「小林薫」とは?

関連ニュース

南城市は、もう一度「ありがとう」を想うのに最適な場所なのかもしれない - 04月22日(日)09:59 

なんだか優しい気持ちになれる、というのは、とても大事なことだと思うんです。ドラマの『深夜食堂』が好きで、よく帰りの電車でボーッと見ているんですが、1話終わったあとはポカポカした優しい気持ちになって、たとえ仕事がパツパツでも、イライラするようなことがあったとしても、「まぁ今日も1日がんばったよな〜」なんて思わせてくれるから好きなんです。ストーリーはとてもシンプルで、小林薫演じるマスターが営む、深夜0時に開店する小さな食堂を中心にした人間模様を、1話完結でまとめているもの。何か特別なメニューが出てくるわけでもないのに、赤ウインナーやポテトサラダ、親子丼などが無性に食欲をそそり、そこにある色々なストーリーに感情移入しちゃうんですよね。つまり何が言いたいかっていうと、日本のLOCALを旅するときに求めることもこの感覚にとても近くて、特別な何かがなくても、それが自分にとっては特別だったり、優しい気持ちになれるような「体験」が必要なんじゃないかな、ということです。那覇から車で30分「南城市」で元気をもらう実は那覇から近いということがあまり知られてないんですが、南城市は沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街です。そんな聖地南城を、琉球セラピストであり「Vitamin-N」などを手がける相澤和人さんに案内して...more
カテゴリー:

【芸能コラム】再放送で見直したい!親子げんかに込められた作品の魅力 「カーネーション」 - 04月13日(金)16:58 

 NHKが4月から、地上波の総合テレビで平日月~金の午後4時20分から朝ドラの再放送(2話連続)を始めた。その第1弾として、4月10日から「カーネーション」が放送中だ。  世界的ファッションデザイナーとして活躍するコシノ三姉妹の母・小篠綾子氏をモデルに、大阪・岸和田で呉服商の家に生まれ、大正、昭和、平成を生き抜いたヒロイン、小原糸子の波乱の生涯を描いた物語。糸子を演じたのは尾野真千子(少女時代は二宮星、晩年は夏木マリ)。  本放送は2011年10月から2012年3月で、視聴率は最高25パーセント、全話平均19.1パーセントと好評を得た。今回の再放送が決まった理由についても、「視聴者からのリクエストが多かったため」と報じられており、本放送から6年半を経て、いまだに高い人気を誇っている様子がうかがえる。  この作品の何が視聴者を引きつけたのか。それを知るヒントになるのが、番組の名物にもなった糸子と父・善作(小林薫)の親子げんかだ。洋裁師を目指す糸子と呉服屋を営む善作は事あるごとに衝突し、けんかを繰り返す。その様子は、出演者が当時の思い出を語る番組「“朝ドラ”同窓会 カーネーション」(4月14日(土)午後4時から再放送あり)で尾野が、「(小林から)本気で殴られた。芝居じゃない」と語った通りのド迫力。  父親が娘に手を上げるという、見方によってはすさまじい場面だが、嫌な感じはしない。...more
カテゴリー:

「小林薫」の画像

もっと見る

「小林薫」の動画

Wikipedia

小林 薫(こばやし かおる、本名:同じ、1951年9月4日 - )は日本俳優で、馬主京都府生まれ。所属事務所はニコ・フイルム京都府立洛東高等学校を卒業。 1971年から1980年まで唐十郎が主宰する状況劇場に在籍。退団の際、その才能を惜しんだ唐が説得のために包丁持参で小林の住むアパートを訪れるも、危機を感じた小林が先に逃げ出し説得は失敗、そのままうやむやのうちに退団を認めたというエピソードがあるいつみても波瀾万丈2001年6月3日唐十郎出演回より。

1984年に女優の中村久美と結婚するが、1995年に離婚。2009年12月に、女優・モデルの小梅と再婚し、2010年に第1子となる男児が誕生。

2000年からは美の巨人たちのナレーションを担当。 作品

映画
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる