「小林快」とは?

関連ニュース

男子50キロは勝木が優勝=全日本競歩 - 10月22日(日)17:27 

 陸上の全日本50キロ競歩高畠大会は22日、アジア大会男子代表選考会(来年8~9月、ジャカルタ)を兼ねて山形県高畠町で行われ、勝木隼人(自衛隊)が3時間48分36秒で優勝した。日本記録保持者の山崎勇喜(同)は途中棄権した。 8月の世界選手権銀メダルの荒井広宙(自衛隊)、銅メダルの小林快(ビックカメラ)は出場しなかった。 男子20キロは池田向希(東洋大)が1時間20分48秒で優勝。女子20キロは河添香織(立命大)、同10キロは松本紗依(順大)が制した。 [時事通信社]
カテゴリー:

競歩・小林選手が故郷で一日署長 - 10月11日(水)17:47 

 全国地域安全運動(11~20日)の出動式が11日、秋田県大館市の大館署で行われた。陸上の世界選手権男子50キロ競歩で銅メダルに輝いた同市出身の小林快選手(24)=ビックカメラ、秋田工高―早大出=を一…
カテゴリー:

競歩の世界一が環境、施設を絶賛 ディニズが視察、御嶽高原トレエリア - 10月16日(月)17:59 

 高地トレーニングを行うと、低酸素状態の中で心肺の持久力を高める効果があ る。陸上の中長距離や水泳などでは定着したトレーニング方法で、標高2240 メートルのメキシコ市や、1650メートルの米コロラド州ボルダーなどが有名 だ。日本にもこれらに劣らないすぐれた場所が岐阜県にある。御嶽山の北側山麓 に広がる「飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア」。標高1200メートルから 2200メートルにあり、陸上の400メートルトラック、ランニングの周回コー ス、体育館、宿泊施設などが整備されている。2020年の東京オリンピックで は、フランス、英国、用具メーカー大手のナイキ社などが事前キャンプを予定し ている。 ウオームアップでトラックを周回するディニズ選手(日和田陸上競技場) 秋の気配が濃い周回コースで練習。懸命に付いていく五藤選手(左の緑のウエア) 【写真】関連情報を含む記事はこちら  競歩の2017年世界陸上選手権50キロで金メダルを獲得した同種目の世界 記録保持者、ヨアン・ディニズ選手(フランス)が10月中旬、同エリアを訪れ、 事前に施設や周囲の環境を視察した。同時に、地元の高校、大学の競歩選手と一 緒に練習し交流を図った。14日、標高1200メートルにある全天候型の日和 田ハイランド陸上競技場(高山市)に姿を現したディニズ選手は、すぐに地元選 手と打ち解け、同競技場を発着点とする8・...more
カテゴリー:

「小林快」の画像

もっと見る

「小林快」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる