「小林稔侍」とは?

関連ニュース

小林稔侍が豆腐職人になりきる 「星めぐりの町」本編映像公開 - 01月20日(土)07:00 

 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の新たな本編映像が、公開された。小林扮する豆腐職人・島田勇作が豆腐の路上販売を行うシーンを切り取っている。  「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘の志保(壇蜜)と2人で暮らす勇作のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。神戸浩、六平直政、平田満、高島礼子らが脇を固める。  映像では、専用のトラックで町民の元へやってきた勇作が、豆腐を販売する姿がコミカルな風合いで描かれる。勇作は「(男は女に)“アンタいくつ?”って年を聞いちゃあならない」と軽妙なトークで集まった女性たちを笑わせ、次々と豆腐をさばいていく。昔かたぎな勇作の“営業トーク”がさえわたるシーンだが、「ごめんなさい、豆腐は1丁だけにしてください。まだ他にも回るところがあるので。数がないんですよ。皆さんに、1丁だけで勘弁してもらってるんです」とこだわりものぞかせている。  なお、劇中で登場する手作りの絹ごし豆腐は、京都の老舗豆腐店「平野とうふ」から特別に取り寄せたものを使用しているという。  「星めぐりの町」は、1月27日から全国公開。 【作品情報...more
カテゴリー:

小林稔侍と壇蜜が親子役に挑戦 「星めぐりの町」日本の原風景とらえた冒頭映像公開 - 01月19日(金)12:00 

「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の冒頭映像が、公開された。「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒ...
カテゴリー:

イケメンレスラー飯伏幸太が本番中に猛アタックをかけた女性ゲストとは - 01月19日(金)10:30 

1月18日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、美尻の魔術師・岡部友と女性人気No.1のイケメンレスラー・飯伏幸太選手がゲスト出演。本番中にもかかわらず飯伏選手は猛アタックをかけたが、岡部は約束を守れない飯伏選手にアウトを出した。 【写真を見る】「タイガーマスクW」でアフレコに挑戦した飯伏幸太選手 「遺伝子のパートナーと恋愛のパートナーって、まったく別(な人)でいいので」と断言する美尻専門トレーナー・岡部の目標は、自分のDNAと遠いDNAを掛け合わせて、より優れた遺伝子を持つハイブリッドを生み出すこと。 その本気度合いは、2016年開催のリオデジャネイロオリンピックではウサイン・ボルトの走りに“戦うオス”を感じ、メスとして体が反応したために生理が止まってしまったほどだという。 ただし求める条件は厳しく、ファストフードを常食している男性はNGで、現在食べているとしたら、細胞が入れ替わる2年間はファストフードを断つことが第一条件と説明。もちろん岡部自身もジャンクフードは一切食べておらず、おやつも手作りで常に体を仕上げていると語った。 ストイックに自身を鍛えつつ攻めの姿勢も保ち続ける岡部を、マツコ・デラックスは「美しいのに、それに甘んじてない感じ! 楽じゃん、美しさを利用して生きた方が」と称賛。 そこで矢部浩之(ナインティナイン)が「知り合いのプロレスラーおんねんけど、どう? ...more
カテゴリー:

76歳の名バイプレーヤー・小林稔侍、こだわりの豆腐を売り歩き奥様たちにモテモテ! - 01月18日(木)19:00 

味わい深い演技でTV・映画で活躍する小林稔侍。現在76歳の名優が、1月27日(土)公開の『星めぐりの町』で役者人生56年目にして初の映画主演を飾る。小林はこだわり抜いた豆腐を販売する店主を演じているが、この度、街頭での豆腐売りに挑戦したシーンの映像が先行公開された。 【写真を見る】勇作(小林稔侍)は毎朝、丹精を込めてこだわりの絹ごし豆腐を作り、街で売り歩く/[c]2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会 車で街頭を訪れ、豆腐を売る勇作が奥様たちに囲まれ「(女は男に)『あんたいくつ?』って歳を聞いちゃならない」「(男は女に)聞いていいんです!」などユーモラスな会話で場を沸かしながら豆腐を売る勇作の姿が映しだされる。独特の味のある語り口や、「(お豆腐を)二丁欲しい」という主婦に「ごめんなさい!(他にも回らないといけないので)一丁だけにしてください」と詫びたり、おつかいに来た女の子に優しく豆腐とお釣りを渡す姿などが「まるで本職?」と思わせるほど様になっている。 主人公・島田勇作(小林)は、妻を早くに亡くし、一人娘・志保(壇蜜)と二人暮らし。京都で豆腐作りの修行を積み、毎朝手間と時間をかけて作った豆腐を町の主婦や料理店に届ける日々を送っている。ある日、勇作のもとに亡き妻の遠縁にあたる少年・政美(荒井陽太)が訪ねてくる。東日本大震災で家族を失い心に傷を抱える政美は、勇作との暮らしを通...more
カテゴリー:

「星めぐりの町」エグゼクティブプロデューサーが語る、震災と向き合う覚悟 - 01月18日(木)18:00 

「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」のトークイベントが、1月17日に都内で開催。本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた岩城...
カテゴリー:

小林稔侍が豆腐職人になりきる 「星めぐりの町」本編映像公開 - 01月20日(土)07:00 

「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の新たな本編映像が、公開された。小林扮する豆腐職人・島田勇作が豆腐の路上販売を行うシーンを...
カテゴリー:

小林稔侍と壇蜜が親子役に挑戦 「星めぐりの町」日本の原風景とらえた冒頭映像公開 - 01月19日(金)12:00 

 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の冒頭映像が、公開された。 ・「星めぐりの町」本編冒頭映像はこちら! 「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘の志保(壇蜜)と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。神戸浩、六平直政、平田満、高島礼子らが脇を固める。  映像は、懸命に畑を耕す勇作をとらえた早朝のシーンから始まる。その後、勇作が丹念に豆腐を切る様子が映し出され、職人かたぎの一面が描かれる。壇蜜演じる志保も登場し、バイクにさっそうと乗って走り去る姿が映し出される。2人の掛け合いでは、娘との微妙な距離感に四苦八苦する勇作のユーモラスな姿が描かれ、小林と壇蜜が織り成す間(ま)がほほ笑ましい内容となっている。  映像では、夜明け前の田園風景やいろりの火がはぜるさま、釜で炊いた白米から立つ湯気など、日本の伝統的な風景が美しく切り取られており、視覚だけでなく聴覚でも楽しめる心配りがなされている。  「星めぐりの町」は、1月27日から全国公開。 【作品情報】 ・星めぐりの町 【関連記事】 ・「星めぐりの町」本編...more
カテゴリー:

壇蜜、女優として話題作へ多数出演も「向いていないの一点でしょうね」 - 01月19日(金)08:00 

家族を失った少年と、実直に生きる豆腐屋との運命の出会いを描く、小林稔侍主演の映画「星めぐりの町」が、1月27日(土)より全国公開。 【写真を見る】壇蜜が色っぽくカメラをのぞき込んでくれた 本作で、小林演じる主人公・勇作の一人娘であり、自動車修理工場に勤める島田志保役の壇蜜にインタビューを行った。 作品に参加した感想や、演じた志保のキャラクターについて、父親役の小林とのやりとりなど、余すところなく語ってもらった。 ――脚本を読まれた感想を教えてください。 3.11(東日本大震災)がつなぐ“これから”を描くということは、デリケートな映画になるのかなと、とても緊張しました。起きたことが、とても重大でショッキングなことですから。 そこから、どうやって一人の少年が違う土地で生きていくのか。途方に暮れるような大変なことだと思うんですよ。そんな彼のこれからを助ける一員に自分が選ばれたのは光栄だし、だけど心配だなという気持ちでした。 ――ご自身が演じられた志保の印象はいかかでしょうか? お母さんを随分前に亡くしていて、面影に思いをはせる時間も少ない中で、お父さんと二人で暮らしている。でも、その日常に対して悲観していないし、覚悟をしているわけでもない。 家があって、仕事があって、職場には上司と部下がいる。しっかりと現実を受け止めながら日々を生きている女性。実際に、豊田市で生活している人たちと何ら変わ...more
カテゴリー:

「星めぐりの町」エグゼクティブプロデューサーが語る、震災と向き合う覚悟 - 01月18日(木)18:00 

 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」のトークイベントが、1月17日に都内で開催。本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた岩城レイ子と、震災孤児の支援も行っているNPO団体「あしなが育英会」の東北事務所所長・西田正弘氏が登壇した。  「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘の志保(壇蜜)と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。  「この映画は、震災で家族を失ってしまった子ども、そして、その子がどうやって生きていくかということを考えていただくことが大きなポイントであり、テーマです」と語る岩城は、「最近は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や実際にその震災を体験された方への配慮として、“恐ろしい津波”のような映像が使われなくなってきました。しかし、本作はあえて使用しています。“被害を忘れないこと”“体験した子どもがどうやってそのあと生きる道を取り戻していったのか”ということが大きなテーマとしてあったからです」と本作に込めた思いを熱く語った。  西田氏は「『見ない』ということではなく、今後どのようにあの映像や...more
カテゴリー:

壇蜜、バイク運転姿初披露!「星めぐりの町」場面写真一挙公開 - 01月12日(金)12:00 

「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」の場面写真6点が公開された。壇蜜がバイクにまたがる姿をとらえている。「蝉しぐれ」で知られる...
カテゴリー:

もっと見る

「小林稔侍」の画像

もっと見る

「小林稔侍」の動画

Wikipedia

。1978年の映画冬の華は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているというスポーツニッポン 芸能面我が道・小林稔侍(2010年9月12日)より。。

1980年代前半までは脇役悪役を演じてきたが、1986年にテレビドラマはね駒で主人公の父・橘弘次郎にキャスティングされ、1990年にはテレビドラマなんでも屋探偵帳で初主演。同作はシリーズ化され、このほかにはちょっと危ない園長さん税務調査官・窓際太郎の事件簿など、2時間ドラマでメインに複数の主演ドラマがある。男性タレント好感度ランキングで上位にランキングされた。

学校III以降、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる