「小林稔侍」とは?

関連ニュース

松坂桃李&沢尻エリカが大バトル!バチバチの火花飛び散る「不能犯」場面写真披露 - 11月14日(火)06:00 

 原作・宮月新氏、作画・神崎裕也氏による人気漫画を映画化した「不能犯」の新場面写真が、このほど披露された。見つめるだけで相手を死に追いやる殺し屋・宇相吹正(松坂桃李)と、宇相吹の眼力が唯一効かない女性刑事・多田友子(沢尻エリカ)が対峙し火花を散らすさまをとらえている。  「グランドジャンプ」(集英社刊)で連載中の同名漫画を、「貞子vs伽椰子」などの白石晃士監督のメガホンで実写化。欲望や憎悪にまみれた者の依頼を受けた宇相吹が、赤く光る目でターゲットの心を操り、事故や病死などに偽装して葬り去る姿を描いた。  宇相吹は妖艶な力で人を殺す一方で、「本当の正義とは何か」を突きつけるダークヒーローでもある。執拗に食らいつく警察に身柄を確保されるが、ベテラン刑事さえも手玉にとり、取調べをかく乱していく。そんななか口は悪いが人望厚い女性刑事・多田にだけはマインドコントロールが通用しないことが判明し、2人は取調べ室で激しい応酬を繰り広げる。  互いの印象を問われると、松坂は「(沢尻は)お芝居に貪欲な方だなと思いました。監督の話す言葉をひと言も聞き漏らすまいとされている姿を見て、素敵だなと。多田はこの作品の希望であり、なくてはならない存在なので、沢尻さんの凛とした感じはとても合っていたように思います」と称賛。沢尻も「松坂さんは、本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通りのミステリア...more
カテゴリー:

「小林稔侍」の画像

もっと見る

「小林稔侍」の動画

Wikipedia

。1978年の映画冬の華は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているというスポーツニッポン 芸能面我が道・小林稔侍(2010年9月12日)より。。

1980年代前半までは脇役悪役を演じてきたが、1986年にテレビドラマはね駒で主人公の父・橘弘次郎にキャスティングされ、1990年にはテレビドラマなんでも屋探偵帳で初主演。同作はシリーズ化され、このほかにはちょっと危ない園長さん税務調査官・窓際太郎の事件簿など、2時間ドラマでメインに複数の主演ドラマがある。男性タレント好感度ランキングで上位にランキングされた。

学校III以降、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる