「小川仁志」とは?

関連ニュース

ラッセル「自分を不幸にする原因」を知り幸福に…『100分de名著』 - 11月06日(月)12:31 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、11月はバートランド・ラッセル(1872~1970)をピックアップ。荒川良々が朗読を担当、指南役には哲学者・小川仁志を迎え、ラッセルの「幸福論」を考える。ラッセルは、「幸福論」を説き起こすにあたり、「人々を不幸にする原因」の分析から始める。その最たるものはネガティブな「自己没頭」。それには、罪の意識にとりつかれ自分を責め続ける「罪びと」、自分のことを愛しすぎて他者から相手にされなくなる「ナルシスト」、野望が巨大すぎるが故に決して満足を得ることができない「誇大妄想狂」の3つのタイプがある。いずれも自分自身にとらわれすぎることが不幸の原因であり、ラッセルは、自分自身への関心を薄め、外界への興味を増進していくことを薦める。11月6日の第1回は「自分を不幸にする原因」を放送。ラッセル自身の人生の歩みを紹介しながら、人々を不幸にしてしまう原因を明らかにしていく。 関連リンク ムロツヨシ、鶴瓶と佐賀で奇跡連発の出会い旅 『100分de名著』公式サイト
カテゴリー:

ラッセル「自分を不幸にする原因」を知り幸福に…『100分de名著』 - 11月06日(月)12:30 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、11月はバートランド・ラッセル(1872~1970)をピックアップ。荒川良々が朗読を担当、指南役には哲学者・小川仁志を迎え、ラッセルの「幸福論」を考える。ラッセルは、「幸福論」を説き起こすにあたり、「人々を不幸にする原因」の分析から始める。その最たるものはネガティブな「自己没頭」。それには、罪の意識にとりつかれ自分を責め続ける「罪びと」、自分のことを愛しすぎて他者から相手にされなくなる「ナルシスト」、野望が巨大すぎるが故に決して満足を得ることができない「誇大妄想狂」の3つのタイプがある。いずれも自分自身にとらわれすぎることが不幸の原因であり、ラッセルは、自分自身への関心を薄め、外界への興味を増進していくことを薦める。11月6日の第1回は「自分を不幸にする原因」を放送。ラッセル自身の人生の歩みを紹介しながら、人々を不幸にしてしまう原因を明らかにしていく。 関連リンク ムロツヨシ、鶴瓶と佐賀で奇跡連発の出会い旅 『100分de名著』公式サイト
カテゴリー:

「小川仁志」の画像

もっと見る

「小川仁志」の動画

Wikipedia

小川 仁志(おがわ ひとし、1970年 - )は、日本哲学者山口大学国際総合科学部准教授。

経歴
  • 京都市生まれ。
  • 1993年3月、京都大学法学部卒業。
  • 同年4月、伊藤忠商事入社。
  • その後、司法試験に向けて4年間フリーターをしながら受験勉強をするも挫折。
  • 2001年、名古屋市役所に入庁する。
  • 2005年、名古屋市立大学大学院博士後期課程入学。
  • 2007年、徳山工業高等専門学校准教授。
  • 2008年、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。学位論文は「ヘーゲルにおける共同体原理の解明と展望 国家と現代福祉社会をめぐる考察」。
  • 同年5月13日、徳山工業高等専門学校のゼミ室で第1回目の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる