に手に入る「ある香辛料」を使って、わずか10分で、パン屋さんに負けない絶品カレーパンの完成を目指す。 関連リンク にゃんこスター・アンゴラ村長、ビートたけしにまつわる難問に挑む 慶應卒の朝ドラ女優が愛した喫茶店、ついに解体か『ワケあり物件VS解体名人』 『科捜研の女』“ども...more
カテゴリー:

二階堂ふみ&吉沢亮、小沢健二のサプライズメッセージに「感無量です」 - 02月18日(日)17:45 

岡崎京子氏の人気漫画を、二階堂ふみと吉沢亮の共演で実写化した「リバーズ・エッジ」の公開記念舞台挨拶が2月18日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、二階堂と吉沢のほか、森川葵、上杉柊平、SUMI...
カテゴリー:

小沢健二「リバーズ・エッジ」公開にコメント寄せる「本当に良かったです」 - 02月18日(日)17:37 

本日2月18日に東京・TOHOシネマズ 新宿にて映画「リバーズ・エッジ」の公開記念舞台挨拶が行われ、二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、監督の行定勲が登壇。また主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を提供した小沢健二からのコメントが紹介された。
カテゴリー:

『リバーズ・エッジ』がベルリン映画祭・国際批評家連盟賞受賞! - 02月24日(土)13:07 

岡崎京子の同名人気マンガを、主演に二階堂ふみ、相手役に吉沢亮を迎えて映画化し、本年度のベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品として出品されていた『リバーズ・エッジ』が国際批評家連盟賞を受賞し、現地時間2月23日18時よりその授賞式が行われた。 同賞は、コンペティション、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られる賞で、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。邦画がパノラマ部門で同賞を受賞するのは、2010年の行定勲監督の『パレード』以来。行定監督は本作の監督でもある。 過去のベルリン国際映画祭での国際批評家連盟賞は、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』をはじめ、市川準監督、大林宣彦監督、相米慎二監督、SABU監督、園子温監督ら日本を代表する監督たちが受賞してきた。 そんな由緒ある賞の2度目の受賞という快挙に、行定監督は「まさかの受賞を心から嬉しく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とそのすごさが世界に認められたことを誇りに思います」とコメント。 二階堂と吉沢も、「夢のようです!行定監督、スタッフの方々、そして岡崎先生、小沢健二さま。本当に本当にダンケシェンです!」(二階堂)、「とても光栄です。僕にとって山田という役はとても挑戦的で、この作品で学べたこと...more
カテゴリー:

吉沢亮、猫らしさを発揮!沢尻エリカ主演「猫は抱くもの」ティザーポスター公開 - 02月20日(火)06:00 

 女優の沢尻エリカが主演し、吉沢亮と共演する「猫は抱くもの」の、ティザーポスターがお披露目された。  大山淳子氏の同名小説(キノブックス刊)を、「オーバー・フェンス」などの高田亮の脚本で、「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」などの犬童一心監督が映画化。アイドルとして活躍する夢を諦めた33歳の沙織(沢尻)は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫・良男にのみ心を開いていた。沙織に話しかけられるうちに自分を人間だと信じ込んだ良男は、恋人しての役目を果たそうとし、次第に“2人だけ”の日常に変化が訪れる。吉沢は、良男が擬人化した姿を演じる。  公開されたティザーポスターは、投げやりな生き方に慣れてしまった沙織が愛しそうに良男を抱きしめる姿と、沙織に恋をする擬人化した良男が、“猫らしく”首を傾げ、無垢な眼差しを向ける様子を収めたもの。ひとりと1匹の恋の行方がどのような展開を迎えるのか、期待が高まる仕上がりとなっている。  「猫は抱くもの」は、6月23日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。 【作品情報】 ・猫は抱くもの 【関連記事】 ・吉沢亮、沢尻エリカ主演「猫は抱くもの」で“美形猫”に!峯田和伸&コムアイも出演 ・沢尻エリカ、犬童一心監督と初タッグ!「猫は抱くもの」は18年6月23日公開 ・二階堂ふみ&吉沢亮、小沢健二のサプライズメッセージに「感無量です」...more
カテゴリー:

「リバーズ・エッジ」舞台挨拶、小沢健二が二階堂ふみの情熱を「小宇宙を創れる」 - 02月18日(日)19:03 

岡崎京子原作による実写映画「リバーズ・エッジ」公開記念舞台挨拶が、本日2月18日に東京・TOHOシネマズ新宿にて開催された。
カテゴリー:

二階堂ふみ&吉沢亮、小沢健二のサプライズメッセージに「感無量です」 - 02月18日(日)17:45 

 岡崎京子氏の人気漫画を、二階堂ふみと吉沢亮の共演で実写化した「リバーズ・エッジ」の公開記念舞台挨拶が2月18日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、二階堂と吉沢のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、メガホンをとった行定勲監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  2月16日に全国108館で封切られた本作は、空虚な生活を送る女子高生の若草ハルナ(二階堂)やゲイであることから高校になじめず、いじめられる山田一郎(吉沢)らの日常が、河原に放置された“人間の死体”を中心に交錯していく姿を描く。第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品として上映され、現地から前日に帰国した二階堂、吉沢、行定監督。「すごく盛り上がっていました。この映画でベルリン国際映画祭に参加できたことがとても幸せでした」と二階堂が振り返ると、映画祭初参加となった吉沢は「敷居の高い場所だと思っていたんですが、お祭りのような感じでした。これだけ映画好きの方々が集まるところもなかなかないので、かなり面白かったです」と充実の表情を浮かべていた。  この日は、映画主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を書き下ろした小沢健二のサプライズメッセージが代読された。二階堂とともに岡崎氏と面会した思い出に触れ「ふみさんが『リバーズ・エッジ』の映画化にかけた熱量...more
カテゴリー:

【手紙全文】二階堂ふみ&吉沢亮、小沢健二からの手紙に「感無量」 - 02月18日(日)17:04 

映画『リバーズ・エッジ』の公開記念舞台挨拶が18日、都内で行われ、二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督が出席した。
カテゴリー:

もっと見る

「小沢健二」の画像

もっと見る

「小沢健二」の動画

Wikipedia

小沢 健二(おざわ けんじ、1968年4月14日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名、小澤 健二(読み同じ)。愛称は、オザケン

来歴・人物

1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の父・小澤俊夫と、心理学者の母・小沢牧子の次男として生まれ、父親の仕事の都合ですぐにドイツへと引っ越す。

小さい頃から音楽や文学に熱中し、特に当時放送されていた歌番組ザ・ベストテンは下位20位までチェックする熱の入れようだった。兄が通っていたという理由により、私立和光中学校へ進学し、小山田圭吾と出会う。系列の和光高等学校には行かず、神奈川県立多摩高等学校を受験して進学。部活動ではバンドを組んでいた。当時家庭でのしつけが厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めると小遣いのようなものが出たこともあって、勉強は頑張った。現役合格した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる