「小林かなえ」とは?

「小林かなえ」の画像

もっと見る

「小林かなえ」の動画

Wikipedia

小林 錡(こばやし かなえ、1888年3月3日 - 1960年10月25日)は、日本政治家検察官。衆議院議員(通算8期)、裁判官弾劾裁判所裁判長などを歴任した。

概要

愛知県西加茂郡寺部村(現・豊田市)に生まれる。東京府青山師範学校卒業。1912年(明治45年)、日本大学法文学部英法科卒業。文官高等司法科試験に合格後、ドイツに留学しベルリン大学法科で欧米各国における政治経済法律を研究する愛知新聞1960年10月27日。1926年(大正15年)、同大学卒業。帰国後、日本大学教授に就任。1927年(昭和2年)、ベルリン大学留学時代に知り合った文科の学生のゲルト・ルードと結婚。そののち東京地方裁判所検察局の検事となる。

1930年(昭和5年)2月20日に行われた第17回衆議院議員総選挙に旧愛知4区から...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる