「小正月」とは?

関連ニュース

小正月に「吉浜のスネカ」=岩手県大船渡市〔地域〕 - 01月18日(木)10:36 

 岩手県大船渡市の吉浜地区に伝わる国の重要無形民俗文化財「吉浜のスネカ」が小正月の1月15日夜に行われた。奇怪な面をかぶり、みのをまとったスネカが家々を回り、怠け者を戒める伝統行事。ある家では、スネカが居間に上がり込み大声ですごむと、子どもが泣きながら良い子になることを約束させられた。 吉浜のスネカは、男鹿のナマハゲ(秋田)などとともに「来訪神 仮面・仮装の神々」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録を目指している。 【時事通信社】
カテゴリー:

<大黒舞>還暦祝い めでたい踊りを披露 - 01月17日(水)20:00 

柴田町入間田地区で14日、小正月行事の大黒舞があり、地元の女性グループ「祇園入社中」が還暦を迎えた男性の家で縁起のいい踊りを披露した。 会社員岩間正弘さん(60)方に午後7時半ごろ、赤い頭巾を身に着け
カテゴリー:

稲わら刺して五穀豊穣祈願 戌年生まれの男女が雪中田植え - 01月17日(水)11:25 

秋田県由利本荘市鳥海町の市休養宿泊施設「鳥海荘」で15日、小正月行事「雪中田植え」があり、戌(いぬ)年生まれの年男、年女ら10人が稲わらの束を雪上に刺して五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。 参加者は、約
カテゴリー:

「火振りかまくら」炎の軌跡幻想的に 秋田市仁井田地区 - 01月16日(火)21:26 

 秋田市仁井田地区で約300年の歴史がある小正月行事「火振りかまくら」が16日夜、御野場中学校脇の水田で行われた。地域住民が火の付いたわら束を勢いよく振り回し、五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願った…
カテゴリー:

鳥海で雪中田植え、豊作願う - 01月16日(火)11:32 

 秋田県由利本荘市鳥海町に伝わる小正月行事「雪中田植え」が15日、同町の休養宿泊施設「鳥海荘」で行われた。地域住民ら約100人が見守る中、同町上川内八木山の団体職員佐藤久通さん(31)が、代々佐藤家に…
カテゴリー:

<暁祭り>百貫しめ縄男衆奉納 - 01月18日(木)09:36 

宮城県蔵王町宮の刈田嶺神社で14日、小正月の伝統行事「暁祭り」があった。数えで42歳の厄年の男衆25人が「百貫しめ縄」を奉納し、厄払いと家内安全を祈願した。 白装束の男衆が重さ百貫(375キロ)とされ
カテゴリー:

小正月 広島 尾道市で伝統のとんど祭開かれる - 01月17日(水)15:42 

正月飾りや書き初めを燃やし、1年の無病息災を祈る伝統行事「とんど祭り」が広島県尾道市の山波小学校で、小正月の14日、催された。
カテゴリー:

金屋、上醍醐でたいまつ焼き 豊作、健康願う - 01月17日(水)10:55 

 秋田県横手市平鹿町の金屋、上醍醐両地区で15日夜、小正月行事の「たいまつ焼き」が行われ、住民が五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈った。 田んぼを挟んで向かい合う両地区で、300年以上続くとされる伝…
カテゴリー:

どんど焼きに「若い男性」次々と投げ込む 伊勢原市神戸地区で何が起きているのか - 01月16日(火)17:00 

小正月(1月15日)の定番行事といえば、取り外した正月飾りや古い神札などを燃やす「どんど焼き(とんど、どんととも)」だろう。各地の個性が表れる行事のひとつで、最近ツイッター上で話題になっていたのは宮城県仙台市にある大崎八幡宮の「松焚祭(まつたきまつり)」。どんど焼きの火を目指して、男性たちが白鉢巻、白さらし姿で「裸参り」をするのだ。なかなかハードなどんど焼きだが、全国にはさらにハードなものがある。2018年1月16日付の神奈川新聞が取り上げた神奈川県伊勢原市神戸(ごうど)地区のどんど焼きだ。なんと燃え盛る炎に男性を投げ入れるという。今年は5人が投げ込まれた実際にどのような行事が行われているのか確認するため、伊勢原市役所広報戦略課に1月16日、Jタウンネットが取材したところ、「確かにどんど焼きの際に若い男性を投げ込みます」と話してくれた。「若い男性なら誰でもというわけではなく、1年間に結婚や出産などお祝い事があった方を対象に、厄払いとしてどんど焼きの炎の中に投げ込みます。今年は5人の方が投げ込まれました」2017年の投稿だが、ツイッター上でも神奈川歴史博物館がその様子を伝えている。 1月14日のどんど焼きの燃えさかる火中へ人が放り投げられておるぞ!熱そう!!これは伊勢原市神戸(ごうど)の青年団の人たちじゃ。前年に結婚や出産等のめでたい事や、青年団の脱加入をする人たちがその対象で、厄払...more
カテゴリー:

嫁つつき、小屋焼き、鳥追い… 上郷の小正月行事 - 01月16日(火)11:28 

 秋田県にかほ市に伝わる小正月行事が14、15の両日、各地区で行われ、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈り、子宝に恵まれることなどを願った。 国の重要無形民俗文化財「上郷の小正月行事」がにかほ市で行…
カテゴリー:

もっと見る

「小正月」の画像

もっと見る

「小正月」の動画

Wikipedia

小正月(こしょうがつ)とは、正月15日の行事である。または、14日から16日までの3日間、または、14日の日没から15日の日没まで小正月とは? - 岩手県政策地域部NPO・文化国際課いわての正月・小正月、または、望(満月)の日、または、元日から15日までの15日間ともされる。

本来旧暦だが、明治の改暦後は新暦1月15日、もしくは、2000年からは成人の日(1月第2月曜日)に行われる場合もある。

元日(または元日から1月7日まで)を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。正月(字義通りには月末まで)の終わりとも位置づけられる。小年(こどし)、二番正月若年女正月(おんなしょうがつ)、花正月返り正月戻り正月と呼ぶ地方もある。

由来

中国式の太陰太陽暦が導入される以前、の日を月初としていたことの名残りと考えられている。

風習 日本

古くはこの小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる