「小日向文世」とは?

関連ニュース

BLUE ENCOUNT、主題歌担当の映画『ラストコップ』予告映像公開 - 04月24日(月)18:24 

BLUE ENCOUNTによる書き下ろし楽曲「さよなら」が主題歌となっている、5月3日より全国ロードショーとなる映画『ラストコップ THE MOVIE』本編映像の名場面で構成されたプロモーション・ビデオが公開された。『THE LAST COP/ラストコップ』は、30年の昏睡状態から突如目覚めた、現代の常識も世間の空気も全て無視した時代錯誤な熱血昭和デカ:京極浩介(唐沢寿明)と、京極とバディを組むことになった草食系の平成刑事:望月亮太(窪田正孝)の凸凹コンビが、豪快かつ破天荒な捜査で事件を解決する様を描くアクションコメディ。映画で描かれるのは、最新鋭の人工知能が引き起こす“人類滅亡の危機”という未だかつてない大事件。さらに、これまで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の不死身のパワーが、遂に限界に到達。自らの死を覚悟しながら、「最後まで目に焼き付けてほしい」と語る京極の生きざまに、唯一無二のバディである亮太は、これまで京極に教わった全てを持って答えようと奔走する。ボーカルの田邊駿一が「ブルエン史上もっとも切なくもっともあたたかいバラードが完成しました」と語る主題歌「さよなら」は、今回の映画で感動のクライマックスを迎える「ラストコップ」のために書き下され、ドラマ版での激しいテンポでエネルギッシュな曲調の「LAST HERO」とは打って変わり、優しいメロディと切ない歌詞で聴く者すべての胸を打...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】天海祐希主演「緊急取調室」(第2シーズン)が17.9%の好発進 今期の民放連ドラ最高記録 - 04月21日(金)10:19 

女優の天海祐希さんが主演を務める刑事ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2シーズン初回が20日、 15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 平均14.5%を獲得した「警視庁・捜査一課長」(同局系、木曜午後8時)の初回2時間スペシャルを超え、 今期の民放連続ドラマ最高の数字で好スタートを切った。瞬間最高視聴率は午後10時8分に20.4%を記録。 関西地区(ABC)では平均21.4%と20%の大台超えた。 「緊急取調室」は、天海さん演じる“落としのプロ”である...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【試写室】「緊急取調室」三田佳子の一言に背筋が凍る - 04月20日(木)06:00 

この仕事をしていると、朝イチの電話ほど嫌なものはない。夜型の生活をしているが故、朝は弱いということもあるが、それを承知しているはず(?)の仕事関係の方々が電話をかけてくるなんて、よっぽどの“緊急事案”だからだ。 【写真を見る】個性豊かなキントリメンバーは健在! 独特の空気は一見の価値ありだ/(C)テレビ朝日 「記事が間違っているから直してくれ」とか、「取材時間が早まって今すぐ来てくれ」とか、「後輩が廊下の隅っこで座りながら電話しているから何とかしてくれ」(実話)とか…。やっぱりいい話だった試しがない。最初のやつは自業自得でもあるのだが。 それもあって「緊急」というワードが苦手で、メールの件名に「緊急」という文字があるだけで「うっ…」としてしまうのだが、「緊急」から始まるタイトルにもかかわらず、このドラマの主人公だけは、見るだけで“うっとり”してしまう。 またも毎回前置きが長過ぎたが、各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は4月20日(木)夜9時からスタートする、天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)を取り上げる。 本作は、天海扮(ふん)する取調官・有希子が緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進...more
in English
カテゴリー:

天海祐希「おじさまたちも楽しみながら演じられていると思います(笑)」 - 04月19日(水)18:00 

――たたき上げの取調官・真壁有希子率いる「キントリ(緊急取調室)」メンバーが帰ってくる! 黒髪ショートボブが特徴的な有希子を演じるため、美髪を25cmカットした天海祐希は、その意気込みを語る。 【写真を見る】「第2シーズンを期待していたキントリのおじさまたち(田中哲司、でんでん、大杉漣、小日向文世ら)も本当に楽しみながら演じられていると思います」と語る天海/撮影=佐藤友昭 天海:第1シリーズからのファンの方、お待たせしました! そして、今回からご覧になる方、乗り遅れたということはありません! 一話完結のこのドラマが他の刑事ドラマと違うのは、一番の大詰めが取り調べということです。私たちキントリメンバーが、密室で被疑者と言葉の戦いを繰り広げ、いかに落とすかということが大きな見どころになっています。私自身、第1シーズンで良かった部分をそのまま引き継ぎ、改良できるところはしていきたいと思っています。 ――そんなキントリメンバーが落としていく被疑者を演じる豪華なゲストにも注目したい。 天海:台本にはある程度の設計図が載っていますが、毎回ゲストの方がどんな色に塗ってくるかは、実際にお会いして、対面してみないと分からない。そこで、私の受け方や投げ方も考えますし、お芝居をする上でのコミュニケーションを取っていく。言葉で打ち合わせするより、とにかくリハーサルをやってみるんですが、これが毎回大変(笑)...more
in English
カテゴリー:

天海祐希、宝塚初舞台から30年「体力と気力の続く限り」進み続ける決意 - 04月16日(日)08:40 

 これまで、ドラマ『BOSS』(フジテレビ系)や『女王の教室』(日本テレビ系)など、数々のヒットドラマで“強い女”を演じてきた女優の天海祐希。頼れる女性として周囲を引っ張りながら、時にはコミカルな部分を覗かせたりと、ベテラン女優の貫禄と余裕は視聴者へも安心感を与える。そんな天海だが、シーズン2となるドラマ『緊急取調室』(4月20日スタート テレビ朝日系)では、共演の“おじさまたち”に囲まれ、教えられることも多いという。1987年に宝塚の舞台を踏んでから30年。謙虚に、まだまだ進化を続ける天海祐希の歩みは止まらない。 【写真】頼れる女・天海祐希が新人アナに囲まれて「清められる…」 ◆自分を選んでくれた仕事に対し「期待に応えられる人間でいたい」 ――2014年の放送でも人気だったドラマ『緊急取調室』。シーズン1からの共演者である田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、でんでんさん、大杉漣さん、小日向文世さんとひと癖もふた癖もある俳優ばかり。 【天海祐希】本当に頼もしい先輩方です。前シーズンでも素なのか役作りなのか、わからないときがあったほどです。「あれ、こんなところに熱を入れるの?」というシーンも、つながった映像を見ると納得することが何度もあって。もう、悔しくなるぐらいステキなお芝居をしているんですね。おじさまたちのお芝居は見ていて飽きないし、勉強になります。...more
in English
カテゴリー:

【芸能】天海祐希「緊急取調室」が絶好調!「世界フィギュア」にも視聴率で圧勝 - 04月21日(金)22:18 

天海祐希主演ドラマ「緊急取調室-season2-」(テレビ朝日系)4月20日スタートし、初回の平均視聴率は17.9%と高視聴率をマークした。 同ドラマは、天海演じる取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別室で取り調べを行う専門チーム 「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げながら難事件を解決していくというもの。 この日は、ドラマ放送直前に「世界フィギュアスケート国別対抗戦」があり、こちらの平均視聴率は16.3%。 それを上回る数字を叩き出したことで、いかに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

天海祐希主演ドラマ『緊急取調室』初回視聴率17.9% 民放春ドラマ最高スタート - 04月21日(金)09:23 

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)の初回が20日に15分拡大で放送され、番組平均視聴率が17.9%を記録したことが21日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【写真】第1話のゲストは三田佳子、ほぼスッピンで老婆役  この日、天海は早朝から同局のニュース情報番組に出続け、放送直前にも『フィギュアスケート国別対抗戦2017』の会場から生出演し、ドラマをPR。フィギュアスケート日本代表の宇野昌磨選手がショート1位の演技を披露した『フィギュア』(平均視聴率は13.2%)の流れを受け、『緊急取調室』は最低が16.4%(後9:08)、最高が20.4%(後10:08)と後半に向けて右肩上がりを示した。  同ドラマは、2014年1~3月に連続ドラマとして放送され、井上由美子氏が手掛ける脚本、そして天海をはじめとする実力派俳優たちの演技で話題を呼び、15年9月27日にスペシャルドラマを放送。天海が演じる取調官・真壁有希子を中心に、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーが、可視化設備の整った特別取調室で手強い被疑者たちと対峙していく、言葉の“銃撃戦”ともいえる鬼気迫るせりふの応酬が見どころの刑事ドラマ。第2シリーズにも、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、でんでん、大杉漣、小日向文世が集結した。  ...more
in English
カテゴリー:

天海祐希主演『緊急取調室』第2シーズン、射撃シーンでスタート - 04月20日(木)05:00 

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系『緊急取調室』第2シーズン(毎週木曜 後9:00)がきょう20日にスタート。天海が演じる取調官・真壁有希子を中心に、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーが、可視化設備の整った特別取調室で手強い被疑者たちと対峙していく、言葉の“銃撃戦”ともいえる鬼気迫るせりふの応酬が見どころの刑事ドラマ。第1話(※15分拡大)では、有希子が拳銃を構える射撃シーンか登場する。 【場面写真】第1話では三田佳子演じる老婆に翻ろうされる  言葉を武器に戦う取調官であるはずの有希子がなぜ、拳銃という武器を扱っているのか。もちろん、天海の格好いい射撃姿を見せたいだけではない。第1話のストーリーにどのように作用するのか。  第1話では、宅配便の配達車の中から、28歳の配達員・小牧修介(石田卓也)の遺体が見つかる。死因は薬物による中毒死。だが、遺体には奇妙な点があった。どういうわけか小牧は運転席で、必要ないはずの傘を差したまま死んでいたのだ。そんな中、地味で年老いた天涯孤独の未亡人・白河民子(三田佳子)が自首してくる。  ところが困ったことに、民子は数時間と経たないうちに、自首した記憶さえあいまいな状態に。しかも畳みかけるように、事件の謎を深める要素が浮上する。車内の指紋はいずれも民子と一致しないばかりか、犯行に使われた毒物も彼女...more
in English
カテゴリー:

満島ひかりの表現力に心を揺さぶられる「海辺の生と死」劇中カット一挙公開 - 04月19日(水)12:00 

 満島ひかりが「夏の終り」(2013)以来約4年ぶりに単独主演を果たした映画「海辺の生と死」の場面写真が、4月19日に一挙公開された。撮影を行った奄美大島・加計呂麻島(かけろまじま)の美しい風景に加え、“座長”として作品をけん引した満島があらゆる感情を表出させたシーンを切りとっている。 ・【フォトギャラリー】「海辺の生と死」劇中カット  小栗康平監督によって映画化もされた島尾敏雄氏の私小説「死の棘」に、同氏の妻である島尾ミホ氏の小説「海辺の生と死」や敏雄氏による短編小説「島の果て」などの内容を織り交ぜて実写映画化。太平洋戦争末期の奄美群島を舞台に、ミホ氏をモデルにした大平トエ(満島)と、敏雄氏をモデルにした朔(さく)中尉が出会い、結ばれるまでの鮮烈な時間を映し出す。永山絢斗が、突然特攻艇隊隊長に任ぜられた文学青年・朔の生きざまを体現するほか、津嘉山正種、井之脇海、川瀬陽太ら演技派俳優が結集している。  劇中カットは、全身全霊で役に挑んだ満島の表現力が際立つものばかり。海辺で子どもたちに囲まれているカットの無邪気な笑みに視線を引きつけられ、朔の隣に座っているシーンをとらえた写真では、朔に対する情熱的な思いがひしひしと伝わってくる。下唇にそっと小指を添えながら憂いた表情を浮かべる姿や、うつむく朔の両腕をギュッと握って涙をこらえる光景からも、満島が並々ならぬ思いで演技に取り組んだこ...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】“ドラマに欠かせない名脇役”…木村文乃は佐藤二朗を挙げる 「とても忘れられない」 - 04月15日(土)05:27 

木村文乃、佐藤二朗を「とても忘れられない」“ドラマに欠かせない名脇役”に挙げる 2017.04.14 19:53 亀梨和也(KAT-TUN)と木村文乃が4月14日、お昼のバラエティ『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にゲスト出演した。亀梨が主演、木村がヒロインを演じるドラマ『ボク、運命の人です。』も15日からスタートするように春のドラマシーズンだ。 “超限定マーケティング”コーナーでは「ドラマに欠かせない名脇役」をテーマに取り上げた。 20代~40代の女性に「ドラマに欠かせない名脇役と言えば?」とアンケート調査した結果からTOP10を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「小日向文世」の画像

もっと見る

「小日向文世」の動画

Wikipedia

小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年1月23日 - )は、日本俳優

北海道出身。ファザーズコーポレーション所属。東京写真専門学校(現専門学校東京ビジュアルアーツ)卒業。既婚。

来歴

高校卒業後にデザインの専門学校に通っていた18歳の時、スキーで複雑骨折して骨盤や大腿部の筋を移植するなど2年間で8回の手術をし、1年を棒に振る。そんな自分があまりにもかわいそうになり、これだけ痛い思いをしたのだから後は好きなことをやろうと写真の専門学校に通い始める。しかしそれも何か違うと感じ、専門学校卒業後、22歳で俳優を目指すことを決意。初めは文学座に挑戦するが失敗。その後は中村雅俊付き人を務め、1977年、23歳で串田和美が主宰する「オンシアター...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる