「小池知事」とは?

関連ニュース

小池都知事、テレワークの積極導入呼びかける - 07月21日(金)00:26 

 東京都の小池知事が、時間や場所にとらわれない働き方、「テレワーク」の積極的な導入を呼びかけました。
カテゴリー:

暑さ対策に…都庁前で小池知事が「打ち水」 7/20 21:39更新 - 07月20日(木)21:39 

證代>譌・縺檎カ壹¥荳ュ縲∵擲莠ャ驛ス縺ッ驛ス蠎∝燕縺ァ縲梧遠縺。豌エ縲阪?繧、繝吶Φ繝医r髢句ぎ縺励◆縲よ擲莠ャ驛ス縺ッ縲∵擲莠ャ莠碑シェ繧貞燕縺ォ豎滓虻縺ョ遏・諱オ縺ァ縺ゅk縲梧遠縺。豌エ縲阪r譚ア莠ャ縺ョ縺翫b縺ヲ縺ェ縺励→縺励※螳夂捩縺輔○繧九%縺ィ繧堤岼謖?@縺ヲ縺翫j縲∽シ∵・ュ縺ェ縺ゥ縺ォ謇薙■豌エ繧貞他縺ウ縺九¢縺ヲ縺?k縲
カテゴリー:

小池都知事、りゅうちぇるさんと“打ち水” - 07月20日(木)19:42 

 厳しい暑さが続く中、東京都の小池知事とタレントのりゅうちぇるさんが、打ち水のイベントに参加しました。
カテゴリー:

自民党vs日本国!!小選挙区も比例も全野党が候補者1本化&統一名簿作成!死票無しで自民党消滅か - 07月19日(水)18:49 

自由 小沢代表 「オリーブの木構想」実現を  自由党の小沢代表は、東京都内で講演し、次の衆議院選挙について、自民党に対する 批判の受け皿を作るため、野党勢力が結集して、小選挙区で候補者を一本化するとともに、 比例代表では統一名簿を作成すべきだという考えを示しました。  この中で、小沢代表は、先の東京都議会議員選挙について、「自民党の都政に対する 不満がうっせきしている中で、小池知事がチャンスをつかみ、都議選でも圧勝した。 国民が『自民党に代わる受け皿になりうる』と思ったとたん、自民党をはるか...
»続きを読む
カテゴリー:

都市対抗野球:決勝の始球式は小池知事 準決勝は平松氏 - 07月18日(火)19:43 

 都市対抗野球大会本部は18日、準決勝(24日)第2試合で今年野球殿堂入りした平松政次氏、決勝(25日)は小池百合子・東京都知事がそれぞれ始球式を行うと発表した。平松氏は第38回大会(1967年)で横浜市・日本石油(現JX-ENEOS)の投手として優勝に貢献し、最優秀選手の橋戸賞を受賞した。その後、プロ野球・大洋(現DeNA)で活躍した。
カテゴリー:

小池知事、打ち水イベント参加 - 07月20日(木)21:45 

小池知事、打ち水イベント参加:全国的に厳しい暑さが続く中、東京都の小池知事は、タレントのりゅうちぇるさん(21)と打ち水イベントに参加した。...
カテゴリー:

小池知事「テレワーク」体験で呼びかけ - 07月20日(木)20:47 

小池知事「テレワーク」体験で呼びかけ:職場から離れた場所で働く「テレワーク」体験で、働き方改革を呼びかけた。...
カテゴリー:

メディアの「報道しない自由」「切り取り」をどう見抜くか  フェイクニュースの見分け方 - 07月20日(木)06:15 

消された知事発言  加計学園をめぐる「疑惑」に関しては、政治家や官僚のみならず、メディアに対して疑いの目を持つ人も少なくない。特にネット上では、新聞やテレビの伝え方が偏向しているのではないか、という指摘が多く目につく。  代表例は、国会の閉会中審査における加戸守行・前愛媛県知事の発言の取り扱いだろうか。自身の古巣でもある文科省の規制の不合理を強調し、行政をゆがめてきたのは文科省側だ、と訴える言葉には一定の説得力があったと見る向きも多いのだが、安倍批判色の強いメディアはこれら発言をほとんど無視。テレビや朝日新聞等では、スルー扱いだったため、「偏向だ」といった批判が識者等からも寄せられたのである。  加戸氏の件に関しては、メディア側の「報道しない自由」が行使された、という見方もある。何を伝え、何を伝えないかの選択権は、報道側にある。だから民放と比べた場合、NHKのニュースで豊田真由子議員の「このハゲ―!」関連ニュースを扱う時間は短い。NHKなりの基準があるからだと考えられる。  とはいえ、参考人の重要な発言まで「報道しない自由」の範囲内ではないだろう、というのが「偏向だ」と訴える側の意見である。たしかに特定の新聞だけ読んでいる人にとって、加戸前知事はいなかったも同然になっていることだろう。 発言の切り取り  メディア側の「偏向」では、「発言の切り取り」もしばしば問題とされる。東京都議選...more
カテゴリー:

無電柱化 小池知事「新しい電柱立てない覚悟」 - 07月19日(水)13:43 

東京都の小池知事は電線などを地中に埋めて電柱をなくす「無電柱化」の最新技術を紹介する展示会に出席し「一本も新しい電柱は立てないという覚悟を持って進む」と述べて、都内の無電柱化を加速させる考えを示しました。
カテゴリー:

問題山積「小池都政」 イエスマンと諮問機関だらけの大混乱 - 07月18日(火)05:59 

 ドンが率いていた自民は緑色の素人集団によって57から23に削られた。が、いかに顔ぶれが一新されたところで、所詮はイエスマンの「小池チルドレン」。問題山積の都政は一体、どこへ向かうのか。  ***  さる都庁関係者が言う。 「小池知事は就任以来、豊洲移転問題をはじめ専門家の手に委ねる諮問機関、PT(プロジェクトチーム)を多く活用してきました。ですが、座長がすべて決めて発表するので職員には情報が伝わらず、議会の各委員会で尋ねられても担当部局は『答えられません』と言うしかありませんでした」  対して自民は、こうした手法こそが“ブラックボックス”だと批判してきたのだが、 「トップダウンであれボトムアップであれ、政策は本来、知事の手足となる職員に周知させるべきです。根回しをしないのが“小池流”とされているので、こうしたやり方は今後も続いていくと思われます」(同)  そのつど1万8000人余りの本庁職員が右往左往させられるのは想像に難くない。  こうした“既存の混乱”に加えて、 「9つある常任委員会、そして五輪や豊洲移転など特別委の委員長ポストのうち、どれを都民ファーストが取るのかが問題です。知事は絶対的な安定多数を得たので、やりたいことは何でもできる。予算のさじ加減も思いのまま、条例案は何でも通ることでしょう」(同)  従って、本誌(「週刊新潮」)で報じた「自宅内禁煙条例」なども、あろ...more
カテゴリー:

もっと見る

「小池知事」の画像

もっと見る

「小池知事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる