「小川糸」とは?

関連ニュース

キャイ~ン・ウド鈴木「アンパンマン師匠がいて、今があります!」 - 06月26日(月)00:00 

日本中の子どもたちに “愛”と“勇気”を届け続ける「アンパンマン」の劇場版最新作となる、映画「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」が7月1日(土)に全国公開を迎えるのを記念して、6月25日に完成披露親子試写会が行われた。 【写真を見る】メインゲストを演じた多部未華子は文字通り“アンパンマン世代”だ!/(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2017 舞台あいさつでは、アンパンマンとばいきんまんの掛け合いにより、今回ゲスト声優を務めた多部未華子、キャイ~ン・天野ひろゆき、ウド鈴木が登場。そして、もちろん29年アンパンマン・ばいきんまんの声を務める戸田恵子、中尾隆聖も登壇し、さまざまなトークを展開した。 メインゲストキャラとなる・ブルブルの声を担当した多部は、本作に参加した感想を「誰もが知っている作品で、ブルブルを演じているときに幼少期から見いていた作品で、自分の声を録るというのは不思議な感覚で、とても光栄な作品に参加できてうれしいです」と弾ける笑顔を見せる。 ブルブルの父役で、念願の参加となったキャイ~ン・天野は「アンパンマンミュージアムに行く仕事の際に、映画の関係者も来ていたので、遠回しに僕にも子どももいるしちょうどいいんじゃないかな、などと周りに言っていた草の根運動のおかげで、念願のアンパンマンに参加できることに...more
カテゴリー:

多部未華子 冒険するなら「海外を一人旅!」 - 06月25日(日)07:00 

7月1日(土)公開の映画「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」で初めて劇場アニメ声優に挑戦した多部未華子。演じたのは、宝探し一族のライオンの男の子・ブルブル。お父さんから渡された地図を持って冒険の旅に出掛けたブルブルが、アンパンマンたちに手伝ってもらって、ジャングル島で宝探しするストーリーだ。いつも強がってるけど、本当は怖がりで勇気が出せないブルブルを演じた多部にキャラクターの魅力や映画の見どころを直撃インタビュー! 【写真を見る】「真っすぐさが魅力的」という多部未華子/撮影=大石隼土 ――映画「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」で初めてのアフレコに挑んだご感想は? 「それいけ!アンパンマン」は小さいころから見ていた作品。アンパンマンやカレーパンマンなどおなじみのキャラクターたちと自分が声で共演しているのが不思議でしたね。スタジオで台本を持ってアフレコするというスタイルも初めてでしたし、全てが新鮮でした。 ――演じたのは、アンパンマンたちと一緒世に宝探しの旅に出掛けることになるライオンの男の子・ブルブル。女の子の役だと思っていたのでビックリされたとか? そうなんです。てっきり「アンパンマンと○○姫」みたいなタイトルなのかなと思っていたんです。アンパンマンに助けられるかよわいお姫様の役を勝手にイメージしていたので、ビックリしましたね(笑)。ライオンの男の...more
カテゴリー:

「小川糸」の画像

もっと見る

「小川糸」の動画

Wikipedia

小川 糸(おがわ いと、1973年小川糸あつあつを召し上がれ|新潮社 - )は、日本小説家作詞家翻訳家Fairlifeのメンバー。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。2008年から2012年までアミューズ所属。山形県山形市出身。

夫はFairlifeのメンバーとしてもともに活動している編曲家水谷公生

経歴

清泉女子大学で日本古代文学を学ぶ。1999年、雑誌リトルモアに「密葬とカレー」を発表し小説家デビューを果たす。その後いくつかの小説を発表したのち、2004年に浜田省吾水谷公生とともに音楽ユニット「Fairlife」の結成に参加。「春嵐」名義で作詞を手掛けている。

作家としての活動は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる