「小日向文世」とは?

関連ニュース

【舞台】多部未華子(28)、小日向文世(63)との本物キスシーン「もう慣れました。光栄です」 - 09月21日(木)17:32  mnewsplus

多部未華子、小日向文世との本物キスシーン「慣れました」 2017.9.21 女優の多部未華子(28)が21日、横浜市内で行われた主演舞台「オーランドー」 (23~10月9日、横浜市のKAAT、10月26~29日、東京・新国立劇場中劇場)の公開稽古に登場し、 俳優・小日向文世(63)とのキスシーンを披露した。 年の差35、しかも多部が少年貴族オーランドー役、小日向がエリザベス女王役という 男女逆転のシチュエーションだが、多部は「もう慣れました。光栄です」と余裕の表情だった。 一方の小日向は「稽古場で1度...
»続きを読む
カテゴリー:

多部未華子、共演者とキスシーン連発 戸次重幸は… - 09月21日(木)14:51 

多部未華子 21日(木)、KAAT神奈川芸術劇場にて『オーランドー』の公開フォトコール&囲み取材が行われ、多部未華子、小芝風花、戸次重幸、池田鉄洋、野間口徹、小日向文世、演出を担当する白井晃が出席した。 戸次重幸 本作は20世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージ...
カテゴリー:

3分間怒号祭り!名シーンを網羅した「アウトレイジ」シリーズダイジェスト映像公開 - 09月21日(木)06:00 

 北野武監督の人気シリーズの完結編「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)の公開を記念し、シリーズの歩みを3分で振り返る特別映像が公開された。 ・「3分で分かるアウトレイジ」映像はこちら!  シリーズ3作目となる本作には、新たに大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、原田泰造、池内博之、岸部一徳といった日本を代表する俳優陣が参加。前作の東西やくざの抗争後、韓国に渡っていた大友(ビートたけし)が新たな事件に巻き込まれ、因縁に終止符を打つために日本に戻ってくる物語だ。  第1作では、関東最大の暴力団「山王会」や配下の組織のし烈な抗争が描かれ、椎名桔平や三浦友和、國村隼、加瀬亮、北村総一朗、杉本哲太、塚本高史、中野英雄、石橋蓮司、小日向文世が出演。関西勢力「花菱会」も登場した第2作になると、西田敏行、塩見三省、光石研、松重豊、中尾彬、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、神山繁、田中哲司、名高達男が加わり、実力派たちが罵詈雑言(ばりぞうごん)をぶちまけ、従来のイメージを覆す狂気の演技を見せている。  映像では、「カッコつけてんじゃねえコノヤロー!」「ぶち殺すぞコラ!」「誰が責任取るんじゃボケェ!」「アホかテメーは!」「なんだとコノヤロー!」といったやくざたちの怒号の数々が収められているほか、組長の大友が若頭の水野(椎名)にかける「1人くらい生きてねえとよ、結果わかんねえじゃねえか」、自分を虫ケラ...more
カテゴリー:

竹内涼真が明かした一番ツラかった時とそれを救った大物俳優 - 09月11日(月)11:15 

 俳優の竹内涼真が10日、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系/毎週日曜21時)に出演。芸能界デビュー後にやらかしたある失敗と、それを救ってくれた大物俳優について語った。【関連】「竹内涼真」フォトギャラリー この日の番組は「1番ツラかった時 冷たかった人 実名告白」をテーマに出演者がトークを展開。竹内はテレビドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』でのエピソードを披露。ドラマの撮影が長引き深夜に帰宅した彼は、翌日に早朝から小日向文世、藤木直人、窪田正孝らと共演する大事なシーンの撮影が控えていた。撮影に備えて睡眠をとったところ、なんと大寝坊。大急ぎで移動して撮影現場に到着したものの3時間も遅刻し、竹内がいないことで撮影もできないままでいた。現場にピリピリムードが漂う中、駆けつけた竹内は怒られることを覚悟で主演俳優の唐沢寿明に全力で謝罪。ところが唐沢は「若気の至りだよ」と笑顔で声をかけ、撮影現場の殺伐とした空気を一気に和ませたのだった。 司会の宮迫博之から寝坊について聞かれた竹内は「目覚めたらすっごい気持ちよくて」と語り笑いを誘うと、真剣な表情で「本当に唐沢さんには救われましたね」と過去の失敗を振り返った。出演者の東野幸治から「それから遅刻はない?」と質問された彼は「してないです…。本当に一回死んだんで…」と反省している様子をうかがわせた。 一方 “冷たかった人”は、竹内が...more
カテゴリー:

『二度めの夏、二度と会えない君』で初共演の村上虹郎&吉田円佳、それぞれの印象は? - 09月09日(土)10:39 

バンドに青春をかける高校生のひと夏の出来事を描く、赤城大空の人気ライトノベルを実写映画化したラブストーリー『二度めの夏、二度と会えない君』(公開中)。劇中ではバンドのメンバーであり、仲間以上の思いを抱くようになる智役の村上虹郎とヒロインの燐役の吉田円佳に直撃。映画の裏話はもちろん、本作への出演を通して感じたことなどを語ってもらった。 「円佳さんは原作通りの元気な燐でびっくりした」と語る智役の村上虹郎/[c]2017 赤城大空・小学館/「二度めの夏、二度と会えない君」パートナーズ テレビドラマや映画への出演が続く若手注目株の村上と、演技初挑戦の吉田は本作の撮影が初対面。「“たんこぶちん”(吉田が所属するバンド)のことも含めて、あえて知りすぎないようにして撮影に入ったんです。そうしたら、吉田さんは元気で自分の夢を叶えるためにひたすら必死な燐そのものでした」と燐役がまるで彼女のために用意されたのでは?と思ったそう。 そんな村上に対し、吉田は綿密にリサーチ。「村上さんが不良役を演じていたドラマ『仰げば尊し』を見ていたので、怖い人なんじゃないか…って不安だったんですけど、そんな人じゃなかったから安心しました」とホッとしたというのが第一印象。 吉田が所属するガールズバンド“たんこぶちん”は彼女が小学生の時に誕生、今年で結成10周年を迎えた。「これまで演技をするなんて全然考えたことがなかったから...more
カテゴリー:

多部未華子、舞台『オーランドー』で小日向文世とのキスにも「もう慣れました」 - 09月21日(木)17:15 

 女優の多部未華子が21日、神奈川県内で行われた主演舞台『オーランドー』の公開フォトコール&囲み取材会に登場した。今回多部が演じるオーランドーは劇中キスシーンがかなり多く、エリザベス女王役の小日向文世とのキスシーンもあるが、「もう慣れました。本番は大丈夫です」と微笑んだ。【関連】舞台『オーランドー』公開フォトコール&囲み取材会フォトギャラリー 演出の白井晃からは劇中のキスシーンはやっているフリを許さず、「ブチュッとやってください」と注文されたという小日向。「メイクもせずに、通し稽古のでキスをしたときには多部さんのファンに殺されるんじゃないかと思いました」と苦笑い。 サーシャ役の小芝風花も「3、4回しました」と多部とのキスシーンを振り返る。オーランドーが恋に落ちる女性という役柄に小芝は「頑張って多部さんを振り回せるように」と意気込むと、多部も「私も風花ちゃんに溺れたい」と微笑んだ。なお取材会には戸次重幸、池田鉄洋、野間口徹、白井らも登壇した。 日本初演となる本作は、20世紀モダニズム文学の重鎮、ヴァージニア・ウルフの代表作を、アメリカの劇作家サラ・ルールが翻案した。16世紀のイングランドに生を受けた少年貴族・オーランドーは、エリザベス女王をはじめ、あらゆる女性を虜にする美貌の持ち主。しかし初めて恋に落ちたロシアの美姫・サーシャには手ひどくフラれてしまう。傷心のオーランドーはトルコに渡...more
カテゴリー:

小日向文世、多部未華子と35歳差キスシーン「ファンに殺されるんじゃ…」 - 09月21日(木)14:06 

 女優の多部未華子(28)、俳優の小日向文世(63)らが21日、KAAT神奈川芸術劇場で舞台『オーランドー』の公開フォトコールを行った。劇中で2人は“キスシーン”を披露する。終了後の囲み取材で小日向は「やった! と思いましたね」と白い歯をみせ、本音を語った。  23日から同所で開幕する同舞台は、ヴァージニア・ウルフの傑作小説を演出の白井晃氏(60)が戯曲化。主人公・オーランドーを演じる多部のほか、小日向、小芝風花(20)、戸次重幸(43)、池田鉄洋(46)、野間口徹(43)ら全6名のキャストで20役を演じ分ける。  エリザベス女王役の豪華衣装で登場した小日向は、多部とのキスシーンに触れ「最初にけいこ場でメイクもせずに(キス)した時は、何と言っていいか…。多部さんのファンに殺されるんじゃないかなと思った」と笑顔。多部も「光栄です、本番は大丈夫です」と微笑んでいた。  さらに多部は、小芝演じるサーシャと恋に落ちる役どころでもある。「サーシャという女性に出会って、少年だったオーランドーが恋に溺れる役。頑張って風花ちゃんに溺れたい」と意気込むと、小芝も「私はとにかく誘惑して振り回せるように頑張りたい」と声を弾ませていた。 【関連記事】 【写真】膝上スカートで脚線美を披露した多部未華子 綾野剛、多部未華子への“キス”謝罪「すごく気になってた」 (15年09月01日) 【貴重ショット...more
カテゴリー:

6人で全20役、かつスタッフの役割も。白井晃版「オーランドー」のキャストは大忙し! - 09月19日(火)16:50 

20世紀のイギリス人作家ヴァージニア・ウルフの代表作「オーランドー」が、白井晃の演出を得て日本初演される。ある晩目が覚めると女性になっていた貴族オーランドー。その姿のまま、16世紀から20世紀まで生き続け……。性も時代も超える主人公・オーランドーに多部未華子。ほか小日向文世ら全6名のキャストで、20役を演じ分ける。KAAT神奈川芸術劇場で連日行われている稽古を見学した。【チケット情報はこちら】(PC)この日行われていたのは、終盤の第五幕。エリザベス女王役・小日向の、山のようなシルエットのスカートがまず目を引く。その横には凛としつつも可憐な多部のオーランドー。ふたりを取り囲むように、椅子に腰掛けたコーラス(コロスと同義)の3人(戸次重幸、池田鉄洋、野間口徹)がいる。彼らに注目していると、少々面食らうことが起きた。朗々と語りを担っていたかと思えば、すっくと立ち上がり装置を機敏に袖に片付けたり、舞台上に並べるなどし始めたのだ。スタッフともみまごう働きっぷり。「なんで(裏方用の)黒い服着てないんだって感じでしょう?(笑)。コーラスの僕らがステージングの手助けをすることがこの作品の見どころのひとつなので、一歩一歩踏みしめて(小道具の)旗を立てますよ!」と戸次。この作品のコーラスは、それぞれ5役ほどこなしながら裏方的な働きもし、とにかく大忙し。今や売れっ子の3人の貴重な姿が見られる。シーンが進...more
カテゴリー:

「一度死んだ」竹内涼真を救った唐沢寿明の一言とは - 09月11日(月)11:00 

竹内涼真が9月10日(日)放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演、「一度死んだ」と話すほどピンチだったときの唐沢寿明とのエピソードを披露した。 【写真を見る】「今まで出した事がない大きい声で謝った」と語った竹内涼真 ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(2016年/日本テレビ系)に出演した際に、主演の唐沢、窪田正孝、藤木直人、小日向文世といった錚々たるメンバーとの大事なシーンの撮影日だったにもかかわらず、3時間も寝坊をしてしまった竹内。 「携帯見たら充電が切れていて、つけたら(マネージャーからの)着信が82件。着信ありすぎて、充電が切れちゃってたんです。慌てて、お父さんを起こして、ロケ地まで送ってもらいました」 ロケ地の茨城に3時間遅れで到着すると、竹内が遅れたせいで撮影ができずに現場は殺伐とした雰囲気だったとか。 「今まで出した事がない大きい声で、唐沢さんに『すみませんでした!』って謝ったら、唐沢さんが『若気の至りだよ』と笑って言ってくれて」 唐沢のこの一言で、撮影現場も和やかな雰囲気になったという。 竹内は「本当に唐沢さんに救われました」と、振り返った。 東野幸治から「それからは1回も遅刻をしてないの?」と聞かれた竹内は「してないです」と即答。そして「本当に1回死んだんで……」と、改めて反省している様子を伺わせていた。 次回9月17日(日)夜9:00...more
カテゴリー:

「小日向文世」の画像

もっと見る

「小日向文世」の動画

Wikipedia

小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年〈昭和29年〉1月23日 - )は日本俳優”サキどり「高校生がレストラン!?学校がつくる地域のミライ」”2016年3月2日閲覧 -NHKネットクラブ- 番組詳細に記載あり。。北海道出身。既婚。

東京写真専門学校(現・専門学校東京ビジュアルアーツ)卒業。所属する芸能事務所ファザーズコーポレーション

来歴

北海道三笠高校卒業後にデザインの専門学校に通っていた18歳の時、スキーで複雑骨折して骨盤や大腿部の筋を移植するなど2年間で8回の手術をして1年を棒に振る怪我を負う。そんな自分があまりにもかわいそうになり、これだけ痛い思いをしたのだから後は好きなことをやろうと写真の専門学校に通い始める。しかしそれも何か違うと感じ、専門学校卒業後、22歳で俳優を目指すことを決意。初めは文学座に挑戦するが失敗。その後は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる